Cvyjppv0b16hpokgqxd0

リラクゼーション

CATEGORY | リラクゼーション

マッサージで肩や首におすすめのやり方とは?コツを徹底解説!

2020.08.05

肩や首のこりをぼぐすために、マッサージをしますよね。この記事では、肩や首のマッサージの簡単なやり方についてご紹介します。おすすめのやり方や効果のあるやり方、リンパを流すコツなどを徹底的に解説します。肩や首をマッサージしてリラックスしましょう。

  1. 肩や首のマッサージがしたい…
  2. 肩や首のこりの原因
  3. 肩や首のマッサージのコツ
  4. 肩や首の簡単なおすすめマッサージ①首の横と後ろ側をマッサージ
  5. 肩や首の簡単なおすすめマッサージ②壁や床を使ってマッサージ
  6. 肩や首の簡単なおすすめマッサージ③胸鎖乳突筋をマッサージ
  7. 肩や首の簡単なおすすめマッサージ④リンパマッサージ
  8. 肩や首の簡単なおすすめマッサージ⑤肩甲骨はがし
  9. 肩や首の簡単なおすすめマッサージ⑥ツボをおしてマッサージ
  10. 肩や首をマッサージしてリラックス!
Byjbktossy5rkjvyj0dn
「毎日忙しくて、肩や首がこっている…」そんな時、マッサージで肩や首のこりを解消したいですよね。パソコンやスマホを使うことで、肩や首がこってしまう方も多いと思います。この記事では、肩や首のマッサージのやり方やコツについて徹底的に解説していきます。自分でできる効果的なマッサージで、肩や首のこりとおさらばしましょう。
Jkosvgjht7c1x55ep12m
Hd63bhqvc2ojydyzf1ws
まずは、肩や首のこりの原因から知っていきましょう。肩こりは、運動不足が原因で起こることがあります。お仕事などでパソコンを日常的に長時間使っていると、肩の周辺の筋肉が緊張した状態になってしまいます。これが肩のこりにつながります。また、猫背など姿勢が悪いと肩こりにつながります。他には、冷え性やストレスも肩こりの原因になってしまいます。
Xpr03nfql0mzc7oaaftt
では、首がこる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。日常生活の動作の多くは、身体の前で行います。これを長時間続けていると、動作を維持してくれている筋肉が緊張した状態になってしまいます。また、パソコンやスマホを長時間使うことによって、ストレートネックになってしまい、首のこりにつながることもあります。首のこりも、肩こりと同様に、冷え性やストレスも原因のひとつです。
N5u0h4j6oo0jwd00aqhn
肩や首をマッサージする際には、効果的なコツはあるのでしょうか。マッサージを行う際は、姿勢を正して行うようにしましょう。姿勢を正すと、筋肉の緊張がほぐれるので、マッサージの効果が出やすいです。立ってマッサージを行う場合も、座ってマッサージを行う場合も、猫背などにならず、姿勢を正してマッサージを行うようにしましょう。
Imvfhlpihvkzrsnuwle1
その他のコツとしては、首周りを温めることも効果的です。タオルを温めて首に巻き、首周りの血行を促進してからマッサージを行うことで、マッサージの効果が出やすくなります。また、マッサージオイルを使うというコツもあります。マッサージオイルを使うと肌の滑りがよくなるので、マッサージがしやすくなります。お気に入りのマッサージオイルで、気分も高めることができますね。
Hvapmpih6ukrzcfuekw1
ここからは、肩や首の簡単なおすすめマッサージのやり方をご紹介していきます。まずは、首の横と後ろ側に効果のあるマッサージのやり方をご紹介します。首を右に傾け、右手で頭をおさえるようにします。左側も同じように行います。首の力を抜いて、リラックスして行うと効果があります。
Xfhfdzsamfk4n5cyrflh
このマッサージを行う際は、肩が動かないように気を付けましょう。肩が動いてしまうとマッサージの効果を発揮できません。また、首を真横に曲げるだけでなく、自分が気持ち良い角度になるようにしてマッサージを行うと効果的です。時間は20秒を2セットほど行うと良いでしょう。
Fycw6tkrrqvr51f6yyeq
肩や首は自分でマッサージを行うのが難しいことが多いので、壁や床を使って自分でマッサージを行う方法をご紹介します。まず、壁に背中をつけて、首の後ろに握りこぶしを入れます。その握りこぶしで首のこりをほぐしましょう。壁にもたれかかる強さによって首への圧力を調整できます。
Fcruhghdnhmkp35m4g3x
これと同じことを、横になった状態でも行うことができます。寝る前などに首のマッサージを行うと、こりが解消されてよく眠れそうですね。また、①でご紹介したマッサージ方法を取り入れながら横になってマッサージを行うと、より効果を感じられます。首を傾けて、握りこぶしで肩から首に向けてマッサージしていきましょう。
Tw22ozrimhyhfffxfiul
胸鎖乳突筋は、首を曲げたり回転させたりする働きを持った筋肉です。顔を横に向けた際に首筋に浮き出る筋肉がありますよね。それが胸鎖乳突筋です。スマホを使う際など、下を向くことが多いと胸鎖乳突筋のこりの原因になります。また、胸鎖乳突筋は硬くなるとめまいや手足のしびれなどが起こる原因となってしまいます。胸鎖乳突筋をマッサージすることで、自律神経失調症を防ぐことにもつながります。
Payu8stidyii8fmj9aaa
胸鎖乳突筋のマッサージは、横を向いて、耳の下あたりから鎖骨に向かってマッサージをしていきましょう。このやり方だと、首のリンパを流すこともできます。耳の下には「耳下腺リンパ節」というリンパがあります。このリンパを流すと、フェイスラインがすっきりして、小顔になってくれる効果も期待できます。女性には嬉しい効果ですね。
C0tzwiivosab8l4xtadx
耳下腺リンパ節のマッサージ以外にも、肩や首のこりに効果があるリンパマッサージがあります。まずは、わきの下をおして腕をさするマッサージのやり方です。わきの下に指を当て、下からつかむようにしてゆっくりとおさえます。次に、腕の外側を手首からわきの下まで、手のひらを使ってさすっていきます。わきの下は痛みを感じやすいので、圧力を調整しながら行いましょう。
X5kf37c2zo8nrxefxwth
鎖骨の下を、中央からわきの下に向けてさするリンパマッサージのやり方もあります。優しくリンパを流しましょう。また、鎖骨の上のくぼみの部分を、肩から鎖骨の中央に向けてさするマッサージのやり方もあります。鎖骨が浮き出て見えると、デコルテが美しく見えますよね。鎖骨のリンパマッサージでデコルテの美しさも手に入れましょう。
Ow61mckut97phbzuvzde
肩甲骨はがしは、耳にしたことのある方が多いのではないでしょうか。肩甲骨はがしは、まず、肩甲骨の動きを良くするためのストレッチから始めます。片腕を上にのばし、腕はのばしたまま、ゆっくりと腰の高さまで腕を下げていきます。両肘を肩より少し上げて、両肘をゆっくりと後ろに引き、そのまま肘を下げます。
Imevde8cqxxmwdzmef8t
簡単にできるマッサージのやり方なので、お仕事の休憩中にも行うことができますね。長時間同じ姿勢でいると首や肩がこりやすいので、デスクワークをしている方は特に、定期的に首や肩をマッサージしてほぐすのが良いでしょう。肩甲骨はがしを行うと、肩甲骨が動きやすくなるので、肩こりや猫背の解消につながります。
X8ncjqfbj1mhff2baehq
肩にあるツボをおすことで、すぐマッサージの効果を得ることができます。肩井(けんせい)という、肩と首の中央付近にあるツボをおすことで、肩こりに即効性があります。硬くなっていると肩がこっている証拠なので、しっかりとほぐしてあげましょう。指先ではじくようなイメージでマッサージを行うと良いです。
Jfew0kq8hnaewrdwase0
また、背中側の腕の付け根には肩貞(けんてい)というツボがあります。両腕を抱えるようにしてツボをおしましょう。このツボはおすと痛みがありますが、痛いぶん効果も抜群です。肩こりに悩んでいる方はぜひ試してみてください。
Z8qd6ldxouiab1dmrdry
肩や首のこりの原因、マッサージのコツ、簡単なおすすめマッサージのやり方をご紹介してきました。デスクワークの方は特に、肩や首がこりやすくなってしまいますよね。今回ご紹介したマッサージ方法はどれも簡単にできるので、お仕事中の気分転換も兼ねてぜひ肩や首をマッサージしてみてくださいね。リンパマッサージもおすすめなので、ぜひ試してみてください。リンパマッサージは美容や健康に効果があります。肩や首をマッサージしてリラックスしましょう。
Lfy6bgeonstfdsqfbrkl