Qjgjktfca8chl9xtkqar

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

食事のダイエットは時間が大事!効果的に痩せるおすすめの方法を紹介

2018.08.21

ダイエットにおいて食事の時間はとても大事です。そこでこのページでは、食事のダイエット時間や効果的に痩せるおすすめの方法などについて解説します。「絶対成功できる」と言い切れませんが、少しでも本記事がお役にたてれば幸いです。

  1. 絶対痩せる効果アリ?食事のダイエット時間は大事|成功するおすすめの方法①
  2. 絶対痩せる効果アリ?食事のダイエット時間は大事|成功するおすすめの方法②
  3. 絶対痩せる効果アリ?食事のダイエット時間は大事|成功するおすすめの方法③
  4. 絶対痩せる効果アリ?食事のダイエット時間は大事|成功するおすすめの方法④
  5. 絶対痩せる効果アリ?食事のダイエット時間は大事|成功するおすすめの方法⑤
  6. 絶対痩せる効果アリ?食事のダイエット時間は大事|成功するおすすめの方法⑥
  7. 絶対痩せる効果アリ?食事のダイエット時間は大事|成功するおすすめの方法⑦
  8. 絶対痩せる効果アリ?食事のダイエット時間は大事|成功するおすすめの方法⑧
  9. 絶対痩せる効果アリ?食事のダイエット時間は大事|成功するおすすめの方法⑨
  10. 食事のダイエットは時間が大事!効果的に痩せるおすすめの方法を紹介のまとめ

食事の感覚はどれくらいの時間がベストなのか?

食事の感覚はどれくらいの時間がベストなのでしょうか。そもそもお腹がすいている時間は、あまり長いのはよくありません。脂肪吸収率がアップする可能性が考えられます。また、長い時間食べ物をくちにしていないと、ストレスなどによりドカ食いなどをしてしまうリスクがあるでしょう。
間隔が長すぎてもNGですが、短すぎてもダメですね。すっと食べ続けている状態は、胃に負担をかけてしまいます。胃に負担をかけることにより、下痢や嘔吐などを引き起こしてしまうリスクがあるでしょう。たまに1日3食以上で痩せたという話を耳にするかもしれませんが、スポーツ選手などでないとできません。

理想の時間の感覚はどれくらいなのだろうか

ダイエットのためには適度な時間の感覚が必要ですね。では、どれくらい時間の感覚があれば良いのでしょうか。最適なのは、4~5時間ですね。だいたいこの時間でしっかりと消化できるでしょう。また、きちんとスケジューリングできやすいのも特徴ですね。
胃腸の消化が終わって、飢餓を感知しないときに食事しましょう。あくまでも目安は、4~5時間です。体調や食べるものなどによってコントロールする必要がありますが、基本的には、4~5時間の感覚で食事(あるいは間食)するようにしましょう。

脂肪をため込みずらい時間を知ろう

身体に脂肪をため込みずらい時間とため込みやすい時間があります。脂肪をため込みずらい時間は、14~16時と言われていますね。逆に22~2時は太りやすい時間になるでしょう。
お昼ご飯を食べたあと、晩御飯まではかなりの時間が空く人も少なくないですよね。お腹が減っている状態での食事は、脂肪をため込みやすくなってしまい、血糖値上昇の可能性もあるでしょう。なので、14~16時ぐらいに間食をとることをおすすめします。

間食(おやつ)について

間食は、ランチから晩御飯までの空腹を回避し、栄養不足をふせぐことができます。自分で間食を選ぶ際は、カロリーが低いもの、胃にやさしいもの、栄養満点のものを選ぶようにしましょう。よく噛みしっかりと味わうことで満腹感を得ることができますね。
カルシウムを摂取したのであれば、小魚のスナックがおすすめです。ホットミルクなども良いでしょう。鉄分を摂取したのであれば、プルーン、あるいはレーズンなどがおすすめです。ビタミンCであれば、柑橘類が良いでしょう。ビタミンBでれば、ピーナッツやビタミンBですね。

起きてから30分以内の食事はダイエットに?

起きてから30分以内の食事はダイエットに良いとされています。なぜなら、糖質が脂肪にかわりにくく、太りにくいと言われているからですね。「おきてすぐにご飯を食べられない…」という人も多いかもしれませんが、朝ごはんを食べたほうがダイエット的にも良いです。
おきてすぐに食事するのはオッケーですが、寝るすぐ前に食べるのも避けるようにしましょう。運動量も少ないので、エネルギーが消費されづらいですね。晩御飯から就寝まで、時間の間隔をあけるようにしてください!

空腹時はプロテインを摂取しよう!

空腹時の対策として、プロテイン摂取はおすすめですね。たんぱく質をとれるだけではなく、空腹を満たすこともできるでしょう。水でプロテインを割ることもできますが、豆乳・ミルクなどで飲むのもおすすめですよ。また空腹時は、低糖の食品も◎。

ダイエットしているときの食事で気を付けること

ダイエットしているときの食事で気を付けることは、まずは野菜を先に食することですね。野菜の食物繊維は、血糖値上昇をゆるやかにすると言われています。野菜によって糖質量が異なりますので、ホウレンソウなどの低い糖質の野菜から食べるようにしましょう。
1日30回以上は、噛むようにしてください。よく噛むことで、満腹になった気になり、そんなに量を食べなくても良くなりますね。もちろんカロリーも抑えることができますよ!コスパに優れることになりますよね◎

おすすめダイエット食品:アサヒ スリムアップスリム シェイク

スリムアップスリムシェイク 10食入
価格 ¥ 1,991
『アサヒ スリムアップスリム シェイク』は、置き換えダイエット食品として有名なおいしいシェイクですね。46種成分を一度に摂取することができ、しかも低カロリーです。「カフェラテ」「抹茶ラテ」などのテイストも楽しむことができますよ◎

おすすめダイエット食品:アサヒ リセットボディ 黒糖きなこビスケット

【まとめ買い】リセットボディ 黒糖きなこビスケット 22g 4袋×4個
価格 ¥ 1,370
『アサヒ リセットボディ 黒糖きなこビスケット』は、低カロリーであり、きなこや黒糖が好きな人に◎。あまりおおきいサイズのビスケットではありませんので、ちょっとした間食に最適ですね!

おすすめダイエット食品:ヘルシーカンパニー ダイエットこんにゃくラーメン

ダイエットこんにゃくラーメン(蒟蒻ラーメン)等こんにゃく麺お試しタイプ・12種類セット
価格 ¥ 2,000
『ヘルシーカンパニー ダイエットこんにゃくラーメン』は、低カロリーのこんにゃく麺ですね。さまざまなテイストを楽しめますので、飽きはきっと来ないですよ。

おすすめのダイエット食品:DHC プロティンダイエット スープパスタ

『DHC プロティンダイエット スープパスタ』は、低カロリーのスープパスタですね。無添加であり、さまざまなテイストを楽しめるのもポイント。
食事のダイエット時間や効果的に痩せるおすすめの方法などについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。食事の感覚はどれくらいの時間がベストなのかといえば、4~5時間を目安にしてください。間隔が長すぎても短すぎても良くありませんね。また、22~2時は太りやすい時間になるとされていますので、この時間帯ではあまりものを口にしないようにしましょう。
おすすめダイエット食品についても解説してきましたね。『アサヒ スリムアップスリム シェイク』『アサヒ リセットボディ 黒糖きなこビスケット』『DHC プロティンダイエット スープパスタ』以外にも、さまざまなダイエット食品があります。ダイエットのために、自分に合った食品を探してみてください!