Fjgdbkasysryefr6cy39

カラー

CATEGORY | カラー

【花柄ドレス結婚式着こなし】おすすめカラーやデザインを紹介!

2018.08.16

花柄のドレスを結婚式に着るのは、マナー違反といわれています。可愛い花柄のデザインやカラー着こなしを見てみました。花柄がマナー違反といいますが、花柄のドレスが、マナー違反にならないおすすめのドレスを探してみました。ポイントを抑えているといざというときに安心!

  1. 結婚式でタブーのカラーとは
  2. 【結婚式の花柄ドレスの着こなし】おすすめカラー
  3. 【結婚式の花柄ドレスの着こなし】おすすめデザイン
  4. 【結婚式の花柄ドレスの着こなし】どのような人たちが集まるのか前もって聞くことが大切
  5. 【結婚式の花柄ドレスの着こなし】ガーデンウェディングの花柄ドレスについて
  6. 【結婚式の花柄ドレスの着こな】全体レース
  7. 【結婚式の花柄ドレスの着こな】トップがレースの花柄
  8. 【結婚式の花柄ドレスの着こな】レース花柄を部分的に使ったドレス
  9. 【結婚式の花柄ドレスの着こな】レース以外の花柄のドレス
  10. まとめ
結婚式には、花嫁は白のウェディングドレスを着用される方が多いので、ゲストの白いドレスはタブーです。また、注意することは、白いボレロやシールもできるだけ避けた方が良いのです。また、薄いベージュや薄いピンクも、写真を撮ったときに、白になる場合があるので、避けた方が良いですが、どうしても着用したい場合は、ボレロかショールを色の濃いもので羽織るのがおすすめです。
結婚式に黒のトータルファッションで、全身黒になってしまうと、お葬式と間違え、雰囲気に合わない場合があります。できるだけ黒を着る場合でも、華やかにすることが大切です。新婦がお色直しすると、カラードレスが自分のドレスと被る場合があります。そうならないためにも、できたら、前もって色を新婦に聞いておくと良いです。
上で絶対タブーなカラーは白とお話ししました。白以外でも写真に写ったときに、白っぽくなる色はできるだけ避け、華やかな色を選んだ方が無難です。結婚式の花柄のドレスの着こなしですが、花柄といってもレースなどの、無地で、同系色の花柄が付いたものが、ほとんどで、多色使いのカラーの花柄は、見かけません。なぜかというと、結婚式に招待されるゲストは、友達の代表となります。どうしても多色使いの花柄は普段着っぽくなるので、正式な場所には着用されないのが一般的です。カラーは赤やあまり薄くないピンクなどが良く、黒やネービーなどの色は、できるだけ華やかに飾ることが大切です。
パーティー 花嫁 レディース ワンピース 発表会 舞踏会 演奏会 ブライズメイド 二次会 結婚式 マーメイドライン披露宴 お呼ばれ ドレス
価格
肩や背中の開いたデザインはタブーです。もし、着用するならショールやボレロを羽織ることにしましょう。ロングドレスはOKです。ロングドレスには、アフタヌーンドレスと、イブニングドレスがありますが、時間帯に合わせて着用することが必要です。アフタヌーンドレスは昼の正礼装で、イブニングドレスは夜のパーティーの正礼装となっています。白は絶対タブーです。総レースのワンピースやドレスも、デザインによって花嫁を連想させるので、注意が必要です。
デザインはAラインが華やかなシルエットになり美しく見えます。シフォンドレスは、柔らかさと可愛らしさと華やかさを演出します。Aラインドレスも大人っぽいイメージになって良いデザインです。Vネックドレスも女性の上品な自然な色気が感じられるので、良いデザインです。
[ルナー ベリー] 花柄 総 レース ワンピース ウエスト ベルト 長袖 ドレス レディース 413
価格
結婚式に招待されて一番困るのが服装ではないでしょうか?現代は昔ほどタブーを言わなくなりましたが、結婚式に着ていく服装でタブーがいくつもあります。しかし、両家の結婚式の招待される方々によって、それは決まります。一応無地が礼装になっていますが、家によっては平服でお越しくださいというところが、結構ありました。平服とは略礼装のことになります。
パーティードレス 二次会衣装 sweet 発表会演奏会 結婚式 プリンセス ロング 袖あり 優雅 カラー ブライズメイド
価格 ¥ 7,589 - ¥ 7,593
その結婚式が正礼装(正礼服)なのか準礼装(準礼服)なのか、略礼装(平服)なのか確かめることが大切です。家によってはあまり皆様にご迷惑をかけないように、平服でお越しくださいといわれるところが結構あります。平服の意味は、ある程度礼節のある服ということなので、ワンピースかスーツなどにしても良いので、そこの家風をある程度聞いておくことが大事です。親戚の方やご両親の方が、服装に厳しい方、そうでないかなど聞いておかれると、心配ないですね。会場がどこでやるかなどでも推測できますので、あまり浮いた感じにならないようにした方が良いです。
花嫁 発表会 舞踏会 演奏会 刺繍 レディース ワンピース ブライズメイド 二次会 パーティー 結婚式 締上げタイプ 披露宴 お呼ばれ dress ドレス
価格 ¥ 7,500
花柄ドレスが結婚式に着られる、唯一の結婚式はどのような結婚式でしょう?この頃は、外国で式を挙げる方も多くなりました。そのような結婚式に招待された場合、ガーデンウェディングが行われることが良くあります。日本でもそれにちなんだ、式場もありますが、そのようなときは、柄物のドレスを着用しても良いようです。
上のような柄物を着用する場合は、平服でお越し下さいと相手がいっている場合は、花柄の柄物でも可愛いドレスなのでおすすめします。正礼服の場合だと、これはタブーになるかも知れません。
この場合は野外のガーデンウェディングの場合、柄物でもレース使いの花柄は、可愛い着こなしができるので、準礼装やガーデンウェディングの、場合の着こなしには良いでしょう。とても可愛い感じですが、準礼装になります。一応アフタヌーンドレスに入っていて、多色使いですが可愛い女性の、野外ガーデンウェディングの場合には、このような柄でもポイントとなります。
柄物ですがどちらかというと正礼装に入るドレスです。着物を思わせるロングドレスですが、黒に花柄のそれでいて上品な雰囲気の結婚式の花柄のドレスの着こなしは、清楚な中に華麗さがあって、可愛い感じではないですが大人の、女性の上品な人柄がにじみ出ているようなドレスです。歩き方もしなやかに歩くと、女性のおしゃれ度がアップします。アフタヌーンドレスで正礼装になります。
こちらはイブニングドレスに入りますが、夜結婚式がある場合や、ガーデンウェディングの場合は、こちらのドレスも正式なドレスになります。肌が見えすぎている場合はストールを肩にかける方が良いかも知れません。
全体がレースの場合、花嫁さんと同じカラーにならないことが大事です。ポイントは、主役は新郎新婦なので、自分が目立ちすぎるのは良くありません。結婚式用の洋服を何着も持つことはできないと思いますので、可愛いデザインのワンピーススーツを選ばれると、着回しが効きます。ワンピーススーツは、着るとワンピースに見えるが、実はスーツに分かれているものです。結婚式の招待に何度も招待される方は、それなりに揃えられると良いかもしれませんが、一生のうち2~3回しか招かれない場合、同じドレスは招待される人が、同じだと同じものを着ることに躊躇します。
そのような場合セパレートになっているとアレンジができて着回しが効きます。例えばピンクの場合、上に合わせてピンクの、濃いカラーの、サテンのパンツを買って、合わせればイメージが全く変わります。また、トップを同じトーンの濃い目のブラウスを組み合わせるとイメージが変わってきます。上下のピンクのレースの花柄はアフタヌーンドレスです。正式に着ることができますが、花嫁さんと被る場合がありますので、ピンクを選ぶときは、注意が必要です。
BANKIKU (バンキク) レディース レトロ ワンピース ロング丈 レース 刺繍 花柄 エレガント ワンピ ドレス 洋服 無地 結婚式 パーティー 披露宴 ダークグリーン
価格 ¥ 4,676 - ¥ 4,876
ピンクの場合とても可愛い着こなしができますが、花嫁さんと同じになることが多く、特にピンクのレースの場合は、花嫁さんが着用することが多いです。ピンクは女性を可愛く見せる色ですが、花嫁さんがピンクのドレスで、新婚旅行などで出かける場合などは、特に注意が必要となるポイントです。
(ムアドレス) MUADRESS レディーズ 結婚式ドレス レース フォーマル Vネック キャップ袖 ベルト付き お呼ばれ 披露宴 パーティー 二次会ワンピース
価格 ¥ 3,899 - ¥ 61,850
このような色も、花嫁さんと被る場合がありますので、できれば本人に聞いて、ドレス選びをした方が良いでしょう。色目の濃い色で、Aラインのデザインの場合可愛い感じになるので、肌の白い方におすすめの色です。紫カラーは高貴な感じもしますし、着こなし方で、とても下品にも見えるので、自分の好きな色や肌の色のポイントを見て選ぶと良いでしょう。
こちらの洋服はおすすめです。ワンピースかアンサンブルか、スーツか分かりませんがワンピースと、レースの上着と分かれているデザインなら、ぜひおすすめします。いろいろに着回しができるので便利です。レースが豪華になりますし、とても可愛い大人の女性に演出してくれます。色も薄いグリーンでどなたにも合うカラーではないでしょうか?
KUKAKI (クカキ) ドレス ワンピース レディース レトロ aラインワンピ エレガント Uネック ストレッチ ひざ丈 パーティードレス フォーマル 結婚式ワンピース レース 花柄 刺繍 七分袖
価格 ¥ 3,302 - ¥ 3,402
黒のワンピースですが、全体的に真っ黒にならないので、黒を選ぶときは、このようなデザインも可愛らしい大人の女性に演出してくれます。
グレーの花柄ですが、トップにレースを使って、ボトムがサテン生地のような、ドレスも、色が地味ですがAラインでとてもシルエットがキレイに出て、美しい女性を演出してくれます。地味な色でもこのようにポイントにトップをレース使いにして華やかにすると可愛く着こなしができます。
こちらは、部分的にレースを使ったドレスで、これもAラインなので、シルエットがとてもきれいにでます。オーガンジーを幾重にも合わせたおしゃれなドレスです。
こちらは濃紺ですが部分的にレースの花柄を使って、これもAラインのチューリップシルエットで、素材とデザインがとても調和良くシルエットがでているので、大人の、女性の優しいしとやかな雰囲気がポイントとしてでています。
素材がサテン調のエンジのドレスですが、花柄でとても豪華です。アイテムの黒の帽子と黒のバックがポイントです。大人の可愛い女性の着こなしができるドレスです。
結婚式に着ていく花柄ドレスについて見てきましたが、ポイントは結婚式に招待された場合、いろいろなタブーがあるという事です。まず、花柄のドレスを結婚式に来ていくのは、まず、タブーなことが多いのです。正式な招待の場合、普通は無地が礼装と決まっていますが、花柄でも同色の花柄のプリントやレース調のドレスなら、無地と同じで、正式なドレスとして認められています。
ポイントは、その結婚式が、ものすごく正礼装を重んじるところなのか、ワンピースやスーツで大丈夫な場所なのか、あらかじめ招待されたら、確認しておくことがポイントです。あまり正礼装でない場所に、一人だけ正礼装のドレスを着ていくと、浮いてしまう場合があります。その、反対の場合もありますので、招待されたら必ず確認して、服を購入するなり、自分が持っているものの中から探すなりすることがポイントとなります。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmDmUAQAyg8/?tagged=%E8%8A%B1%E6%9F%84%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9