Bdy0l7bfhghxguaisfmi

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【ビタミンeの効能】肌に効果のある果物や食品をご紹介します!

2018.07.27

夏の強い日差しに肌へのダメージが心配になりますが、そんな時に有効なのがビタミンeです。この記事ではビタミンeの効能や肌への効果、食品や果物、サプリにおける摂取量の目安、生理中やダイエット中における効能などをまとめてご紹介します。

  1. 肌に効能があるビタミンeを知っていますか?
  2. ビタミンeの具体的な効能は?
  3. ビタミンeは肌荒れにより効果的!?
  4. 血流促進の効能で美肌になろう
  5. 肌だけじゃない!!ビタミンeの他の効能は?
  6. ビタミンeの効能を活用出来るのは、肌の再生だけじゃない
  7. ビタミンeが不足するとどんな影響が出るの?
  8. ビタミンeの摂取量が多くなる食品・果物は?
  9. 肌を含む色々な効能があるビタミンeの摂取量目安は?
  10. 肌を守る効能を維持するためにビタミンeをサプリでも
  11. ビタミンeで美肌の効能を実感しよう
本格的な夏になって、強い日差しによる肌へのダメージが心配な人も多くいらっしゃるかと思います。そんな人に効果的なのが、ビタミンeです。
ビタミンeと聞いても、どんな食品に含まれているのか、いまいちピンときませんよね。ビタミンeは果物を含む色々な食品から摂取することが出来ますし、サプリを使って1日の足りない摂取量を補うことも可能です。
また、このビタミンeを安定して摂取していけば、冷えや生理不順の改善、ダイエットへの付随効果など、女性の体に嬉しい効果が期待出来ますよ。
この記事ではビタミンeのいろはから、多く含まれている食品のご紹介、摂取量を安定させるためのポイント、おすすめのサプリまで、必要な情報を凝縮してご紹介します!!
Up4kuc3cr8h3nekklmeq
ビタミンeは脂溶性のビタミンで、ビタミンAやCとまとめて「ビタミンACE」と呼ばれている、代表的な栄養素です。
ビタミンeの代表的な効果といえば、抗酸化作用ですね。体内にある脂質が参加するのを防ぎ、老化や動脈硬化、生活習慣病の予防に効果を発揮します。
Cmforfsygu9pwrkf1kbq
体内で活性酸素が過剰に発生すると、体の細胞を傷つけてしまいます。それがシミやシワなどの肌トラブルのもとになり、老化を促進させるとも言われているのです。
ビタミンeは、それそのものが活性酸素と結びつきやすい性質を持っています。そのため、すばやく活性酸素と結合して除去することで、体内の老化を防いでくれます。
引用: http://almondm-labo.jp/images/effectve-img_4.png
また、ビタミンeは肌荒れを予防したり、コレステロールの酸化も防いでくれるので、「若返りのビタミン」とも呼ばれているんですよ。
ビタミンeが肌荒れに効果的なのは、やはり抗酸化作用によるところが大きいですね。
太陽光から浴びる紫外線は、シミやくすみの原因となったり、時に皮膚がんの原因にもなってしまったり…と、肌に対して有害であることが分かってきました。
そのため、夏の時期は特に日焼け止めを塗って対策を講じている人が多いかと思います。
U9qx5kqpecl3qgo5ydcf
ビタミンeの抗酸化作用は、そんな紫外線によるダメージからも肌を守ってくれるのです。
今の時期は特に紫外線も強くなりますので、外側から日焼け止めで、内側からビタミンeで…と、内外両方から肌を守っていくと、より効果的ですね。
Dlqhnlyngq3sebeoqc21
ビタミンeの働きの一つに、毛細血管を拡張して血流の流れを良くする働きがあります。
血流促進の作用によって、冷えや肩こり、頭痛など、血行不良による体の不調を改善してくれますよ。
また、血流が良くなることで新陳代謝も活発になるため、美肌効果も期待出来ます。
Asmhaqqnxvsa4pl8nxa4
ビタミンeには肌への効果以外にも、女性の体にとって嬉しい効果があります。その一つが、女性ホルモンの働きを調整する役割です。
ビタミンeは副腎や卵巣に蓄えられて、女性ホルモンの分泌を調整します。そのため、生理不順や生理痛などを改善する効果がありますよ。
多忙や疲労などで生理不順の人、毎月重い生理痛に悩んでいる人は、ビタミンeを意識して多く摂取してみてください。
また、更年期障害にも効果があると言われていますので、年齢問わず多くの女性が既定の摂取量を摂取すべきピタミンなんです。
Dogyukmmqzp45bpklqq2
ビタミンeには抗酸化作用や生理不順の解消など、女性にとって嬉しい効果が盛りだくさんです。
そして、そんな内側からの変化のみならず、ダイエットという見た目の変化も手助けしてくれるんですよ。
Hskwwydkvlxpunb0yx54
ビタミンeの特性でもある抗酸化作用と抗糖化によって、体を内側から綺麗にしてくれます。それが体重の減少につながって、ダイエット効果として実感することが出来ますよ。
例えば、日々の食事以外にアーモンドを毎日25粒食べることでジワジワと体重が減っていき、約3ヶ月で3.4kgのダイエットに成功した、という記録があります。
引用: http://almondm-labo.jp/images/effectal-graph_2.png
出典:井上浩義『アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!』扶桑社(2014年)

勿論、ダイエットに成功したのはアーモンドだけが原因ではないと思いますが、アーモンドを継続して食べることでダイエットがより実感しやすくなるかも。気になる人は詳細を調べて試してみてくださいね。
食事から一定の摂取量を確保出来るビタミンeですが、もしも体内で不足してしまうと、どのような影響を及ぼすのでしょうか。
ビタミンeが不足して細胞膜の脂質に傷を負ってしまうと、稀に感覚障害や神経に以上をきたすことがあります。
また、未熟児では赤血球が壊れてしまい、貧血になる可能性もありますが、今の日本で普通の食事を食べていれば、極端に不足することはありません。
偏った食生活ではなくて、満遍なく色々なものを食べるように気をつけていきましょう。
Suv2z1wm5hptrfc5c4et
では具体的に、どんな食品に多く含まれているのでしょうか。
ビタミンeは、アーモンドや落花生など、ナッツ類に多く含まれています。その次がオリーブオイル、コーン油です。
引用: https://www.midorimushi-shop.jp/euglenalab/wp-content/uploads/2018/01/18-3.jpg
それ以外の食品だと、野菜はアボカドやかぼちゃ、ほうれんそうなどに多く、果物はキウイフルーツやレモンに多く含まれています。
加えて、うなぎやタラコ、真鯛、イワシなどの魚介類や、木綿豆腐や卵にも多く含まれていいます。
引用: http://almondm-labo.jp/images/effectve-img_1.png
例えばナッツを日々のおやつにしたり、豆腐の味噌汁をつけたり、デザートで果物を足したり…など、これらの食品を有効に活用すれば、日々の摂取量を安定させることも出来ますね。
Snfswvqsswtyvfn4zfpr
それでは具体的に、1日でどれくらいの摂取量ならば良いのでしょうか。迷ったときの参考にしてくださいね。
ビタミンEの1日の摂取量の目安は、2015年版「日本人の食事摂取基準」によれば、成人男性で6.5mg、成人女性で6mgです。 一方、上限値は男性が750~900mg、女性で650~700mgとされ、摂取量の幅が大変大きく設定されています。

あまりにも多くのビタミンeを取り続けると出血してしまう可能性もありますが、普通に食事をしているだけならば、そこまで取りすぎることはありません。
Woqfc6s2ry5yerldyuab
毎日食べている食品や果物で、ビタミンeを摂取することは悪くありませんが、やはりどうしても限度がありますので、不足分をサプリメントなどで補うことも大切です。
日々の摂取量を安定させようと思ったら、サプリメントの存在は欠かせません。
Nuhtsflema967s1lkh3i
日々の食事に時間をかけられないほど忙しい人こそ、サプリメントを活用して、衰え知らずの体をキープしたいですね。
ビタミンeは他の栄養素と一緒に摂取することで、アンチエイジング作用も高まります。サプリメントも上手に活用して、バランスの良い栄養素の摂取を心がけたいですね。
ディアナチュラ ビタミンE(60日分)
価格 ¥ 616
小林製薬の栄養補助食品 ビタミンE お徳用 約60日分 120粒
価格 ¥ 848
大塚製薬 ネイチャーメイド E400 100粒
価格 ¥ 1,264
DHC 天然ビタミンE(大豆) 60日分 60粒×1袋入
価格 ¥ 798
ビタミンeを摂取することで、抗酸化作用が高まり、アンチエイジング効果を期待出来ることが分かりました。
また、女性ホルモンのバランスを整えることで生理不順を改善したり、ダイエットに有効だったり、嬉しい効果が盛りだくさんですね。
ビタミンeは様々な食品や果物に含まれていますので、副菜に1品足したり、汁物の具材を足したりして、より効果的に摂取する方法を考えましょう。忙しい人にはサプリメントもオススメです。
この夏はビタミンeを意識して、夏の紫外線や疲労に負けない美肌をキープしましょうね!!
B6f6aw57ie4des87vfjg