Rkzcu13laeieghwxbwde

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【ニキビ肌改善のスキンケアまとめ】肌質・お悩み別の対策・対処法

2018.12.29

鏡を見るたびに憂鬱になってしまうニキビ肌。1日も早く治したいですし、治ったらできないようにしたいですよね?そこで今回はニキビ肌を改善するためのスキンケア対策を肌質ごとに分けてご説明します。正しくスキンケアすることで、嫌なニキビ肌ともサヨナラしちゃいましょう!

  1. 実は1つだけじゃない!ニキビの種類
  2. まずは自分の肌質をチェック!
  3. 正しいニキビケアはコレ!肌質別にみる対策まとめ
  4. ニキビ肌+オイリー肌
  5. ニキビ肌+乾燥肌
  6. ニキビ肌+混合肌
  7. ニキビ肌+敏感肌
  8. ニキビを早く治すためのポイントは?
  9. 【その1】必要な栄養素を摂取する
  10. 【その2】質の高い睡眠をとる
  11. 【その3】刺激や油分の少ないアイテムを選ぶ
  12. まとめ
Hfgzz6ahlh2yzrpn9fyr
お肌にできるニキビはどれも「ニキビ」という括りになっていますが、実はその色によって種類が異なります。たとえば誰もが良く目にする、小さい吹き出物のように白くできるのは「白ニキビ」と呼ばれ、化膿の程度としてはもっとも低い種類になります。このほかに「黒」「赤」「黄」「紫」といった種類があり、左から順番に化膿程度は高く、「黄ニキビ」以上の場合は必ず病院に行きましょう。
Ccxeu9qpycxllety6s7t
ニキビ肌を治すにはニキビに効果的な成分が配合された化粧品を選ぶべきですが、ただ単にニキビ用を選べば良いという訳ではありません。ニキビができていても人によって肌の質や状態は異なりますから、まずは自分の肌質を正しく知った上でそれに合ったニキビ肌用のアイテムを選んでスキンケアを行うことが大切です。
肌質は「1.いつも通りに洗顔をする」「2.タオルで拭いた後、何もつけずに20分程放置する」「3.肌に触れてみる」で簡単にチェックすることができます。皮脂が浮いてべたつく人は「オイリー肌」、カサカサしてつっぱり感がある人は「乾燥肌」、べたつくけどつっぱり感もある人は「混合肌」、特にべたつきもつっぱり感も感じない人は「普通肌」と診断できるでしょう。
B1e3ixi2rmqagjbz3hfe
自分の肌質を知ったところで、それぞれに適した正しいスキンケアを見て行きましょう。ニキビ肌に効果的なスキンケアはもちろんのこと、対策法についてもご説明しますので、ぜひ美肌づくりの参考にしてみてくださいね。
Gpqbbiuhtjj6eyiz2cm1
「オイリー肌」は通常よりも皮脂が過剰に分泌された状態のお肌で、何故そのようなことが起きるのかというと角質層にあるバリア機能の低下を補おうとしているからだそうです。また、ホルモンバランスの乱れによる男性ホルモンの生成が皮脂の過剰分泌につながっていて、男性ホルモン過多の人はニキビができやすい状態であることが判明しています。

スキンケア対策

オイリー肌のニキビはとにかく洗顔方法に気を付けることが第一です。テカリやべたつきを気にして、スクラブ入りの洗顔料などで力強くこすってしまうのは絶対にNG。外部刺激を受けたお肌は表面を守ろうとしてさらに皮脂を分泌させるため、悪循環に陥ってしまいます。しっかりと泡立てた洗顔料で余分な皮脂だけを洗い流し、終わった後は抗酸化成分や保湿成分が含まれたアイテムでしっかりと保湿してあげましょう。
Oug3qkmtgqecjn2v4isc
「乾燥肌」はお肌の水分量と皮脂量が極端に少なくなっている状態のことを指します。皮脂は肌表面を守る保護膜であるため、極端に不足すると細胞の新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーで生まれ変わるはずの皮脂や汚れが毛穴に詰まることでニキビになってしまいます。また、乾燥からお肌を守ろうとして逆に皮脂が過剰分泌されることも原因の1つとされています。

スキンケア対策

乾燥肌によるニキビを治す上で重要なのは、水分補給と保湿ケアです。乾燥がひどくならないようにぬるめのお湯で洗顔し、まずは浸透力の高い化粧水でしっかりとお肌に水分を与えましょう。水分補給をした後はその水分が蒸発しないようにクリームなどをつけて保湿をしてください。乾燥肌には浸透力・保湿力が高い「ビタミンC誘導体」や「セラミド」「ヒアルロン酸」などの成分を配合したアイテムがオススメです。
Gncd5nixtgoze8ljobdz
「混合肌」は顔のパーツによってべたつく部分とかさつく部分があるお肌の状態で、「オイリードライ肌」と呼ばれることもあります。いずれの状態も角質層の乾燥が原因であり、パーツによって異なる出方をしたに過ぎません。なお、思春期ニキビであれば皮脂の多いTゾーン、大人ニキビであれば皮脂の少ないUゾーンに多発しやすく、異なる肌状態に合わせて適切なケアを行う必要があります。

スキンケア対策

オイリー部分も乾燥部分も、角質層の乾燥によるバリア機能の低下を改善することが必須です。基本はどちらのお肌にも十分な保湿ケアを行えば問題ないですが、べたつきが気になる部分は洗顔の際にしっかりと余分な皮脂を落としてあげるとバランスの良いお肌になります。また、エアコンの使用は特に肌表面の乾燥につながるため、ニキビ肌の人は加湿器の活用をオススメします。
T2pv6cduychap3o1yryz
肌質の主な分類には含まれていませんが、女性の約7割が悩んでいると言われるのがこの「敏感肌」です。お肌が乾燥することでバリア機能が弱まり外からの刺激を受けやすい状態になっているため、ちょっとした刺激でもぴりぴりしたり、赤くなったりしてしまうのが特徴です。細菌はもちろん、紫外線や花粉などのアレルギー物質にも強く反応し肌トラブルを起こしやすい敏感肌は、ニキビの発生率も高くなっています。

スキンケア対策

敏感肌のニキビを治すには、とにかくお肌への刺激を最小限に抑えることがポイントです。洗顔する時は必ずぬるま湯で行い、泡立てネットを使用したキメの細かい泡でやさしく丁寧に洗うことを心がけてください。また、アイテムを選ぶ際はアルコール成分や香料、防腐剤など、刺激の強いケミカル成分が配合されているものは避けたほうが賢明です。
Jdt3f7v0maqpbnfssyoi
肌質ごとに正しいニキビケアについてご説明しましたが、スキンケアだけでニキビを治すには当然ながら限界があります。では、ニキビを早く治すにはどのような点に気を付けるべきなのか、3つのポイントに絞って取り上げます。
F8l8orux1oqtzlwgjtay
ニキビができる原因は主にホルモンバランスの乱れや角質層の乾燥など、体の内側の不調によるものです。つまり、体の内側を改善すれば自ずとお肌の状態は良くなり、ニキビもできにくくなるということです。ニキビ対策に有効的な栄養素は「ビタミンB群・C・E・A」ですが、ほかにも「ミネラル」や「食物繊維」などが含まれた食物をバランス良く摂ることが健やかなお肌へとつながります。
Zdoew0artceayyjwion6
健やかなお肌を手に入れるには十分な睡眠が不可欠ですが、質の高さにもこだわる必要があります。なぜなら就寝してから約3時間までの深い眠りの時に、お肌のターンオーバーを促進する成長ホルモンの分泌が活発になるからです。ターンオーバーはお肌の修復や生まれ変わりに欠かせないものですから、寝る前にスマホを使わない、リラックスできるアロマを用意するなど、熟睡できる環境を整えるように努めましょう。
Ssubqkaur8siaqjj4qeb
お肌に直接つけるものはニキビにも影響を与えるため、メイクやスキンケアで使うアイテムは刺激になる成分や油分の少ないものを選ぶのがオススメです。それでも繰り返しニキビができてしまう人は、ニキビの予防や悪化の防止に効果のある「ノンコメドジェニックテスト済」と表記されたアイテムを使用すると良いかもしれません。その際も自分の肌質に合ったものを選ぶのを忘れないようにしましょう。
V1casyttaw3festqiung
今回はニキビ肌を改善するためのスキンケア対策を肌質ごとに分けてご説明しましたが、いかがだったでしょうか?ニキビ肌だからといってニキビケアだけをしていては、根本的な解決にはなりません。まずはニキビができてしまう土台となるお肌の状態を正しいスキンケアで改善することから始めてみてください。そうすれば自然とニキビができにくい、健やかなお肌に仕上がるはずですよ。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪