Nehraoktpxmlj2pbkxzq

心理

CATEGORY | 心理

【嫉妬】恋愛の関係を良好にするには?男女別の心理や対処法を紹介

2018.08.15

嫉妬をすると恋愛は思わぬ方向に進んでしまうことがありますよね。そこで今回は嫉妬をする心理を紹介!男女別の心理や対処法、嫉妬の意味や強烈に嫉妬をしてしまう心理に注目をしていくので、恋愛で嫉妬しやすいという人は関係を良好にするためにもチェックしてみてくださいね。

  1. 恋愛で嫉妬しやすいと関係にヒビが入ることも…
  2. 恋愛で嫉妬してしまう意味とは
  3. 男女別、恋愛で嫉妬しやすい男女の特徴【男性編】
  4. 男女別、恋愛で嫉妬しやすい男女の特徴【女性編】
  5. 恋愛で嫉妬しやすいのは、恋愛経験が少ないのが原因の場合もある
  6. 恋愛で嫉妬して関係を壊してしまう原因
  7. 恋愛で嫉妬した時の対処法その1【友人に気持ちを吐き出す】
  8. 恋愛で嫉妬した時の対処法その2【必要であれば恋人に言う】
  9. 恋愛で嫉妬した時の対処法その3【趣味など、恋愛以外に目を向ける】
  10. まとめ
Lganf1oa65jd8ksoszn0
恋愛で嫉妬してしまうと、関係にヒビが入ることもありますよね。しかし、嫉妬は自分自身でコントロールするのは難しいものですし、嫉妬しやすい人にとって出来れば嫉妬したくないのに嫉妬してしまうというのは、大きな恋愛の悩みになっていることでしょう。
Rmurx4yhjruv85uastzf
時には嫉妬をすると二人の関係がさらに深まるということもありますが、それは嫉妬をした時の対処法が二人の関係を深めるためのものだったり、上手く男女の心理を理解していたりする場合に限ります。嫉妬は相手を大切に思っている証拠!とばかり考えてしまうと、一気に二人の関係の雲行きは怪しくなってしまうため、いつも恋愛で嫉妬をして関係が崩れてしまう…と悩む人は、上手く関係を築いていくためにも嫉妬の対処法や男女の心理について理解をしていきましょう。
U3np4zw7vpyvp2ym6r2a
そもそも何故恋愛で嫉妬してしまうのか、その心理が気になりますよね。嫉妬をする心理というものは、多少男女で異なるもので、その心理を理解している、していないのとでは、対処法に間違いが生まれてしまうことがあります。
Uat3pugra3q0e2flwnmf
恋愛で強烈に嫉妬をしてしまう男女の共通の心理としては【恋人や好きな人が自分以外を見てしまうかもしれない】という恐怖心から来ていることがほとんどです。特に恋人に対して、恋人が異性と少しでも親しい素振りを見せると強烈な嫉妬心が煽られてしまうという人は、【恋人が自分以外に魅力を感じてしまうかもしれない】【恋人を失ってしまうかもしれない】【捨てられてしまうかもしれない】という、自分の元から恋人が去ってしまう可能性を少しでも感じてしまうから、その恐怖心が強烈な嫉妬となって自身を襲っていくというわけなのです。
Yg1zr3ycwwyjslativg5
まず、男女別の恋愛で嫉妬しやすい男女の特徴について見ていきましょう。最初に見ていくのは嫉妬しやすい男性の特徴についてです。わかりやすく箇条書きで見ていきましょう!

プライドが高い

男性で強烈な嫉妬心に襲われてしまう人の多くは、プライドが高いという特徴を持っていることがあります。プライドが高いからこそ、自分が恋人から見捨てられるかもしれない、他の存在に恋人が取られてしまうかもしれない、というあるかもしれない現実が許せず、嫉妬となって現れてしまうのです。

彼女に【してもらう】ことが多い

付き合っている彼女が、いつも自分から愛情表現をしてくれたり、デートや連絡をしてくれたり、常に彼女が行動的な場合はふとした時に男性が強烈な嫉妬心に襲われることがあります。いつもしてくれている、というのが当たり前になっているため、それを少しでも他の存在にしているのを見ると【自分だけが特別だったはずなのに】という気持ちから嫉妬してしまうのです。
Lnvr0dim1rpvtiqhyron
続いて嫉妬しやすい女性の特徴について見ていきましょう。こちらもわかりやすく箇条書きで、よくある特徴について見ていきます。

自分に自信がない

女性の場合、自分に自信がないと恋愛で嫉妬しやすい体質になってしまうことがあります。自分自身のが外見や内面にコンプレックスを抱いていたり、恋人の気持ちに自信が持てなかったりすると、恋人と親しい存在を目の当たりにした瞬間、自分が捨てられるかもしれない、恋人が取られるかもしれないという恐怖心が嫉妬の火をつけてしまうことがあるのです。

同性に対して良いイメージがあまりない

女の敵は女である、ということも言われている通り、女性に対して女性自身があまり良いイメージを抱いていないと、ちょっとしたことで嫉妬してしまうこともあります。特に女性の場合、同性だからこそわかる勘のようなものもあるため、そういったことに敏感だとちょっとした行動や言動について深く考えてしまい、嫉妬に繋がってしまうことがあるのです。
Hdts3hhhjds9z1lz4irq
男女ともに言えることですが、恋愛で嫉妬しやすいのは単純に恋愛経験が少ない、またはないから、というのが原因の場合もあります。恋愛経験がないと、初めて好きになったり恋人になったりした人に対して強烈に恋愛感情が膨れ上がり、一瞬にして生活が恋愛中心に変わってしまうことがあります。
Mfehwqyouuav6vqxw8jg
そうなると恋人の些細な行動や言動、恋人周辺のことについて敏感になることも多くなり、距離感の掴み方や愛情表現の仕方がわからなくなってしまうのです。恋は盲目状態にもなりやすいため、自分を客観視することが出来なくなってしまい、恋愛の仕方がわからないからこそ不安に陥り嫉妬してしまうことも多々あると言えます。
Bherjqodvxtcq5bvfw0o
恋愛経験の少なさが原因で嫉妬しやすくなってしまうというのは、恋愛経験が増えていけば薄れていくものでもあるため、もし自分が嫉妬しやすい人間で恋愛経験があまりないという人は、少しずつでも自分を客観視出来るように意識しながら過ごしていくと良いでしょう。恋愛経験がないと全てのことが新しく思えて、不安になり、何事も手探りになります。嫉妬は身を滅ぼすこともありますが、学ぶこともあるため、【自分の感情を相手に押し付けすぎない】ということに気を使いながら付き合っていけば、上手く嫉妬とも向き合っていけるはずです。
Zht2ddj9z2b1yh4o0gyt
恋愛で強烈に嫉妬をしてしまう原因について見てきましたね。嫉妬というものは最初の内は可愛いもので、それが二人の関係を深めることに繋がる場合もあります。しかし一歩間違えてしまえば関係を破綻させてしまうこともあるため、どこまで嫉妬をしてしまうと関係を壊す恐れがあるのか、その原因についても見ていきましょう。
Ragfgdas1shpngahtbk4
基本的に恋愛は嫉妬に限らず、相手に自分勝手な感情を押し付けすぎてしまうと信頼関係に溝が生まれてしまうものです。いくら付き合っていて相思相愛だったとしても、自分の感情や考えを全て受け止めてくれる人というものはほとんどいません。それは相手も同じように色々な感情や考えを抱き、自立した人間だからと言えますね。
Qv3wpe7kpa3bo2yljvqb
そういった意味で、自分が嫉妬したから、気に食わないことがあって嫉妬をして辛いから、という理由で恋人にその感情をぶつけ続けて、恋人の感情や考えを理解しようとしなければ、相手から幻滅され、破局の一途をたどることになります。嫉妬をしてしまう、というのは仕方がないことではありますが、恋人にも事情や感情、考えがあって、【不可抗力であなたを嫉妬させてしまっている】のかもしれません。そんな状態で嫉妬をした、と感情を押し付けすぎてしまえば、うんざりされてしまうのも当然ですよね。
Oykukvfvwgkmqa4uhan8
ある程度嫉妬をしてしまうこと、どういったことをされると嫉妬して辛くなること、というのを伝えるのは大切ですが、あまりにも嫉妬心を相手に押し付けてしまうのは、相手からすると自由がない、束縛されている状態になり、一緒にいる楽しさというものも失われていくのです。相手がどんな価値観を持っているのか、それを意識した上でどの程度自分の気持ちを伝えれば良いのかを考えていけば、嫉妬から関係が破綻することを防げるはずです。
Syhmhbwrxmhoetds3beq
では、実際恋愛で嫉妬してしまった時どのように対処をすればいいのか、3つの方法を見ていきましょう。まず見ていくのが【友人に気持ちを吐き出す】というものです。
Hqykvpsb2idnndllaasl
嫉妬心を恋人に伝え続けてしまうのは破局の可能性が出てきてしまいますが、友人に吐き出す程度ならば問題ありませんし、気持ちも楽になります。同性ならば共感をしてくれる可能性もありますし、共感をされれば気持ちも楽になり、嫉妬心とも上手く向き合えるようにもなります。辛くなったら友達に相談をして共感、またはアドバイスをもらって、気持ちを楽にしていきましょう。
Bnve0r8w0eggs9czlqu4
次の対処法が、【必要であれば恋人に言う】というものです。この場合、嫉妬をした感情をただぶつける、というのではなく、今後の二人の関係を上手く運んでいくという意味が込められた対処法になっています。
M7ksfqwgqdgn2dx1tmte
たとえば恋人が異性とかなり親しい場合、嫉妬をしてしまうのは当然ですし、あらぬ疑惑を生んでしまいます。しかし恋人にとって異性は完全な友達だと感じている場合、その嫉妬心や不信感は伝えない限り相手はわかってくれません。そのため、【○○されると不安になる、モヤモヤする】ということを伝えることにより、自分の気持ちがどのような状態で不安になるのかを相手が理解しやすくなるというわけなのです。
Jmgfdkoapqztpmajchqa
これは二人が上手く付き合っていくためには意味のある行動なので、もし話すべきか話さないべきか悩んだら、対処法1でも紹介した友人に相談をしてみると良いでしょう。伝えないと伝わらないことは確実にあるため、相手に嫉妬心を伝える場合は伝えた結果意味があるのかどうか、意味について考えてみると判断しやすくなるので意識してみましょう。
Kmz0afrnjx83shnoi7b6
恋愛で嫉妬をした場合の対処法として最後に紹介をしていくのが、趣味など、恋愛以外に目を向けるというものです。人によって、どんなに恋愛経験があっても、どんなに気をつけていれも嫉妬をしてしまう人はいるもので、それはその人自身の価値観でもあります。
Qa34zbdt4onjep2rcuel
そんな場合は自分の気持ちを落ち着けるためにも、恋愛以外のものに目を向けてみるのがおすすめ。恋愛以外のものに目を向ければ心に余裕が出来るため、嫉妬によるストレス緩和、嫉妬をしている時間を減らせるなど、自分の感情が膨れ上がることを防げるのです。
X96albgpzks1ohsztwsn
いかがでしたか?恋愛で嫉妬しやすい人は、今回紹介した男女別の心理、対処法をチェックしてみたり、そもそもなぜ強烈に嫉妬してしまうのか、その意味について見ていけば、関係を崩さずに上手く嫉妬と向き合い、恋愛を楽しむことが出来るはずです。嫉妬をするということは、向き合い方さえわかれば良い関係を築くためのキーポイントにもなるため、今回紹介した心理や対処法を意識して、良い関係を築いていきましょう。