Ybccdbwaebghbikk4lai

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

顎が乾燥してかゆい!そのかゆみと赤みの原因と対処法を徹底解説!

2020.08.06

乾燥が気になる季節になると、色んな所にかゆみを感じてしまいます。顎もその一つでフェイスラインを含めてかゆみや赤みの症状が出て、ファンデなどでメイクをするときにも悩みの種になります。かゆい原因を始め、顎の乾燥に対しての保湿などの対処法を今回は調べてみました。

  1. 顎が乾燥してかゆい!原因は?対処法も知りたい
  2. 顎の乾燥から始まるかゆみの原因を知ろう
  3. 顎の乾燥から始まるかゆみや赤みの原因 その1.外部刺激
  4. 顎の乾燥から始まるかゆみや赤みの原因 その2.肌との摩擦
  5. 顎の乾燥からかゆみや赤みが出た時の対処法は?
  6. 顎の乾燥のかゆい症状を抑える対処法 その1.肌をきちんと保湿する
  7. 顎の乾燥のかゆい症状を抑える対処法 その2.肌に触れるものを刺激の少ないものにする
  8. 顎の乾燥のかゆい症状を抑える対処法 その3.化粧品を変える
  9. 嫌なかゆみや赤みを抑えて、過ごしやすくしよう
  10. まとめ
Pl4ywqg7wfnxnk7rzi9s
空気が乾燥しやすい季節などになると、顎を始め顔の色んな所にかゆみや赤みなどの症状が出てきてしまうと言う人も少なくはありません。ファンデなどを使ってメイクをしている時でも少しの刺激でひどくかゆみを感じてしまいますし、気づいたらかゆいなあとポリポリと掻いてしまうと言う人も多いことでしょう。
Jmegiresp4b8zhavinyv
かゆみや赤みなどの原因は一体何なのでしょうか?乾燥はもちろんのこと、他の原因についてもきちんと知っておきたいところです。今回はそんな顎がかゆい原因や赤みの原因についてもしっかりと調べてまとめてみました。そして保湿などを始めとした、かゆみや赤みの対処法についても一緒に紹介していきます。
Wr5ql3bdkrxb5o1uiwlz
顎を始め、フェイスラインや顔のいくつかの部位にかゆみや赤みが生じる原因というのは何も乾燥だけ、というわけではありません。乾燥が引き金となり、他の事が原因で引き起こされるということも少なくはありません。乾燥以外では何によってかゆみが引き起こされてしまうのかというのを知っておくことも大切です。
Xf4ocoulqes7g51fkl8c
それでは、乾燥によって顎にかゆみや赤みが発生してしまう理由についてをそれぞれ見て行きましょう。
Yojj82cbmjxia1n3ucn1
乾燥することで、肌の水分も一緒に失われてしまうことが多いため肌のバリア機能がひどく低下してしまっている状態にあることがほとんどです。そのため、強い紫外線や金属のアクセサリー、強い洗剤などのちょっとしたことで簡単にかゆみや赤みを感じてしまうようになります。
Jrawehrn2re87wcocfhi
ファンでを始めとした化粧品を使う、洗剤を変えたり、衣替えで新しく出した衣類による刺激を感じる、アクセサリーを付けたりすることで「なんだかかゆいな」と思ったり「なんだか赤くなってしまっている」と感じてしまった時にはこうした、肌が外部刺激に対して酷く敏感になっている、バリア機能が弱体化してしまっているということを原因として考えてみると良いでしょう。
Dz53xriuwyete04ka2tr
上記で外部刺激からかゆみや赤みが発生してしまう、ということからも分かる通り、かゆみや赤みというのは意外と簡単なものからも発生してしまいます。そのため、顎付近でかゆみや赤みが発生した時、外部刺激だけではなく、肌事態と別のなにかとの摩擦が原因で引き起こされている可能性も考えられるようになります。
Wejewdg9hh1pdjemfmsu
顎の場合はファンデを塗る時の手やパフ、汚れや汗などをぬぐう時のハンカチやハンドタオルなどが当てはまりますが、こうした繊維を始めとした別のなにかとの摩擦、それも化学的なものの場合は酷いかゆい状態にしてしまうことにもなるでしょう。また、衣類を着る時にちょっと擦れただけでもかゆみや赤みが発生するときもあるでしょう。強くファンデのパフやタオル、ハンカチなどをこすってしまったことで症状が発生したのであれば、摩擦が原因で引き起こされたものだと考えても良いでしょう。
Leschi3cvldykff6q92r
乾燥自体が原因となるだけでなく、乾燥が引き金となって引き起こされる赤みもかゆみも存在していることが良く分かっていただけたと思います。もちろん上記で説明したのはほんの一部で、人によってはまだまだほかにもいろんなことが原因になって引き起こされることもあるでしょう。ではどうやってこれらの症状を対処すればいいのでしょうか?それでは、これから気になる対処法についてをそれぞれ紹介していこうと思います。
S6iye5ass6bbztk1nydt
Ebiki2nfsqnfs9bq5pgr
肌のかゆみや赤みというのは、基本的に乾燥することで肌のバリア機能が低下し、刺激や摩擦によるダメージに酷く敏感になってしまっていることが原因で引き起こされることがほとんどです。そのため一番にできる対処法として挙げられるのが、スキンケアなどでしっかりと肌を保湿することになります。
Iybltdjfiwj8ul2ptofg
特に乾燥肌に悩んでいると言う人ほど、しっかりとしたスキンケアでの保湿が必要になります。今のスキンケア用品ではまだ酷く乾燥を感じたり、肌に何かしら刺激を感じたりする場合はスキンケア用品にヒアルロン酸やプラセンタなどの、保水力アップが期待できるものや高い保湿効果が見込めるものなどを配合しているものを使ってみてはいかがでしょうか?きちんと保湿をすることで、肌のバリア機能も向上するのでかゆみや赤みなどもある程度抑えることができます。
Mollhqihjstswgvoza8c
肌のバリア機能の低下から、外部刺激などによる赤みやかゆみなどの症状が引き起こされるということから最も手っ取り早い対処方法は肌の保湿力を上げて、バリア機能を向上させることですがその他にも肌に触れる機会のあるものを、肌に優しい素材や材料から作られているものへと変えるというのも対処方法として挙げられます。
O8lugzewjzgw2u8rjdst
顎の場合はハンカチやタオルなどをなるべくコットンなどでつくられているものに変えて摩擦による刺激を抑制させて、衣類などもコットンまたはシルクなどの化学繊維などを使っていないものにしてしまうと過ごしやすいでしょう。また、ファンデで使うパフやファンデの上から使うルースパウダーなどを乗せるのに使うフェイスブラシなども汚れを綺麗に取った清潔なものなどにするか、ブラシやパフ自体を使わないようにするなどの方法もおすすめです。
Knjrh7kjsoenxtcs92in
顔の赤みやかゆみなどの場合は、化粧品を変えることでも大きく症状を軽減することも出来るようになります。ファンデーションをなるべく植物性の刺激の少ない成分が配合されているものにする、保湿成分の配合されているものを使うなどのちょっとしたことで肌への刺激などを抑えることもできるようにもなるでしょう。
Ckynz0outbwwtns2klwb
また、ファンデなどの化粧品などだけではなく、メイク道具自体も買い替える際にはある程度素材を選んで、肌に優しく刺激にならないものにしておくなどの方法もあります。女性の場合は成人しているのであればなおさら毎日メイクをして仕事をすることになります。かゆみや赤みなどは気にしてしまうと集中力を乱すことにも繋がりますので、自分にとって刺激にならない、症状を引き起こさないものを選んで使うようにしておくのも対処法の一つです。
Hudsvrvwqa7ysqajxyvu
かゆみや赤みが乾燥によって引き起こされる原因は上記でも少し触れていますが、人それぞれ違っています。そのため改善方法や対処方法を考える前に、自分のかゆみや赤みを引き起こしてしまう原因についてをしっかりと調べて確認しておくことがとても重要で、大切なことになります。
Smskgqq9a9ioljohcgr8
季節によっては空気が乾燥することで、肌の乾燥が悪化するとともに静電気などの症状も引き起こされて、より強い刺激を受けることもありますので、季節などによっても少しずつ対処法や改善法にプラスαを付け加えていくことも大切になります。自分のかゆみや赤みの原因をしっかりと把握して、自分が行いやすい改善方法を試していきましょう。
Cyeco6f71nalc7vui4do
乾燥から引き起こされるかゆみや赤みについて、いかがだったでしょうか?季節を問わずある程度の人たちが悩まされることもありますが、乾燥しやすい秋から冬にかけて多くの人が悩まされる乾燥によるかゆみや赤みは、対処してかゆみなどを感じなくなるまで症状に悩まされることも多くありますが、掻きむしったりせずに対処法を試しながら肌を保湿していくことが大切です。乾燥から生じる悩みの種であるかゆみや赤みにぜひ対処法を試してみてください。
Thg1rqg5jwnws3aekdxs