Skcoieayflklspw8d2j6

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【ニキビ肌を治したい方必見】大人ニキビを解消するアイテムと効果的な使い方

2018.12.30

何度も繰り返しできてしまう大人ニキビ。できれば一度で治してしまいたいものですよね?そこで今回は数あるスキンケアアイテムの中から化粧水に絞って、ニキビ肌におすすめのアイテムと化粧水の使い方をご紹介します。これさえ読めばニキビ肌の解消も間違いなしですよ!

  1. ニキビ肌にオススメ!評価の高い化粧水5選
  2. ナチュリエ「ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー」
  3. オルビス「薬用クリアローション」
  4. 富士フイルム「ルナメアAC スキンコンディショナー」
  5. FANCL「アクネケア化粧液」
  6. アクアレーベル「アクネケア&美白水」
  7. ニキビ肌に最適な化粧水の選び方は?
  8. ニキビ肌を改善する化粧水の使い方は?
  9. さらに効果的な化粧水の使い方はコレ!
  10. ニキビ肌は生活習慣の見直しも必要
  11. まとめ
F1azntrizmrt6bfcgdfz
なかなかニキビが治らないという人は肌質に合っていないアイテムを使用していることが考えられるので、おもいきって見直してみることをオススメします。現在使用中のアイテムをラインごと取り換えるのがベストですが、一度に揃えるのはお金がかかりますし、万が一お肌に合わなかった場合大きな痛手になってしまいます。そこでまずは洗顔後のお肌に最初につける化粧水から見直すことから始めてみましょう
「ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー」は、天然植物成分のハトムギエキスを配合した化粧水。さっぱりとした使い心地で浸透力が高く、保湿成分がしっかりとお肌になじんでなめらかな状態をキープします。また、香料や着色料など、保湿成分以外の余計なものは不使用なのでお肌にやさしく、ニキビ肌でも安心して使うことができます。
「ハトムギエキス」の原料となる「ハトムギ」はターンオーバーをサポートしてくれる効果もあるため、お肌の状態改善にも期待ができます。容量も500mlとたっぷり入っているので、化粧水としてはもちろん、パックやボディケアとしても惜しまずにバンバン使えるのが嬉しいポイントです。
「薬用クリアローション」は、オルビスが展開しているニキビ対策スキンケアシリーズの化粧水です。配合されている「紫根エキス」や「甘草エキス」「浸透型コラーゲン」などの成分が、お肌のバリア機能を高めてニキビの悪化や乾燥、肌荒れを防ぎ、うるおい肌へと導きます。
刺激に弱くなったお肌にやさしい100%オイルカットで、ニキビ肌でも安心して使える「ノンコメドジェニックテスト済」のアイテムです。肌質に合わせて「さっぱりタイプ」か「しっとりタイプ」かを選べるので、使い続けることでニキビケアと同時にお肌のコンディションも整えられますよ。
「ルナメアAC スキンコンディショナー」は大人ニキビにアプローチする医薬部外品の化粧水です。独自技術でナノ化した「グリチルレチン酸ステアリル」とうるおい成分を混合した「アクネシューター」という成分を高濃度で配合し、お肌のうるおいとニキビ予防を両立。肌荒れに有効的な「トコフェロール酢酸エステル」も含まれているので、敏感なお肌をいたわりながらニキビの発生を防ぎます。
無香料・合成着色料不使用で、ニキビ肌に嬉しい「ノンコメドジェニックテスト済」。肌質に合わせて「ノーマルタイプ」と「しっとりタイプ」が選べます。有効成分とうるおい成分を毛穴までしっかり届けてくれるので、ニキビの炎症を抑えてくれるのはもちろん、乾燥しがちなお肌のうるおいも実感できることでしょう。
「アクネケア化粧液」は、皮膚科専門医との共同開発により生まれた大人ニキビのための化粧液。ニキビの抑制だけでなくできにくいお肌にするために、厳選した独自の「漢植物エキス」や「プルーン酵素エキス」「甘草成分誘導体」「アケビエキス」などを配合。今あるニキビを速攻ケアし、気になる跡も目立たなくする効果があります。
また、バリア機能の低下につながる成分を徹底的に省いた無添加のアイテムで、さらに「ノンコメドジェニックテスト済み」「皮膚科医監修による使用テスト済み」とお肌へのやさしさはお墨付き。お肌の水分と油分のバランスを整えてみずみずしいやわらかな質感へと導きます。
「アクネケア&美白水」は、ニキビとシミを防いでくれる医薬部外品の化粧水。配合成分の「グリチルリチン酸塩」と「持続安定型ビタミンC」「冬ベコニア」「グリセリン」が、角層までしっかりとうるおいを届け、凹凸のないつるんとした質感をもたらします。
ニキビ肌でも安心な「無香料・ノンコメドジェニック・アレルギーテスト済」。メラニンの生成を抑える効果があるため、シミ・そばかすだけでなくニキビ跡のケアにも期待できるアイテムです。ちなみに化粧水をたっぷり含ませたコットンをマスク代わりとして使うのもオススメです。
Nbxr9d8lfs71ftcx1bqn
ニキビ肌に最適な化粧水を選ぶ際は、修復や予防に効果のある成分が含まれたアイテムを選ぶことが第一です。主な成分としては「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」「グリチルリチン酸」「アラントイン」などが挙げられます。いずれもメラニンや炎症の抑制、新陳代謝の促進などの効果があり、「医薬部外品」と記載のあるアイテムには配合されている場合が多いです。
次に重要なのは、ニキビを刺激してしまう成分が含まれているアイテムは避けること。「エタノール」「石油系界面活性剤」「着色料」「鉱物油」などの成分はニキビを悪化させてしまう恐れがあります。「オイルフリー」「アルコールフリー」と記載されていればひとまず安心ですが、それでも心配な人はニキビができやすい成分を使用していないことを示す「ノンコメドジェニックテスト済」のアイテムを選ぶと良いでしょう。
Nrmz7knfug0ntf4uwbth
ニキビ肌に化粧水を使う場合「手とコットン、どっちが良いの?」と迷うかも知れませんが、どちらでも問題はありません。ただし、化粧水はケチらずにたっぷり使うことが重要で、大体500円玉くらいを目安に使用してください。コットンはお肌の摩擦を軽減する意味でも、ひたひたになるくらいつけるのがベストです。
使い方としては「1.手の中で軽く温めてから顔全体にやさしくなじませる」「2.なじんだのを感じたらもう一度化粧水を追加する」「3.乾燥しやすい目元や口元をメインに重ねづけをする」「4.表面の水気が残っていないことを確認し、乳液またはクリームをつけて保湿する」という順番でスキンケアをするのがおすすめです。
Wv9hozeojxtjd0ftos03
ちなみに、手でもコットンでもパシパシと過度にパッティングしたり、強くこすったりするのはNGです。どちらの行為もニキビを悪化させてしまうため、化粧水をつける際はあくまでもやさしく丁寧に触れるよう心がけてください。
Ymziypmdtpsbqqclfd8l
効果のある成分が含まれたアイテムを選んで適切な使い方をすれば、確実にニキビ肌は改善に向かいます。その上でさらにお肌の状態によって複数の化粧水を使い分けると、より高い美肌効果が得られるようになります。
ポイントは「ニキビが多発している時でも使えるアイテム」と「ニキビがおさまりお肌の調子が良い時に使うアイテム」を用意すること。たとえば、お肌の調子が良い時は美白成分がメインのアイテムを使うなど、求める効果に合わせて選べばニキビケアとさまざまなスキンケアを両立させることができますよ。
Koaadlohrpgqgvsntnlo
大人ニキビは主に体の内側の不調が原因でできるものなので、普段の生活習慣を見直さない限りは根本的な解決には至りません。特に暴飲暴食や偏った食生活、睡眠不足、ストレス、便秘、無理なダイエットなどはホルモンや自律神経のバランスを崩し内臓の機能を低下させるため、大人ニキビができやすく治りにくくなってしまいます。
自分の生活習慣がどういうものかということは、自分が1番良く分かっているはずです。思い当たる節がある人はできそうなことからで良いので、ニキビケアとともに体の内側のケアもしっかりと行ってあげるようにしましょう。
Feuhnbfjxyeemhdl0fz3
今回は数あるスキンケアアイテムの中から化粧水に絞って、ニキビ肌におすすめのアイテムと化粧水の使い方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?化粧水を使ってみて自分のお肌に合っていると思ったら、そのアイテムをライン使いすると良いでしょう。ライン使いをした方がより効果的にニキビをケアできるので、ぜひこの記事を参考に肌質にぴったりなアイテムを見つけて、正しい使い方をマスターしてみてください。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪