H5rwfihkys4jgpu5luha

暮らし

CATEGORY | 暮らし

オーガニックコットンとは何?普通の商品との生地の違いなどを解説!

2020.08.06

オーガニックコットンと普通のコットンや生地の違いをご存知ですか?肌にいいことは知っているけどオーガニックコットンとは何?と知らない方もいることでしょう。今回はオーガニックコットンとはどのようなものなのか、特徴や価格についてお話します。

  1. オーガニックコットンとは?
  2. オーガニックと普通のコットンの違いとは? 綿花の栽培方法
  3. オーガニックと普通のコットンの違いは何? 管理方法
  4. オーガニックと普通のコットンの違いとは? 加工方法
  5. オーガニックコットンの特徴とは?カラー
  6. オーガニックコットンの特徴とは何か?肌に優しい
  7. オーガニックコットンの特徴とは?吸水性がいい
  8. オーガニックコットンの特徴何か?環境にいい
  9. オーガニックコットンの特徴とは何か?価格が高い
  10. まとめ
Aka9di2hdcv15ymokwol
オーガニックコットンと呼ばれるものは、厳しい基準や栽培方法、管理方法、加工方法をクリアし認証されたものをいいます。この認証基準は非常に厳しく、全てを完璧にクリアしていなければオーガニックとは呼ぶことができません。オーガニックコットンの認証基準は認証機関によって違いはあります。日本のオーガニックコットン流通機構が定める認証基準には、純粋性を守るため一般の綿と混ぜない。搾取的取引をしない。化学農薬を使用しない。化学的な処理をしない、などがあります。このような厳しい基準をクリアしたものだけを、オーガニックコットンと呼び、製品にもオーガニックコットンと記載することができます。
S6nzkhk8cdj6kxlvfgyh
R5md8hxw2fr8dtskultz
オーガニックコットンと普通のコットンは何が違うのでしょうか。まずは栽培の方法から違いがあります。オーガニックコットンではない普通のコットンは、綿花を栽培する時に殺虫剤や農薬など化学肥料が使用されています。実は作物の中で育てる段階で農薬がたくさん使用されてあるのが綿花なのです。その為オーガニックコットン生地ではない普通のコットン生地は、たくさんの薬剤が使用されています。その反面オーガニックコットン生地は一切薬剤を使用していません。殺虫剤も。そして収穫も自然に逆らうことなく、葉が落ちるまで待ち全て手で摘み取ります。オーガニックコットンと呼ばれるコットンは、ものすごくたくさんの手間暇をかけて育てられた綿花だけのことをいいます。
Ih6nlmfmqt3hc17auypi
Sifkviygrhugavssibjk
オーガニックコットンと普通は管理方法にも違いは何でしょうか。オーガニックコットンと認定されるには、農地の管理も重要視されます。では今年からオーガニックコットンを作りましょう!なんてことはできないのです。オーガニックコットンを作る為の農地は2.3年以上有機栽培をしていて、それを認証機関に認められた農地でしか栽培することができません。2.3年以内に1度でも化学薬品を使用した農地では、オーガニックコットンを栽培することができないということ。そして栽培に使用する農薬や肥料にもオーガニックの規準があり、許されたものしか使用できないようになっているのです。農地や肥料、農薬など以外にも、栽培をする労働者に対しての規準もありそこもしっかりと管理されています。無理な労働をさせていないか。労働者は健康か。子供の労働者や、安すぎる賃金で働かせていないか。など。日本にはオーガニックコットンを栽培しているところはなく、海外ばかりでその為認証機関も海外にあります。貧困な国がありますよね。物価の違いなどで製造工場を海外に委託したり、作る会社がたくさんあります。そういうところでは安すぎる金額で労働者を雇うことがあり、それも大人だけでなく子供の労働もなくはありません。そういう風に労働者が損したり苦しむことがなく、綿の仕入れも適正な価格で買い取られることも認定基準になっているのです。
Zj8e5jistcxm4qxwgt4f
Uvxkfpnskpoxcdushc04
違いには加工方法もあります。普通のコットンやその他の生地を作る製造工程では、製品として加工されるときに漂白剤や化学染料などが使用されています。店頭で販売されている洋服やその他ファブリック製品など1色ではなく、たくさんのカラーや柄がありますよね。そういうものは元々色がないものを染料を使用して染めているのです。ですがオーガニックコットンは栽培の時と同様に化学薬品などの使用は禁止されているため、オーガニックコットンは余計な薬剤は使用しません。ではなぜオーガニックコットンとして販売されているものの中にカラーがあるの?何で色づけしているの?と疑問に思う方もいるでしょう。オーガニックコットンに色をつける時は、染料にもこだわり自然の天然由来のものを使用して色づけされています。
Gptufggxu0gqsdbywe3f
Codwzpmqxf64rlabneek
上記でお話ししたように、オーガニックコットンの特徴として色があります。オーガニックコットン製の洋服や雑貨などって、ほとんどがアイボリーやベージュのような色が多いですよね。これは出来る限り天然のままがいいから!オーガニックコットンそのままの自然の色がその色だからです。ほとんどがアイボリーやベージュですが、他に色があっても天然由来の成分を使用して染め上げているので、一見地味に感じる色が多くなっています。ブラウンやネイビーなど。
Yt5ev1m5hyw4x6hhsjpz
Pzsgxvdnrxiu0wruoy5j
オーガニックコットンの特徴、そしていいところは肌に優しいこと。栽培から製造工程全てにおいて化学薬品を使用していないので、肌に化学製品の影響をあたえません。その為肌の免疫力がなく弱い赤ちゃんのベビー用品としてオーガニックコットンが使用されることが多いのです。赤ちゃんの肌着や洋服、ガーゼやおくるみなどもオーガニックコットンのものが販売されているのは肌に優しく安心できるから。赤ちゃんも使用できるので、大人でも肌の弱い敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方も安心して使用することができます。
Vfbgbjp1ltof9tcepjuw
Lpwzfdopn9ai3mkeet4l
オーガニックコットン製のものは吸水性がとてもよく、汗をかいても蒸れることがありません。下着や肌着、パジャマや寝具で使用されることの多い理由がこの吸水性です。夏の汗をかきやすい季節や、体温が高く汗をかくことの多い小さな子供には特におすすめですね。そしてオーガニックコットンは吸水性だけでなく、吸い取った汗をすぐ外に出す効果もあるので汗の嫌なにおいを防いだり、においがしないようにするのもオーガニックコットンの特徴ですね。
Ysfcmr5dqwbqowsudimi
K72z4peyigqu4nxobovm
オーガニックコットンの栽培や加工方法、製造方法についてお話ししたように、それら全てに化学薬品、薬剤の使用は禁止されています。化学薬品や薬剤は土や水、空気など自然のものに対して悪い影響を与えています。もちろんその空気を吸い込んだり、そのような工程で作られたものを着用したり使用する人間にも。オーガニックコットンには悪い影響を与えるものが一切使用されていないので、人間はもちろん自然環境に対してもいい影響を与えているのです。全ての環境にとっていいもの、オーガニックコットンのような製品を使用する人が増えれば増えるほど、自然を守ることにも繋がるということです。
Uu8wlgvbbufftbk1mlki
I6dvdp2x0xxxxiz4ph17
オーガニックコットンの特徴として、メリットをお話ししてきましたがデメリットも 。それは価格が高いこと。商品にもよりますが本当にいいものは、価格が高い傾向にあります。普通の生地で作られたものと比べて倍ほどの値段がすることも…それ以上のこともありますね。赤ちゃんや肌が弱い方は価格が高くても、肌にいいものを選び購入するでしょうがそこまで肌が敏感でないならデザイン重視や価格重視で、普通の生地の安い方を購入する方がほとんどでしょう。手間暇かけて作られたオーガニックコットンの価格が高くなるのは納得ができますが、栽培から製品になるまでの過程や良さを知らない人からすると、やはり手を出しづらい商品になりますよね。このように価格が高いことで、オーガニックコットンを選ばない方も多い為デメリットになっています。
Ruwi3rskplq0choofanf
Ggzz66mc85an4vfmhvya
オーガニックコットンと普通のコットンや生地との違いについてお話ししてきましたが、オーガニックコットンの良さを分かっていただけたでしょうか。いいものを使用することで、肌にはもちろん自然環境を守ることにも繋がるのです。オーガニックコットン製のものを身につけて、ナチュラルな生活を送ってみてはいかがでしょう。
Dxqhgtxrgqllskwfja4v