O96uzkcjljvnut7b4zui

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

エトヴォスの化粧品はセラミドがいい?口コミやニキビへの効果も紹介

2020.08.06

気になるエトヴォスの化粧品!この記事では、エトヴォスの化粧品はセラミドがいいのか、口コミ、美白・ニキビ・毛穴・アトピーに効果的なのか、セラミドなどの成分、化粧品の使い方などについてもまとめていきましょう。エトヴォス化粧品に興味のある人は要チェックです!

  1. 美白・ニキビ・毛穴・アトピーに?エトヴォスの化粧品(セラミドなどの成分等)①
  2. 美白・ニキビ・毛穴・アトピーに?エトヴォスの化粧品(セラミドなどの成分等)②
  3. 美白・ニキビ・毛穴・アトピーに?エトヴォスの化粧品(セラミドなどの成分等)③
  4. 美白・ニキビ・毛穴・アトピーに?エトヴォスの化粧品(セラミドなどの成分等)④
  5. 美白・ニキビ・毛穴・アトピーに?エトヴォスの化粧品(セラミドなどの成分等)⑤
  6. 美白・ニキビ・毛穴・アトピーに?エトヴォスの化粧品(セラミドなどの成分等)⑥
  7. 美白・ニキビ・毛穴・アトピーに?エトヴォスの化粧品(セラミドなどの成分等)⑦
  8. 美白・ニキビ・毛穴・アトピーに?エトヴォスの化粧品(セラミドなどの成分等)⑧
  9. 美白・ニキビ・毛穴・アトピーに?エトヴォスの化粧品(セラミドなどの成分等)⑨
  10. エトヴォスの化粧品はセラミドがいい?口コミやニキビへの効果も紹介のまとめ
E4orqy3kdrbkczebvr09

モイスチャーライン

エトヴォスのスキンケアシリーズについてまとめていきましょう。まずは、モイスチャーラインです。エトヴォスのモイスチャーラインは、とろっとしたテクスチャーの化粧水があり、なめらかな使用感ですね。ヒト型セラミドが5種類配合されており、保湿に◎。また、植物由来成分配合なので、お肌にやさしいですよ。
Xezxinyge3djsaxwdkkn
Bd6acqryu4c2k6rltez2

バランシングライン

エトヴォスのスキンケアシリーズにバランシングラインもあります。バランシングラインは、「乾燥が気になる」「テカリに悩んでいる」という両者にもアプローチできるアイテムですね。グリチルリチン酸2Kという整肌成分を配合し、ニキ防止にも役立つ成分も配合されています。ニキビに悩んでいる人や混合肌の人におすすめですね。
Cxcu7qjfv5xycygxntoz
Se4q1eywyaflrkif6fus

バイタライジングライン

バイタライジングラインもスキンケアシリーズのひとつですね。エイジングケアに役立つバイタライジングラインは、お肌のツヤやうるおいに◎。リンゴ幹細胞エキス、セラミドなどの保湿成分なども配合されており、低刺激処方でもありますね。エイジングケアに興味のある人におすすめのラインです!
Mh4eggohkvh926i3yotz
Oy0kk8mlyo71sdx3txld

バランシングライントライアルセットの口コミ

バランシングライントライアルセットの口コミをご紹介します。クリアソープバー・薬用アクネVCローション・薬用アクネVCクリームジェル・バランシングVCクリアジェルがセットになっていますね。それぞれの口コミを少しずつ解説していきましょう。
Rkz4jldojs68dsys1ryw
クリアソープバーの口コミは、ふわふわな泡であり、すっきりとした洗い心地と評判。薬用アクネVCローションの口コミは、夏で使えるさらっとしたテクスチャーが人気。薬用アクネVCクリームジェルの口コミは、もっちりとした肌触りが好評です。バランシングVCクリアジェルの口コミは、ピンポイントで使えるのが嬉しいと評判がありますね。
Dro2yukq1sh2nujvywf2

化粧品・ベースメイクの基礎について

エトヴォスのスキンケアシリーズについて解説してきました。ここからは、化粧品・ベースメイクの基礎について見ていきましょう。ベースメイクは「スキンケア」→「日焼け止め」→「化粧下地」→「ファンデーション」→「フェイスパウダー」の手順が基本ですね。「日焼け止め」「化粧下地」「ファンデーション」「フェイスパウダー」の選び方・使い方について見ていきます。
Qzv4lnkjyc6y4rr9ecwa
ベースメイクではなく、ポイントメイクは、アイブロウ、アイシャドウ、アイライナー、マスカラ、チーク、口紅がありますね。エトヴォスでもポイントメイクがリリースされていますので、チェックしてみてください!
Nfq5cfiq6g6jm1unx8sv

日焼け止めの選び方・使い方

日焼け止めには、「SPF」「PA」があります。数値が高いもの、あるいは+が多いもの紫外線に強くなりますが、ライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。数値が高いと、その分肌に負担を与えてしまう可能性がありますね。
Ezxsyurfj2ab7zl0fsgw
使い方の基本は、全体で500円玉ほどの量が目安と言われています。顔の「内→外」に塗ることで、ムラなくつけることができるでしょう。日焼け止めに含まれる成分などを確認しながら、適量でお使いください。
Hobdk6pie5drwzuhcfem

化粧下地の選び方・使い方

化粧下地の選び方のコツは、自分の肌の状態にマッチするのか、肌色になじむのか確認する必要がありますね。乾燥しがちな人はしっとり系、テカリが気になる人は、油分量が少ない下地を選ぶようにしましょう。
Xvfxzikwcwngwpzhtlm8
使い方としては、パール粒程度が適量と言われていますね。あまりにも多量をつけてしまうと、あとのプロセスに悪影響を与えてしまう可能性がありますので、ご注意ください。化粧下地も、「内→外」に塗るようにしましょう!
Lypzdlsomohbls8htaex

ファンデーションの選び方・使い方

ファンデーションは肌色になじむのかどうかが選び方のコツですね。肌色のマッチしないカラーを選択してしまうと、違和感のあるメイクになってしまうでしょう。ファンデーションには、いろいろと種類があり、一番あつかいやすいのはパウダー系のアイテムですね。
C1tlpei6lme7ikssbyaq
ファンデーションの使い方は、種類によって異なります。リキッドファンデーションやクリームファンデーションであれば、下地のように塗っていきましょう。パウダーファンデーションは、スポンジなどの道具を使用してください。
Giqdkvneqx7agr08ldml

フェイスパウダーの選び方・使い方

フェイスパウダーの選び方は、どうすれば良いでしょうか。そもそもフェイスパウダーは、仕上げとして使用するものですね。どのような印象にしたいのか、肌色にマッチするのかチェックするようにしましょう。ラメ入りであれば、ゴージャスな印象になりますね。マット系ならば、やさしい感じになりますよ!
Ijz2x8xt5vtwbvb25uvg
フェイスパウダーは、パフかブラシにつけて使用してください。皮脂をおさえるために、Tゾーンは丁寧になじませましょう。フェイスパウダーは、一度手などでなじませることで、ムラのない仕上がりを実現することができますね。
Jphl8jnqz4si0a0icp39
エトヴォスの化粧品はセラミドがいいのかなどについてご紹介してきました。モイスチャーライン、バランシングライン、バイタライジングラインというスキンケアシリーズはどれもおすすめです。セラミドは保湿に欠かせないものであり、バランシングラインはニキビが気になる人に◎。
Biakvzvysv6o4pkn2cov
化粧品・ベースメイクの基礎について解説してきましたね。「スキンケア」→「日焼け止め」→「化粧下地」→「ファンデーション」→「フェイスパウダー」のフローでベースメイクを仕上げるようにしましょう。「日焼け止め」「化粧下地」「ファンデーション」「フェイスパウダー」の選び方・使い方について理解を深めることにより、美しいメイクを仕上げることができるでしょう。いずれにせよ、エトヴォスのアイテムたちは要チェックですよ!