Dttp1o5gzmtnvunvaskt

暮らし

CATEGORY | 暮らし

虫除けキャンドル・アロマオイルの作り方!効果のある手作り方法紹介

2020.08.05

今年は虫除けアロマオイルキャンドルの人気が出ています。夏になるとキャンプなどに出かけたり、植木に虫が寄ってきたりで、虫に刺されたりします。虫除けアロマオイルキャンドルのおすすめの効果のある、手作りの作り方を、100均で揃えてランタンに入れてみました。

  1. 虫除けキャンドルのアロマオイルに虫除け効果が本当にある?
  2. 虫除けキャンドル・アロマオイルの作り方について
  3. 虫除けのキャンドル・アロマオイルの作り方(1)
  4. 虫除けのキャンドル・アロマオイルの作り方(2)
  5. 虫除けキャンドル・アロマオイルの手作りキット
  6. 虫除けキャンドル・アロマオイルをおすすめ手作りは100均ショップで揃う
  7. 虫除けキャンドル・アロマオイルのおすすめ手作りを100均で作ってみると?
  8. 虫除けキャンドル・アロマオイルのシトロネラのアロマの香りとは?
  9. キャンプなどで使用する、虫除けキャンドル・アロマオイルランタン
  10. まとめ
引用: http://www.seibutsushi.net/blog/wp-content/uploads/img2011/%E9%99%A4%E8%99%AB%E8%8F%8A.jpg
除虫菊の成分が虫除けに効くことが分って、蚊取り線香が生まれたそうです。アロマオイルが虫除けに効く理由は、アロマの成分の中に、虫が嫌う成分が入っているのです。アロマの中には、アルコールを飲んだ時に毒性のホルムアルデヒドが発生しますが、その、アルデヒド成分を含むものがあるのです。しかし、アロマのアルデヒドは人間に対して毒性のない、アルデヒドなのです。
引用: https://tshop.r10s.jp/hanakikyo/cabinet/00348574/imgrc0064584078.jpg?thum=133&_ex=400x371&fitin=400:371
この、アルデヒド成分はシトラールやシトロネラールなどに含まれています。アロマの種類にこのシトラールやシトロネラールが多く含まれているのは、「レモングラス」でイネ科の仲間のレモンの香りがする、別名「レモンユーカリ」です。レモンユーカリの正式名は、「ユーカリシトリオドラ」といって、シトロネラール成分が65~75%入っています。鎮痛作用のあるレモンユーカリの匂いは、レモンの香りに少し刺激の加わった匂いがします。
引用: http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1a/71/ffff747cc88564286c3a22d34f34d3ff.jpg
シトロネラ精油はレモンの強い香がして、消臭効果や防虫効果があります。ハーブのゼラニウムは、ローズのような甘い香りに、ミントのような爽やかな匂いがして、古くから薬草としても使われ、いろいろな使われ方がしています。ゼラニウムは33%のシトロネロールという成分が入っていて、虫除けのアロマとして使われ、天然の虫にも効果があるのです。また、抗菌作用もあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Qe3xuozbL.jpg
虫除けキャンドルの作り方について、見てみたいと思います。虫除けキャンドル・アロマオイルの、虫除け効果のある材用は、楠・スギ・ゼラニウム・ユーカリ・シトロネラ・レモングラスなどがあります。今回はキャンドル・アロマオイルの作り方を説明します。虫除けキャンドルを作るときに、シトロネラールやシトロネロールが多く入っているハーブの精油を使うことが大切です。
レモンユーカリ 1株
価格
レモンユーカリ・レモングラス・シトロネラの3つが含まれていれば、虫の嫌いな臭いを多く含むので、虫除けキャンドルにはとても必要なことです。作り方はとても簡単で、ろうそくを溶かして、その中にアロマオイルを流し込むだけです。材料は100均でもそろいますし、家にある残り物のローソクやひもなどを使って作ることができます。手作りのアロマオイル。キャンドルは難しいように思いますが、いとも簡単にできて、癒しの効果にもなって、それでいて虫除けにもなるおすすめのキャンドルです。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cdn.kurashi-no.jp/production/imgs/images/000/176/975/medium.jpg?1530412376
1.空いた瓶の中にローソクを折って入れます。(ローソクの芯を後から取りだすためローソクは切らないで折って溶かした方がやり易いです)2.鍋に水を瓶が半分ぐらい水につかるぐらい入れます。70℃~80℃になったら、ろうそくが少し溶けてきます。弱火で5~7分ほど湯煎して、一旦火を止めてろうそくが完全に溶けるまで待ちます。3.完全にローソクが溶けたら、鍋から瓶を引き上げます。(このとき火傷に注意してください)色付けするときは、口紅を少し混ぜると色がつきます。4.キャンドルの芯にするため紐を中心にたらし、割りばしで固まるまで待つときに、アロマオイルを3~4滴流し込みます。固まったら完成です。
引用: https://tomoiku.com/wp-content/uploads/2017/08/z0072019.jpg
作り方はいろいろありますが、どれも瓶の中にローソクを溶かして、アロマオイルを流し込むだけで、ランタンなどに入れて使用すると、虫除けにもなり、癒し効果も得られるので、おすすめです。また、野外にもランタンなどに入れていると使用できるので、手作りアロマオイルのキャンドルを作って、庭にランタンの中に入れて置いておくと虫がきません。現在は雨に強い、また丈夫なランタンが売り出されています。手作りキャンドル・アロマオイルは、おすすめの手作りキャンドルです。
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 防災用 ライト 照明 ブロンズキャンドル ランタンM-8352
価格 ¥ 569
IKEA(イケア) ROTERA 90143189 ティーライト用ランタン, ホワイト
価格 ¥ 1,000
虫除けキャンドルの2つ目の作り方は、シトロネラ・レモンユーカリ・レモングラスのアロマオイルを3~4滴と、ろうそく2~2.5本を長さ15cm程度の物を用意します。ネイル用のラメがあれば適宜、ガラス瓶は家にある小さな空き瓶を用意します。割りばしはキャンドルが固まるまでの中央に差し込んだ糸の安定を保ちます。楊枝&竹串キャンドルに入れるラメをちりばめるのに使います。また綿棒は仕上げで汚れた瓶の裏側をキレイにします。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cdn.kurashi-no.jp/production/imgs/images/000/176/977/medium.jpg?1530412441
ろうそくを溶かすのは上のやり方と同じです。適度の長さに切ったろうそくの糸を瓶の中央になるように配置して、アロマオイルを投入し固まるまで待ちます。半分固まったところでラメを小分けにちりばめます。完全に固まるまで待って、固まったら完成です。
引用: https://shop.r10s.jp/cafe-de-savon/cabinet/startkit/rosec300.jpg
虫除けキャンドル・アロマオイルを手作りするのに便利な、市販のキッドが売られています。このキットにアロマオイルを追加するだけで、虫除けキャンドルの手作りができて、虫除けに効果があります。また、虫除け効果だけでなく、アロマオイルの良い香りを嗅ぎながら、虫除けキャンドルの癒しの効果を得ることができます。
引用: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexpub%252Ffeed%252FLimia%252F2018%252FLimia_219446%252FLimia_219446_17e283cbe30ee547e90f_2.jpg,small=600,quality=80,type=jpg
100均でアロマオイルの手作りキャンドルをつくる材料がそろっています。100均で材料を揃えるとこのようなものになります。 ろうそく・ネイル用のラメ・割りばし・爪楊枝・綿棒・ジャムや鮭フレークの入った瓶・アロマオイルは100均でこれらはすべてそろいます。
引用: https://s.eximg.jp/expub/feed/Woman_Mama/2014/E1406276122146/E1406276122146_1.jpg
100均で売っているローソクや、要らないろうそくを砕いて、溶かして、紐を引き上げた方が楽にできるので、溶かしたら、紐を引き上げます。ろうそくが溶けてきたら、キャリアオイルを1~2滴入れます。キャリアオイルを入れると、もちを良くしますが、入れすぎると火をつけた時に燃えすぎてしまうので注意が必要です。
引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/320/roomclip-bucket/img_320/f4abc5d89015748b3bc7644997f675245debb6fa.jpg
芯たてには、ボタンや部屋ピンなどを使っても良いですが、100均には、芯たても売っていますので、購入するとより簡単にできます。割りばしなどを使っても、芯を中心に持ってこれます。アロマオイルは瓶が手で触れるぐらいになったときに入れると良いです。
引用: https://lettre-du-nature.com/wp-content/uploads/2015/06/1344_6.jpg
虫除けのアロマオイルの材料に、シトロネラを使用しますが、シトロネラとは、レモンに似た香りがするイネ科の植物です。虫(特に蚊)が嫌うハーブで、人間は柑橘類の香りを嗅ぐことができますが、虫はこの香りから逃げていきます。そのため、キャンプなどでは欠かせない、おすすめのアイテムとなっています。
引用: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/item_part_images/000/001/593/1d44ee0f883ac38f83dcb714c703c248dc2faf25.jpg?1504226920
キャンプなどで使用する、虫除けキャンドル・アロマオイルランタンは、アマゾンでも売られています。おすすめできる、キャンプなどで使用する虫除けキャンドル・アロマオイルランタンを2~3個紹介します。
キャンプなどで使用する、虫除けキャンドルのロゴス アロマタブキャンドルは、そのままでも良いですが、ランタンに入れて使用すると、キャンプなどでは照明として、虫除けとして利用できます。キャンプに行くなら、ぜひ持っていきたいおすすめのアイテムです。
ロゴス アロマタブキャンドル
価格 ¥ 561
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 防災用 ライト 照明 ブロンズキャンドル ランタンM-8352
価格 ¥ 569
こちらは、ユーカリやミントなどの虫除けに良いとされるハーブの香りをブレンドした、キャンプだけでなく、食卓などにも使える防虫オイルです。このオイルと、強靭にできたドイツ製の耐熱強化ガラスで、夜露や雨に強いハイテク鋼板を使用している、ハリケーンランタンは、外の植木などの虫除けのランタンとしても利用できます。
ムラエ 天然 ハーブ アロマ 防虫オイル1L 1000cc RO-F1000
価格 ¥ 1,480
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
価格 ¥ 3,680
虫除けキャンドル・アロマオイルの作り方!効果のある手作り方法紹介を見てきましたが、手作りでキャンドルを作って、虫除けにまた、癒し効果に効果のある、キャンドル・アロマオイルを作ってみませんか?また、キャンプなどには市販の防虫オイルをランタンに入れて持っていくと、虫に刺されないおすすめのアイテムとなっています。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/item_part_images/000/001/593/1d44ee0f883ac38f83dcb714c703c248dc2faf25.jpg?1504226920