O5w7anwne3wvrle0ezlh

インナーケア

CATEGORY | インナーケア

葉酸はいつからいつまで摂取するの?その効果や必要な量を徹底解説!

2018.08.16

妊娠に必要な栄養素である葉酸、女性はいつからいつまで摂取すればいいのでしょうか?妊娠中に飲むイメージが強い葉酸ですが、時妊娠前・妊活中の時期に飲むのもおすすめだそうです。いつからいつまで、どのくらいの量の葉酸を飲めばいいのか、また効果について詳しく解説します!

  1. 葉酸を摂取するのはどの時期が適切!?
  2. 【時期別】葉酸はいつからいつまで飲めばいいの?①妊活中に飲む
  3. 【時期別】葉酸はいつからいつまで飲めばいいの?②葉酸で着床率がアップ
  4. 【時期別】葉酸はいつからいつまで飲めばいいの?③女性だけでなく男性も
  5. 【時期別】葉酸はいつからいつまで飲めばいいの?④赤ちゃんの細胞分裂を円滑にする
  6. 【時期別】葉酸はいつからいつまで飲めばいいの?⑤妊婦さんの貧血予防にも効果的
  7. 【時期別】葉酸はいつからいつまで飲めばいいの?⑥妊娠中期に飲むと流産のリスクが低下
  8. 【時期別】葉酸はいつからいつまで飲めばいいの?⑦妊娠後期にも葉酸を飲もう!
  9. 【時期別】葉酸はいつからいつまで飲めばいいの?⑧母乳の質向上に役立つ
  10. 赤ちゃんが卒乳したら葉酸も卒業
  11. 美容効果が高いのも葉酸のメリット
Phenzfk5u9zfp195xgml
女性にとって、欠かせない栄養素となっている葉酸。特に妊娠を望んでいる女性や、妊娠中の女性には積極的に摂取してもらいたい存在です。葉酸はどの時期に摂取するのがベストなのか、今回はそう言ったトピックにスポットライトを当てていきましょう。
I8fmr75h0fa48mfncgo4
闇雲に葉酸を摂取すればいいというわけではなく、必要な時期を見極めて、必要量を知って正確な摂取を志すべきです。葉酸はいつからいつまで飲めばいいのか、ご紹介しましょう。
Wys8iyfzwcxuyaodsakq
子供が欲しいけどなかなかできない…、そんな悩みを持っている女性も少なくないでしょう。葉酸はなかなか子供ができない女性の強い味方、妊活中に摂取することで妊娠しやすい体になると言われています。
Lbsoatv5x9tazmfhqv8n
厚生労働省には「葉酸は妊娠の3ヶ月の間に摂取しておくといい」と発表しているようです。妊娠していない時期からでも積極的に葉酸を摂取して、体質改善に役立ててください。
Xopb393puxq6vu6jbuyv
妊活中に葉酸をとるとどのようなメリットがあるのか。まず一つ挙げられるのが、着床率のアップです。葉酸は子宮内膜を厚くする効果があるとと言われています。この働きにより精子と卵子が受精した受精卵が子宮内膜に根付くことをサポート、不妊に落ちるメカニズムを解消できるかもしれません。
Np6paspkauna6bzbla4k
妊活中に葉酸を摂取することによって妊娠率が高まるというのは、こういった働き方いないで起こっているからなのです。子宮を妊娠しやすい状態に持っていく、妊活の時期に葉酸をとるのが大切だというのが分かりますね。
Ebwgy8r3z0v0wnm8bwly
妊娠前の葉酸摂取が推奨されていますが、妊活をしている場合は女性だけでなく男性も葉酸を積極的に摂取した方がいいと言われています。葉酸を摂取することによって精子の染色体異常を改善することができるため、妊娠における様々なリスクが低下するのです。
Psy1t2os8ujzxp0rl2zu
妊活中女性の葉酸摂取の必要性が声高に叫ばれていますが、葉酸を摂取しなければいけないのは男性も同様。しっかり葉酸を必要量摂取して、健康な赤ちゃんが出来やすい体作りをするべきなのです。
Otxdmewlkxhfaeqthtxr
葉酸には着床率をアップさせる働きだけでなく、受精卵の細胞分裂を助けるような効果も期待できます。受精卵が正常に細胞分裂を繰り返すことによってだんだんと大きくなり、それが赤ちゃんに育つのです。細胞分裂が滞ってしまうとお母さんのおなかの中で赤ちゃんがなかなか成長できなくなってしまいます。
B2zkg9f3pybtzni65ca1
こういった不具合を解消するためにも、葉酸を積極的にとって活発な細胞分裂を促すようにしてください。特に妊娠の2~3か月の時期に、葉酸をしっかり摂取することが必要だと言います。この時期に葉酸を飲むことで、大西脳神経管閉鎖障害の発症リスクの低下すると厚生労働省が発表しているようです。妊娠初期のお母さんが葉酸を飲むことは、メリットばかり! 必要量を毎日摂るようにしましょう。
Ezwz6poqt2uidy8tarvz
お腹の赤ちゃんのために葉酸を摂取するというイメージが強いですが、葉酸を飲むことによって妊婦さんの体調を整えることにもつながります。葉酸には造血作用があり、飲むことによって貧血を防止することができるのです。妊婦さんはお腹の赤ちゃんの分の血液も作り出さなくてはいけないため、慢性的な貧血に陥りやすいといいます…。
Rr6v28gffdjqr7wyr2pb
そういった貧血状態を解消するためにも、妊娠中には積極的に葉酸を摂取してほしいです。お腹の赤ちゃんのためには妊娠3ヶ月までに葉酸を摂取することがベターと言われていますが、貧血を改善したいのであればその後もう飲み続けるべきでしょう。妊娠の時期に問わず、出産するまでは適正量の葉酸を継続的に摂取するようにしてください。
O21ohsh8ftvgfseihc0y
妊娠3ヶ月以降もおなかの中の赤ちゃんはどんどん成長していきます。前述しましたが葉酸は細胞分裂を助ける効果があるので、妊娠中期以降の赤ちゃんの体の成形にも役立つでしょう。特に妊娠中期以降の葉酸摂取は、胎児の器官形成をサポートすると言われています。
Pf89tm2fkyxmjoaghtg8
またお母さんが葉酸をしっかり摂取することによって、赤ちゃんにきちんと栄養がいくようになって、流産のリスクを低下させることのできるようです。健康に出産予定日まで過ごすためには、やはり葉酸の存在は欠かせないでしょう。 妊娠してからも継続的に摂取できる環境を整えましょう。
Cp2fb4gtpr0x6drcht1f
妊娠する前も妊娠してからも、継続して葉酸を飲んだ方がいいというのがお分かりいただけたでしょうか?妊娠の後期にも葉酸を摂取するメリットはあります。継続して葉酸を飲むことは、妊娠後期の血中ホモシステイン濃度をつけることに役立つようです。ホモシステイン濃度が高ければ高いほど、妊婦さんが流産してしまう可能性が高まります。
Fcb3aa0ehggblys6elow
できるだけ血中のホモシステイン濃度を低く保ち、流産しないような体作りをしていきましょう。またホモシステイン濃度が高いと胎児が未熟で生まれてきてしまうとも言われています。 赤ちゃんが低体重で生まれてくるのは色々なリスクがつきまとうので、できるだけ適正な体重で出産できるように適量葉酸を飲み続けましょう!
Xdwz6vj8wnwdee6cmhxf
葉酸は妊娠にまつわる栄養素だと思われがちですが、出産した後にも女性の体にメリットをもたらしてくれる存在だというのは覚えておきましょう。葉酸を飲むことで母乳の量が増えたり、母乳の出が高まったりすると言われています。
Bynbxb2uy6camfnplnk2
出産後になかなか母乳が出づらいというトラブルを抱えている場合は、葉酸の摂取がおすすめです。母乳の量・質向上に役立つだけでなく、ダメージを受けた出産後の女性の体を回復させるという効果にも期待できます。お母さんの体の修復を行ってくれる葉酸、産後のうつ症状や抜け毛の予防にも効果的だという研究結果が出ているようです。
Hubhkgvdvrnvvxhklcy8
妊娠のために葉酸を飲み始めたという人は、赤ちゃんの卒乳をきっかけに葉酸の摂取も卒業するといいでしょう。もちろん葉酸を摂取し続けても構わないのですが、妊娠と出産を終えたのであれば、葉酸の積極的な摂取を意識する必要はなくなります。
Uc9nqeplo5w3y8v4m6gp
日常的な食事の中にも葉酸は含まれているので、あえてサプリメントやドリンクで葉酸を摂取しなくても大丈夫。妊娠中の女性とお腹の中の赤ちゃんのサポート役としての葉酸、卒乳をきっかけに摂取を卒業する人が多いです。
Pqbl8isls054xaljujhe
葉酸は造血作用があるので、全身の血行を促進してくれます。血行が良くなるとお肌の調子が良くなり、肌トラブルも起こしにくくなるようです。妊活・妊娠・出産を終えて赤ちゃんへ母乳を与えることがなくなっても、美容効果を求めるのであれば葉酸を飲み続けても構いません。
Ondl23waa2erw0zyrcxq
お肌だけでなく髪の毛がきれいになるというのも葉酸摂取の特徴。妊娠後の女性は髪の毛が少なくなって、スカスカになってしまうことも珍しくありません。それを改善するために年単位で、必要量の葉酸を飲み続ける女性も少なくないんです!