Mk4sw5ibm3nqogs8hfav

成分

CATEGORY | 成分

バストアップに豆乳って効果あるの?飲む時間や飲み方が重要!

2018.08.23

豆乳は、女性の味方になる成分がたくさん配合されているので、美容やバストアップのために飲んでいる方も多いですが、果たしてそれは正しい飲み方ですか?実は、豆乳でしっかり美容やバストアップ効果を得るためのポイントとして正しい飲み方・飲む量、飲む時間があるんです!

  1. 豆乳っていつ飲んでますか?
  2. 【バストアップのために】豆乳の種類のポイント
  3. 【バストアップのために】豆乳の選び方のポイント
  4. 【バストアップのために】豆乳の栄養成分のポイント
  5. 【バストアップのために】豆乳の効果のポイント
  6. 【バストアップのために】豆乳の正しい飲み方・飲む時間のポイント
  7. 【バストアップのために】より効果的な豆乳の飲み方のポイントは?
  8. 【バストアップのために】豆乳を控えたほうがいい飲む時間・タイミングのポイントは?
  9. 実際どうなの?豆乳のバストアップ効果のポイント
  10. 豆乳の正しい飲み方・飲む時間、飲む量で、からだの内側から女性らしく
引用: https://s.eximg.jp/expub/feed/Escala/2016/Escala_20150509_4860200/Escala_20150509_4860200_1.jpg
豆乳の独特の風味や味が苦手で、普段からあまり飲まないという方も多いと思いますが、美容のために意識して飲んでいる方も多いですよね?
しかし、実際飲んでいても、どのような成分がどんな効果があるのか、正しい飲み方や飲む時間帯は意外と知る人はいないのではないでしょうか。
まずは、豆乳の知識を得るために、豆乳の成分や効果からどのように女性のからだに効果があるのか、解説したいと思います。

そもそも豆乳とは?

引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180105/15/cecilkobe/c0/57/j/o0640042714105802855.jpg?caw=800
豆乳とはなにか?という疑問を簡単に説明すると、「豆腐の元」になります。
豆腐は、大豆を浸水させてすりつぶし、水で煮詰めたものを繊維部分とできた汁で分けます。この汁に「にがり」を加えると豆腐ができるのですが、この煮詰めてできた汁が豆乳なのです。
ちなみに、残った大豆の繊維部分が「おから」になります。
そんな、大豆から絞った豆乳にもいくつか種類があります。

無調整豆乳

引用: https://askul.c.yimg.jp/img/product/3L1/1651160_3L1.jpg
大豆から絞ったままで、何も味が加えられていない状態の豆乳。
大豆そのままの味なので、風味が苦手な方も多いのではないでしょうか。
「大豆固形分8%以上」→大豆たんぱく質換算3.8%以上

調整豆乳

引用: http://kaimono.hanamaru-life.com/w/wp-content/uploads/2017/04/IMG_2863.png
無調整豆乳に添加物を加えて飲みやすくしたもの。
無調整豆乳よりも飲みやすくなっているので、調整調乳を飲んでいる方も多いのではないでしょうか。
「大豆固形分6%以上」→大豆たんぱく質換算3.0%以上

豆乳飲料

引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180624/22/moyasama4/82/b9/j/o0960075114217182436.jpg?caw=800
調整豆乳に、果汁やコーヒーなどの味を加えてさらに飲みやすくしたもの。
「大豆固形分2%以上」→大豆たんぱく質換算0.9%以上
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTD5f0pQCJILEb3MpheTNtMhUSJWhQOPEpclcAR63DJzNEzCKpg
使用されている大豆が遺伝子組み換えでなく、できるだけ国産のものを選びましょう。
また、効率よく大豆の成分、量を摂りたいなら。無調整豆乳を積極的に飲むことをおすすめします。
調整豆乳や豆乳飲料は、添加物の量が多いので間隔としてはジュースに近い飲み物です。
無調整豆乳の味や風味が苦手で飲みにくい場合には、無調整豆乳にご自身でコーヒーやココアなどの味をつけると飲みやすくなるのでおすすめです。牛乳の代わりにシリアルにかけて食べるのも量を摂取しやすくていいですよ。
引用: http://www.weider-jp.com/protein/images/column/1529397195_blobid0.jpg
「畑の肉」とも呼ばれている大豆は、豆類の中でもタンパク質を豊かに含んでいることから由来しており、植物性のタンパク質源としては非常に優秀な食材です。
タンパク質だけでなく、体内で合成することができない必須アミノ酸もバランスよく含まれている豆乳の主な栄養成分をあげてみます。
・脂質(不飽和脂肪酸)
・カリウム
・マグネシウム
・鉄
・亜鉛
・ビタミン(B群、E、K)
・大豆サポニン
・レシチン
・大豆イソフラボン
・オリゴ糖
・フィチン酸など
引用: https://img03.hamazo.tv/usr/c/h/e/cherir/app-012266300s1522966022.jpg
豆乳を飲むことで、良質なタンパク質を大量に摂取できる以外にも、期待できる効果はたくさんあります。

大豆サポニン

大豆の渋みや苦味のもとになる成分。
引用: https://puravida-style.jp/wp-content/uploads/2017/08/1708_15_01.jpg
便補予防、小腸での脂肪吸収抑制(肥満予防)、抗酸化作用があります。抗酸化作用によって、加齢や活性酸素によって起こる身体の老化に対しての予防になる成分です。

レシチン

脂質の一種で、身体を合成する主成分で、新しい細胞を生み出す働きを助けています。
引用: http://www.nishitokyo-vascular.jp/wp-content/uploads/2018/05/heisoku_about_img001.jpg
コレステロールを乳化して肝臓へ運び、排出させる働きがあるので、動脈硬化予防が期待できる成分です。

大豆イソフラボン

女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が似ていて、女性ホルモンの働きを助ける成分として有名です。
引用: https://cdn.locari.jp/web/images/p/post_element/picture/509770/w621_3882c839-e209-46e8-8c13-c932ce01c379.jpg
イソフラボンを摂取することで、女性らしい身体に近づいたり、PMS(月経前症候群)や更年期障害に緩和、骨粗しょう症の予防効果が期待できる成分です。

オリゴ糖

引用: http://www.euglena.jp/midorijiru/column/wp-content/uploads/2017/08/constipation.jpg
腸内環境を整えてくれる、ビフィズス菌などの栄養源となり、免疫力を高めお通じをよくする働きがある成分です。
引用: https://karacare-media.com/wp-content/uploads/2018/03/KB_81-1-825x510.png
豆乳に含まれている栄養成分や効果で、身体にいいことは十分わかったと思いますが、身体にいいからといって量を飲みすぎるのは逆に身体に悪影響が出てしまいます。
飲み方は、コップ1杯(約200ml)の量を目安に、朝食の代わりや空腹時に飲むことをおすすめします。
就寝前に飲むベストな飲む時間帯は、豆乳に含まれているカリウムが身体を冷やす作用があるので、胃の負担にならないように温めた豆乳を、就寝の30分〜1時間前に飲むといいでしょう。

豆乳を温める

引用: https://life-navi.link/wp-content/uploads/2016/03/149465438.jpg
先程もご紹介しましたが、寝る前は特に豆乳を温めて飲むことをおすすめします。
豆乳を冷たいままで飲んでしまうと、大豆に含まれているカリウムの影響で、身体が冷えやすくなってしまいます。
また、豆乳に熱を加えることで、体内でも吸収率が上がるので、就寝前や冷え性の方にはホット豆乳がおすすめです。
熱を加えすぎてしまうと、表面が固まって湯葉ができてしまうので、弱火でゆっくり温めましょう。

豆乳×ヨーグルト

引用: https://images.keizai.biz/iseshima_keizai/headline/1154415354_photo.jpg
牛乳の代わりに豆乳を使って作られた豆乳ヨーグルトというものがあります。
一般的なヨーグルトに比べて、カロリーやコレステロールが低く、大豆成分も効率的に摂取できるのでおすすめです。
普通のヨーグルトと一緒で、ヨーグルトに必要が均を混ぜて発酵させるだけでできるので、簡単ですよ。

豆乳×ココア

引用: https://d1x0dndjbjw02n.cloudfront.net/production/posts/eyecatches/000/023/551/original.jpg?1498180253
ココアには、貧血予防や便秘解消、リラックス効果が期待できます。
豆乳にココアを加えるだけで、美容に必要不可欠な栄養素を効率的に、美味しく摂取することができるのです。
ダイエット中に甘いものが欲しくなったときなどに、おすすめの飲み方ですよ!

豆乳×バナナ

引用: https://imgc.eximg.jp/i=%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FExcite_laurier%252Flaurierhowto%252F2015%252FE1440399659247_e148_1.jpg,small=600,quality=70,type=jpg
豆乳に含まれるオリゴ糖と、バナナに含まれる食物繊維で、さらに便秘解消の効果が期待できます。
豆乳やバナナに含まれているビタミンB群の効果で、暴飲暴食も抑えられるので、ダイエットに大きく味方してくれる組み合わせでもあります。
豆乳とバナナをミキサーにかければ簡単に作れるので、朝ごはんの代わりに飲むと腹持ちがいいのでおすすめです。
引用: https://fuminners.jp/wp-content/uploads/2017/05/news_shushin_05.jpg
女性ホルモンの働きを活発にするイソフラボンが含まれている豆乳は、生理中に飲むのはあまりおすすめできません。
生理中に豆乳を摂取してしまうと、エストロゲンの分泌が盛んに行われてしまい、ホルモンバランスが崩れてしまうので、生理不順に繋がってしまう恐れがあります。
PMSや生理不順に効果がある豆乳も、生理中の摂取は控えたほうが女性にとって優しいということですね。
引用: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexpub%252Ffeed%252FEscala%252F2016%252FEscala_20160921_6121022%252FEscala_20160921_6121022_1.jpg,small=600,quality=80,type=jpg
大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするので、PMSや更年期障害にの書状緩和になることはすでにご紹介しました。
エストロゲンは、女性らしい丸みを帯びたボディラインを作るサポートをしてくれる働きもあります。
特にバストは、乳腺の発達を促し脂肪を増やしてくれる作用があるので、豆乳でバストアップ効果は期待できるでしょう!
引用: http://www.nailist-jobs.jp/cwp/wp-content/uploads/2016/10/shutterstock_297640988-800x534.jpg
女性の身体にとって、大事な栄養成分が含まれている豆乳は、バストアップだけでなくホルモンバランスや美容のために大きく味方をしてくれることが、今回分かりました。
飲み方や飲む量、飲む時間帯などで効果はグッと変わってくるので、女性らしい身体を作るためにも、積極的に豆乳を飲んでみてくださいね。
まずは、普段の食生活に気軽に取り入れてみることから気軽に始めましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://blog.bustup-up.com/wp-content/uploads/2016/07/141125_soy.jpg