R0hxrmyvfbidsnqoe3tj

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

こめかみニキビの原因を知って根本から治す!再発防止の予防法まで

2018.12.29

こめかみのニキビで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。髪の毛とも近い場所で、顔の部分でも洗いずらいですよね。つい気づかないうちにできていることも…そこで今回は、こめかみニキビの原因と予防法についてご紹介していきます!ぜひこの機会に原因を知って根本から直していきましょうね!

  1. こめかみニキビの原因
  2. 過剰な皮脂が分泌されているのかも!?
  3. 外部からの摩擦や刺激が原因なのかも!?
  4. こめかみニキビの治し方
  5. こめかみニキビを予防するには
  6. 洗顔は最後にしよう!
  7. こめかみをあまりさわらないようにしよう!
  8. 生活習慣を見直してみよう!
  9. まとめ
Xyqbptqfsyp7vlgebgpf
まずはこめかみニキビの原因についてご紹介していきます。こめかみはものを噛んだ時に動く部分でもよく使う部分ですよね。実はこめかみのニキビは繰り返しやすいことがわかっているんです。そのため、きちんと原因を知って、日頃のスキンケアや生活習慣を見直すことが予防のために必要となってくるんです。ではなぜこめかみニキビは繰り返しできやすいのでしょうか。こめかみニキビの原因と治し方を調査してみました!
こめかみの部分は、もともと皮脂腺が多いとされる額に近いので、べたつきやすい部分と考えらるそうなんです。 10代~20代前半は、皮脂腺が活発といわれていて、過剰な皮脂によって毛穴が詰まりやすく、こめかみにニキビが発生しやすいタイミングともいわれているんですよね。 また、20代後半以降でもオイリー肌の方や部分的にベタつきやすい肌の方は、過剰な皮脂がニキビの原因になっていることがあるんですよ。
こめかみニキビは髪の毛やワックスなど、外部からの摩擦や刺激も、こめかみにニキビができやすくなる原因の1つだと言われているんです! その理由は、髪の毛は常に空気に触れているので、多くの雑菌や汚れが付着しやすい状態と考えられるからなんです。髪の毛に使用するワックス等の整髪料も、肌にとっては負担となりうる可能性があり、こめかみニキビの原因のひとつになることがあるんですよね。髪の毛の生え際に近いこめかみは、クレンジングや洗顔等で洗い残し・すすぎ残しが起きやすい部分のひとつで、洗い残し・すすぎ残しが肌の負担になり、ニキビを誘発する原因になることもあるといわれているんです。クレンジングや洗顔のすすぎが甘かったり、洗い流されず汚れが残ってしまうことがあることがおおいんですよね。また、洗顔の後にシャンプーやトリートメントを行うことも、気づかぬうちにシャンプーやトリートメント料が顔の皮膚についてしまい、肌の負担・ニキビの原因につながることもあるんです。
Azpy3qe3vcqycij8ub40
ではこめかみニキビの治し方を紹介します。
まず、できてしまったニキビが白ニキビの場合、毛穴の詰まりを解消して中にたまっている皮脂を外に排出してあげることで、それ以上の悪化を防ぐことができます。その際には無理に自分で皮脂を押し出したりせずに、皮膚科に行くか専用の治療薬を使用するかして、なるべく皮膚を刺激しないように注意が必要です。 赤ニキビの場合は、下手につぶしてしまうとアトが残ったりクレーターのようになったりする可能性がありますので、むやみに触ったりせず、こまめに専用の治療薬やスキンケアで炎症を抑えるようにしたいですね。 いずれにしろ、少しでも早くこめかみニキビを鎮静化させて繰り返さないために、正しい治し方を覚えておくことが大切です。以下のポイントを日頃から意識することで、少しずつニキビのできにくい肌へと変わっていきますよ スキンケアは低刺激のものを使用する アルコールやオイルは、肌への刺激が強くなっています。ニキビができやすい敏感な肌には、なるべく低刺激のスキンケアを使用します。 また、こめかみや髪の毛の生え際の場合、スキンケアだけではなくヘアケアにも気を使う必要があります。整髪剤はもちろん、シャンプー・リンスも刺激の少ないオーガニックの製品などを使用するといいですよ洗顔料はよく泡立てて、しっかり流す 毛穴の詰まりを防ぐには、しっかり洗い流すのが重要になります。洗顔時に気をつけなくてはいけないのは、こすりすぎによる皮膚のダメージや洗い残し・流し残しです。 皮膚を傷つけずに毛穴の奥まで汚れを落とすには、洗顔料をよく泡立てて肌をなでるようにして洗うといいですよ。きめ細かい泡が毛穴の奥の汚れを吸着して、洗い出してくれます。同様に、タオルで拭くときも優しく押さえるようにして水分を取っていきます。毛穴の詰まりを防ぐには、しっかり洗い流すのが重要になります。洗顔時に気をつけなくてはいけないのは、こすりすぎによる皮膚のダメージや洗い残し・流し残しです。 皮膚を傷つけずに毛穴の奥まで汚れを落とすには、洗顔料をよく泡立てて肌をなでるようにして洗うといいですよ。きめ細かい泡が毛穴の奥の汚れを吸着して、洗い出してくれます。同様に、タオルで拭くときも優しく押さえるようにして水分を取っていきます毛穴の詰まりを防ぐには、しっかり洗い流すのが重要になります。洗顔時に気をつけなくてはいけないのは、こすりすぎによる皮膚のダメージや洗い残し・流し残しです。 皮膚を傷つけずに毛穴の奥まで汚れを落とすには、洗顔料をよく泡立てて肌をなでるようにして洗うといいですよ。きめ細かい泡が毛穴の奥の汚れを吸着して、洗い出してくれます。同様に、タオルで拭くときも優しく押さえるようにして水分を取っていきます毛穴の詰まりを防ぐには、しっかり洗い流すのが重要になります。洗顔時に気をつけなくてはいけないのは、こすりすぎによる皮膚のダメージや洗い残し・流し残しです。 皮膚を傷つけずに毛穴の奥まで汚れを落とすには、洗顔料をよく泡立てて肌をなでるようにして洗うといいですよ。きめ細かい泡が毛穴の奥の汚れを吸着して、洗い出してくれます。同様に、タオルで拭くときも優しく押さえるようにして水分を取っていきます

上記がこめかみニキビの原因と治し方になります。こめかみは髪の毛や寝ている間の枕などで、刺激されやすい部分ですよね。そんなこめかみニキビをうまく改善するには、あまり触らずに時間をかけて治していくことが必要です。こめかみニキビはニキビですので、むやみに触らず、無理やり潰さないように注意しながら、スキンケアをしていってくださいね。
Aarjpichi5evoolbmy94
上記でも触れましたが、こめかみのニキビは繰り返しできやすいので、日ごろのスキンケアや生活習慣を見直すことが予防のために必要となってきます。ではここでこめかみニキビを予防する方法をご紹介します。
こめかみにニキビができやすい方は、入浴の際に洗顔を1番最後に行うようにしてください。 なぜかというと、髪の生え際やこめかみは汚れも溜まりやすく、洗顔料やシャンプー等のすすぎ残しも起こりやすい部分と考えられるからなんです! また、洗顔を行ったあとは、体全体を軽く洗い流すようにすると、全身のニキビの予防もできますよ!
手には意外とたくさん雑菌がついているのは知っていましたか?実は手や爪にはたくさん雑菌があるんです!こめかみのニキビが気になる方は、頻繁に触らないように注意しましょう。 また、前髪がある方やフェイスラインに髪がかかっている方は、前髪を上げたり髪をまとめるなどして、こめかみ部分に髪が触れないようにすることも大切ですよ! こめかみのあたりをセルフマッサージするという方は、手をきちんと洗ったあとなど、清潔な手で行うようにしてくださいね。
こめかみのニキビをできるだけ再発させないためにも、体内ケアを意識することも必要となってきます。肌荒れやニキビは肌の調子が乱れたときなどに発生しやすいんです!そのため、睡眠不足は美容にも健康にもよくありませんので、美容と健康サポートのために睡眠は6~8時間程度を意識してとることもニキビの予防に繋がるんですよ。
Vhtnnpqgpa00guswsbzb
いかがでしたでしょうか。今回はこめかみニキビの原因と治し方、予防法についてご紹介しました。こめかみニキビで悩んでいる女性は多いですよね。そんなこめかみニキビは生活習慣や普段のスキンケアで解消することも予防することもできるんです。ぜひ今回のを参考に、こめかみニキビを根本から治して、綺麗な肌を目指しましょうね!

あわせて読みたい!関連記事はこちら♪