Hg8nxtwnpzmr0vityyze

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

ファンデーションの選び方|パウダー・リキッドそれぞれの利点とは

2020.07.20

ファンデーションにはリキッドタイプとパウダータイプがあります。リキッド、パウダーそれぞれにメリットがありますが、肌質に合ったものを選ぶと化粧崩れしにくくなります。この記事では、ファンデーションの種類や、肌質別のおすすめファンデーションをご紹介します。

  1. ファンデーション4つの種類
  2. 肌質別ファンデーションの選び方
  3. リキッドがいいか、パウダーがいいか迷ったら簡単な肌質チェック
  4. ファンデーションの色の正しい選び方
  5. マキアージュ ドラマティックスキニーフィルムリキッドUV パウダーファンデーション
  6. エスティ ローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ リキッドファンデーション
  7. POLA B.A パウダリィファンデーション パウダーファンデーション
  8. RMK ジェルクリーミィファンデーション
  9. ルリーフェ UVモイストクリームファンデーション
  10. イプサ リキッド ファウンデイション リキッドファンデーション
  11. ディオールスキン フォーエヴァー フルイド リキッドファンデーション
  12. エトヴォス マットスムースミネラルファンデーション
  13. リキッドorパウダー ファンデーションの選び方まとめ
Lpa15jqp0srcue7qliib
ファンデーションは、パウダー、リキッド、クリーム、ルースと4種類あります。それぞれのファンデーションがどんな肌質に向いているのか知っておけば、自分にあったファンデーションを選ぶときの参考になります。

パウダーファンデーション

Rxttwdzahrnxiof9ttgr
コンパクトにはいっていることが多く固められたタイプがパウダーファンデーションです。ほとんど油分が入っていないのでさらっとしていて、マットな仕上がりになります。汗や皮脂でも崩れにくくオイリー肌におすすめです。カバー力は弱いのでシミなどを隠すのには向いていません。

ルースファンデーション

W4jetyk2jtjcipkahko2
サラサラの粉が容器にはいっているのがルースファンデーションです。お肌が敏感になっている人や、オイリーな肌におすすめです。パウダーなので洗顔料で落とせるからお肌への負担が少なくてすみます。ナチュラルなメイクにしたいときにもおすすめです。

リキッドファンデーション

Vyg2fxmm3up2ayqpjjkw
リキッドファンデーションは、パウダーと比べると水分や油分が多く、伸びが良く肌に馴染みやすいファンデーションです。リキッドファンデーションにはサラッとした乳液のようなのから、やや重たい感じのものまで様々です。ファンデーションを混ぜて、自分の肌に近い色にすることもできます。

クリームファンデーション

引用: http://www.shiseido.co.jp/resources/sw/products/img/20170731/SHOHIN_PL_C1_065101_pc.jpg
リキッドファンデーションよりも油分が多く、こってりとしています。クリームファンデーションは乾燥する季節用や、乾燥が気になるお肌におすすめです。ただしクレンジングをしないときれいに落とせないので、乾燥がひどいときは避けた方がいいでしょう。コンパクトに入ったエマルジョンタイプがあり、こちらはパフにつけるとクリームのようになります。
Rnqhzjh6rvdwdjpmlnzr
ファンデーションを選ぶときは、自分の肌質で選ぶことをおすすめします。肌の状態は季節などによっても変わりますので、化粧のノリが悪くなったなと思ったときにはファンデーションを変えてみてはどうでしょう。リキッドがいいのかパウダーがいいのかは、そのときの肌質で選ぶようにしましょう。

粉がふいたようになる乾燥肌のファンデーション

Hefl6gc54nofdxufj6bi
乾燥がひどい肌には、油分が入ったリキッドやクリームがおすすめです。パウダーは油分がないので、乾燥がひどくなってお肌のシワを目立たせてしまいます。乾燥したお肌で気を付けなくてはいけないのは、肌の状態が敏感になっていたりするときです。あまりに乾燥がひどいときは、クレンジングをしないと落ちないリキッドやクリームでは肌への負担が大きすぎるので、ルースパウダーなど洗顔料で落とせるような軽めのメイクにして、肌に負担がかかりにくいようにしましょう。

テカリが気になるオイリー肌のファンデーション

Nllcixsbfd95ycmwwf6n
テカリが気になるオイリー肌は、油分が少ないパウダーファンデーションやルースファンデーションがおすすめです。油分の多いクリームやリキッドでは油浮きの原因になります。オイリーな肌というのは、肌に潤いが足りないために皮脂を出して乾燥を防ごうとしているんです。ファンデーションの前にしっかり保湿するようにしましょう。

混合肌のファンデーション

Kwnih5dbu6zpjmnob80o
Tゾーンがオイリーで頬は乾燥している混合肌は、どちらに合わせてファンデーションを選べばいいのか悩んでしまいます。この場合も肌質で選び油っぽくなるTゾーンにはパウダーを、乾燥する頬にはリキッドを使うのがおすすめです。リキッドとパウダーファンデーションを使い分けるのは面倒という方は、エマルジョンファンデーションがどの肌質にも合いやすいのでおすすめです。

敏感肌のファンデーション

E4n7psq1kurtcqejuge4
肌トラブルがおきやすい敏感肌には刺激を極力減らしたいので、クレンジングをしないと落とせない油分の多いクリームや油分が入ったリキッドは避けましょう。お湯や洗顔料だけで落とせるルースファンデーションのような、パウダーで軽いものがおすすめです。
Eh5yo1szt10kcrgemjfs
自分の肌質がどのタイプなのかを知る簡単な方法をご紹介します。百貨店の化粧品コーナーでも肌質チェックを行っていますが、簡単なチェックなので試してみてください。

まずはいつも通りの洗顔から

夜、お化粧を落としていつも通り洗顔をした後、タオルで軽く水分を押さえたあと、何もつけずに放置します。5分から10分(夏場)ほど経ったときの肌の状態をみます。

ツッパリ感あり

目元や頬にカサつきを感じるなら乾燥肌です。粉をふいたようになるなら敏感肌かもしれません。

しっとり感あり

お肌にツッパリはなく、顔全体が脂っぽいかテカリを感じるならオイリー肌です。

Tゾーンだけ脂っぽい

Tゾーンはテカっているけど、目元や口元などにカサつきがあるなら混合肌です。
Azroaxlbjzhs1qtsyokg

「自分の肌に合った色」の確かめ方

Vxz2xeb1fn4rnd3g3bab
自分の肌に合ったファンデーションの色を確かめるには、フェイスラインにファンデーションを塗って確認します。フェイスラインなら顔と首の両方を確認できるので、より自然な色のファンデーションを選ぶことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81%2Ba9dHnGXL._SL1500_.jpg
良く伸びるて薄づきなのに、気になる毛穴をカバーしてくれるリキッドファンデーションです。テカリにくいので、テカりが気になるオイリーな肌質におすすめです。
引用: https://www.esteelauder.jp/media/export/cms_2.0/LP/20170605_DW/pc/itemInfo_img01.jpg
油分を含まないリキッドファンデーションなので、夏でもヨレにくく長時間きれいなメイクを保つので、オイリーな肌質にもおすすめです。油分を含んでいないので乾燥肌や混合肌でも使えます。
引用: https://net.pola.co.jp/beauty/products/upimages/002/026/item153069p1.jpg
テカリが気になる肌におすすめのパウダーファンデーションです。化粧崩れしにくいつや肌に仕上げてくれます。
引用: http://www.rmkrmk.com/contents/shop/115/commodity/204012/4973167233580/a02.jpg
乾燥が気になる肌質におすすめのクリームファンデーションです。配合された保湿成分がお肌にうるおいを与えます。乾燥する季節にもおすすめ。
引用: http://www.jbp-cosme.com/sk/wp/wp-content/uploads/2014/11/c151c539301f39fc2a8ccfd2d17f59a1.jpg
油分が多いいクリームタイプのファンデーション。うるおいを長時間キープしてくれるので、乾燥が気になる肌質におすすめです。
引用: https://img.ipsa.co.jp/products/42742_01_l.jpg
皮脂で崩れしにくくテカリやカサつきが気にならなくなるリキッドファンデーションです。乾燥とテカリの両方が気になる肌質の混合肌はもちろん、カサつきがちな肌質の乾燥肌にもおすすめです。、
引用: https://www.dior.com/beauty/version-5.1432748111912/resize-image/ep/0/0/90/0/covers%252FY0770800-F077080020.jpg
テカリを防止して皮脂くずれしにくいので、オイリーな肌質の方におすすめのリキッドファンデーションです。
引用: https://etvos.fs-storage.jp/fs2cabinet/dm-/dm-010/dm-010-s-01-dl.jpg
低刺激なのにカバー力のあるルースファンデーション。お肌にやさしい低刺激処方でふわっと軽い付け心地は敏感肌におすすめです。
Iek5lfevnemxvryejejy
リキッドやパウダーなどのファンデーションの種類や、肌のタイプ別おすすめファンデーションの選び方をご紹介しましたがいかがでしたか?肌の状態は1年中同じではありません。季節によっても、体調によっても変わりますので、いつも同じファンデーションというわけにはいきません。化粧のノリが悪いなとか化粧崩れしやすいなと思ったら、ファンデーションの変え時かもしれませんよ。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪