Yekduqyvl5mzd18nz1gl

サプリ

CATEGORY | サプリ

コラーゲンの効果って?肌や目など、サプリや食品の効能も紹介!

2018.08.27

最近にはサプリやグミなどの食品で手軽にコラーゲンを摂る事ができ、化粧品にも含まれています。お肌や目などに効果があると言われていますが、本当に効果や効能があるのでしょうか?また期間などに決まりなどがあるのかなど、コラーゲンの効果・効能は本当なのかを調べて行きます!

  1. コラーゲンって本当に効果があるの?
  2. コラーゲンって本当に効果があるの?「コラーゲンとは」
  3. コラーゲンって本当に効果があるの?「コラーゲンは身体中に必要」
  4. コラーゲンって本当に効果があるの?「目にも関係」
  5. コラーゲンって本当に効果があるの?「コラーゲンペプチドとの違い」
  6. コラーゲンって本当に効果があるの?「サプリやグミなど食品を経口摂取の場合」
  7. コラーゲンって本当に効果があるの?「コラーゲンには期間などはあるの?」
  8. コラーゲンって本当に効果があるの?「化粧品の場合」
  9. コラーゲンって本当に効果があるの?「厚生労働省の発表」
  10. まとめ
Fpxwni8prshsrssh3fzy
最近ではグミやサプリなどの食品にも多く含まれている事が多いコラーゲン。手軽に摂る事ができますし、お肌や目にも良いと話題になっています。ですが、一方では全く意味がないというような声もあります。このページでは、そんなコラーゲン自体についてや、どのようにして使われるのか、経口摂取と化粧品の場合の役割の違いなどについてご紹介して行きたいと思います。コラーゲンは本当に効果があるのでしょうか?さっそく調べて行きたいと思います!
Kldo3eoljumcpwivhdfb
Ea4oufv1fgowdulq0urp
ではまずコラーゲン自体についてから見て行きましょう!コラーゲンのイメージというと、ゼリーやグミのようなぷるぷるした雰囲気の固体を思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか。コラーゲンというのはタンパク質の一種なのですが、厚生労働省のページに詳しく書かれているのでそちらを見てみましょう!
人の皮膚・血管・じん帯・腱・軟骨などの組織を構成する繊維状のたんぱく質です。人間の場合、体内に存在するすべてのたんぱく質の約30%を占めており、そのうちの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、血管や内臓など全身の組織にも広く分布しています。(一部抜粋)

Wiyizbjfvgtjno6688td
コラーゲンは繊維状のタンパク質なんですね。体内のタンパク質の30&をも占めているというのはかなり多いですね。体にとって必要不可欠な成分です。
Ldw5fbnczl6xthdsmarc
さきほどの厚生労働省の引用に書かれていた通り、お肌の美容に欠かせないコラーゲンですが、なんと骨や血管などにも使われているのがコラーゲンなんですね。お肌だけにではなく、身体中の30%もがコラーゲンですから、他の部分にも使われていておかしくありません。身体中に必要なものと言っても過言ではないですね。
Y4juqk6ew82wac5ydu7f
お肌などはよく言われていますが、コラーゲンは目にも関係があると言われています。目の内側はコラーゲンが多く、コラーゲンの不足などはこの目ととっても関係が深いと言われています。コラーゲンが不足している状態が長く続いてしまうと、角膜が弱くなってしまうとも。確かに見た感じも、コラーゲンっぽいぷるぷるした感じですし、不足してしまうと、不調をきたしてしまうというのは分かります。
Kquxl5sw9a6uhhpjjfa5
Wcma7wv5jruskwqzrrjw
では、コラーゲンについては分かりましたが、最近コラーゲンペプチドというものも注目されています。このコラーゲンペプチドというのはどんなものなのかというと、コラーゲンよりも細かくなっている状態のものという事です。また、コラーゲンペプチド状態になっていると、吸収が高まるという研究もされていますが、まだ全ては解明されていません。
Qdgsff0tuavullhmsrr0
コラーゲンペプチドがどのように作られるかというと、コラーゲンを加熱して抽出するとゼラチンになります。ゼラチンでもすでに分子はかなり細かくなっているのですが、ここから更に酵素分解などをすることによって、コラーゲンペプチドになることができます。また、これより細かくなることで、アミノ酸になります。コラーゲンペプチドはアミノ酸が2個以上繋がっているものを指します。
Aarhmuddcw55swsh5oem
ですので、コラーゲンとコラーゲンペプチドは基本的には同じものでもあるのですが、細かさが違うということになります。コラーゲンのままだと、消化がよくないとも言われています。ですのでコラーゲンペプチドが出て来たんですね。
Xl7j6gyzaimqop52xtf5
コラーゲン自体についてや、コラーゲンペプチドなどについては分かりましたね!では、グミやサプリなどの食品を経口摂取した場合のコラーゲンについて見て行きましょう!よくグミやサプリなどの食品で摂取しても、意味がないと言われていますが、それはハズレでもなく、当たりとも言い難い点でもあるんです。それは、あくまでグミやサプリなどの食品は、消化されるという点にあります。
Rzkxzoobybq2jjyibln7
コラーゲン状態のものを経口摂取すると、アミノ酸にまで分解します。そして、アミノ酸は必要な時に、必要な場所へ使われることになります。なので、自分ではお肌の美容のために使おうと思っていても、骨に使われるかもしれませんし、血管かもしれません。この点があるために意味がないとも言われているんです。お肌に使われる可能性もありますし、意味がないというのは少し極端な感じですが、思うようにはできないという点があります。
Uvgit9orpnyymdyqkm9i
Zrj5dpnmvtr7h2rm19l9
では期間についても見て行きましょう!経口摂取してから効果を感じるまでの期間というのは、かなり個人差があり、コラーゲン自体によっても期間に違いがあるようです。先ほど消化吸収について触れましたが、もしコラーゲンがもともと不足している状態であれば、比較的早めの期間で使われてすぐに感じる事があるかもしれません。一般的に言われている期間は1ヶ月ほどが目安とも言われています。
Zitun2dxs004htlrs6ld
また、気にしている部分になかなか使われないという事もあるかもしれませんし、目には見えないのでこのくらいの期間というのはかなり難しいですね。もし気になるようだったら、記録をつけてみたり3ヶ月後に調子を振り返るなどの期間を儲けるのも良いかもしれません。
D8icoox0qbxkc2da7ok4
化粧品にも多く使われているのがコラーゲンですね。また、入浴剤などに入っていたりハンドクリームなどにもコラーゲンが入っている事もあります。化粧品にコラーゲンが入っている場合には、保湿のために入っている事がほとんどです。コラーゲンは保湿をする事もできちゃうんですね!
P7mufinvxcbzbtpwtsgo
注意したい点としては、あくまで化粧品の場合には保湿であるという点です。そのまま皮膚から吸収されてお肌のコラーゲンになるという事とは違います。今後そのような化粧品が作られるかもしれませんが、今の段階ではお肌から吸収されるという事はないようです。
Iegobpelvetmhjba0mz1
実は、厚生労働省はコラーゲンの有効性について食品としての場合や、化粧品などの場合について発表を出しているんです。現時点での発表内容としては以下の通りになっています。
コラーゲンは健康食品として、皮膚の弾力を保ち関節の痛みを和らげるなどとされていますが、その有効性については十分証明されているとはいえません。皮膚に塗布する場合は、おもに保湿剤として機能することになります。(一部抜粋)

有効性について十分に証明されているという事ではないようです。確かにコラーゲンがトクホになっているというのも見かけた事がありません。ですので、もし迷っている時にはこの点についてもチェックしておきましょう。
Lwpeixswabwf4rfhrp52
Tyzoi2ivn5yjns4hb3ce
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまコラーゲンの効果は本当にあるのかや、コラーゲン自体の特徴、グミやサプリなどの食品の摂取の場合や化粧品などの場合などについてご紹介させて頂きました!コラーゲンについては賛否両論ありますが、お肌や目の事などを意識したい時などには、サプリやグミなどの食品を使って補うのも良いかもしれません。ですが、体全体に使われるという点は頭に入れておきましょう!ぜひ検討してみて下さいね!