Daxtbrckxdaf1jdriznr

ライフ

CATEGORY | ライフ

マッサージが痛いからあざや内出血ができる?原因や対処法を紹介!

2020.08.05

マッサージやリンパマッサージの翌日に体や脚にあざや内出血ができて痛い!マッサージであざになってしまう理由や原因は?痛いから?大丈夫?などの不安や疑問について今回はお話しします。あざにならないための対処法や理由も一緒に紹介するので、原因を対処できるようにしよう!

  1. マッサージが痛い あざや内出血になる原因 体
  2. マッサージが痛い あざや内出血になる原因 脚
  3. マッサージが痛い リンパマッサージはあざや内出血になりやすい?
  4. マッサージが痛い 大丈夫なあざや内出血 
  5. マッサージが痛い 大丈夫じゃないあざや内出血 
  6. マッサージが痛い あざや内出血の対処法 お店を変える
  7. マッサージが痛い あざや内出血の対処法 手のひらを使う
  8. マッサージが痛い あざや内出血の対処法 オイルやクリームを使う
  9. マッサージは適度にが大切
  10. まとめ
Lytvxre9ecxqtyt4uywv
マッサージをした翌日にあざや内出血になってしまったなんてことありますよね。内出血や痣になってしまう理由は、好転反応といういい場合もあります。それ以外の理由は、マッサージの際に圧で毛細血管が切れてしまったから。毛細血管は全身にあります。どこかにぶつけたりした時にできるあざや内出血も毛細血管が切れてそうなっているのです。肩や首などはマッサージであざになることは少ないですが、身体だと背中や腰にできてしまうことがあります。マッサージで圧がかかりやすい部分だからです。揉むマッサージでなく指圧でも強く圧をかけると、あざや内出血になってしまうことも。
Jnuslajg0olyqictm4ou
Khqp0powgmwpdeindhp5
マッサージの際に脚にあざや内出血ができる確率は、身体より多いでしょう。身体より脚にあざや内出血ができやすい理由は、セルライトができやすいから。脂肪やセルライトができやすい部分は、血液の循環が悪くなってしまうのです。そのため毛細血管に十分な栄養が届かず、毛細血管がもろくなってしまうことが理由。毛細血管がもろくなってしまうと、少しの刺激で切れてしまいあざになります。女性の方は特に、気づいたらこんなところにあざ!なんてことを経験したことがある方が多いでしょう。男性より女性の方が筋肉量が少なく、脂肪がつきやすいからなのです。すぐ痣ができてしまう人は毛細血管まで栄養が行き届いてなく、もろくなっている証拠です。
Sr4nnnzaxjq9kkcvbyj3
Cdbqbrnqxtaxfuke36er
エステなどで行うリンパマッサージはあざになることがあります。セルライト潰しも同様に。痩せるためや脂肪を流したり潰したりするエステは、手での施術でもかなりの力が加わります。痛みを感じる方も多いですよね。セルライトを無くすために使う機械も人によりますがかなりの痛みを感じる人もいるでしょう。その原因の理由として、痛みを感じるのはセルライトが多いからや、脂肪が固まってるからなんていいますが、強い力が加わると毛細血管は切れてしまいます。もろくなっていたら尚更。痩せるために綺麗になりたくてエステに行ったのに…と翌日身体のあざをみて嫌な気分になってしまう人もいるでしょう。リンパマッサージって大丈夫なの?と原因が不安になったりしたら、施術をしたお店に連絡してみてください。
Evscbicvvs0mols8nc2q
Eq2qoxzm8v2jilkdj8x1
マッサージによってできたあざでも、大丈夫なあざもあります。はじめにお話ししたように好転反応によるあざのことです。マッサージによりデトックスが出た現象で、細かい点々とした赤みを伴うことがあります。見た目は痛々しい感じなので、見分けは難しいですが大丈夫なあざは施術から数時間長くても3日ほどで綺麗に消えます。この好転反応の大丈夫なあざのことは瘀血といいます。瘀血は血行の悪い場所や、老廃物質が溜まっている場所に出やすいとされています。瘀血の場合は好転反応なので触れたり押したりしても痛みは感じません。瘀血の場合は身体のコリやすい部分に出やすいとされていて首や肩や背中に出ることが多く、吸い玉と言われるマッサージ方法で赤みが出るのも首や肩や背中が多いですね。
A4akslubghfj3vzgixml
Gctoihkm7zu1cckcjlxa
好転反応の瘀血とは違い、大丈夫じゃないあざや内出血は触れたり押したりすると痛みを伴います。あざができる原因の脚のところでお話ししたように、大丈夫じゃないあざは脂肪やセルライトの多い場所にできやすく、脚のふくらはぎや太もも、二の腕はあざになる傾向があります。脂肪が多く浮腫みやすい部分ですね。マッサージによってできてしまった大丈夫じゃないあざは、刺激により奥深くの組織まで傷ついているので痣や内出血が消えるのに1週間や10日ほどはかかります。
Ws9iiizzgwbdcysopqst
O5asl1jxls4rp6fo8ete
あざができてしまった時の対処法として、まずは施術をしてもらったお店に電話をしてみましょう。もしくは次に行った時に前回の施術であざや内出血ができてしまったこと、マッサージの圧を弱くしてほしいことを伝えることです。それを伝えてもマッサージの圧に変化がなかったり、対応がよくなかった場合はお店を変えることをおすすめします。疲れをとるためやリラックスするために行くマッサージで、あざや内出血をつくり痛みを伴うのは嫌ですよね。対応が悪かったり前回と変化がない場合はマッサージ師さんが、お客さんの体質などをしっかりとみていないから。そういうお店は変えることが最善の対処法です。
Hon3pojwnui9509mfhl8
Mdwfi5fsfgbiyrzbqfiu
セルフマッサージによってできてしまったあざや内出血をなくすための対処法は、手のひらを使ってマッサージをすること!つまんだり押したり、カッサなどのマッサージグッズを使うのでなく、手のひらでリンパを流すように摩るようなマッサージをしましょう。強い力でなくても摩るだけでコリは解消されます。身体が温まっている時は血液の流れもよくなっているので、お風呂に入っている時に浮腫みを感じる部分や、コリだるさを感じる部分をリンパに向かって撫でるように手のひらを使い流してみましょう。摩るようにマッサージする時に大切な点はリンパに向かって摩ることです!例えば脚なら膝裏と脚の付け根に大きな血管があります。脚をマッサージする時は足先から膝に向かって下から上へ。膝から脚の付け根に向かって太ももも下から上へ。このようにリンパに向かって摩るようにマッサージすると効果を得ることができるでしょう。理由をしっかり理解することが大切です。
Zwank1xjr2rggbtifsxk
Zle5jbmwr8ah9fsgjtuq
もう一つセルフマッサージの際にあざを作らないための対処法として、オイルやクリームを使うこと。何もつけない状態でマッサージすると皮膚と皮膚の摩擦で、肌が傷ついてしまったり滑りが悪いことで引っかかったりして毛細血管を傷めてしまうことになりかねません。オイルやクリームを使い滑りをよくすることをおすすめします。マッサージ用のオイルやクリームもたくさん販売されており、浮腫み解消効果のあるものや血流をよくする効果のあるものなどがあるのでそういうオイルやクリームを使うとマッサージ効果も期待できるでしょう。好きな香りのオイルやクリームならリラックス効果も期待できるのでおすすめ。自分好みのオイルやクリームを使って、マッサージしてみて下さい。
Fnrvipmznpeqvbwblnr8
Ra0nrmtfhh4rxvjhevzd
身体のだるさやコリを放置していたり、感じたままだとマッサージをしても弱い力では気持ちよく感じない場合がありますよね。しっかりとした先生のいるお店なら、体質やコリの状態をみて強さ加減もしっかりとしてくれるので安心して施術を受けることができます。ですが流れ作業のように一人一人をしっかりとみる時間がないようなお店も正直たくさんあります。そのようなお店でのマッサージやセルフでのマッサージの場合、力加減が難しく好転反応ではない痣を作ってしまうこともあるでしょう。マッサージは適度な力加減ですることが大切。マッサージ機やグッズを使うときも同様です。筋肉を傷めないように優しくマッサージしましょう。
Ynwq5ihhxbc4vmivt9bg
Dpn7ictogrl4ovbrjyhy
浮腫みや体の疲れをとるためにおこなったマッサージであざができてしまったら、痛みも伴うしなんだか悪循環ですよね。今回お話ししたように、好転反応による瘀血ではなく大丈夫ではない痣になってしまわないように、マッサージ店を選ぶときやセルフマッサージでの力加減に注意しましょう!
At4t5wytp5mjhtk7ykua