Qqixdqwuiy9f2y3wujdf

心理

CATEGORY | 心理

年下男性とのlineの頻度は?好意を見破る方法もご紹介!

2018.08.21

年下男性とのlineの頻度や内容って気になりませんか?どうすれば好意を持たれるのか、脈ありになれるのか、その方法が知りたいですよね。そこで今回は年下男性とのlineに注目。タメ口についてや、好意を見破るための方法にも注目していくので気になる人は要チェックです♡

  1. 年下男性とはlineで距離を縮めていこう♡
  2. 年下男性とのlineの頻度はどのくらいがベスト?
  3. 基本的に年下男性のlineのテンションや頻度に合わせるのが大切
  4. 年下男性とのlineで内容に悩んだら
  5. 年下男性のlineでのタメ口は脈ありサイン?
  6. 年下男性とのlineから、脈ありや好意を見破る方法
  7. 年下男性と距離を縮めたいのであれば、あえて脈ありを見破らせるのもテクニックの一つ
  8. 年下男性とのlineでは、たまに通話をしてみるのもおすすめ
  9. 年下男性とのlineの頻度が増えてきたら、通話の頻度も増やしていこう
  10. まとめ
年下男性とのlineを上手く使えば、距離を縮めていくことが出来ます。特に年下男性の多くはlineをコミュニケーションツールとして使っている人が多いため、相手の得意なツールで距離を縮めていけば、自然に相手との関係を築きやすいと言えます。
今回はそんな年下男性とのlineテクニックを紹介していくので、年下男性と距離を縮めたいという人や、lineの方法がイマイチよくわからないという人は、是非チェックしていきましょう。
年下男性とのlineで気になるのが、どのくらいの頻度でlineのやり取りをすればいいか、ということですよね。lineなどの連絡ツールの頻度への考え方は、男女でやや異なることもあるため、好意を持たれるためにも適切な頻度は知っておきたいものです。
たとえば年下男性がline好き、連絡を取るのがマメ、という人ならば頻繁な頻度でlineをしてもいいでしょう。しかし基本的に相手の生活リズムを考えた上でlineをしたほうが良いので、常識的に考えて仕事をしているであろう日中や、残業が多い場合などの夜は、lineがあまり出来ない状態であるため、頻度は少なめのほうが良い、というのがわかりますね。
頻度で見誤ってはいけないのが、たとえこちらがlineの返信がなくても気にしないタイプだったとしても、何度もlineを送ってしまうのはNGだということ。相手はlineの返事が出来ないことへの申し訳無さを感じつつも、こちらの事情を考えずに送ってくるlineに対して嫌気が刺してしまいます。lineをすることに対して【義務感】を抱かれたら逆効果なので、気をつけましょう。
年下男性とのlineに悩んだ場合、基本的に年下男性のlineのテンションや頻度に合わせてみるのが良いでしょう。やり取りを始めた段階で、ある程度相手の様子を伺い、どのくらいの頻度でlineが出来るのか、どんなテンションでやり取りをするのが好きなのか、観察していきましょう。
相手のテンションや頻度に合わせることによって、自然に年下男性は【相性が良いかもしれない】という気持ちになります。その気持ちはいずれ好意に変わる可能性も高いため、相性が良いと思わせるためにもlineは相手のペースに合わせていきましょう。
年下男性とのlineで悩むことがあるならば、内容ですよね。どんな内容でlineをすればいいのかわからないと、テンポよくlineは出来ません。
まず内容としては、あまり凝り固まった内容だとその話題が過ぎた後にlineは終わってしまうため、【おはよう】や【仕事お疲れ様】など、簡単な挨拶を出来る関係を目指していきましょう。また相手のlineの返信が早い場合には、今はlineが出来るタイミングだと受け取り、世間話や共通の話題などを適度に出していくのがおすすめです。気になることがあったらさりげなく質問をし、その答えからlineの内容を広げていけば自然と盛り上がれるはずなので参考にしてみてくださいね。
年下男性とのlineでタメ口を使われると、脈ありサインなのかな?と思えてしまう人もいるでしょう。これは年下男性との関係性によりますが、たとえば単なる友達として出会ったのであればタメ口はそこまで意味のあるものではありません。タメ口を使われたからといって脈ありサインだと考えてしまうと、勘違いに発展するので気をつけましょう。
もし普段敬語を使うことが多い年下男性がタメ口を使ってきた場合には、親密な関係になってきていると自信を持ってOK。敬語からタメ口になるというのは、それだけ心を開いてきている、接しやすいと思われているというサインでもあるため、普段の接し方と比較してタメ口に脈ありかどうかを判断していきましょう。
年下男性とのlineから脈ありや好意を見破る方法が知りたいという人もいるでしょう。もし年下男性が、あちらから質問をしてきたり、プライベートに関することに興味を持った素振りを見せてくるのであれば、脈ありや好意を持っている可能性が高いと言えます。
また、lineを通じてデートに誘われたり、休日の予定を尋ねられてりする場合にも、好意を持たれている可能性が高いと考えられます。年下男性は好意を持つとわかりやすい態度で接してくるため、こちらに興味を持った素振りを確認出来たら好意を持たれていると自信を持っていいでしょう。
年下男性へのアプローチ方法として、脈ありサインをあえて年下男性に見せるというのもテクニックの一つです。相手は脈ありなのかも、と貴女の気持ちを見破ることによって、【もしかして自分を好きなのかもしれない】という、もしかしてという気持ちが膨れてきます。見破ると言っても、確実に言葉として好意を伝えられない限りは確信が持てないため、中途半端な見破る状態が年下男性の心を揺さぶれるというわけなのです。
アプローチをしていく上で、見破られるのは避けたいと感じてしまうものですが、確実に好意を伝えない限り、相手は100%の自信を持てないため、好意を匂わせるようなアプローチ方法で年下男性との距離を縮めていきましょう。
年下男性とのlineでは、たまに通話をしてみるのもいいでしょう。lineのいいところは無料通話が出来るところなので、お互い料金を気にず、気軽に通話を楽しめるというわけなのです。
通話のタイミングとしては、たとえばどこかの帰り道やちょっとした暇な時間などに、lineで通話してもいい?とストレートに尋ねてみると良いでしょう。特に意識をしていないような素振りで通話を頼めば、相手も深く考えずに通話に答えてくれるはずです。通話はより二人の距離を縮める方法になるため、ある程度親密な関係になったと感じたら通話に挑んでみましょう。
年下男性との通話に成功したら、少しずつ通話の頻度を増やしていくのもいいでしょう。実際男性の多くはわざわざメッセージのやり取りをするのが面倒くさいと感じているため、通話で楽しめるのであれば大歓迎という人は意外に多いのです。
通話をお互いするような関係になれば、特別な関係に進展していると自信を持ってOK。通話の中でお互いのことを知り、相性を確かめていきましょう。通話を気軽に出来る関係はデートにも誘いやすい関係でもあるため、通話の中で【今度○○に行ってみない?】と思い切ってデートに誘ってみてくださいね♡
いかがでしたか?年下男性とのlineを上手く使えば、好意を持たれ、脈ありサインを見つけることも出来るようになります。今回紹介したlineの頻度や内容、またはタメ口についての考え方などを参考にしていけば、年下男性との距離もグっと縮まるはずです。なかなか好意や脈ありサインを見破ることが出来ないという人も、是非今回紹介したことを参考にして年下男性とのlineを盛り上げていきましょう!