N7amxedjkfgcjaguxho3

ファッション

CATEGORY | ファッション

水着入る温泉はどこが良い?子供も楽しいテーマパークランキング!

2018.07.30

この記事では、水着で入れる温泉付きのテーマパークランキングをご紹介します。ご紹介していくテーマパークは、水着で入れるプールや温泉付きで、子供も大人も楽しめるテーマパークになっていますし、日帰りで楽しむことができます。悩んだ際には、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 水着で入れる温泉付きのテーマパークが知りたい!
  2. 水着で入れる温泉付きのテーマパーク第1位:多目的温泉プールフォレスパ大子
  3. 水着で入れる温泉付きのテーマパーク第2位:龍宮城スパ・ホテル三日月
  4. 水着で入れる温泉付きのテーマパーク第3位:ホテルサンバレー那須
  5. 水着で入れる温泉付きのテーマパーク第4位:クアドーム ザ・ブーン
  6. 水着で入れる温泉付きのテーマパーク第5位:勝浦ホテル三日月
  7. 水着で入れる温泉付きのテーマパーク第6位:スパリゾートハワイアンズ
  8. 水着で入れる温泉付きのテーマパーク第7位:箱根小涌園ユネッサン
  9. 水着で入れる温泉付きのテーマパーク第8位:江の島アイランドスパ
  10. まとめ
引用: http://www.buko-onsen.co.jp/wp-content/themes/buko-onsen/img/visual2.jpg
夏になったら子供や友達と、水着で日帰りで遊べるのテーマパークに出かけたいですよね。しかし全国に様々なテーマパークがあり、どこへ行こうか悩んでしまいます。そこで今回は水着で入れる温泉付きの日帰りテーマパークランキングを、8位までご紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。
引用: https://ibanavi.net/img/id/shop/2811/img_l.jpg
まず最初にご紹介する、水着で入れる温泉付きのテーマパーク第1位は、多目的温泉プールフォレスパ大子になります。多目的温泉プールフォレスパ大子は、屋内のアミューズメントプール「バーデハウス」と屋外のレジャープール「だいごビーチ」に分かれており、かなりたくさんの施設が存在しています。日帰りにもいいですね。
引用: http://www.town.daigo.ibaraki.jp/data/img/1467263890_24.jpg
まず屋内アミューズメントプール「バーデハウス」ですが、温水の25メートルプールやチューブスライダーなどの遊具があり、そのほか様々なサウナや健康増進浴を楽しめる「バーデプール」という温泉施設もあります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/ClnrnbEWkAALRzL.jpg
続いて屋外レジャープール「だいごビーチ」ですが、こちらは夏限定オープンの施設となっており、波の出るプールや2種類のスライダーなど、子供から大人まで遊べる施設が充実しています。このように多目的温泉プールフォレスパ大子は、1年中を通して家族やカップルで楽しめる施設になっています。
引用: http://www.mikazuki.co.jp/ryugu/life/pool_spa/oceanspa/images/oceanspa_img01.jpg
2つ目にご紹介する、水着で入れる温泉付きテーマパークランキング第2位は、龍宮城スパ・ホテル三日月になります。龍宮城スパ・ホテル三日月は芸人の千原ジュニアさんも絶賛されている施設で、家族・カップル・友達など誰と行っても楽しめる施設になっています。
引用: http://www.mikazuki.co.jp/ryugu/pool_spa/images/pool_spa_img02.jpg
まず龍宮城スパ・ホテル三日月には1年中遊べる屋外プール「オーシャンスパ」と屋内プール「アクアパーク」があり、どちらもかなり広くて遊ぶ場所が何か所もあります。また、水着で入れる温泉も付いているので、遊んだりゆっくりしたりと使い分けることも可能です。
引用: http://www.mikazuki.co.jp/ryugu/shared/images/reco_bnr_02.jpg
そのほかにもプール施設がもう一つあったり、ゲームセンターを始めとした子供が遊べるプール以外の施設があったりと、1日では回り切れないほど施設が充実しています。日帰りでも泊りでも大満足できる施設になっているので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
引用: http://www.nasu3800.co.jp/images/spa/aqua01.jpg
3つ目にご紹介する、水着で入れる温泉温泉付きのテーマパーク第3位は、ホテルサンバレー那須になります。ホテルサンバレー那須は、アクアヴィーナスという22種類もの温水プールが楽しめる施設が魅力です。オムツの取れていないお子さんを遊ばせることも可能ですので、子供から大人まで幅広く遊ぶことのできる施設になっています。
引用: http://www.nasu3800.co.jp/images/spa/aqua02.jpg
また、アクアヴィーナスは夜にはライトアップされるので、昼間とは違った幻想的な雰囲気を楽しむことができます。そのほかイベントなども充実しているので、プール以外でも楽しむことのできる施設になっています。もちろん日帰りでも楽しむことができます。
引用: http://www.theboon.net/theboon/image/pool/stream_01.jpg
4つ目にご紹介する、水着で入れる温泉付きのテーマパークランキング第4位は、クアドーム ザ・ブーンになります。クアドーム ザ・ブーンはプールの施設に温泉水が使われており、プールで遊びながら温泉気分を味わうことができます。
引用: http://www.acvb.or.jp/upload/content5/5_316_55.jpg
また、露天風呂は水着着用で利用できるので、家族やカップルで楽しむことができます。
引用: http://www.mikazuki.co.jp/katuura/assets/imgs/home/topimage02.jpg
5つ目にご紹介する、水着で入れる温泉付きのテーマパークランキング第5位は、勝浦ホテル三日月になります。勝浦ホテル三日月は、屋内スパの「アクションスパゾーン」と屋内スパの「スカイスパゾーン」に分かれており、屋内でも屋外でも様々なプールと温泉を楽しむことができます。
引用: https://cp.jorudan.co.jp/delivery/cpimage/TRV00006/201531921_1426501264_210700.jpg
まず屋内スパの「アクションスパゾーン」には19種類の施設があり、プール・温泉・サウナ・日焼けコーナーなど、様々な施設で楽しむことができます。続いて屋外の「スカイスパゾーン」ですが、こちらは10種類の施設があり、大きいプールと温泉を楽しむことができます。子供を連れて家族で楽しむのも良いですし、カップルで来て日帰りで楽しむこともできます。
引用: https://toyota.jp/odekake/u-img/uploads/201806/article/hotsprings__topic07__main_visual.jpg
6つ目にご紹介する、水着で入れる温泉付きのテーマパークランキング第6位は、スパリゾートハワイアンズになります。スパリゾートハワイアンズは、ドーム6個分の敷地に5つのテーマパークがあり、子供から大人まで幅広い年代の方が楽しめる施設になっています。
引用: https://kenshawaii.info/wp-content/uploads/2016/10/PA100210.jpg
スパリゾートハワイアンズは「ウォーターパーク」・「スプリングパーク」・「スパガーデン パレオ」・「ウイルポート」・「江戸情話 与市」という5つのテーマパークがあり、子供連れで楽しむなら「ウォーターパーク」と「スパガーデン パレオ」がおすすめとなっています。
引用: http://hotel-midori.com/hawaiians/wp-content/uploads/2015/07/722d62b9c6a21d18990a01b51da6f5e4.jpg
特にウォーターパークは子供向けの施設となっており、プールやスライダーはもちろんのこと、日本初の流れるアクアリウムプールというものがあります。まるで海中散歩のような気分が味わえるので、親子で楽しむことができます。そのほか、水着着用で入れる温泉の種類も多いので、家族やカップルで楽しむのに最適です。
引用: https://sp.jorudan.co.jp/onsen/images/spot/640/126168_1.jpg
7つ目にご紹介する、水着で入れる温泉付きのテーマパークランキング第7位は、箱根小涌園ユネッサンになります。箱根小涌園ユネッサンには、屋内エリアと屋外エリアがあり、どちらも水着で遊べるアミューズメント施設となっています。
引用: http://202.229.161.247/enjoy/utopia/img/coffee/coffee_ph1.jpg
箱根小涌園ユネッサンの魅力は、屋内エリアに他のテーマパークには存在しない変わり種のお風呂が存在するところになります。種類としては「ワイン風呂」・「コーヒー風呂」・「緑茶風呂」などがあり、箱根小涌園ユネッサンにしかないお風呂を堪能することができます。また、子供が喜ぶスライダーやプールなどもあるので、家族でも楽しく過ごすことができます。
引用: http://www.enospa.jp/img/facility/pho_rotenpool04_wide.jpg
最後にご紹介する、水着で入れる温泉付きのテーマパークランキング第8位は、江の島アイランドスパになります。江の島アイランドスパは、主に「屋内スパエリア」・「屋外スパエリア」・「洞窟エリア」に分かれており、水着を着用して遊んだりゆっくりしたりできる施設になっています。
引用: http://www.enospa.jp/img/oneday/cave_areaNight_wide.jpg
江の島アイランドスパには子供が喜ぶようなスライダーや遊具はありませんが、洞窟エリアという神秘的な空間の温泉があるので、そこなら子供と一緒に遊べる空間になっていると思います。しかしどちらかと言えば、小さいお子さんよりも中学生以上のお子さんと一緒に楽しめる施設かもしれません。カップルや夫婦にはとても楽しめる施設になっている思うので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
引用: http://www.buko-onsen.co.jp/wp-content/themes/buko-onsen/img/visual3.jpg
いかがだったでしょうか。今回は、水着で入れる温泉付きのテーマパークランキングをご紹介しました。水着で入れる温泉付きのテーマパークは数多く存在しますし、泊りでも日帰りでも楽しむことができます。ぜひ、今回ご紹介したテーマパークランキングを参考にして、自分に合ったテーマパークへと遊びに行ってみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://onsen.nifty.com/cms_image/onsen/onsen-detail/onsen007991/1.jpg