Sf58o6zclra0qczjmdgd

セルフネイル

CATEGORY | セルフネイル

ネイルの塗り方!初心者でも簡単!失敗しないおすすめのやり方を紹介

2018.08.27

初心者でも簡単にできるネイルの塗り方をご紹介!おすすめのやり方、失敗しない方法、長持ちするコツなど、さまざまなネイルの塗り方を解説していきましょう。「セルフネイルをはじめたい」という人は、ぜひ本ページをお役立てください!

  1. 初心者に!ネイルの塗り方のコツ(長持ちする簡単なやり方や失敗しない方法)①
  2. 初心者に!ネイルの塗り方のコツ(長持ちする簡単なやり方や失敗しない方法)②
  3. 初心者に!ネイルの塗り方のコツ(長持ちする簡単なやり方や失敗しない方法)③
  4. 初心者に!ネイルの塗り方のコツ(長持ちする簡単なやり方や失敗しない方法)④
  5. 初心者に!ネイルの塗り方のコツ(長持ちする簡単なやり方や失敗しない方法)⑤
  6. 初心者に!ネイルの塗り方のコツ(長持ちする簡単なやり方や失敗しない方法)⑥
  7. 初心者に!ネイルの塗り方のコツ(長持ちする簡単なやり方や失敗しない方法)⑦
  8. 初心者に!ネイルの塗り方のコツ(長持ちする簡単なやり方や失敗しない方法)⑧
  9. 初心者に!ネイルの塗り方のコツ(長持ちする簡単なやり方や失敗しない方法)⑨
  10. ネイルの塗り方!初心者でも簡単!失敗しないおすすめのやり方を紹介のまとめ

必要な道具について理解しよう!

おすすめのネイルの塗り方について解説するまえに、まずは、必要な道具についてまとめていきましょう。ネイルには、どのような道具が必要なのでしょうか。まずは、マニキュアが必要ですね。「ネイルラッカー」「ネイルポリッシュ」とも呼ばれています。さまざまなカラーがありますので、自分の好きな色や、肌色に合ったカラーを選んでくださいね。はじめての人は、単色がおすすめです。慣れてきたらネイルアートなどにも挑戦してみましょう。
Qujbidf3wj9ouftetpkl
ネイルを除去する際は、「リムーバー」あるいは「除光液」が必要です。ネイルを除去するだけではなく、はみだしを整えるためにも使用できます。少し独特な匂いがありますので、ご注意ください。はみ出たときに使用する木のウッドストックも揃えておくべきですね。

引き続き必要な道具について解説!

コットンも用意しておきましょう。コットンは、100円ショップでも販売されていますね。また、トップコートも必要です。トップコートは、ネイルのはげ・かけなどを防止し、長い時間使用できるものですね。ツヤだし効果もある必需品と言えるでしょう。
P42xxwiomwvgz5gu3ryd
上記以外では、ベースコートも準備してください。ベースコートは、なめらかにし、発色を高め、色素沈着防止に役立ちます。たくさんのメリットがあるアイテムですので、ネイルする際は、お役立てください。こうした必要な道具をそろえてから、塗り方について理解を深めていきましょう。

どのような手順でネイルを作っていくのか

どのような手順でネイルを作っていくのか、シンプルな手順について解説していきます。「セルフは難しい…」という人もいるかもしれませんが、やっていくうちに上達していきますよ。まずは、リムーバーでつめの汚れなどを落としていきましょう。
Zvjiqrkwv6fjglfhon7t
そして、「ベースコート」→「ハケでマニキュア除去」→「二度塗り」の手順で進行していきます。きれいに仕上げるためには、ウッドスティックを活用してください。乾燥させたのち、「トップコート」→「リムーバー×コットンでの調整」で完成です!難しい工程はありませんので、ぜひセルフでトライしてみてください。

おすすめの塗り方①:濃いカラーはどうする?

おすすめの塗り方をカラー別などに解説していきます。まずは、濃い色からですね。濃いカラーは、ネイルに慣れていない人は、難しい色とされています。塗り方のコツとしては、薄くすることですね。薄いのであれば、二度塗りでも問題ありません。
Hknuma5newfsoudcf8xo
濃いカラーを一度で完成しようとしてしまうと、「ムラ」「ヨレ」の原因となることがあり、乾燥にも時間がかかります。輪郭から少しずつ塗っていき、乾燥し終えたら、はみ出さないように二度目を塗っていきます。

おすすめの塗り方②:反対の薄いカラーは?

濃い色の反対の薄いカラーについて確認していきます。薄い色は、なかなかネイルが目立たないですよね。なので、初心者であれば、何回も塗りなおしてしまうことが考えられます。そうするとムラになりがちですので、どうすればキレイに塗ることができるのでしょうか。
Bhhkracpr1tvv1mfo9dq
おすすめの塗り方としては、「すばやく、そして、たっぷりと」です。薄いカラーの場合は、おおめにとっても構いません。何回も塗りなおししてしまうと、ヨレが発生するリスクがありますので、ご注意ください。二度塗り、三度塗りにとどめておきましょう。

おすすめの塗り方③:光沢感があるネイルはどうすればいいの?

光沢感があるネイルはどうすればいいのか解説していきます。光沢感によって、ネイルに不慣れな人でもキレイに仕上げることができるのですが、カラーによってはムラになりやすいですね。線のあとを残さないためにも、軽く塗ることを意識してください。
Jtm9iis9zqwtoqtoobz6
ネイルを使用するときは、ハケをちょっと浮かせるイメージを持ってください。そして、手に力をこめないようにしましょう。完成前には、全体をなじませるように重ね塗りです。種類によっては、おおめに使用しても問題ありません。

おすすめの塗り方④:マット系の塗り方も知ろう!

マット系の場合は、どうすれば良いのでしょうか。マット系は、過度な重ね塗りが問題視されています。ちょうどいい量のマニキュアをとり、たくさんとりすぎても、少なすぎても失敗してしまうリスクがありますね。
Kdzmojiocnr5ocy9xtxx
マット系は、はみだしてしまうと、とても汚く仕上がってしまいます。なので、除光液を活用して、調整することをおすすめします。甘皮よりスキマをあけると、美しく仕上がると評判ですよ。

失敗を避けるためにはどうすれば良いのか

失敗を避けるためにはどうすれば良いのかみていきましょう。まずは、種類によって塗り方を変えることですね。マット系であれば、「中央」→「はし」→「反対」であり、パール・ラメであれば、「はし」→「中央」→「反対」の塗り方にしてください。片手ずつから行うことで、ムダな乾きを防止することができますよ。
Oqnazlcoyu9ujttvmzha
はみだしを防ぐためには、根元から筆をおくのではなく、少し距離をとりましょう。また、強い力を入れてしまうと、あとがついてしまったり、ムラやヨレにつながることもあります。できるだけやさしく、そして丁寧に仕上げるようにしてください。

選び方についてもチェック‼

選び方についても確認していきます。クリアカラーであれば、ネイルに不慣れな人でもキレイにぬれる可能性がありますね。はみだしやムラも気になりません。淡いカラーであれば、ムラが際立つこともありますので、上達したい際に取り入れるようにしましょう。
Kduuvbwy3tymcmnwexcj
また、ネイルに不慣れな人であれば、ラメ入りもおすすめですよ。ラメ入りは、おうとつが目立ち難くなりますね。平筆のハケであれば、キレイに塗ることができるでしょう。丸っぽいタイプは、塗りずらい可能性がありますので、十分ご注意ください。
初心者に!ネイルの塗り方のコツ(長持ちする簡単なやり方や失敗しない方法)について解説してきましたが、参考になりましたでしょうか。まずは、必要な道具について理解しましょう。マニキュア、リムーバー、ウッドスティック、コットン、ベースコート、トップコートをご準備くださいね。
道具を用意し、手順や塗り方のコツについて知りましょう。手順を間違えてしまうと上手に塗ることができない可能性があり、濃い・薄いカラーによっても塗り方が異なりますね。失敗を避けるためにはどうすれば良いのか、選び方もチェックし、正しく賢く、そして美しくネイルを仕上げましょう!