Z6j4xghpkbxcx6htfhln

心理

CATEGORY | 心理

年下男性の落とし方を教えて!脈ありサインを気づかせる秘訣とは?

2018.08.19

年下男性の落とし方ってご存知ですか?年下男性を落とすためには、脈ありサインを見極める他、求める女性像やlineの秘訣を知っておくことが大切です。今回はそんな年下男性の落とし方を要チェック。年下男性に恋する女性は是非参考にしていきましょう!

  1. 年下男性の落とし方~常に心がけておきたいこと~
  2. 年下男性の落とし方【求める女性像】
  3. 年下男性の落とし方では見た目に気を使うのも大切
  4. 年下男性の落とし方は積極性が大切
  5. 年下男性の落とし方の注意点
  6. 年下男性の落とし方ではlineを上手く使うのがポイント
  7. 年下男性の落とし方で見極める脈ありサイン
  8. 職場が同じ年下男性の落とし方
  9. 職場が同じ年下男性の落とし方の注意点
  10. まとめ
Xvhpowlssd6v1hiocbxa
年下男性の落とし方では、常に心がけておきたいことがあります。それが、プラス思考を意識しておきたいということ。これは年下男性との恋愛に限らず言えることですが、特に年下男性との恋愛は考えること、悩むことが多くなることが多いため、マイナス思考になってしまうことがあるのです。
F5tnshtm9ynpxpwcfc4w
そんな悩み事の中でマイナス思考になってしまえば、恋愛は上手くいかないものなので、年下男性の落とし方、そして落とした後に年下男性と上手く付き合っていくためにも、プラス思考を心がけ、出来るだけ考えすぎない、思い込み過ぎないように気をつけるようにしましょう。
Sjk2q20uh5rnux0oqs0l
年下男性の落とし方では、どんな女性と求めるのか、求める女性像を知っておくことが秘訣となっています。どんな女性像を目指していけばいいのか、ある程度の目標がわかれば年下男性を落としやすくなると言えます。
Sdec4yo4g6ttg2pgmz7b
基本的に男性は【認められたい】【褒められたい】【男らしくありたい】という人が多いため、年上女性としては【包容力ある女性】を目指していくことが大切です。年下男性と比べて年上女性は経験や視野の広さが武器となっているため、年下男性が求める女性像をクリアするのはそこまで難しくありません。
Njvop9u8xxt4qwnwteqq
また、求める女性像はややハードルが高そうと感じてしまう人もいるかもしれませんが、ある程度落ち着くこと、そして年下男性の頑張り屋努力を認めてあげるように意識をしていけば、求める女性像になることはそこまで難しくありません。ただ、この女性像になるためにもマイナス思考は禁物なので、冒頭でも紹介した通りプラス思考は必ず心がけておきましょう。
Qg8wgfhrrpafs8sbnpye
年下男性の落とし方では、見た目に気を使うのも秘訣となっています。常に気を使っている人や、メイクや美容に興味がある人やチェックをしている人ならばそれほど問題ありませんが、特に年下男性が同年代の女性と仲が良い、または年下女性がタイプだという場合には、見た目に意識をしておくことがとても大切です。
Y3c7wtk3eylxf3ztpblo
やはり見た目に関しては年齢が出やすいということも言えるため、年下男性を常に虜にしておくためにも見た目は常にチェックしておくことがポイントです。特に自分に自信がない人は、周囲の女性と比較をして劣等感がいだきやすくなるため、そういった意味でも見た目に気を使い、常に自信を持っておくということが大切なのです。
Fs1wlj9pq3mdpbam5zu8
年下男性の落とし方では、積極性が秘訣となっています。積極的にアピールをすることによって、年下男性を夢中にさせることが出来るでしょう。特に男性の場合、よほど恋愛経験が豊富、またはモテる経験をしていない限り、女性から積極的にアピールされたことがありません。
Jmcgggklgyhar7sfy6bl
積極的にデートに誘うこと、そして包容力を武器にするためにも、積極的に年下男性の褒められる部分を褒めたり、認めてあげたりすることで、年下男性の気を向けられるというわけなのです。脈ありだと相手にわからせる、というのもアピール方法としてはかなり効果的で秘訣となっているので、脈ありサインを年上男性に意識させるようにしましょう。
Wnpp5hpurvvgwcdm6qmj
年下男性の落とし方では、注意点がいくつかあるのでチェックしていきましょう。たとえ順調に年下男性にアピール出来ていたとしても、注意点を意識せずにアピールしてしまえば、一気に信頼関係がなくなってしまうという恐れも出てくるのです。
L1laaorchh8iy8hcsy6c
特に年上女性は包容力や大人としての余裕、そして自信を持ちやすいものですが、年下男性に対して【子供扱い、年下扱い】をしすぎるのは禁物です。こういった扱いをすることによって、年下男性からすれば小言のうるさいオバサンと見られてしまうことや、使いうと面倒臭そうという印象を持たられてしまいます。そういった印象が生まれると、恋愛対象として見られづらくなってしまうため、注意をしていきましょう。
Dccviq4orvrdfwapdrzi
年シ男性の落とし方では、lineを上手く使うのもポイントです。lineは恋愛では役立つツールとなっているため、上手く使うことによって年下男性との距離を一気に縮められるのです。
Jfai2mocavoyacf0gr6p
lineを上手く使うコツとしては、シンプルかつ柔らかい文章で相手と連絡を取り合うということです。シンプルな文章のほうがわかりやすく、男性からの印象は良いと言えます。また柔らかい文章ならば大人の女性らしさを出すことが出来るため、彼女になってくれたら癒やしてくれるかもしれない、というイメージにも繋がります。
Cxntbsgvxzcoyncquneb
さらに、年下男性とのlineでは可愛いスタンプや面白さを感じるスタンプを使うのが良いでしょう。スタンプはその人の印象につながりやすいというメリットがあるため、lineのスタンプを使って上手く印象操作をしていくのも秘訣になります。
O97dmuomej8bsp0mp1fg
年下男性の脈ありサインがわかりにく、と悩む人もいるでしょう。たしかに男性は女性と比べて脈ありサインがわかりにくいという特徴もあるため、不安に陥ってしまう人は少なくありません。
Rgnvkpvllpn2cqku9om5
ただ、男性は脈ありサインを抱くようになると、その女性に対してよく思われたいという気持ちが大きく働くようになります。そのため、自分の前でかっこつけようとしていたり、自慢話や自分を良く見せようとする振る舞い、言動を見せたりしてくる場合には、脈ありサインだと感じて良いでしょう。また年上女性に追いつこうと、必死になって背伸びをしている姿も伺えるようになるため、脈ありサインは相手をよく観察しておけば見えてくるため、チェックしておくようにしましょう。
Ktitgx3t3l8srqxgthmy
年下男性が同じ職場の場合、落とし方はやや異なります。同じ職場となると、あまり積極的に堂々とアピールをしてしまえば、仕事に支障をきたすことや、相手に迷惑をかけてしまうこともありえます。そうなると恋愛は上手くいかなくなってしまうため、同じ職場の相手を好きになった場合は、年下男性に限らず【仕事をメインにする】ということを忘れないようにしましょう。
引用: https://womagazine.jp/wp-content/uploads/2016/04/s-150820_workplace-romance01.jpg
また、仕事を頑張る姿を見せていけば、当然それは職場で魅力となって年下男性の興味を引き立ててくれるものです。特に年下男性の場合は自分の後輩や部下になることが多いため、仕事を真面目に取り組む姿、そして仕事を通じて信頼関係を築いていくことによって、自然と距離は縮まってくるはずです。ただし、いくら仕事をメインに頑張ると言っても、職場に好きな人がいるというのは様々なチェック漏れなども生まれてくるため、自分のペースに気をつけて仕事をしていきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTsM8z_-h_ELV7J5kqRQzxRutb0_UjhS3qDz9Q8b1rdwCRGSklMSQ
職場が同じ年下男性を落とす場合、注意点がいくつかあります。その注意点をチェックしていかないと、仕事も恋愛も上手くいかないことに繋がってしまうため気をつけましょう。その注意点というのが、職場で噂話が立たないように気をつけるということです。
Vpbo8kwlq9wl9duyfvdy
職場で噂話が出てしまえばお互い気まずい思いをしますし、まだ進展していない関係だと、面倒くさい女性に好かれたと年下男性に思われてしまうこともありえます。まずはさりげなく仕事を通じて信頼関係を築いていくことが大切なので、仕事の相談や悩み、愚痴などを口実に食事に誘うようにして、職場では目立たないように心がけるようにしましょう。
Rcpqesiknjyobbsj1ian
いかがでしたか?年下男性の落とし方では、今回紹介した年下男性が求める女性像や脈ありサイン、lineの秘訣などを意識していけば、年下男性を落とせる確率がアップしていきます。今回紹介した年下男性の落とし方をチェックして、意中の年下男性や、気になっている年下男性との距離を縮め、素敵な関係を築けるように頑張っていきましょう。