Iq0ctvt7a87wuc5rjhkt

サプリ

CATEGORY | サプリ

葉酸の摂取量の過剰摂取に注意!副作用が起きない目安や危険性とは?

2018.08.03

妊婦さんや妊娠希望の女性には必要不可欠な葉酸、その摂取量を守らず過剰摂取してしまうと危険な副作用や問題が起こってしまいます。葉酸の適切な摂取量、目安はどのくらいか?1日の上限など過剰摂取にならない為の摂取方法をご紹介致します!

  1. 葉酸とは?
  2. 過剰摂取厳禁!1日に必要な葉酸の摂取量
  3. 葉酸サプリの適切な摂取量
  4. 摂取量を守らず過剰摂取すると起こる危険な副作用とは?
  5. 妊婦さんは葉酸の摂取量を適切に守りリスク軽減に繋げよう
  6. 妊婦さんが葉酸を過剰摂取すると起こってしまう危険な問題
  7. 妊婦さん以外も葉酸の摂取量は必要!
  8. 食べ物での葉酸摂取量、過剰摂取は気にしなくていい?
  9. 食べ物に含まれる葉酸摂取量
  10. 葉酸の過剰摂取はNG!摂取量を正しく守りましょう。
Wiurdqs2rovglj0ojt2n
葉酸はCMやドラッグストアなどでもよく目にする事の多いビタミンの1種です。主に妊婦さんが摂取するのを推奨されており、赤ちゃんの新しい細胞を作り出のを助ける働きがあります。近頃では、葉酸サプリや葉酸のタブレット、キャンディーなど手軽に摂取できる商品が販売されており、美味しい物がたくさんあるのでついつい過剰摂取してしまう方も多くいらっしゃいます。赤ちゃんにいいとされる葉酸、多く取れば取るほどいいものではなく過剰摂取は危険や問題を引き起こします。しっかりと適切な上限を知っておく事が大切です。

18歲以上の男女の場合

Jhflp3uf3hrdm9lfogaw
18歲以上の男女の1日適切摂取量は240μgが目安になります。一般的に規則正しく食事をしていれば葉酸の過剰摂取などは起こりにくい傾向にあります。

妊娠希望、妊婦さんの場合

Zsgdu0vmvhknynrrfwrf
妊婦さんの場合は18歲以上の男女の適切摂取量に+240μgが必要目安となります。なので1日に480μgを摂取しなければなりません。意識をしないと480μgを1日に摂取するのが難しいので食事だけではなくサプリメントなどから摂取するのが推奨されています。
Hpgudnerfjvs83dj0pqs
葉酸サプリには上限が決められており、その上限を守らないと危険な副作用や問題が出てきます。錠剤タイプなら1日2粒などサプリによって摂取量が異なります。しっかりと摂取量を守るようにしましょう。また、朝昼晩の3回だったり1日1回だったり飲むタイミングも違いますが、自己判断で増やしたりタイミングをズラしたりするのは辞めましょう。

発熱

Zenpsw0790io2hsinpmv
葉酸を過剰摂取した場合、副作用として現れるのが発熱です。発熱は日常生活に問題を起こし辛い症状か続きます。妊婦さんの場合、数日の発熱は胎児への影響はないと言われていますが高熱を伴うと羊水の温度も上昇し胎児にも危険が出てきてしまいます。

蕁麻疹

Tlmpqbn3ju5dlcryu5bg
葉酸の過剰摂取で起こりうる副作用は、問題が1つ起こるのではなく様々な不調が同時に起こります。発熱により血管が拡張して蕁麻疹や痒みなどの症状がでやすくなります。蕁麻疹にも数時間で収まるものと1日経っても治らないものがあるので様子を見ながら病院の受診をしましょう。

いつから葉酸サプリを始めるべき?

Gk2zsm77tervmrpesmug
葉酸は妊娠希望の方や妊婦さんには必要不可欠な栄養素です。特に必要となる時期は「妊娠初期」と言われています。妊娠初期は赤ちゃんの元である細胞が活発に作られる時期でもあり、葉酸はその細胞を作り出す働きがあります。妊娠初期の2ヶ月~4ヶ月までは意識的に摂取するようにしましょう。

葉酸不足が引き起こす胎児への影響

Te8rwrjijbkjzy4pqq0e
葉酸が必要な妊娠初期に葉酸不足が起きてしまうと先天性疾患をまねく危険があります。特に神経管閉鎖障害の問題が起こりやすく、神経管の上の方に閉鎖障害が起こると脳が不完全に形成されてしまい流産や死産を引き起こす「無脳症」になりやすくなってしまいます。

過剰摂取により赤ちゃんに影響が出る

Vgnrkgz8h2slicb4shqk
妊婦さんが過剰摂取してしまうと母体だけではなく胎児にも問題が生じます。問題が起きるのは出産後が多く喘息やアトピー、アレルギー体質になりやすいと言われています。しかし、必ずしもなる事ではないので摂取量の目安を少し超えてしまっても過度な心配をしないようにしましょう。しっかりと1日の上限を知り摂取する事が母体にも胎児にも最善策ですね、

過剰摂取による母体への影響

Njgxwutwxzkavqsrdhg2
過剰摂取の副作用と同じく妊婦さんも副作用か起こります。特に妊娠期は少しの変化にも敏感に反応してしまうので適切な処置が必要となってきます。基本的に葉酸は水溶性ビタミンなので過剰摂取をしても尿と一緒に排出される事が多いですが、いつもと違う体調の妊婦さんは上手く尿で排出出来ない事もあります。特に問題なのが発熱や呼吸困難といった副作用で、この2つは母体だけではなく胎児にも影響を及ぼすので早めの受診を心掛けましょう。

過剰摂取による亜鉛不足

Jxmddqxlj2ozfgtdrrhh
亜鉛は葉酸と同じく胎児には必要な栄養素の1つです。しかし、葉酸を過剰摂取する事で葉酸と亜鉛が結びついてしまい亜鉛が体内に吸収されにくくなってしまいます。亜鉛が不足してしまうと成長障害が起こってしまったり、胎児の体重や身長が増えにくくなってしまいます。葉酸も亜鉛も適切に上限を守る事を心掛けましょう。
K6n9hhmyylk5u4i5cepc
葉酸といえば一般的に妊婦さんが摂取するイメージがありますが、妊婦さん以外の女性にも葉酸は必要不可欠な栄養素となります。特に妊娠を希望している女性は積極的に葉酸を取ることで赤ちゃんに必要な栄養が蓄積され妊娠しやすくなります。妊娠をしていなくても過剰摂取は身体に良くないので摂取量の目安や1日の上限は守って摂取しましょう。
Zwpcavjwzrcleexpj7fj
一般的に、葉酸は食品から1日の目安量を摂取するのは難しいのでサプリメントで葉酸を摂取するのが推奨されています。ですので、食べ物で過剰摂取になる事は少ないと言えますね。では、どのような過剰摂取になってしまうのか?1番多い過剰摂取の原因は、サプリメントで1日の目安量を摂取しているにも関わらず葉酸が多く含まれた食材を1日に何度も食べてしまうと過剰摂取になってしまいます。基本的にサプリメントは1日に必要な葉酸が含まれているので、葉酸不足にはなりません。しかし、食べ物で葉酸を更に摂ると上限を超えてしまい結果過剰摂取になってしまう事があります。葉酸の1日に摂取できる上限は1000μgです。葉酸サプリと合わせて食事をしたり、サプリを減らしたりして調節しましょう。

ほうれん草

Inaalnvs0zojekbbeqxm
葉酸はほうれん草よ葉から発見されたものなので、ほうれん草には豊富な葉酸が含まれています。しかし、葉野菜は熱に弱いので加熱しすぎると葉酸の栄養素も失われてしまいます。なので、ほうれん草だけでは1日に必要な摂取量を満たせません。

枝豆

Xiayf6kpgmrjc9gme1cf
引用: https://macaro-ni.jp/10038
枝豆は茹でた状態のものでも葉酸が多く含まれているのでおすすめな食材です。枝豆は葉酸以外にも鉄分も多く含まれているので妊婦さんにら欠かせないですね。しかし、塩などのかけすぎはNG。塩分を気にしながら美味しく摂取しましょう。

レバー

M5tulvop5xcliu8r2bci
引用: http://妊婦食事ng.com/category5/
レバーには牛、豚、鶏など種類が違いますが、どれも葉酸を多く含んでいます。他の食材に比べると葉酸の量が多いので食べ過ぎてしまうと葉酸の過剰摂取にもなってしまうので注意が必要です。鉄分も多く含まれる食材なので妊婦さんにおすすめなのですが、注意する事も多いので頻繁に食べるのは控えましょう。

いちご

Lzmsdnxinecrbpqtlno9
引用: https://www.google.co.jp/amp/s/rassic.jp/content/2639.amp?source=images
フルーツの中で葉酸が多く含まれているのがイチゴです。イチゴにはビタミンも含まれているのでおやつ感覚で食べるのがおすすめ!しかし、美味しくて食べやすいので、ついつい食べ過ぎてしまうので注意しましょう。

納豆

Xurrg0jgqwpjcvny8ffn
引用: https://www.google.co.jp/amp/s/www.mag2.com/p/news/256772/amp?source=images
納豆には様々な種類がありますが、基本的にどの納豆にも100μg以上の葉酸が含まれています。納豆は高血圧や不眠解消の効果があるので健康面に気を使ってる方でも安心して葉酸を摂取して頂けます。
Efp2hywkcxwjueykujkx
いかがでしょうか?主にさんや妊娠希望の女性には必要となる葉酸。胎児の大事な組織を作る役割がありますが過剰摂取は悪影響を及ぼしてしまいます。1日の上限を頭に入れ、1日自分がどのくらいの葉酸を摂取しているのか知ることが必要ですね。上手に摂取して葉酸と賢く付き合っていきましょう!
Ppsakh7ibl9ghsfmihcm