Tuvp22tfpca7uo2ryixr

暮らし

CATEGORY | 暮らし

二日酔いの腹痛にははちみつ入りの飲み物?下痢の治し方もご紹介!

2018.08.07

二日酔いで腹痛を起こしてしまった時の飲み物としてはちみつがよく効くといいます。そこで、二日酔いの腹痛の治し方としてのはちみつの飲み方や下痢を起こした場合の治し方、良く効くツボなどをご紹介しながら腹痛になってしまった時の対処法や解消法を探って見たいと思います。

  1. 二日酔いはどうして起こる?
  2. 二日酔いで腹痛になるのがなぜ?
  3. 二日酔いの腹痛にははちみつが効く?
  4. 二日酔いの腹痛にはちみつが効く理由
  5. 二日酔いの対処にはちみつが効く理由その2
  6. 二日酔いの対処以外のはちみつのメリット
  7. 二日酔いにはちみつとバナナ
  8. 二日酔いの腹痛の対処法のはちみつの適量は?
  9. 二日酔いの解消によく効くはちみつレシピ
  10. 二日良いの腹痛の治し方のツボ
  11. 二日酔いを早く治して軽快な朝を迎えよう
Ietfybz7k3zfvpn19wvb
気の合う仲間とワイワイお酒を飲むのは楽しいものですね。でも、翌日に来る辛い二日酔いを経験した人もおいでしょう。頭痛や吐き気などで飲み過ぎた朝はベッドから起きるのさえ大変です。昨夜あんなに楽しく飲んでいたのに、どうして翌日は辛い二日酔いが待っているのでしょうね。 二日酔いの原因はアセドアルデヒトという物質だということがわかっています。体内にアルコールが入ると、肝臓の解毒作用で水と炭酸ガスとなって尿や汗として体外に排出されます。しかし、その過程の中で、アセドアルデヒトが作られるのです。 二日酔いは、この、アセドアルデヒトがうまく代謝されずにいつまでも体内にとどまっているのが原因で起こるのです。 体内に残ったアセドアルデヒトは、血液によって全身をめぐり、再び肝臓で解毒されるのですが、それまでの間に強い毒性で二日酔いの症状を引き起こしてしまうのです。
Sjtf9gcgypuj453gkg4v
Cek5tecuptholsincew7

アルコールによる腹痛

W4xkne54eapwxx3ukfaw
二日酔いには腹痛になってしまう方も多いと思います。では、なぜ二日酔いで腹痛になってしまうのでしょう。下痢でトイレにか駆け込む人もいますよね? お酒に含まれているアルコールは大量に摂取すると、胃や腸などを刺激して消化・吸収の邪魔をします。そうなると、食べたものや水分がうまく消化・吸収でくなくなり、消化不良を起こして下痢の症状になるのです。 また、ビールなどの冷たいお酒はお腹を冷やす原因になるのでなおさら下痢をしやすくなります。

水分の過剰摂取による腹痛

Fzzaobjtuaj6flfxrti8
お茶を何リットルも飲む人はいませんが、ビールならば軽くジョッキ一杯は飲んでしまいますね。短時間で何リットルもの水分を摂取すると、大腸はすべての水分を吸収できなくなります。そのため、水分はそのまま便に含まれて下痢を起こします。
Xdtvc4ldomf0d0abbrwg
Jcdqys4ltnhabzcs0wjg
飲み過ぎた翌日の二日酔いほど辛いものはありませんね。次の日が仕事だと昨夜の飲み過ぎを後悔することにんります。でも、昨夜の失敗を後悔しても始まりません。早く二日酔いを治してスッキリとしたいものです。 そんな時にはちみつが効くのをご存知ですか? 二日酔いに良いと言われる食べ物や飲み物はいろいろありますが、その中でもはちみつが最も効くというのです。
B3npowtjlrdkpfvps5wc
二日酔いの下痢を早く治す対処法としては、糖分を摂取すると良いといいます。 大量のお酒を飲むと、肝臓はアルコールを分解し、代謝するのに糖質を使います。すると、体の中の糖質が不足します。 そこで、二日酔いの対処方として、はちみつが良いといいます。はちみつには糖分が含まれていますが、はちみつの糖分にはルコールを分解する働きがあると言われています。 はちみつは二日酔いの治し方として即効性があるものだとすれば食べない手はないですね。
Jh6pppnx3kodwwtbsuvd
はちみつはブドウ糖と果糖の二つの糖によって構成されています。この二つの糖がそれぞれに働いて二日酔いに効果的な働きをしてくれるのです。 ブドウ糖はとても吸収率の良い糖分で、速やかに体内に働いて低血糖状態の解消に一役買ってくれます。それが二日酔いの体のだるさやぼーっとする感じを解消知るのに役立つのです。 果糖は、二日酔いの原因であるアセトアルデヒト分解速度を促進するという働きがあります。 アルコールが体内に残った状態ではちみつを摂取すると二日酔いを軽減してくれるのです。
二日酔いの対処以外にもはちみつはお酒を飲む人にとって嬉しい効果があるのです。
・口臭予防としてのはちみつ効果。   飲酒後にはちみつを食べるとお酒くささが緩和されます。飲酒後の口内ケアにもはちみつは大活躍します。
Ucqak9nbfezzborfgoxz
・腸内環境を整える   飲酒によって乱れたお腹の調子を整えます。
Turaei9kynbkj5ryoenf
・美肌にも効果的    腸内改善効果と豊富な栄養素で飲酒の肌荒れを改善します。女性には嬉しい効果ですね。
Cgzcx3ffyfbzwygmxasj
Kpid8f6rvep3iowoluzb
はちみつにはアルコールの代謝を助ける果糖があるといいましたが、カリウムも入っています。ひどい二日酔いでもティースプーンに2杯から6杯のはつみつでだいぶ解消されます。同じようにカリウムを多く含んでいるバナナを組み合わせて食べると二日酔いの治し方としてはとても効果的です。
Ecubnoeuwocsoow5gz6p
二日酔いの対処法としてはちみつを食べる時は、そのままスプーンですくって食べるのが良いようです。適量は大さじ一杯のはちみつで、そのまま舐めれば、はちみつの糖分を素早く補給し、はちみつの栄養素を無駄なく体に取り込めるのでおすすめです。 そのまま舐めるののはちょっとと抵抗がある人には、水に溶かしたはちみつ水をおすすめします。糖分とともに不足しがちの水分もとれて二日酔いの治し方としてはとても良いものになります。 はちみつを食べるタイミングはお酒を飲んだ後はもちろん良いのですが、飲み会の直前にも効果があります。 二日酔いの対処としてぜひ、飲み会前にもはちみつをひとさじ食べてみてください。
二日酔いの治し方としてはちみつが良いのですが、今度はそのはちみつを使ったレシピをご紹介しましょう。美味しくはちみつを食べて早く二日酔いを解消したいですね。

はちみつレモン

Cg2mj6z0yymg5feo3oem
小さじ1/3のレモン汁と小さじ一杯のはちみつ、そして200CCのに水を混ぜるだけです。簡単に作れる二日酔いの治し方の飲み物です。爽やかなレモンが気分の悪さを吹き飛ばしてくれます。

はちみつサラダ

V2hkoapicelndwsbuxir
トマトなど酸味のある野菜にそのままはちみつをかけるだけでいつもと一味違ったサラダが楽しめます。二日酔いの食欲のない朝にぴったりなサラダです。

はちみつトースト

Sprzuaxuqcd7ccldhq47
少し食欲が出てきたらサラダと一緒にはちみつトーストはいかがでしょう。食パンにチーズを乗せてトーストし、その上に適量のはちみつをかけます。二日酔いの朝が元気の出る朝に変わりますよ。 はちみつレシピで二日酔いを早く解消しましょう。
はちみつで二日酔いを治す方法をご紹介しましたが、次は二日酔いに効くツボをご紹介します。

腹痛を治すツボ  合谷(ごうこく)

Alba21tcqmcqcxzn2cfd
二日酔いの時の吐き気や頭痛、腹痛、下痢、便秘など幅広い症状に効くツボです。

肝機能を高めるツボ   期門(きもん)

Urnp77i5l1dfgs0pjoqe
両乳首の真下へ下がった線と肋骨の下が交わったところにあります。両手の付け根で押すように刺激します。20から30回ほど押すと効果的です。二日酔いを解消するツボです。

胃腸に効くツボ   足三里(あしさんり)

Qub40pavslvv27zej8zu
膝の皿の下、靭帯の外側にあるくぼみから指4本分のところにあるツボです。強く押すと足の指先までしびれるような感覚が伝わります。腹痛、下痢、嘔吐などの胃腸の不調によく効くツボです。
Hius3ydmdfs1m5narobz
二日酔いになるのは適量を超えたお酒の飲み過ぎです。まず、自分の適量を覚えましょう。 でも、仲間との楽しい飲み会はついつい度を越して飲んでしまいますよね。 そんなことになる前に、辛い二日酔いの予防策から味めましょう。 飲み会直前には軽くはちみつ入りのレモン水の飲み物を飲みましょう。 二日酔いになりそうだと思ったら、そこでまた、はちみつ入りのの飲み物を飲みます。 二日酔いになってしまった朝も、まず、はちみつ入りの飲み物を飲んでみましょう。 これで、辛い二日酔いはかなり抑えられるはずです。はちみつ入りの飲み物なら同時に脱水症状も解消されて良いでしょう。 下痢まで起こしてしまう辛い二日酔いもこれでよくなります。はちみつパワーはすごいものがありますね。ぜひお試しを!