Cm3iimnsqiokyw7o4xvv

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

一重に合うアイシャドウのおすすめは?プチプラブランドや色をご紹介

2018.08.15

一重ってアイメイクが楽しめないと思っていませんか?一重さんだってアイメイクが楽しめる、おすすめの色やアイシャドウのやり方があるんです。そこで今日は一重さんに合うアイシャドウのおすすめのやり方、色、キャンメイクやセザンヌなどプチプラブランドメーカーを紹介します。

  1. 一重さんのアイシャドウの悩み
  2. 一重さんにおすすめアイシャドウのやり方
  3. 一重さんにおすすめアイシャドウ色
  4. 一重さんにおすすめのタイプ
  5. 一重さんにおすすめプチプラアイシャドウ キャンメイク パーフェクトマルチアイズ
  6. 一重さんにおすすめプチプラアイシャドウ キャンメイク ベルベッティ フィットカラーズ
  7. 一重さんにおすすめプチプラアイシャドウ キャンメイク シルキースムース アイクレヨン
  8. 一重さんにおすすめプチプラアイシャドウ セザンヌ トーンアップアイシャドウ
  9. 一重さんにおすすめプチプラアイシャドウ セザンヌ エアリータッチシャドウ
  10. 一重さんにおすすめプチプラアイシャドウ ドーリーウインク アイシャドウⅡ
  11. まとめ
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/5/5/0/9/8/nghitoe.jpg
一重さんのアイシャドウ、アイメイクの悩みって「アイシャドウを塗ったら余計に目が小さく見える」「ピンク系を使うと腫れぼったく見えてしまうのでクール系しかできない」「どこまでどうやってアイシャドウを塗れば良いか分からない」こんなかんじではないでしょうか?一重さんが二重さんと同じアイメイクをしても、もともとが一重と二重で違うので、似合うわけがないんです。
引用: http://hitoe.makeup-girl.net/wp-content/uploads/2016/03/p10-300x203.png
一重さんにはその目の形にあったアイシャドウのやり方や、おすすめの色があります。一重にあった色選びとやり方のコツを覚えればクール系しかできなかったあなたも、ナチュラルもかわいいもどれも実現できちゃいます。
引用: https://static-maquia.hpplus.jp/upload/image/manager/25/OUFCGZY-1200.jpg
まず最初に覚えて欲しい一重さんにおすすめのアイシャドウのやり方を紹介します。アイシャドウパレットは普通3~4色がセットになっていてキレイなグラデーションが作れるようになっていますね。
引用: https://static-maquia.hpplus.jp/upload/image/manager/25/IXA3khM-1200.jpg
まずは、アイシャドウパレットの1をまぶたに広めに塗ります。かまぼこ型ではなく、すこし目尻側が山のてっぺんになるようにのせるのがポイント。2をまつ毛の生え際にそってラインのせ、目尻を3~5ミリくらいはみ出すようにします。3を下まぶた全体に細くのせて4を黒目から目尻にむかって3に重ねてのせます。何もついていないブラシで下まぶたにつけたアイシャドウをぼかせば完成。
一重さんのアイシャドウで大事なのが“ぼかし"。くっきりラインを引くように塗りっぱなしにするのではなく、肌になじむように丁寧にぼかすと陰影ができるので印象的な目に仕上げることができます。
引用: https://static-maquia.hpplus.jp/upload/image/manager/25/EHNlBFI-1200.jpg
目尻のアイシャドウは、ちょっと太すぎかなと思うくらいぬっても一重さんは目のキワが隠れてしまうので大丈夫。逆に細すぎると折角塗っても隠れてしまうので、正面を向いて目を開けた状態でちゃんとアイシャドウが見えているか確認しましょう。また、3は涙袋メイクなので、普段メイクなら省略しても。
引用: http://bitty.jp/wp-content/uploads/2016/02/IMG_2112.jpg
一重さんのアイメイクにとって一番大事なのは陰影。つまりブラウン系のグラデーションが一番おすすめの色となります。もちろんポイントに他の色を使うのもかわいいですが、基本の色としてはブラウンです。ピンク色が使いたい場合は、目じりなどにポイントとして部分使いするのは良いですが、全体をピンク系の色にしてしまうとちょっと腫れぼったい感じになってしまいがち。
また、一重さんはちょっとクールでキツイ印象を与えがちですが、ブラウンのグラデーションにすることで柔らかい目元に仕上げることができます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRjifMDRioEli8MJFwSboeBcKlddtx2HD5y1faU6jJZh5Oh5CH2
ラメやパールが入ってで、キラキラして目元が華やかになるのものって、目元も華やかになると思わず手にしてしまいがち。ですが、一重さんの場合、目の周りに光が入るとかえって目が小さく見えてしまうことになります。目を大きく印象付けて見せるには、一重さんにはマットタイプを使ってしっかり陰影をつけるということが大事になってきます。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/5/4/8/8/4/before_after_double.jpg
もちろん、絶対ラメやパールが絶対NGというわけではなく、全体をマットで陰影をつけてラメをポイント使いするのはOK。涙袋メイクにも細かいパールが入っているものを使うとかわいい印象になりますよね。つまり、全部にラメ入りを使うのは避けた方が無難、ということです。
さてアイシャドウのやり方や色、タイプが分かったところで、次から一重さんにおすすめのプチプラアイシャドウをご紹介していきます。
引用: http://www.canmake.com/images/item_eye063.jpg
プチプラコスメの王様、キャンメイク。このキャンメイクパーフェクトマルチアイズは、ラメの入っていないマットな5色のパレットなので簡単にグラデーションが作れます。また、薄づきなのでナチュラルメイクにも最適です。メーカー:井田ラボラトリーズ、ブランド:キャンメイク、参考販売価格:各¥780(税抜)
引用: http://www.canmake.com/images/item_eye078.jpg
塗る時はクリーム、付けた後はパウダーでさらさらに。マットタイプでやさしい発色、しっかりと肌に密着するのでよれやすい一重さんにおすすめ。03ベビーアプリコットや04ローズココアなど、パレットにない色の追加に。メーカー:井田ラボラトリーズ、ブランド:キャンメイク、参考販売価格:各¥550(税抜)
引用: http://www.canmake.com/images/item_eye081.jpg
とっても伸びがよくてグラデーションが簡単に出せるし、涙袋メイクなどの部分使いに便利です。メーカー:井田ラボラトリーズ、ブランド:キャンメイク、参考販売価格:各¥600(税抜)
引用: http://www.canmake.com/images/item_eye081_howto.jpg
引用: http://www.cezanne.co.jp/lineup/eyeshadow/img/item_012.jpg
さて次は、キャンメイクと人気を二分するセザンヌのおすすめアイシャドウの紹介です。このセザンヌ トーンアップアイシャドウは一重さんにも配慮したアイホールに広く使える色をいれたパレット。初心者にも簡単にグラデーションがつけられておすすめです。メーカー・ブランド名:セザンヌ化粧品、参考販売価格:各¥580(税抜)
引用: http://www.cezanne.co.jp/lineup/eyeshadow/c_image/c_012_06.jpg
オレンジメイクに挑戦したいなら、このセザンヌ トーンアップアイシャドウの06:オレンジカシスがおすすめ。パールが入っていますが、セザンヌのアイシャドウは腫れぼったく見えないと人気です。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180131/23/sakura-144067/55/ce/j/o0795060014122823290.jpg?caw=800
引用: http://www.cezanne.co.jp/lineup/eyeshadow/img/item_011.jpg
セザンヌのアイシャドウはラメやパールが入っていますが、このセザンヌ エアリータッチシャドウもパールが入っているのに一重さんのアイメイクがキレイに仕上がると人気です。メーカー・ブランド名:セザンヌ化粧品、参考販売価格:¥680(税抜)
引用: http://lbr-japan.com/wp-content/uploads/2016/12/20161218_103353-500x326.png
ピンク色アイメイクのコツはやはりベースをブラウン系で陰影を作った後にピンクをのせること。
引用: http://lbr-japan.com/wp-content/uploads/2016/12/20161215_1641531-500x447.jpg
このピンク色のアイメイクのポイントは、目尻の上にdのカシスカラーをくの字に入れることと、上まぶたと下まぶたの目尻に、eのダークブラウンをチップで入れること。最後の仕上げは目をあけながらちゃんとアイシャドウが正面を向いている状態で見えているか確認くすることです。
今まで一重さんにタブーといわれていたピンク色もこんなに可愛く仕上がります。
引用: http://lbr-japan.com/wp-content/uploads/2016/12/20161218_1042121-500x500.png
引用: https://www.koji-honpo.co.jp/upload/save_image/3751.jpg
プチプラのアイメイクといえば、ドーリーウインク。ラメやパールが入っていないパレットなので1つできれいなグラデーションがつけられ、マットな仕上がりに。ナチュラルに仕上げたいなら01ブラウン、かわいくしたいなら02のピンクブラウンがおすすめ。メーカー:コージー本舗、ブランド:ドーリーウインク、参考販売価格:各¥ 1,728(税込)
引用: https://www.koji-honpo.co.jp/shop/sub_img/3751.jpg
上のパレットは01ブラウンです。一重さん基本のブラウン系グラデーションが簡単に。
引用: https://www.koji-honpo.co.jp/tsubasa/lineup/shadow2/img/shadow2.jpg
02のピンクブラウンを使った一重さんの場合のやり方は、ブラウン系でグラデーションを作ったあとに、Aのピンク色を目じりに加えるとかわいい仕上がりになります。
引用: https://image.i-voce.jp/files/article/main/QTp6iaHW_1486372888.jpg
一重さんにおすすめのアイシャドウのやり方、色、プチプラブランドメーカーとその商品をご紹介しました。ポイントさえ押さえればアイメイクなんて怖くない!クールもナチュラルもかわいいもいくらでも楽しめちゃいますよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://maico.maihada.jp/article_images/hair-make20160926a.jpg