Qnf5y6gvmzvpzx4tlrry

ごはん

CATEGORY | ごはん

低カロリーケーキで満腹にしたい!おすすめのおやつや選び方を解説!

2018.07.29

ダイエット中にケーキが食べたくても我慢していませんか?できれば低カロリーで太らないケーキで満腹になれば最高ですよね。実は、ダイエット中でも食べられる低カロリーで満腹になるおやつがあります。今回はダイエット中のおやつのおすすめの選び方とコツを紹介します。

  1. 普通のケーキと低カロリーケーキの違いとは?
  2. ダイエット中の満腹になる低カロリーケーキの選び方のコツ
  3. もう我慢はしない!満腹になる低カロリーケーキ①シフォンケーキ
  4. もう我慢はしない!満腹になる低カロリーケーキ②タルト
  5. もう我慢はしない!満腹になる低カロリーケーキ③チーズケーキ
  6. もう我慢はしない!満腹になる低カロリーケーキ④ロールケーキ
  7. もう我慢はしない!満腹になる低カロリーケーキ⑤ティラミス
  8. もう我慢はしない!満腹になる低カロリーケーキ⑥パウンドケーキ
  9. 【番外編】ダイエット中におすすめのおやつ①プリン
  10. ダイエット中におすすめのおやつ②シュークリーム
  11. ダイエット中におすすめのおやつ③パンケーキ
  12. 低カロリーケーキで満腹にしたい!おすすめのおやつや選び方のまとめ
Foezwohgtezifzxb4nnt
R0ggswt7bfswikrscl2y
誕生日やクリスマス以外にも、ちょっとした自分へのご褒美にケーキを買って食べるのが秘かな楽しみ…という女性も多いのではないでしょうか。とくにダイエット中は一番避けたい食べ物No1にもなるほど、ケーキは糖質、高カロリーで、ダイエットには無縁の食べ物です。みんなが食べているのを見ながら我慢するのも辛いですよね。今回は、ダイエット中でも満腹感が得られる、低カロリーのケーキやおやつを紹介します。まずは、低カロリーのケーキとはどういうものがあるのか見ていきましょう。
Omanwggn3qpkqktvch5h
普通のケーキには、土台となるスポンジとデコレーション部分のクリームやフルーツに別れています。スポンジ部分には、主に小麦粉、卵、砂糖、バターが使われていますが何といっても砂糖の量が凄いんです!小麦粉と同じ量の砂糖がケーキのスポンジに入っていますが、砂糖は血糖値が上昇し脂肪を溜めこんでしまいます。また、デコレーション部分にはホイップクリームが使われることが多く、脂肪と炭水化物で構成されています。脂肪と炭水化物の組み合わせは、さらに太りやすいと言われています。
Fizpnv9zkdjqq2wzbm7p
一方で、低カロリーケーキはスポンジに必要な小麦粉をおからに変えたり、豆腐を混ぜたり、砂糖の代わりにハチミツを入れたり、0カロリーシュガーを混ぜるなど、カロリーを必要最小限に抑えた材料を使って作ります。味もとくに普通のケーキと変わらず、ダイエット中でも太らないし、美味しく食べることができるのでおすすめです。
Sa8r3j1me9dajdazwoyf
家でケーキが作れるなら、自分で材料を調整しながら食べることができますが、なかなか時間がないと作ることもできず我慢するのもイヤですよね。そんな時は、お店で売っているケーキの選び方のコツがあります。今は、お店でも低糖質のケーキや、おからや豆腐を使用したケーキ、カロリー控えめな野菜ケーキなど健康志向なものもたくさんあります。色々な種類があればダイエット中も安心して食べることができますが、小さな個人のお店だと中々お目当てのケーキがないこともあります。選び方のコツは、一般のケーキより低カロリーのものを選ぶことです。どういうケーキがあるのか見ていきます。
Ohvgi7bpvf75tabiptnu
低カロリーのケーキの選び方としておすすめはシフォンケーキです。シフォンケーキは、空気を多く含み見た目にボリュームがありながらもカロリーが低くおやつには最適です。卵が多く使われていますが、シフォンケーキは紅茶や抹茶など味も種類があります。ダイエットととしてケーキを選ぶならしフォーンケーキが一番でしょう。生クリームが添えてあることもあるので、少なめにして食べるとカロリーが抑えられます。
Zltifjanyhh1sg7odkav
Oc0toewzekvvlgm3yfp0
タルトはサクサク感が特徴のケーキです。タルトには卵や牛乳、ジャムなどが使われていますが、生クリームと比べると脂肪分が少なく、どちらかというとタンパク質が多くなります。フルーツがトッピングされていれば、食物繊維やビタミンCを摂ることもでき、さっぱりと食べることができおやつとしておすすめのケーキです。
Qzb3v5pxgqpo0mxw6hod
低カロリーのケーキの選び方として次に紹介したいのがチーズケーキです。チーズケーキはデコレーションが少なく、あっさりと食べれるので。濃厚なベイクドチーズケーキよりも、スフレケーキのほうが太らないのでおすすめです。クリームチーズを使っているので、脂肪分は高くなりますがホイップクリームを使ったケーキより、断然ヘルシーです。コツとしては、小さめサイズを選ぶとだいたい150kcalほどなので、ダイエット中もカロリーの摂りすぎを気にしなくて済みます。
Yv35rocf2pp1lnco7jaj
Dezjnkdiikxrrcn9kgis
ロールケーキの中でも、太らないのは小麦粉を使わず米粉を使ったロールケーキです。最近、とくに米粉のおやつも人気で、ダイエット中はおすすめです。ただし、ロールケーキの中に、生クリームがたっぷり入っているものもあります。太らないコツは、食べるときに小さくにカットしたり、生クリーム以外にもフルーツがたっぷり入っているものを選ぶのがおすすめです。
Phrfdzsd4xlr0zhkpovo
ティラミスは濃厚で、甘いので結構高カロリーなのでは?と思ってしまいますが、材料に生クリームをほとんど使用しておらず、マスカルポーネチーズが主として作られています。太らないコツは、ティラミスを食べるときはブラックコーヒーやレモンティーなどを一緒に飲みながら食べましょう。甘みが口に広がる分、無糖の飲料だとさっぱりと食べることができます。
Hdvzkjnub3saiiqcd5vv
Xysolw9iruuzuxuyigfh
パウンドケーキは、バターを使わずに豆乳で作ったものや米粉、ナッツやドライフルーツなど種類もあり、食物繊維も同時に摂れるので太らないケーキとしては優秀です。チョコレートが混ぜてあるパウンドケーキは高カロリーで糖分も多いので注意が必要ですが、シンプルなパウンドケーキはシフォンケーキと同じくらいダイエットに向いています。
Jr5hfuxs9txqai1ahvv1
ケーキ以外にも、ダイエット中におすすめなおやつはプリンです。太らないコツは、砂糖が比較的少なく量は少しに抑えることです。プリンは生クリームが乗せてあるものもありますが、ケーキと比べると比較的カロリーは低めです。昔ながらのプリンやデコレーションがないプリンを選ぶと良いでしょう。
Pibt5dng0fdmuy64qgsx
X6is3tiqsu0bcmypc6cl
シュークリームの生地は卵、牛乳、小麦粉で作られています。カロリーも控えめで、一口サイズで食べれるものもあります。ただし、生クリームたっぷりなものや生クリームとカスタードクリームが合わさったものは高カロリーになるので、サイズが小さめのものや、クリームが少ないものを選ぶと良いでしょう。コンビニで売っているジャンボシューは1個で300kcalも摂取してしまうものもあります。
Xbxn3mhxk2v7hxmmyuni
パンケーキは小麦粉、卵、砂糖が主要ですが、ケーキと比べると比較的カロリーが低いおやつです。ホットケーキミックスを使って家でも簡単に作れるパンケーキは、食べ過ぎなければ大丈夫です。生クリームを乗せたり、バターをたっぷりつけたりすると、高カロリーになるので、シンプルにはちみつやシロップをつけて食べるのがおすすめです。お店のパンケーキは2段、3段のパンケーキが多いので、シンプルなもので枚数は1枚が良いでしょう。
Tbremxyssbznfaaptab3
Lzkg5hanurskzhoplfjh
ダイエット中でも、たまにはケーキが食べたくなりますよね。我慢をしてストレスになるより、低カロリーケーキを選んでたまに食べるほうがダイエットも継続しやすいのではないでしょうか。今回紹介したケーキやおやつは、もちろん砂糖や脂肪分が入っていますが、その中でもまだカロリーが少ないものだけを選びました。量を調整したり、食べすぎを防ぐことができれば、ダイエット中も食べて良いと思います。その代わり、上記で紹介したケーキを選びつつも、運動や食生活は取り入れてくださいね。