Ickjwmnuhx4k9hidkxeh

ライフ

CATEGORY | ライフ

bbqコンロはどれ?初心者のおすすめのコンパクトな商品を紹介

2018.08.21

bbqで必要なのがコンロですが、どんな基準で選べばいいか知っていますか? この記事ではレンタル出来るものから初心者におすすめのコンパクトなもの、更には自作ですませる方法まで、bbqに行く前に知っておきたいガスコンロの情報をまとめてご紹介します。

  1. bbqコンロ、どう用意する?
  2. もう失敗しない!! bbqコンロを選ぶポイントは?
  3. bbqコンロを選ぶポイント①:使うシーンを考える
  4. bbqコンロを選ぶポイント②:燃料を考える
  5. bbqコンロを選ぶポイント③:使う人数を考える
  6. bbqコンロを選ぶポイント④:コンロの材質を考える
  7. bbqコンロはレンタルでもOK
  8. bbqコンロ、自作しちゃう!?
  9. bbqオススメコンロ①:クールスパイダープロ
  10. bbqオススメコンロ②:ロードトリップグリル
  11. bbqオススメコンロ③:ユニセラTG-III
  12. bbqコンロを用意して充実した時間を過ごそう
楽しいバーベキューに必要なのが、肉や野菜を焼くコンロですよね。最近は高機能でコンパクトに軽量化されているコンロも多く、購入を考えている人も多いのではないでしょうか。
とはいえ、キャンプ用品初心者さんには、コンロの違いなんてパッとみただけじゃ分かりませんよね。
Quyoygkjqrovt25nazj2
また、年に1度しか使わないような場合は、レンタルをしたり自作をしたりする方が経済的ですよ。
この記事内では初心者に向けたバーベキュー用コンロの情報を凝縮してお届けします。今は炭のみならず、ガスや電気で使えるものもありますので、これから秋にかけて計画している人は、参考にしてみてくださいね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Q7kMEncuL.jpg
一言でバーベキューコンロと言っても、様々なメーカーが特色の有る商品を発売しています。
一般的には炭を入れて、その上に網や鉄板をのせて食材を焼き上げるものが多いですが、中にはガスを使って、屋外でもより使いやすくなっているものもありますよ。
主に立って使うものが多いですが、中には座って使うことを想定しているコンパクトなものもありますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91dMpNtHzEL._SL1500_.jpg
どんなポイントに気をつけて選べばいいのか、しっかりチェックしておきましょう。
バーベキューというと、食材を持ち寄り、コンロを用意して、立ったまま焼く…というのが一般的な流れですよね。
市場にあるものも、コンロに足がついていてみんなが立って肉を焼くような、そんなシチュエーションを想定している商品が多い印象です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91psz%2BPiUQL._SL1500_.jpg
一般的な脚付きのバーベキューコンロは、高さが70センチ程度。女性にはちょうどよいですが男性には少し低いかもしれませんので、男性がメインで肉を焼いたりする場合は、80センチ程度のコンロが良いかもしれません。
足の高さを調整出来るタイプもありますので、そういったものを選んでおくと柔軟に対応出来ますね。
また、椅子を用意しておけば、座って作業をすることも可能です。
そして最近は、最初から卓上で使うことを想定している、コンパクトなコンロも増えています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71BgLvSmPOL._SL1200_.jpg
少人数でお酒を飲みながら語り合う、という状況であれば、これくらいコンパクトなコンロでも良いかもしれませんね。
お手入れや持ち運びも簡単に出来るので、ちょっとしたバーベキューを手軽に楽しみたい人は、これくらいのコンロから始めてみてもよいかと思います。
また、近年は使い捨てのコンロもあります。1度だけ思いっきり使って処分したい人は、こういったアイテムを活用してみても良いかと思いますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61J6-1vaneL.jpg
バーベキューグリル 使い捨て
価格 ¥ 1,188
バーベキューコンロは、炭で使うものが多いですが、近年はガスや電気式のものもあります。
炭独特の香りや焼き加減が好きな人も多いかと思いますが、炭は火起こしや片付けが大変なので、初心者の人は一通りレンタルしてみて、自分にあったタイプを見つけても良いかもしれませんね。
ガス式のものであれば、事前にガスの扱い方なども確認しておきましょう。ガスボンベの予備を買うのに幾らかかるかも考えてみてくださいね。
炭だとどうしても火力が偏りがちになりますが、ガス式や電気式のコンロであれば、全体に満遍なく火を通すことが出来ますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/511umN0PI6L.jpg
ただし、電気式であれば電源がないと動かせないので、使う環境を確認しておきましょう。
バーベキューのコンロを選ぶ時は、何人で使うのかを考えましょう。それによって用意するコンロの大きさが変わってきます。
M1ligxlbgeydtidkvrou
2~3人程度で楽しむ場合は、20センチ×30センチ程度の大きさでOK。4~5人になると、30センチ×40センチ程度のものを選びましょう。
「大は小を兼ねる」と言いますが、バーベキューの場合は余分に大きなものを用意してしまうと、燃料が無駄になってしまったり、片付けが大変になります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51g-D6KZUEL.jpg
販売されているコンロは、主にスチール製とステンレス製のものがあります。

スチール製コンロのポイント

価格は比較的安価ですが、どうしても重たいので、持ち運びやお手入れが大変になります。
また、時間の経過と共に錆びついてしまうので、頻繁に使わない人、とりあえずバーベキューの雰囲気を楽しみたい人は、スチール製のコンロで良いかと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61gvklavCZL._SL1200_.jpg

ステンレス製コンロのポイント

軽くて錆びつきにくいですが、どうしても価格が高くなってしまいます。とはいえ使い勝手は良いので、よく使う人は多少値段が高くてもステンレス製のコンロの検討をおすすめします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/715iqpNBN%2BL._SL1001_.jpg
頻繁にバーベキューをする人は、自分のコンロを持っていた方が良いかと思いますが、年に1度程度の人は、レンタルで済ませても良いかと思います。
初心者はどうしても道具から揃えたくなってしまいますが、一度レンタルで使用感を試してから購入を検討しても良いかと思います。
Tnkxlo0fzpoyijrbgjlu
近年は色々なレンタルサービスがありますので、比較・検討して、使いやすいものを探してみてくださいね。
バーベキュー用のコンロは、実は自作することも出来ます。
買ったりレンタルするほどでもない、近くにあるもので手軽に楽しみたい、という人は、一度自作に挑戦してみてはいかがでしょうか。
DIYが好きな人であれば、問題なく自作出来ると思います。溶接の技術がなくても、百均やホームセンターのものを活用して、自作することが出来ますよ。
夏休みですので、子どもと一緒に作ってお肉を焼く、なんて、自由研究の課題にもおおすすめです。オリジナルのコンロを自作して、もっと自由にバーベキューを楽しみましょう。
それではここから、初心者でも玄人でも使いやすい、おすすめのバーベキューコンロをご紹介します。
アウトドアアイテムを多数取り扱っているコールマンは、色々なタイプ・大きさのコンロを販売しています。
その中でもベーシックで初心者にもおすすめなのが、この「クールスパイダープロ」です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/918v96eMYmL._SL1500_.jpg
ステンレス製なので耐久性が高く、軽いので持ち運びにも便利です。また、焼き網の高さも4段階に調節出来るので、好みの火力に調整することが出来ますよ。
炭の継ぎ足しも簡単で、見た目にも格好良いコンロです。初心者には少し高いかもしれませんが、思い切って買ってみると、その使い勝手の良さからバーベキューやアウトドアにハマってしまうかもしれませんよ。
コールマン コンロ クールスパイダープロ/L レッド 2000010394
価格 ¥ 7,995
コールマンが販売している、ガズを使ったバーベキュー用のコンロです。
ガスを使っているので、炭の火起こしも必要ありませんし、火力の調整もラクラク。自宅のキッチンとあまり変わらない感覚で、屋外で料理が出来ますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81TgJjAJ6lL._SL1500_.jpg
蓋もついているため、蒸し焼きやスモークも簡単です。サイドテーブルもついているので、材料や調味料を置いて料理するのに便利ですね。
自宅の庭でも、キャンプ場でも、色々なシーンで使えるコンロですが、他のものに比べると価格が高いので、買う場合はお財布や使用頻度と相談してからにしましょうね。
コールマン グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066 【日本正規品】 [5~6人用]
価格 ¥ 25,684
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61mOJztDP3L._SL1000_.jpg
卓上でコンパクトに使えるこのコンロは、少ない燃料でも効率的に熱を伝導させられるV字型炭床になっています。
炭起こしも簡単に出来るので、初心者にもおすすめ。コンパクトに見えても4~5人分であればカバー出来ますよ。
また、パーツを外して丸洗い出来ますので、衛生的に保管しておくことが出来ます。焼き鳥台やグリル用のプレートも付いているので、色々な料理を楽しみましょう!!
UNIFLAME(ユニフレーム) ユニセラTG-III
価格 ¥ 10,800
バーベキューを楽しむためには、しっかり食材を調理してくれるコンロが必要不可欠ですよね。
この記事では紹介しきれないほど、店頭などには色々な商品があります。分からない時はお店の人に相談して、おすすめのものを紹介してもらいましょう。
この夏にアウトドアライフを楽しむために、道具1つ1つにもこだわって、素敵な時間を過ごしてくださいね。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sportsauthority/cabinet/img/1079/52642022_1.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71YSSf8R8BL._SL1500_.jpg