Hjozitqdmese64ngoie7

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ほうれい線対策は早ければ早いほど効果あり!エクササイズで小顔効果も

2018.10.13

顔に出来てしまったほうれい線は、年齢だけではなく紫外線や乾燥、顔の筋肉の衰えなど原因は沢山あります。ほうれい線を予防する事で小顔も可能です。毎日の生活に簡単なエクササイズを取り入れ、ほうれい線解消と小顔になれる方法をご紹介します。

  1. ほうれい線の原因!予防と対策で小顔に!
  2. ほうれい線の原因は、色々な所から現れる!
  3. 乱れた食生活や過度のダイエットでも、ほうれい線が発生!
  4. ほうれい線とさよなら、原因別の対策で小顔になる
  5. ほうれい線予防から、小顔になる方法
  6. ダイエットとほうれい線、ケアの仕方は?
  7. 小顔ダイエットでほうれい線予防
  8. ほうれい線は食生活でのケアで解消!?対策と方法
  9. 紫外線でもほうれい線に!?ケアと食生活は?
  10. ほうれい線対策で、美肌と小顔を手に入れよう!
  11. まとめ
Ruhzzhix52ch8wdsd0ax
ほうれい線の原因は、人によって原因は色々とあります。年齢を重ねて出来たほうれい線や、紫外線、顔の筋肉の衰えやたるみ、乾燥、遺伝的なものなどが原因となってほうれい線がくっきりとしてきます。そんなほうれい線は、早めに対策をして予防すると多くは防げます。ほうれい線の予防をすることで、小顔にも近づけます。くっきりとしたほうれい線にならない様に、早目に対策をしましょう!
Ehxlxnyh4znypqgpt16l
ほうれい線が年々、くっきりとしてきた人は、表情筋の衰え、乾燥、急激なダイエット等も影響して年を重ねてほうれい線が目立ってきます。ほうれい線は、筋肉の衰えやたるみからも段々と目立ってくるので、顔の筋肉を毎日少しずつ鍛えたり、食生活を考えてほうれい線をケアしましょう。

・年齢と共にくっきりと現れるほうれい線

年齢を重ねてほうれい線が、顔にくっきりとしてくる場合があります。年齢と共に現れるほうれい線は、顔の筋肉の衰えや肌の老化によって現れる場合があります。顔の筋力が低下して起こる場合が多いので、簡単なエクササイズを取り入れるとほうれい線は解消できます。

・紫外線の影響で現れるほうれい線

10代から20代の人には紫外線の影響はすぐには出ませんが、30代以降になると紫外線のダメージが表面化して、しみやシワとなりやすくなります。若い頃から、段々と紫外線の影響は積み重なるので、若い内からの紫外線のケアは必要です。紫外線は、みずみずしい肌を壊してしまうので、紫外線から肌を守る必要があります。

肌の乾燥で現れるほうれい線

暖房や冷房による肌の乾燥や、紫外線を多く浴びる事によって皮膚の弾力が減少して肌がたるんでシワの原因となり、ほうれい線が発生します。肌の乾燥を引き起こす事によって水分は失われ、紫外線は肌のコラーゲンを破壊してしまい老化が進みほうれい線の原因となります。肌の水分が足りなくなるので、保湿液や美容液などでケアをしてあげると肌が潤います。
Bk6yla1oygdlkbhvhvst
毎日の偏った食事や、ダイエットをして食事が乱れると、肌にも影響があります。栄養が足りないと肌がカサカサに乾燥し段々と、肌の弾力もなくなり肌がたるみ、ほうれい線の原因となります。
Khiawegdbj0shrdzheix
ほうれい線の原因は人によって違います。自分に合った方法を試してみると、ほうれい線の解消につながります。ほうれい線の対策をすることで、顔の血行を良くしたり、顔の筋肉をつける事で、顔が引き締まり小顔にもなる事が出来ます。

・顔の筋肉を鍛える

Wypzs2ptdlleazv7wvba
普段使わない、表情筋の筋肉や口のまわりや頬の部分を体操など行い刺激し、筋肉を鍛えほうれい線を予防します。今、出来ているほうれい線に対しても、体操して筋肉を鍛える事によって、ほうれい線は解消します。一番は、顔の筋肉の衰えが原因の為、顔の筋肉を鍛える事によってフェイスラインも引き締まり小顔になり若返ります。

・日々の乾燥や紫外線から肌を守る

Ayoikhbqd2dotf4tutyo
過度の紫外線や、乾燥を防ぎます。普段の化粧品などで保湿をし、肌をケアをすることで、肌にかかる負担も少なくなり、ほうれい線の予防となります。肌の乾燥が進むと、肌のたるみの原因となりほうれい線が悪化してしまいます。肌がたるむことによって顔も膨張して見えるので、紫外線や乾燥から肌を守りましょう。

・毎日の規則正しい食生活を心掛ける

Mbs11pjarrmhu4kywuj0
偏った食事をすることで、お肌にも栄養が不足してしまうので、規則正しい食生活をしましょう。バランスの良い食事をすることで、肌にも栄養が行き届き、潤いやハリもでてきてほうれい線の予防になります。

・顔の血行を良くする

顔の血行が悪くなると、顔がむくんだり肌がたるんできたりします。するとほうれい線となるので、顔の筋肉を動かす体操やマッサージ、身体を温める食生活などをすると血行が良くなります。肌の血行が良くなると代謝も良くなるので、顔のむくみが取れ小顔になります。
Dmecaoksnohiakkc6upf
顔のほうれい線を予防する体操や食生活、マッサージをすると小顔も手に入れられます。顔の血行を良くすることで、リンパの流れも良くなりフェイスラインもとてもシャープになり普段のお洒落もとても楽しめます。毎日のちょっとした体操で、ほうれい線も解消して小顔になれる方法を紹介します。

簡単な体操

舌を使い顔の筋肉を鍛えるとほうれい線の予防だけでなく、小顔になります。舌を使った体操をすることによって、顔の筋肉が引き締まり、小顔への道が開けます。
Uckrpedbshqfqehb9siw
体重を気にしてダイエット後、ふと鏡を見るとほうれい線が現れた…なんて事はありませんか?実は、ダイエット後のほうれい線は、顔の肌がたるんで目立ってきたほうれい線かもしれないです。食事制限や、偏った食事をしていてもお肌のハリがなくなりほうれい線となります。折角、体重は落とせてもほうれい線が目立っては大変です。ダイエットをしながらほうれい線予防の仕方を紹介します。
小顔ダイエットをしても、ほうれい線予防になります。小顔になるダイエット方法としてお勧めしたいです。
ほうれい線は、顔の筋肉を鍛えると同時に食生活でも改善出来ます。普段の何気ない食事でも、ほうれい線を解消する食べ物と、お肌にあまり良くない食生活があります。

・ほうれい線を促進してしまう食生活

A99nl2k6iselrdpoys6f
不規則な食生活と暴飲暴食は、ほうれい線への近道となります。甘いお菓子や飲み物、油っこい食事も老化を早めほうれい線が目立ってくるので注意します。

・ほうれい線を予防する食生活

Gua23uyqus4w4kjy68qd
ほうれい線を防いでくれる食事は、肌の乾燥を防ぎ保湿力をアップする大豆や納豆、しらたきやコンニャクがお勧めです。その他、緑黄色野菜やゴマ、ナッツ類、魚の鮭、牛スジ・レバー、鳥とビタミンや鉄も食事に取り入れるとほうれい線予防に効果的です。

肌の老化防止(抗酸化物質を含む食材)

緑黄色野菜・ゴマ・果物・ナッツ類・鮭
Kz2w1n9zwlm1kz0cv1fz

肌の血行と代謝アップ

玉ねぎ・きゅうり・レバー
Evhdmwjkl7yus2wejdib

肌の弾力をアップ

牛スジ・レバー・じゃがいも・ブロッコリー・パプリカ・さつまいも
Mjxxk0emwld9wimrs9dj

保湿力をアップ

納豆・大豆・しらたき・コンニャク
Zxlq2ghnre8voo5elh4z
Kztnj3vehjbqbcczdx6w
お肌に紫外線を浴びすぎると、紫外線によってコラーゲンは破壊されて、肌の弾力がなくなり、ほうれい線が目立ってきます。特に夏の紫外線は、ほうれい線を悪化させる原因となります。必ず、紫外線対策をして顔のケアを心掛けましょう!

・紫外線対策とケアの方法

ほうれい線予防として、日焼け止めクリームの使用やUVカットの帽子などを使用して紫外線から肌を守りましょう。紫外線を浴びすぎないのが一番良いのですが、日焼けした後は、肌の水分は無くなっているので必ず保湿液などで保湿します。外側からのケアと共に、紫外線によってダメージを受けているので、ビタミンと抗酸化作用の含む食材の緑黄色野菜やゴマ・ナッツ類なども取り入れ失った栄養も摂取します。紫外線は肌の潤いや栄養を壊してしまうので、ケアを心掛けるとほうれい線予防につながります。
Feglextnz6ctiukuatur
ほうれい線が目立ってくる前に、バランスの取れた食事と顔の筋肉に効くエクササイズを取り入れ、弾力のある素敵な美肌と小顔を手に入れましょう!若い頃からの、日々の積み重ねでほうれい線は予防出来ます。

①ほうれい線に効く、顔の筋力アップの体操

②ほうれい線には、バランス良い食事と生活

③紫外線や乾燥から肌を守る

④簡単なほうれい線予防で、小顔になれる

Uofrouvitburcc4xnb5d
ほうれい線の対策は、若い頃うちから早目にしておくことがほうれい線を目立たなくし、美肌や小顔を手に入れる近道です。ほうれい線は、普段のバランスの良い食生活や顔の筋肉の運動、肌を紫外線や乾燥から守るだけでも、ほうれい線は目立たなくなります。是非、身近なほうれい線対策をしてほうれい線を解消しましょう。ほうれい線を予防すると見た目も若々しく毎日を過ごすことが出来るはずです。