Ciyecw3948uzivjeblwq

美容

CATEGORY | 美容

コラーゲンの経口摂取は意味ない?その肌への効果や摂取量などを紹介

2018.08.27

コラーゲンの経口摂取は効果がなく、意味なしと言われているのはご存知でしょうか。お肌にもとっても良いと人気のコラーゲンですが、経口摂取では意味なしなのでしょうか?そんなコラーゲンについてや吸収、コラーゲンペプチド、摂取量や論文などについてご紹介します。

  1. コラーゲンの経口摂取は効果は?意味なしなの?
  2. コラーゲンとは?
  3. コラーゲンを経口摂取する時におすすめ!?コラーゲンペプチドとは
  4. コラーゲンを経口摂取する時におすすめ!?摂取量とは?
  5. コラーゲンを経口摂取するとどうなるの?本当に効果がない意味なしなの?
  6. コラーゲンを経口摂取するとどうなるの?本当に効果がない意味なしなの?「コラーゲンは消化される」
  7. コラーゲンを経口摂取するとどうなるの?本当に効果がない意味なしなの?「使われる時に」
  8. コラーゲンを経口摂取するとどうなるの?本当に効果がない意味なしなの?「意図している使われ方をするか」
  9. コラーゲンの経口摂取について厚生労働省では...
  10. まとめ
B30nv4kuslw8oa8b3fgp
コラーゲンはとっても人気ですし、まだ全ては解明されていないので論文などもたくさん発表されています。ですが、コラーゲンの経口摂取は意味なしと言われている面もあります。そんなコラーゲンについて独自に調べてみました。コラーゲン自体についてや効果は本当に意味なしなのか、吸収やお肌、コラーゲンペプチドとの違い、摂取量などについてご紹介して行きたいと思います!ぜひチェックしてみてくださいね!
Uvkzk5sprscgv3jr7spp
Qo8iuwakrfrulao52lhs
そんな日々研究が進み論文も発表されているコラーゲンですが、お肌に良いと言うようなイメージばかりが先行していて、あまりコラーゲン自体がどんなものなのかについては知らないと言う事もあるかと思います。まずは、コラーゲン自体から知って行きましょう!論文ではありませんが、信頼のある厚生労働省のページでは以下のように説明されています。
人の皮膚・血管・じん帯・腱・軟骨などの組織を構成する繊維状のたんぱく質です。人間の場合、体内に存在するすべてのたんぱく質の約30%を占めており、そのうちの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、血管や内臓など全身の組織にも広く分布しています。 (一部抜粋)

Simrv0kfl8rwmvwcgvsu
厚生労働省のコラーゲンのページをチェックしてみると、コラーゲンは繊維状のタンパク質の一種だという事がわかります。しかも体内のタンパク質の約30%もがコラーゲンと言うのは驚きです。コラーゲンについては、お肌がよく取り上げられていますが、骨や内臓にも使われているんですね。また、ひとことにコラーゲンと言っても、種類がたくさんあります。

市販のコラーゲン

Vq0lz5dudrsmebqoay9h
市販のコラーゲンには粉末タイプや粒タイプ、ドリンクタイプなどがあり、商品によってもコラーゲンの含有量が違っています。また、他の美容成分なども含まれている事もあります。出先で摂取したい場合や、料理に使いたい場合などによって、種類を選ぶようにするのがおすすめです。原料は豚、魚、鶏などがあります。
X3qvvpaccqybi6xzckpu
S2tr9aqxko6mmjtj1hc8
ではここでコラーゲンペプチドにも触れて行きたいと思います。コラーゲンペプチドは実はお肌に届くと言うのを、ファンケルが論文として発表している事でも有名です。吸収が良くなるとも言えるファンケルの論文は美容を意識する方にも朗報ですね。そんなコラーゲンペプチドですが、どんなものなのかと言いますと、ざっくりと言うとコラーゲンを細かくした状態のものです。
Dtqtbl1dk2suqinpamxd
コラーゲンペプチドは、コラーゲンに熱を加えて抽出し、ゼラチンにした後酵素分解させたものがコラーゲンペプチドとなります。また、それよりも細かくなるとアミノ酸になります。コラーゲンは消化吸収するのに非常に時間がかかってしまっていましたが、吸収しやすくお肌にも届くというのが良い点ですね。
Vrwhdkc6rpqrfv9569cc
Pchtulydr2sxwczw90jc
摂取量についても知って行きましょう!およその摂取量として1日5〜10gほどが目安と言われていますが、あくまで目安としての域を出ません。摂取量とは少し違いますが、タンパク質を不足なく摂取していれば、コラーゲンが不足すると言う事態には基本的にはならないと言う考えもあるようです。ですので、あくまで摂取量は目安として、無理のない範囲でバランスよく摂取するようにする事が良いようですね。
Spelclncpzc8o4mn4gpj
サプリの種類によっては価格とコラーゲンの含有量は比例しない事も多く、選ぶ時にはしっかり含有量などをチェックしておきましょう。また、独特のニオイがきついタイプもあります。できれば、口コミなどをチェックして、ニオイが摂取に辛いほどではないかもチェックしておくと安心です。
Rdkv0wxvof5outznmp1i
ではコラーゲンの基本的な部分については分かりましたね!ここからは、経口摂取した時にどのようになるのかについて見て行きたいと思います!少し難しい部分もあるかも知れませんが、ぜひチェックしてみてくださいね!では見て行きましょう!
O0ze3qb61nxpbtf4qme3
Oq6vp6rakc37jattntkh
では、経口摂取したコラーゲンについて見て行きましょう!コラーゲンとは言え、通常の食べ物と同じですので消化されます。上でも少し触れましたが、コラーゲンは細かく消化されるとアミノ酸になります。改めて考えると、不思議な現象です。お肌などではコラーゲンとして使用されている成分ですが、食べ物として消化されるのです。もちろん、他の食べ物でも同様の現象はたくさんありますが、改めて見ると不思議です。
Fmpahov3nwhug1tqqtws
Nby8tpi5mdriz5j6ejli
そして分解されたアミノ酸は、体にとって必要となる時を待ちます。そうして、必要となった場所へ行って使われます。もちろん、使われるのはお肌であるかどうかは分かりません。骨かもしれないし、目かもしれません。本人がお肌に使って欲しいと食べたと言うのは関係なくなってしまうのですね。そこが、経口摂取すると意味なしと言われている点の一つでもあります。
Ogf6tbvxantbtanekvzu
お肌の美容のためにコラーゲンを摂取したのに、全く違う使われ方をしてしまう可能性もある。これはコラーゲンに限らず、他の栄養成分でも同じかと思いますが、意図していない使われ方で吸収してしまう事があります。上でも触れましたが、コラーゲンが意味なしと言われやすい点です。こればっかりは難しい点ですし、吸収先を選べませんので解決し難いかと思います。また、意味なしと言われている点があります。
Ckfxqxcroofmfc5goroh
コラーゲンの経口摂取について意味なしと言われている原因については、この厚生労働省の発表も関わっているかと思います。現在、コラーゲンのページでは以下のようにも書かれています。
コラーゲンは健康食品として、皮膚の弾力を保ち関節の痛みを和らげるなどとされていますが、その有効性については十分証明されているとはいえません。(一部抜粋)

このように発表されているために、意味なしとされている事もあるようです。厚生労働省は信頼できる機関ですし、日本は慎重すぎるとも言われたりしますが、十分に証明されていないのが実情のようです。このように発表されていれば、意味なしと言われてしまっても仕方ないかもしれません。ですが、ファンケルのような論文もあるのも事実です。
Fctd3of3sv3zhe63h8oe
これらの事を踏まえて、とりあえず試してみると言うのも良い方法かと思いますし、だったらやめておこうと言うのも賢明な判断かと思います。ご自分にとってどんな判断が良いのかを改めて考えて、ぜひ楽しく美容に取り組んでみてくださいね!
Uqeio7shhayiidoi5e9l
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでコラーゲンの経口摂取についてや、コラーゲンペプチドとの違い、効果は本当にあるのかなどについてご紹介させて頂きました!コラーゲンは人気ですし、論文などもたくさん発表されています。ですが、せっかくお肌の美容などを意識して、コラーゲンを経口摂取や吸収についてはしっかりチェックしておきたい点ですね。興味があれば論文を読んでみるのも理解を深められますね。ぜひ検討してみてください。