F5mz0d9lnli0sifbmc8u

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

ヘアアレンジリボンの作り方!可愛い人気のおしゃれ髪型などを紹介!

2018.08.26

最近ヘアアレンジで流行っている自分の髪で作るリボン。実は難しそうに見えてとっても簡単にできちゃうんですよ。それにリボンの大きさや位置で違った雰囲気も楽しめます。そこで今日はヘアアレンジリボンの基本の作り方と、可愛いと人気のおしゃれなおすすめ髪型を紹介します。

  1. 可愛い人気のヘアアレンジリボン
  2. 可愛い人気のヘアアレンジリボン 作り方
  3. 流行の可愛いヘアアレンジリボン人気のおすすめおしゃれ髪型 ハーフアップ+細リボン
  4. 流行の可愛いヘアアレンジリボン人気のおすすめおしゃれ髪型 レディーガガ風デカリボン
  5. 流行の可愛いヘアアレンジリボン人気のおすすめおしゃれ髪型 ハーフアップ+デカリボン
  6. 流行の可愛いヘアアレンジリボン人気のおすすめおしゃれ髪型 くるりんぱ+細リボン
  7. 流行の可愛いヘアアレンジリボン人気のおすすめおしゃれ髪型 くるりんぱ+細リボン+三つ編みのまとめ髪
  8. 流行の可愛いヘアアレンジリボン人気のおすすめおしゃれ髪型 編み込みハーフアップ+リボン、+三つ編み
  9. 流行の可愛いヘアアレンジリボン人気のおすすめおしゃれ髪型 ウォーターフォール+リボン
  10. 流行の可愛いヘアアレンジリボン人気のおすすめおしゃれ髪型 前髪リボン
  11. まとめ
引用: http://livedoor.blogimg.jp/lacima727/imgs/0/0/00edfe6b.jpg
最近SNSなどで話題の自分の髪でつくるリボンヘア。とっても可愛いし、自分でもやってみたいけれどなんか難しそう。でも実は意外と簡単にできちゃうんです。それに基本さえ覚えてしまえば、髪の毛の量を増やして大きいリボンにしたり、少なく小さいさりげないリボンにしたり、色々楽しめます。それにリボンを作る位置によっても雰囲気が変わるのでバリエーションは数えきれないくらいあります。
それにこのリボンヘアアレンジはロングさんだけが楽しめるというものではありません。ミディアムでも可愛いリボンが作れるんですよ。そこでまうは基本のリボンの作り方を紹介します。人によって色々作り方があるので簡単なものだけ紹介します。

リボンの作り方 バージョン1

引用: https://image.mamapress.jp/wp-content/uploads/2013/01/001.jpg
まず、両サイドの髪の毛をとって、後ろで輪っか状に結びます。
引用: https://image.mamapress.jp/wp-content/uploads/2013/01/002.jpg
輪っかを2つに分けます。分けた輪っかをクリップで留めておくと次の作業が楽になります。
引用: https://image.mamapress.jp/wp-content/uploads/2013/01/004.jpg
ゴムでしばった下の髪をくるりんぱの要領でしっかり巻き付けて、ピンで留めます。

リボンの作り方 バージョン2

引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/024hosoribon.jpg
リボンにしたい髪の毛をとります。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/025hosoribon.jpg
リボンを作りたい位置に合わせてゴムで縛って輪っかを一つ作ります。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/029hosoribon.jpg
反対側からも同様に髪の毛をとり、ゴムで縛って輪っかをつくります。この時、左右の髪の量が違うと均等なリボンになりませんので気をつけましょう。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/031hosoribon.jpg
それぞれのゴムの結び目を重ねるようにして、ちょうどその下にある髪の毛を少量とります。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/032hosoribon.jpg
とった少量の髪の毛をくるりんぱの要領でゴムの縛り目が見えないように2~3回ぐるぐると巻き付けます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/033hosoribon.jpg
巻き付け終わったらリボンの下で外から見えないようにアメピンでしっかりと髪を留めます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/034hosoribon.jpg
完成です!

リボンが浮いてしまった!対処法

引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/019hosoribon.jpg
リボンに使った髪の毛が多かったり、コシの強い髪の毛だったり、また慣れていない最初の内は横から見るとリボンが浮いてしまうことがあります。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/020hosoribon.jpg
そんな時はUピンで固定させてしまいましょう。頭皮にむけてしっかり差し込めば表からは見えなくなります。

リボンの向きを変えたい!対処法

輪っかが見えるように、ではなく、キティちゃんのリボンのようにしたい時の対処法です。
引用: https://beauty.authors.jp/wp-content/uploads/2017/01/photo5-2.jpg
リボンの内側、ゴムの結び目に近い箇所でピン留めします。ピンくリボンの幅から飛び出ないように留めましょう。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/6/8/4/9/3/201703291954/DSC_0060h.jpg
ここまでを押さえれば、あとは自分好みにどんどんアレンジを加えるだけです。髪の毛に量次第で大きくてボリュームのあるリボン、くるりんぱと組み合わせたり、編み込みと合わせたりヘアアレンジは自由自在にできちゃいます。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/89/29/B032198929/B032198929_271-361.jpg
さりげないリボンがとても可愛らしい、主張しないのに存在感のあるリボンアレンジです。
画像のように仕上げるには、まず毛先をヘアアイロンで強めにカールさせておきます。わざと手ぐしでハーフアップを作り、束ねた髪の毛から少量をリボンとしてとります。リボンの作り方はバージョン1の方がゴムの数が少ないのでおすすめです。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/018ribonfutoi.jpg
いつも流行の最先端を走り、リボンヘアの火付け役、レディーガガ風の大きくインパクトのあるリボンヘア。画像はハーフアップですが、ロングヘアなら髪の毛全部をまとめて作っても可愛いですよ。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/002ribonfutoi.jpg
まとめたい髪の量をとり、リボンを作りたい箇所でゴムで縛って輪っかを作ります。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/003ribonfutoi.jpg
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/005ribonfutoi.jpg
作った輪っかを2つに分けます。この時点でリボンの大きさを調整しておきましょう。ここから以降は大きくも小さくも調整できなくなってしまいますよ。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/006ribonfutoi.jpg
前に持ってきてあったおだんごの毛先を後ろに持って行きます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/009ribonfutoi.jpg
この場合は、どこにもくるりんぱはさせません。前から後ろに持ってきた毛先をねじってピンでしっかりと留めるだけです。

リボンが浮いてしまっている時の対処法

引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/011ribonfutoi.jpg
リボンの内側から頭皮に向かって、ピンを縦に挿して、リボンの髪の毛と、束ねた髪の毛をくっつけてしまえばキレイに頭にリボンがくっついてくれますよ。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/012ribonfutoi.jpg
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/044ribonfutoi.jpg
明治の女学生さんみたいな大きいリボン。このリボンはバージョン1の作り方でアレンジしていきます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/020ribonfutoi.jpg
ハーフアップにしてゴムで輪っかを作ります。この時のハーフアップはちょっとキツめにしっかり作りましょう。輪っかの残りの毛先は先ほどのレディーガガ風の時とは反対に、下に向けておきます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/023ribonfutoi.jpg
輪っかを2つに分けて、頭皮にしっかり固定されるようにピンで上から下に輪っかを留めます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/026ribonfutoi.jpg
反対側も同様に、左右対称になるように気をつけながらピンで固定させます。
引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/sweetie/aha5031/1.jpg
今回はハーフアップを崩したくないので、くるりんぱお助け器具を使いますが、ない場合はゴム通しに紐を通したものなどで代用しましょう。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/042ribonfutoi.jpg
輪っかの残りの毛先を下からかぶせるように持ち上げ、くるりんぱお助け器具に通してハーフアップを崩さないようにしっかり巻きます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/029ribonfutoi.jpg
巻き終わったら、リボンの真下、外から見えないようにピンでしっかりと留めます。
大きいリボンは何かに触れて崩れてしまうこともありますので、カチカチにならない程度にスプレーで固めておくと安心です。

リボンのたるみが気になる場合の対処法

引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/035ribonfutoi.jpg
リボンのたるみはナチュラルでかわいいですが、左右対称にきっちりしたリボンを作りたいときは、たるみの下からピンで留めるとキレイに仕上がります。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/037ribonfutoi.jpg
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/066ribonarenji.jpg
簡単くるりんぱと、簡単リボンのハーフアップスタイル。すっきりまとまるのでオフィスでももちろん通用します。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/052ribonarenji.jpg
ちょっとキツめにしっかりとハーフアップした髪をくるりんぱお助け器具をつかってハーフアップを崩さないようにくるりんぱさせます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/052ribonarenji.jpg
次にリボンを作っていきますが、くるりんぱさせた髪の毛でない、ゴムの縛り目そばの髪の毛を作りたいリボンの太さ分2つとります。リボンの作り方はバージョン2の作り方です。とった髪の毛でそれぞれ輪っかをつくります。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/057ribonarenji.jpg
リボンになる輪っかの大きさや位置を調節し、クリップで留めておきます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/058ribonarenji.jpg
リボンの真ん中部分には、くるりんぱした髪を使います。毛束を適量とり、くるりんぱお助け器具をつかってゴムの結び目を隠すように巻き付けます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/062ribonarenji.jpg
しっかりと巻き付けたまま、上からピンをさして固定させ、リボンの輪っかをUピンで傾かないように固定させます。このままでも十分可愛いのですが、折角ですので三つ編みまとめ髪に続きます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/078ribonarenji.jpg
前に紹介した、くるりんぱ+リボンに三つ編みを追加したアレンジです。どれも簡単ですっきりしたまとめ髪なのに、ふんわり可愛い雰囲気がでます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/071ribonarenji.jpg
リボンの輪っかの毛先を残すので、クリップで上にあげておきます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/074ribonarenji.jpg
残りの髪の毛全てを三つ編みにして、髪の毛を適度に引っ張り出してニュアンスを持たせます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/076ribonarenji.jpg
上げておいたリボンの髪をおろし、念のため崩れないようスプレーをすれば、完成です。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/100ribonarenji.jpg
編み込みとリボンのコンビです。見手の込んだヘアアレンジですが、三つ編み込みは編み込みの基本中の基本で、三つ編みができる人なら簡単に覚えられます。そして最後に大きいリボン。清潔感のあるまとめ髪なのでちょっとしたお呼ばれにもおすすめのヘアアレンジです。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/082ribonarenji.jpg
まず髪の毛にワックスをなじませてから、頭のてっぺんから編み込みをしてハーフアップをつくり、最後を輪っかにして縛ります。あとのリボンの作り方はバージョン1の作り方です。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/097ribonarenji.jpg
ハーフアップのままでも可愛いですが、こんな斜め三つ編みも遊び心がでてちょっと元気な雰囲気に。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/044ribonarenji.jpg
ちょっと編み込みが大変ですが、それだけの価値はある可愛さ。髪の毛を編み込むので、耳のあたりの髪の毛が膨らんでしまう湿気の多い日でも落ち着いていてくれますよ。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/022ribonarenji.jpg
ウォーターフォールのやり方は、下記動画を参照してください。丁寧な説明のものと、裏技バージョンの2つを紹介します。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/034ribonarenji.jpg
リボンの作り方はバージョン2です。編み込みのゴムの真下あたりの髪を少量とり、輪っかを2つ作ります。今回のポイントはこの輪っかを編み込みのゴムに通して固定するところ。上図のヘアピンが刺さっているゴムが編み込みを縛っているゴム。ここにリボンの輪っかを通すことでひとまず固定させるやり方です。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/036ribonarenji.jpg
リボンの輪っか2つとも編み込みのゴムに通した状態です。これだけでリボンが固定されるので余計なピンやゴムなど必要なくスッキリリボンが作れます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/040ribonarenji.jpg
リボンを巻く髪の毛はゴムの真下あたりからごく少量をとります。くるりんぱお助け器具をつかってゴムの結び目が見えないようにしっかりと巻き付けピンを下から上に挿して固定させます。
引用: https://joshi-riki.jp/wp-content/uploads/046ribonarenji.jpg
出来上がりです!毛先はカールさえた方が断然可愛いですよ。
引用: http://www.bibeaute.com/hair/c3-201406-0019362/img/page_07.png
最後のリボンは前髪アレンジです。小さいリボンがとっても可愛いですよ。
引用: http://www.bibeaute.com/hair/c3-201406-0019362/img/img_step4_2-158x208.jpg
リボンの作り方はバージョン2の作り方です。輪っかを2つ作ったら、リボンの形にしてピンでとめてしまいます。その後で、ゴムの下の髪の毛を少量とりくるりんぱお助け器具をつかってゴムの結び目を隠すように巻き付け、ピンで固定すれば完成です。
引用: http://www.bibeaute.com/hair/c3-201406-0019362/img/img_step4_6-158x208.jpg
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20141126%2F58%2F5622888%2F54%2F600x600xd8c5d82bb67366704940fe4d.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r
自分の髪の毛を使ったリボンの作り方と、人気のおすすめアレンジを紹介しました。リボン自体も簡単に作れますし、他のアレンジも簡単なものばかりですので、自分好みの組わせでアレンジを楽しんで下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/originals/36/b9/42/36b942b9d02d674815638ec00da99d6f.jpg