Pjdvtpx19nnmmp3jrkms

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

突然ほくろが消えるのはなぜ?その原因と取れた時のアフターケア法

2018.01.13

何が原因かわからないけれど気がつくといつの間にかできているのがほくろですが、ふと見るとあるはずだったほくろが無くなっている、そんな経験はありますか?ほくろが消える原因、また消える事に問題はないのか、取れてしまった時の対処法についてご紹介します。

目次

  1. ほくろってそもそも何が原因でできるもの?
  2. ほくろには2種類ある
  3. 後天性のほくろができる原因
  4. ほくろが消える事はある?
  5. ほくろが消える原因は?
  6. ほくろが実際に消えた人はいるのか
  7. ほくろが消える・取れる事による問題は?
  8. 取れた時の対処法
  9. 取れた後に注意すること
  10. 消えたほくろは再生する?
  11. まとめ
Xrkxpkgozseinwoh9vyz

そもそもほくろとは何でしょうか?誰にでもあるものですし、特に気にした事がない方も多いと思います。ほくろがある場所によってはチャームポイントになったり、コンプレックスになったり…人によって感じ方は様々です。そんな方々のためにまず少しほくろのメカニズムについて解説します。

Rd62xjkbo3tdf889tniw

1.先天性のほくろ

Flkjhaufw0yp67zwjjpp

先天性のほくろは生まれる前から、もしくは生まれたあとから思春期の間にできたほくろの事をいいます。1㎝以上の大きなものから小さなものまで人によって様々です。この先天性のほくろは遺伝である可能性も高いと言われています。5㎝以上の大きなものは将来悪影響が出る可能性もあるとのことですが、小さなものなら放っておいても心配ないようです。

2.後天性のほくろ

Aqxbwdcp7encb8dycjks

後天性のほくろは時が経つにつれ新しくできたほくろの事をいいます。後天性のほくろができる原因は様々です。紫外線によりメラニンが活発になったり、生活習慣の乱れにより肌のターンオーバーができない、栄養が肌に行き渡らないなどです。また皮膚をかくなどの外部刺激も後天性のほくろの原因となり得るようです。後天性でも体質によりできやすい人とそうでない人がいるようです。どちらにせよ先天性も後天性も構造上は同じものだそうですよ。

Kf4xpzc3jvxj8u5r0xt7

1.紫外線が原因でほくろができる

Duxtc8zatc4lqtcilweg

まずほくろができる最大の理由は紫外線です。ほくろはメラノサイトというメラニン色素が含まれる細胞が集まってできたものです。紫外線を浴びるとメラノサイトの動きが活発になり、メラニンを生み出します。メラニンは肌を守るために体に必要なものですが、肌の調子が悪いとそのメラニンが肌に残ってしまいほくろとして皮膚に現れる原因になってしまいます。

2.外部刺激が原因によるほくろ

Qblkebspkntnypvtpz3y

ほくろがある部分はもちろん、そうじゃない部分を掻くなどして肌に与えた刺激がほくろの原因となる場合があります。また普段は意識していない所でも袖口や首回りなど服との摩擦によってこすれたり、長時間同じ体制でいることによりずっと同じ場所に負担がかかっている場合なども肌にとっては刺激になります。

3.生活習慣やストレスがほくろの原因に

Wjnbmubnui3arh0rfiqh

日々のストレスにより体調を崩し、ホルモンバランスが狂った結果ほくろができる場合があります。また肌のターンオーバーの時間である22時~深夜2時の時間帯に睡眠をとっていないと肌に残ってしまったメラニンをしっかり排出できずほくろができる原因になってしまいます。食事も栄養バランスをきちんと考えないと肌にまでしっかり栄養が行き渡らず、それがほくろができる原因につながります。

1 / 4