Xvuxk7n8pndyc9n59b8n

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

ケープの使い方とは?スプレーで雨の日でも前髪をキープする方法!

2018.08.18

ポニーテール,ボブ,ストレート,前髪,巻き髪などやりたい髪型は様々ありますよね♪ケープのヘアスプレーはキープ力抜群!ケープスプレー使い方は工夫が大切!雨でもそんな自分の理想の髪型を守りでキープするためにおすすめな使い方を伝授します。

  1. ポニーテール,ボブ,ストレート,前髪,巻き髪,雨でもキープできる!ケープのヘアスプレー使い方!「ハードタイプ」
  2. ポニーテール,ボブ,ストレート,前髪,巻き髪,雨でもキープできる!ケープのヘアスプレー使い方! 「ハードワックス」
  3. ポニーテール,ボブ,ストレート,前髪,巻き髪,雨でもキープできる!ケープのヘアスプレー使い方! 「細目にスプレーし直す」
  4. ポニーテール,ボブ,ストレート,前髪,巻き髪,雨でもキープできる!ケープのヘアスプレー使い方! 「髪の毛の根からスプレで固める」
  5. ケープのヘアスプレー使い方! 「ヘアスプレーを簡単に落とす方法!」
  6. ケープのヘアスプレー使い方! キープ力アップには髪の毛のケアが大事
  7. ケープのヘアスプレー使い方! ヘアスプレーにはツヤをだすグロスタイプ
  8. ケープのヘアスプレー使い方! デメリット
  9. ケープのヘアスプレー使い方! メリット
  10. ケープのヘアスプレー使い方についてのまとめ
皆さんはポニーテールやストレートやボブ,や前髪や巻き髪など、どのような髪型が好みでしょうか?ポニーテール,ボブ,ストレート,前髪,巻き髪,などの髪型を雨でもキープするにはなんといってもキープ力が大事ですよね。そこでケープのヘアスプレーで雨の日にも髪型をキープするのに一番キープ力が強い「ハードタイプ」で乗り切りましょう。ハードタイプは雨や風にも強く髪型を長く守ってくれるのでおすすめです。とにかく髪を崩したくない時や、運動など体を動かす時はハードタイプでしっかりと髪型を固めましょう。
L6x00thvpjt97ugihbfo
Fbmdna4avkcnuksduhol
皆さんはヘアスプレーとワックスは同時に使ってますか?ポニーテール,ボブ,ストレート,前髪,巻き髪などあなたの髪型を守る為にはワックスとヘアスプレーを使って雨などの障害を乗り越えていきましょう!!いくらヘアスプレーがハードでもワックスのキープ力が弱いと雨や風で崩れてしまうでしょう。ですのでワックスもハードを選ぶようにしましょう。ワックスとヘアスプレーどちらもハードなら崩れにくくなる相乗効果もでて効果的なので是非試してみると良いでしょう。
Ofzdvio0n22dcvirttea
あなたの理想の髪型を雨の日もキープする方法には細目にヘアスプレーをし直すのが有効です。というのも時間が経つにつれてヘアスプレーやワックスは落ちて髪は崩れやすくなります。ですので昼頃や夕方に再度ヘアスプレーをかけてあげる事でより持続力が増して落ちにくくなるので良いでしょう。キープする力にも限界はあるので少しキープ力が落ちたなと思ったらヘアスプレーで細目絵になおしましょう♪
Vespar2wzubekfaeedok
Vndp2tns3imivwpcsbqx
雨でも髪型をキープする方法は髪の毛の根からスプレで固めるのがおすすめです。やはり全体にヘアスプレーをかけてもだんだん重くなってぺったんこになってしまいがちです。そこでヘアスプレーのキープ力を工夫してふんわりさせたい部分を髪の毛の根からスプレーをしましょう。根からスプレーをする事で雨などでスプレーが取れかかっても、根からキープしてあなたの髪型を守ってくれるでしょう。是非スプレーの方法で一工夫してみましょう!!
Cmt8uzvwhdjmloxvn5ki
落ちにくいヘアスプレーを簡単に落とす方法は? 男性の方などは、キープ力の高い商品をたくさん使うために、カッチカチになるまで多くスプレーをかけて落としにくいことがありますよね。 ヘアスプレーメーカーで推奨されていることが落とし方によると、キープ力のあるハードなタイプは落としにくいので 先にコンディショナー等をつけてすすぐと髪がほぐれてシャンプーしやすくなるそうです。 コンディショナーは髪を柔らかくほぐす効果があるのでキープした髪を落ちやすくなると思うとうなづけますね。 何度もシャンプーをする方もいらっしゃると思いますが、シャンプーのもともとの役目は頭皮の汚れを落とすことです。 髪をごしごし何度も洗うと髪が傷んでしまうので注意しましょう。 詰まって出にくいスプレーは? こちらは、ケープの商品説明でみつけたのですが詰まって出にくい時はスプレーボタンをはずし、ボタンの噴霧口を流水で約1分間、洗っうとつまりがなおるようです。 すべてのメーカーに対応していると限りませんが、詳しく読んでみると対処方法があるかもしれませんし、メーカーに問い合わせてもいいかもしれません。

ヘアスプレーは取れにくいので苦労している人も多いのではないでしょうか?特にヘアスプレー初心者の人はここで悩む人も多いそうです。落とし方をマスターしてダメージをケアする事が大切です。

Bhnqvijfwyseehs96ir7
Jolxmqkjljj1c7yef58v
ヘアスプレーは髪のダメージを与えるのでしっかりとケアしてダメージ補修することが大事です。ダメージが大きい髪だと美容成分が少なく、髪も細くなりどんなにヘアスプレーで固めてもぺったんこになり崩れやすいのです。ですので髪をトリートメントしたりするなどダメージの対策が必要不可欠になります。自分でどうしてもダメージがとれない場合は美容室にいってダメージ補修してもらうのがおすすめです。キープ力をよくするには頭皮と髪の毛のケアが大切です。
Cl4em3fmqtpsgiotopzq
Ish0hhxvcxygvyzntqtl
ヘアスプレーにはツヤをだすグロスタイプがあります。グロスタイプは、ハードタイプと違って髪のキープ力目的でなく、ツヤや潤いをだす目的で使用します。キープ力を目的としている人にはおすすめしませんがつやうあ潤いのある髪の毛を演出したいという人にはおすすめなのがグロスタイプです。使いやすいので一本は持っておいて場所によってうまく使い分けていくといいでしょう!!
Nfxvcoqrvfb0qs5bexdg
Whoxswdlbzfnqdsrsdno
ケープのヘアスプレーのデメリットはやはりダメージが大きいのと、シャンプーなどでもとれにくいところでしょう。ケープに限ったことでなくヘアスプレーはダメージが大きく落ちにくい特徴があります。特に初心者の人は最初は中々スプレーがとれなくて戸惑う人も多いでしょう。おすすめの方法は最初にトリートメントをして洗い流してからシャンプーをすると取れやすくなります。トリートメントで髪に浸透させて柔らかくしてあげましょう。また、1回では落ちにくいので2回はシャンプーで洗い流しましょう。
Jpb0abx0qcwvlchjycta
War7w4mf0bjovkrnbeox
ケープのヘアスプレーのメリットには「持続するキープ力」「成分が肌に優しい」というメリットがあります。キープ力には5段階から好きなレベルからハードタイプかふんわりするタイプかを選べるのが嬉しいポイントです。ケープのヘアスプレーはキープ力はもちろんですが、見た目をよくするグロスタイプなどバリエーションが豊富な事も大きなメリットでしょう。成分も肌に考慮されてなるべく低刺激な成分が厳選されていますので敏感肌の人でも安心して使う事ができます。ですが油分などのダメージ成分は少なからず入っていますので異変を感じたらすぐに止めるようにしましょう。ケープのヘアスプレーはメリットが多く初心者の人でも簡単に使えるので是非ヘアスプレー初めての人は試してみると良いでしょう。
Qkac9pciclzgejfqnv8a
Mvjmcozgv6g8wrqqfvyp
ケープの使い方やスプレーで雨の日でも前髪をキープするおすすめを解説させていただきました。皆さんもヘアスプレーは使いやすい人や使いにくい人いると思います。落ちにくいや、キープ力が続かないなどの悩みも少しの使い方やケアの工夫でうまく乗り切ることができます。是非皆さんも試行錯誤して髪型のキープのコツをつかむといいいでしょう。ケープのヘアスプレーでイメージの髪型を手に入れましょう。慣れればどんな髪型にも変幻自在です。皆さんもケープのヘアスプレーを試してみてはいかがでしょうか?