Fzdqbpr7hzyfn45afl3m

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

脂肪燃焼のメカニズムを理解して痩せやすく!効率的なダイエット法

2018.12.30

脂肪燃焼のメカニズムってはっきり知っているかと言われると、何と無くでしか知らないという方とっても多いんです!でもそれを知っているか知らないかで全く状況は変わります!ダイエットで重要な脂肪燃焼のメカニズムを効率的なダイエット方法と共にご紹介して行きます!

  1. 脂肪燃焼のメカニズム?
  2. 脂肪とは
  3. 体脂肪を燃焼するメカニズムとは
  4. 体にエネルギーが足りないと・・・
  5. 脂肪燃焼のメカニズム早見表
  6. 脂肪燃焼メカニズムに関係している「インシュリン」
  7. 脂肪燃焼するには!
  8. 効率的にダイエットを行うには
  9. 効率的なダイエットを目指して
  10. まとめ
Ihe1wgskfvppapufcj5c
細くくびれた女優さんのようなウエストは憧れてしまいますよね。ですが、一度付いてしまった脂肪はなかなか落とせない物。しかも年齢が上がってしまうほど落としにくくなるので、とっても厄介ですよね。誰でも常に今が一番若いとは良く言ったもので、今動き出すのがチャンスと言うのもあながち外れではありませんね。このページでは脂肪燃焼のメカニズムをご紹介して効率的なダイエット方法をご紹介して行きたいと思います!
Ztfnf7xsmyibgbetvvsm
ではまず脂肪についてから知って行きましょう!脂肪とは体についてしまう体脂肪で、皮下脂肪と内臓脂肪とに分けられます。それぞれその名の通り、皮膚のすぐ下に付くのが皮下脂肪、内臓の間に付くのが内臓脂肪となります。そして脂肪は脂肪率というパーセンテージで表す事ができて、健康な成人男性では10〜20%、女性では20〜35%ほどが理想の体脂肪率となります。

皮下脂肪とは

ホルモンの影響で女性はこの皮下脂肪が多くなりやすいです。なんとこの皮下脂肪には毛細血管が比較的少なく、代謝されにくいと言う特徴もあります。しかも皮下脂肪は溜まりやすく、落ちにくい存在で、見た目にも現れやすいと言う困った存在です。ですが幸い皮下脂肪の場合は病気などには直結しにくいとも言われています。

内臓脂肪とは

男性の方が内臓脂肪を溜めやすく、内臓脂肪の場合は燃焼しやすいのです。皮下脂肪はお腹の皮がつまめるような感じですが、内臓脂肪の場合はお腹全体がぽっこりと出ているような状態となります。内臓脂肪自体は生活習慣病の原因となりやすく、皮下脂肪よりも危険な存在なんです。
Fncimiaej50skzxwh0hs
では脂肪についての基本的な事は分かりましたね!ここからは脂肪を燃焼するメカニズムについてご紹介して行きたいと思います!大敵である脂肪を減らす為に重要な、ダイエットには必須のメカニズムです。必見ですね!
Mexz2as1gxudotgibjh1
体にエネルギーが足りないと、体は今まで蓄えて来た脂肪をどんどん使ってエネルギーに変えて行きます。この事を脂肪燃焼と呼びます。ですが逆に言うと体にエネルギーが足りていると、エネルギーとして脂肪は使われないと言う事でもありますね。
Lowhogp37ch8i9qk0xwl

体がエネルギー不足になる

脂肪を分解する為にアデポネチックホルモンが出動し、脂肪分解酵素リパーゼが動き出します

脂肪は分解され血液で運ばれます

筋肉でエネルギーとして使われます

ざっくりとまとめると上記のような事が起こり、初めて脂肪は分解されてエネルギーへと変わる事ができます。間に脳からの司令などもありますが、大まかにはこのような流れになります。実際エネルギーに変わるまでにステップがありますが、必要であればいつでも取り出せるようにしておいてあると言うのが分かりますね。
Kit3ibccrxmwwfk2rdxu
ここで、インシュリンと言う重要な物質の事もご説明して行きます。このインシュリンは食事によって血糖値が上がった時に、血液がドロドロになってしまわないように「すぐに摂取した糖をエネルギーに換えて行き」使われなかったエネルギーは脂肪へと換えてしまいます。結果的に脂肪をどんどん蓄えてしまう方向へ行ってしまうのです。

インシュリンが分泌されると・・・

インシュリンが分泌されると血液中に糖を優先して使用して行くので、脂肪を燃焼しにくくなってしまいます。そしてずっと分泌されている状態が続いてしまうと、使われなかった血中の糖は脂肪へと換えられてしまうので、どんどん脂肪が増えて行くようになってしまいます。
B0if7ga7csg3a73cvf75
脂肪を燃焼させるためには、脂肪を左右するインシュリンとうまくやって行く事が良いでしょう。インシュリン自体は体に異変が起きないように脂肪を蓄えてくれているので悪者ではないのです。
Tmwsf67f52sryfjdmidq
インシュリンの働きについては分かりましたね!ではインシュリンの分泌を踏まえて効率的にダイエットをするには、どんな事が必要なのでしょうか?できればインシュリンにはあまり分泌されて欲しくありませんが、体を守るためにもある程度は必要になります。過度な分泌を避けるために必要な事をご紹介します!

運動する前の炭水化物は

炭水化物は糖にされる速度が早いので、運動する前に炭水化物を摂取してしまうとインシュリンがすぐに糖に換えてしまい、血液中にエネルギーが溢れてしまいます。ですので、直前の炭水化物や糖分は控えましょう。それでもお腹が空いている状態では危険ですので、予め運動する時間を逆算して食べておきましょう。

血糖値の急激な上昇を避ける為に

食事をした時に急激に血糖値が上がらないように、食事の間の時間に、軽い食事を挟んでおく事も良いでしょう。そうする事によって、一気に血糖値が上がる事を避けられます。急激に血糖値が上がってしまう事はダイエットの大敵ですね、気をつけましょう!
M5icshuflgerx8psnfto
では何点かダイエット方法をご紹介させて頂きたいと思います!ぜひ上記のインシュリンの事も踏まえて考えると、より効率的にダイエットする事ができると思います。ではさっそく見て行きましょう!

低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエットと言う物もあります。ざっくり言うと血糖値の上がりにくくなる食べ物、食べ方によってインシュリンをコントロールし脂肪燃焼を促進させて行くと言う形のダイエットです。やりすぎてしまうと筋肉量が減ってしまうと言う説もありますので、あまり過度にやりすぎないように気をつけて下さいね!

脂肪燃焼スープ

1,野菜を好きな大きさに切る。 2,野菜を鍋に入れ、かぶるぐらいまでの水を加えます。 3,薄いと感じる程度に塩こしょうをし、煮ていきます。 4,野菜が柔らかくなったら唐辛子を加えて沸騰させ、辛みを引き出します。 5,最後に塩こしょうで味を調えてできあがりです。

非常にシンプルな野菜スープと言った感じですが、ポイントは辛いので食べるスピードが意識しなくてもゆっくりになり、満腹になりやすくなります。またカプサイシンはダイエットにとっても良い事で知られていますね!とっても美味しくダイエットできるなんて嬉しいですよね。運動系のダイエットの補助としても良いです。ぜひ試してみて下さいね!

褐色脂肪を刺激する

褐色脂肪は寒冷刺激を与えることで活性化されるので、水泳を行ったり、褐色脂肪のある首の後ろや背中に冷水を当てたりすると良いでしょう。運動の前後のシャワータイムを利用して冷たい刺激を与えると運動の効率もアップします。 また、褐色脂肪は良質な必須脂肪酸を摂ることで増えます。

こちらは少し違ったアプローチですが、脂肪分を燃やす働きを活発にするのは、この褐色脂肪を増やす事も重要です!褐色脂肪は体温維持の為にエネルギーをどんどん消費して行っているのです。あまり急に冷たい水を当てるのは良くありませんので、軽い刺激を与えましょう。
Fn7xorttndzlkigdjuns
最後まで読んでくださってありがとうございます。おつかれ様でした!脂肪燃焼のメカニズムと効率的なダイエット方法についてご紹介させて頂きました。どうしてもダイエットって結果が出るまでに時間がかかってしまうので、効果を実感しづらくて続きにくいですよね。ですが、少しでも効率的にダイエットを行えば、結果も早く出やすくなって実感できますよね。私も万年ダイエットから脱却するべく頑張りたいと思います!次の夏こそは水着を着たいと思います!

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪