X42yaqnfojsdagcalb7s

美容

CATEGORY | 美容

葉酸取りすぎによる副作用とは?効果的な摂取量や注意点をご紹介!

2018.08.04

赤ちゃんの必要不可欠な栄養素「葉酸」。取りすぎると危険な副作用が起こるのをご存知でしょうか?特に妊娠中の葉酸取りすぎは注意が必要です。葉酸にはどんな効果があるのか?1日の適切な摂取量はどのくるいか?気になる副作用の事などご紹介致します!

  1. 葉酸は必要不可欠な栄養素
  2. 葉酸の取りすぎによる副作用はあるの?
  3. 妊娠中は適切な摂取量を!葉酸の取りすぎによる副作用とは?
  4. 葉酸の取りすぎによる胎児への副作用
  5. 葉酸の取りすぎで副作用がおこる原因は?
  6. 葉酸を取りすぎない為の注意点①【適切な摂取量を知る】
  7. 葉酸を取りすぎない為の注意点②【摂取量の上限を知る】
  8. 葉酸を取りすぎない為の注意点③【サプリの併用をしない】
  9. 副作用がおこらない効果的な摂取方法
  10. 葉酸の取りすぎ、副作用には注意しよう!
Gbf99qayjgk6kum5pcs4
葉酸とはほうれん草の葉から発見された栄養素の1つです。葉酸は細胞の生産や再生効果があるので妊娠中絶の女性には特に摂取するよう産院からも推奨されています。葉酸は妊娠初期の胎児へ細胞分裂など必要不可欠な働きをします。この時期に葉酸が不足してしまうと胎児への神経管閉鎖障害など危険リスクが高まってしまうので適切な摂取量が必要となります。葉酸は不足しても過剰摂取しても危険なので注意しながら適切な量を知っておきましょう。
R2fzut50jn3rt2oykyzp
葉酸は水溶性ビタミンの為、1日の摂取量を超えてしまっても尿と一緒に排出される事が多いです。しかし、排出しても体内に残ってしまう程の過剰摂取をした場合には副作用が症状として現れます。葉酸の過剰摂取は葉酸過敏症という症状が起こり、妊娠期の方などは危険を及ぼす可能性があるので注意が必要です。
Dufdk9jracahjinvqk2n
もし葉酸過敏症になってしまったらどんな症状が出るのか?妊娠中の女性はつわりの症状と似ている場合もあるので見落としてしまいがちです。対処が遅れない様にする為にも症状を把握しておき、少しでも違和感を感じたらすぐ病院の受診を心掛けましょう。

食欲不振

Oigmllekdiumtuu1na32
つわりなどが酷い妊婦さんが気づきにくい食欲不振。普段から安定した食事が取れていないと葉酸不足の副作用だとは思いませんよね。しかし、葉酸を適切な量で摂取できていればつわり軽減の効果があります。実際、辛いつわりで苦しんでいた妊婦さんも葉酸を摂取する事で楽になった声が多くなります。葉酸を摂取してつわり軽減になるのは個人差がありますが、食欲不振で何日も食べ物が喉を通らない時は注意しましょう。

発熱

Jc73fhhteirvdqa1b0ku
葉酸は血液を膨張する働きもあるので過剰摂取してしまうと血管が必要以上に開いてしまい発熱を引き起こす原因となります。妊娠中の発熱は胎児へ危険性がないか気になりますよね。直接的に胎児へは影響がなくても、母体に高熱が何日も続いてしまうと用水の温度も上昇し胎児へ危険が起こってしまいます。しかし、妊娠中は薬を飲めない事が多いので過剰摂取しない事が母体にも胎児にも安全な方法となります。

睡眠障害

Rrzcelfvbxbzrx7hkrbc
妊娠してから睡眠障害になる妊婦さんは多く、睡眠障害は強いストレスを感じるので胎児への影響もよくありません。睡眠障害になる理由は発熱と同じで血管が開くことにより息切れや動悸などで睡眠障害が起こってしまいます。特に仕事を続けている妊婦さんには辛くストレスは母体にも胎児にも悪影響なので葉酸の摂取量を見直しましょう。

吐き気

Ql4veohzi6z8dgdf3k0x
葉酸の過剰摂取副作用として多いのが吐き気です。吐きつわりの方だと気づきにくいですが、葉酸の過剰摂取でも吐き気を催すので注意しましょう。吐き気があると空吐きなども症状として出ることがあり、腹圧が胎児に危険じゃないか気になりますよね。基本的に吐き気や咳、くしゃみなどといった腹圧がかかる行為は胎児への影響はないと言われていますが、長期的に続くと切迫流産や切迫早産を引き起こす事もあるので長引かせないように気をつけましょう。
Slybwzppzmtolphpewon

胎児への影響は妊娠初期より妊娠後期の過剰摂取

Tuxpzscmtw9qfuhuoyxi
引用: http://ixil.info/archives/34625
妊娠中の過剰摂取で胎児に副作用の危険性が現れるのは妊娠初期より妊娠後期の方が多い傾向にあります。妊娠後期に適切な摂取量を上回ると産後の赤ちゃんに影響が出ることがあります。しかし、産後すぐに影響が出るのではなく3歳~5歳のなった頃に現れる事が多いです。なので葉酸の過剰摂取が影響しているとは分かりずらいので注意が必要です。

喘息

S6plxefurtwe3xykwhwl
オーストラリアの大学が行った研究調査によると、妊娠後期に1日1000μg葉酸を摂取していた妊婦の子供は小児喘息発症率が通常よりも高い傾向がありました。1000μgというと1日に葉酸を摂取できる上限でもあり、1000μgを超えると過剰摂取になると言われています。妊婦さんが1日に必要な摂取量は「480μg」なので1日に必要な量を守るのが安心ですね。しかし、必ずしも喘息になる訳ではないので考えすぎてストレスを溜めないようにしましょう。

アレルギー体質

Nmjasqylfbretwteudi2
葉酸の過剰摂取で産後の胎児に起こる副作用のもう1つにアレルギー体質があります。もちろん、アレルギー体質になってしまうのは葉酸の過剰摂取だけではありません。また小児喘息と同じで葉酸を過剰摂取してしまったからといって必ずアレルギー体質になる訳でもありません。胎児への危険性は葉酸の過剰摂取より葉酸不足の方が高いので過剰摂取にならないよう気をつけながら摂取しましょう。
E8x0nqi64dbcacsp1hpt

食事で副作用はおこりにくい

Lsjodn6ip30jo4i0zice
葉酸が豊富に含まれる食材は様々ありますが、日頃の食材だけで葉酸を過剰摂取する事はなかなかありません。葉酸を含む食材は料理の過程で半分になってしまったりするので食材から1日の葉酸摂取量を取るのはむずかしく、葉酸サプリの摂取が推奨されています。サプリメントも効果的ですが食材に含まれる葉酸も効果敵なので日頃から葉酸の含まれる食材を摂取する事が好ましいですね。

サプリメントの過剰摂取が副作用の原因

Xtjeosj6qykzlstrysre
葉酸の過剰摂取の多くは主にサプリメントの取りすぎが原因です。最近では葉酸を美味しく摂取できるように葉酸が含まれたラムネ型のタブレットやキャンディ、グミなどが販売されています。美味しくてついついお菓子感覚で食べてしまう為、知らず知らずのうちに1日の上限を超えてしまっている事があります。

トータルの摂取量に注意する

Nifvmxrorgr6udb4h8ur
サプリメントで1日に必要な摂取量を取っている事が多いので、その他に葉酸が含まれている食べ物や飲み物などを取ると1日の上限を超えてしまいます。葉酸を多く含んだ食材を食べた時はサプリメントの量を減らしたり、葉酸を取りたい一心で飲み物まで葉酸が含まれる物を選ぶのは控えましょう。
Q6llc9kuellmfzgq8nlh
葉酸を取りすぎない為にも1日の適切な摂取量を知ることが必要です。18最近では以上の男女は1日「240μg」妊娠中の女性は妊娠希望の女性は1日に「480μg」摂取するのが好ましいとされています。
Qecwwsg8wctqh4jwkjvk
1日の葉酸摂取量の上限は「1000μg」です。食事では葉酸の摂取量はなかなか取れないのでサプリメントを過剰摂取しない限り1000μgを超えることはありません。特に妊娠中はサプリメントを服用している方が多いので1000μgを超えない様に注意しましょう。
Rcq84hcwl6p6lhqcweuy
サプリメントにはさまざまな効果や効能があります。しかし、赤ちゃんにいいからといってアレもコレもと手を出すとあっという間に1日の上限を超えてしまいます。サプリメントは1つに絞り1日の摂取量をしっかりと守りながら取るようにしましょう。
Vybg1mltuywpfoaeixso
葉酸の正しい摂取方法は用法用量をしっかりと守る事です。葉酸のサプリメントで1日の必要摂取量はしっかりと取れるのでサプリメントの過剰摂取をしない事、サプリメントの併用しない事を心掛けましょう。食材の葉酸量はさほど高くないのでサプリメントを取っているからといって葉酸の含まれた食材を避ける必要はありません。何事も過剰摂取は控える事が効果的に葉酸を摂取できます。
Hibwnuzfovhmzrbjx9zc
いかがでしょうか?赤ちゃんの成長に必要不可欠な栄養素である葉酸は不足しても過剰摂取しても良くありません。大切な命を守るためにも正しい知識を身につけ、安心のできる摂取を心掛けましょう。