Nkx5oo2wkplfzezs7cie

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

オータムタイプのメイク!おすすめのコスメアイテムや似合う色を紹介

2018.08.08

深みのある暖かい色が似合う秋のオータムタイプ。一方で、青クマが目立つなどの悩みも。一言でタイプ分けをするとメイクパターンや色が限られるのでは?と思いがちですが、そんなことはありません。肌質に似合う色やおすすめコスメアイテムを知ってオータムタイプに似合うメイク!

  1. オータムタイプってどんなタイプ?特長をチェック!
  2. コスメにも、服にも使える!オータムタイプの人に似合うおすすめの色は?
  3. オータムタイプに似合うメイクはこんなメイク
  4. オータムタイプがメイクの時気をつけるべき点
  5. オータムタイプに似合うアイメイク・アイテムは?
  6. オータムタイプに似合うリップメイク・アイテムは?
  7. オータムタイプにおすすめのファンデーションは?
  8. オータムタイプに似合うチークはどんな色?
  9. オータムタイプに似合うネイルデザインは?
  10. 秋肌さんだからこそ似合うメイクを楽しもう!
秋に色づく紅葉のように、深みがあり暖かい印象のカラーが似合うオータムタイプの人。まさに秋らしい色味がピッタリなこのタイプの人は、黄みが強い肌質の持ち主です。日本人に多いと言われる黄みよりの肌ですが、実は悩みもたくさん。そんなオータムタイプの主な特長をチェックしてみましょう。

大人な雰囲気が似合うイメージ

オータムタイプの人は、暗めダークブラウンの吸い込まれそうな瞳の持ち主。髪も多めで重みのある色をしており、全体的に大人っぽくシックな雰囲気を醸し出しています。肌質はマットで黄みが強く、あまり赤みがでないのも特長です。もともと雰囲気に華があるので、一見地味な色のコスメでもオータムタイプの人が付けるとゴージャスな印象のメイクをすることができます。

青クマが目立って顔色が悪くみられがち

オータムタイプは黄みが強い肌質のため、クマができると青く見えて目立ってしまいます。そのためかスッピンの時に顔色が悪く見られがち。また、子供頃からソバカスがある人が多いのもこのタイプの特長です。日焼けすると赤くならずにすぐ黒くなり、定着しやすいので夏はいつの間にかこんがり色黒になってしまう人も。
黄みが強く、マットな肌質の人が多いオータムタイプに似合う色はどんな色でしょうか?ベージュ系やオレンジ系だけだと思われがちですが、秋肌に似合うのはそれだけではありません。実はたくさんの色が似合うので、メイクもとことん楽しめますよ!

おすすめの似合うカラーはこれ!

秋肌と言われるオータムタイプの人は、イエロー系がベースになった色味が似合います。その中でも、暗めで濃い色味がピッタリで、使うことで肌が綺麗に見えて華やかな雰囲気になります。ブラウン、テラコッタ、レンガ色などの暖かな色味はもちろん、グリーン系もオータムタイプの肌に映えるカラーです。可愛らしく見せたいなら、ピンク系のメイクがマストですが、秋肌さんにはくすんだサーモンピンクがおすすめ。黄みの強い肌にもよく馴染みます。似合わないと思われがちなブルーやパープル系も、ブルーならターコイズ、パープルならディープバイオレットを選べば秋肌さんだから似合う、鮮やかでゴージャスなカラーメイクが楽しめますよ。

似合わないカラー

青みがかかったカラーや、淡いパステルカラーなど白みが強い色は要注意!肌から浮いて見えるだけでなく、色によっては古臭い雰囲気になってしまうことも・・。特にリップで使うと顔の中で悪目立ちしてしまうので、どうしても使いたい場合はアイメイクのポイントに使うなどして調整してみましょう。
具体的に、オータムタイプの人に似合うメイクとはどんなメイクなのでしょうか?オフィスで使えるメイクから、パーティーにおすすめのメイクまで3種類をご紹介します。

穏やかなオーラを放つブラウン系メイク

秋肌さんのお得意カラーはブラウン。中でも、少しオレンジがかったテラコッタ系が地味にならないのでおすすめ。ブラウン系メイクに、今っぽい抜け感を持たせるためにクリームアイシャドウを選びましょう。テラコッタブラウンのクリームアイシャドウをアイホールにぼかすだけでしっかり陰影がでます。チークも同様にブラウン系でまとめるとアイシャドウとの組み合わせで大人っぽい雰囲気に。リップはサーモンピンクかベージュブラウンなら顔から浮かずにまとまります。

華やかに!ゴージャスなゴールド系メイク

オータムタイプの得意分野であるゴールド系のメイクで、華やかに演出するのもかっこいいですね。ベージュのベースの上からゴールドのラメをたっぷり乗せたアイメイクも、オータムタイプの人ならしっくり馴染み、とてもよく似合うはずですよ。そんな時はチークやリップは控えめなオレンジベージュなどがバランスよく見えて素敵です。

知的な印象に!カーキ・オリーブ系メイク

カーキなど黄色が強いグリーン系もオータムタイプの得意カラーです。アイシャドウはアイホールに塗らず、ライン的に濃いめのカーキを引くとおしゃれです。チークはベージュ系で控えめに、リップはオレンジベージュがよく似合います。目元を際立たせて、他をヌーディーにすることで知的な雰囲気に。
オータムタイプの人は、すっぴんでいると肌がくすんで見えてしまいがち。気をつけずにメイクをしてしまうと、顔色悪いよ、と言われてしまいます。ベースメイクのコスメを選ぶ時は、顔色がよく見えることに重点をおいてチェックしてみましょう。もちろん、メイク前にマッサージするなど手間をかければ、血色の良い肌になれますが、手間がかかりますよね。コントロールカラーで赤みを足したり、ベージュ系のクリームハイライトでツヤを演出するなどが手軽でおすすめです。
顔の印象を決めるのに欠かせないアイシャドウやマスカラなどのアイメイク・アイテム。秋肌さんの瞳は暗めのブラウンであることが多く、アイシャドウも同じく暗め、濃いめ、黄み寄りのカラーがおすすめ。その中でも毎日メイクが楽しくなるようなカラーをTPOに合わせて選びましょう。

オータムタイプにおすすめのアイシャドウはブラウン系やアースカラー。

コスメを選ぶとき、ついついブラウンやベージュを手に取ってしまうのはオータムタイプさんだけではなく女性なら誰しも思い当たること。でも、同じブラウンやベージュでも、オータムタイプさんに似合うのは「暖かみがある」ことがポイント。ブラウンなら、チョコレートのようなブラウニーブラウンや、マホガニーのアイシャドウがよく似合います。大地を思わせるテラコッタオレンジ、黄みがかった深みのあるオリーブグリーン、黄みの強いキャメルなどアースカラーのアイシャドウもおすすめ。

マスカラやアイラインは濃いブラウンかブラックがおすすめ

マスカラやアイラインも、アイメイクのコスメを選ぶときには色味にこだわりたいアイテムです。マスカラは黒か深みのあるブラウンがおすすめ。カラーマスカラなら、ターコイズブルーが素敵です。白目を綺麗に見せてくれますよ。アイラインもマスカラ同様に、黒か濃いめのブラウンで瞳の色に揃えるのがおすすめです。カラーアイラインを使うなら、濃いめのカーキを使うと瞳を濁らせることなくおしゃれな雰囲気になりますよ。
口紅だけ顔から浮いて見える・・元の唇の色に左右されてしまう・・など、お悩みポイントでもあるリップメイク。アイテムの選び方や使い方を変えるだけで、明日からリップメイクが楽しくなりますよ!

リップは黄み肌になじむウォームカラーがおすすめ!

オータムタイプの肌質は、ツヤが少なくマットで、黄みがかっています。リップメイクをするなら、やはり暖かみのある黄み寄りのウォームカラーがおすすめ。ピンク系ならサーモンピンク、ベージュ系ならオレンジがかったもの、赤なら深みのあるダークトマトレッドを選びましょう。

程よいツヤ感を作れるコスメを選んで

肌質がマットなオータムタイプの人は、同様にマットなリップメイクをしてしまうと、元気がない顔に見えがちです。マットなリップメイクをするのであれば、チークに少しツヤ感を出すなどして調整してみてください。オータムタイプの人には、肌から浮かない程よいツヤ感のあるリップがおすすめ。グロスよりも口紅で出るツヤがナチュラルで素敵です。
オータムタイプになじむファンデーションのカラーはオークル系です。肌質がマットなオータムタイプの人は、クリームファンデーションやミネラルファンデーションで程よくツヤ感を演出してみましょう。また、下地にピンク系のコントロールカラーを使うと、肌の黄みを抑えて血色よく仕上がります。コンシーラーを使うなら、同様にオークル系やオレンジ系がおすすめ。クマが青く見える肌質なので、顔色をよく見せるためにもコンシーラーは必須アイテムです。
オータムタイプの肌は黄寄りなので、色ならサーモンピンクやオレンジ、ベージュがナチュラルに馴染んで可愛らしい雰囲気になります。キラキラしたアクセントが入っているタイプのチークも可愛いですが、ラメやパールの色もシルバー系だと浮いて見えてしまうので要注意です。肌質がマットなオータムタイプは、クリームチークがおすすめ。ツヤツヤした頰を演出できますよ。
オータムタイプのネイルは、カーキやブラック、トマトレッドなど濃いめのカラーが映えます。肌が黄みがかっているので、淡いカラーだと指先がくすんで見えてしまうことも。オレンジベージュなどのヌードカラーも素敵ですね。
いかがでしたか?オータムタイプと一言で言っても、たくさんの色やアイテムを使うことができます。コスメ選びの時は、この記事を参考にして新しい色にもトライしてみましょう!知的に、華やかに、ヌーディーに、様々な雰囲気のメイクを楽しんでくださいね。