Vr4v7adtjxsypl4zsgzj

暮らし

CATEGORY | 暮らし

コラーゲンのある食品は?その肌への効果と食材をランキングで紹介!

2020.08.07

コラーゲンはお肌や髪などにとっても良いと人気ですが、その効果や効能は本当にあるのでしょうか?サプリの場合には添加物が心配だったりしますが、食品ならば自分で調理するので安心です。コラーゲンのある食品や吸収について、食材ランキングをご紹介します!

  1. コラーゲンの効能・効果は本当?たくさん含まれている食品とは?
  2. コラーゲンってどんなもの?
  3. コラーゲンは消化されてから吸収される
  4. コラーゲンにはお肌に効果や効能があるの?
  5. 添加物が気になる
  6. コラーゲンがたくさん含まれていて使いやすい食品・食材ランキング♪
  7. コラーゲンがたくさん含まれていて使いやすい食品ランキング 6位「豚レバー」
  8. コラーゲンがたくさん含まれていて使いやすい食品ランキング 5位「ソーセージ」
  9. コラーゲンがたくさん含まれていて使いやすい食品・食材ランキング 4位「サンマ」
  10. コラーゲンがたくさん含まれていて使いやすい食品・食材ランキング 3位「豚白モツ」
  11. コラーゲンがたくさん含まれていて使いやすい食品・食材ランキング 2位「皮つきサケ」
  12. コラーゲンがたくさん含まれていて使いやすい食品・食材ランキング 1位「牛すじ」
  13. まとめ
Tsymxakosnure5i8okf8
コラーゲンはお肌に良いと人気ですし、ドラッグストアなどでも手軽に購入する事ができる成分です。美容効果や効能があると言われているのは本当でしょうか?また、添加物などが気になる場合もあるかと思います。そんな時、食品からコラーゲンを摂取できたらとっても良いですね!このページでは、コラーゲン自体についてやコラーゲンがたくさん含まれている使いやすい食品ランキングをご紹介したいと思います!ぜひチェックしてみてください!
Fc1nykrcrcw4znfkxp1v
Jmoht6ce9adrlmcdmc5k
ではまず、お肌に良いと言われているコラーゲン自体がどんなものなのかからチェックして行きましょう!実はコラーゲンは繊維状のタンパク質の一種なんです。厚生労働省のコラーゲンのページでは以下のように説明されていました!
人の皮膚・血管・じん帯・腱・軟骨などの組織を構成する繊維状のたんぱく質です。人間の場合、体内に存在するすべてのたんぱく質の約30%を占めており、そのうちの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、血管や内臓など全身の組織にも広く分布しています。(一部抜粋)

S4pmwqdf7tk57ht6h3ng
お肌に対しての効果や効能がよく取り上げられていますが、コラーゲン自体は骨や内臓などにも使われているものなんですね。40%ほどはお肌となっているので、確かに多くの部分ではあります。コラーゲンの基本的な部分は分かりましたね!では吸収についても見て行きましょう!
Rjlpri9u83aywbl5kwzp
Tkwtnqb4ddwn5gubmeid
では次に吸収についても見て行きましょう!食品などで経口摂取したコラーゲンはまず消化されます。消化されるとアミノ酸になり、体の必要な場所へと吸収され使われる事となります。ですので、必ずしもお肌に使われるとも限らないと言うのがありますね。美容のためにとコラーゲンを摂取しても、もしかしたら骨になっていると言う事もあります。これはお肌に効果や効能があるのか?と言う点でも疑問とされている点でもあります。
Um4ueedvpyp79hgvxkjz
確かにどこに吸収され使われるのかわからないのであれば、美容のためにと言うよりも健康維持の意味合いが強くなります。また、特にサプリのコラーゲン自体に賛否両論あるのも確かです。より詳しく見て行きましょう。
Wi7x2cktbm4to3abftb2
コラーゲンにお肌などに対しての効果や効能があるのか?と言うのは、上でも触れた通り賛否両論ですし、実際に吸収されるのがどこなのかがわからないと言う点はあります。ですが、サプリなどでは効果を感じたと言う口コミも多くあります。とても難しい問題でもありますが、サプリなどのいわゆる健康食品に対して厚生労働省では以下のようにも説明されています。
コラーゲンは健康食品として、皮膚の弾力を保ち関節の痛みを和らげるなどとされていますが、その有効性については十分証明されているとはいえません。皮膚に塗布する場合は、おもに保湿剤として機能することになります。(一部抜粋)

Ghfqrvt1cjyl5ahowwmm
こちらの場合は、食材などとしてではなく健康食品としての場合に向けたものですが、有効性については十分証明されているとはされていないようです。ですが、このような事もあり意味がないともされているようです。そして、食品などに対しては、以下のようにも書かれていました。
コラーゲンを多く含む食品としては、ゼラチンのほか鶏の手羽・フカヒレ・牛すじ・鶏皮などがありますが、食物から必要なたんぱく質が摂れていれば、コラーゲンが特に不足することは通常ありません。(一部抜粋)

T7knkwn1tmt89tpk3xto
食べ物から必要な分が摂取できていれば、コラーゲンが不足すると言う事も少ないようですね。安心できる点でもありますが、コラーゲンを不足しているのかどうかが見えないので、意識して摂取したいと思うのは、美容を気にする方であれば当然かもしれませんね。ぜひ、後ほどご紹介するコラーゲンがたくさん含まれている使いやすい食品ランキングも参考にしてみてください!
Lez7fpww3s5iocvue0na
Jseiruocooukqyighyky
添加物についても見て行きましょう。どうしてもサプリの場合には、添加物も一緒に入れられている場合もあります。健康維持のためにサプリを選んでいても、サプリに気になる添加物が入ってしまっていては元も子もありません。よく使われているのは、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸などがあります。ですが、自分で食材から調理していれば、添加物の心配は少なくなりますね!
E5qtczx4zfpbgyixsq4y
ではここからは、コラーゲンがたくさん含まれていて、使いやすい食品ランキングについてご紹介して行きたいと思います!コラーゲンがたくさん含まれている食材にフカヒレなどもありますが、毎日の食卓に使うのは困難です。ですので、料理に使いやすい食品を厳選してランキングさせていただきました!ぜひ参考にしてみてください!
Mf0c5u6pmfj8bysdhtln
豚レバーと言えば、レバニラがとっても有名ですね。それ以外にも、揚げ物にしたり塩胡椒でシンプルに炒めたりもとってもおすすめです。疲れた時にもおすすめな豚レバーです。スタミナ不足を感じた時や貧血気味の時にも良いですね!
Xrjfuyvcubzepb6kovbq
意外にソーセージにもコラーゲンが含まれているんです。商品にもよって多少前後するものは多いかと思いますが、ソーセージはお弁当にも使いやすいですし、茹でても炒めても汎用性がとっても高いですね。ちょっとお肉を足したい時にも便利です。
Gk1synzp30jyiuzwtu91
秋の味覚サンマも実はコラーゲンが多くあるんです。皮付きのものをぜひ選んでくださいね。シンプルに焼いてすだちとお醤油でも良いですし、新鮮なものであればカルパッチョなども楽しめます。竜田揚げなども美味しいですね!
Vofh0t7hozh4cdsyku2d
豚の白モツはにんにくなどとも相性もよく、キムチと合わせても美味しいですね。特にスタミナ系の料理にも使いやすい食材です。もつ煮込みなどだと、野菜も入れることができてとっても美味しいです。お好きな野菜と合わせて楽しんでください。
Zy9i1qbfi3ny1lcylgis
皮付きのサケはお酒のおつまみにもなりますし、焼くだけでも十分に美味しいので、もう一品プラスしたい時にもとってもおすすめです。また、ムニエルなどにしても美味しいですし、手軽に扱いやすいとっても便利な食材です。
Odi10idpvsfb6s4xdlht
牛すじはとろっとした感じが美味しいですし、意外にカレーに使ったり、煮物に使ったりと幅が広いのも良い点ですね。味もしっかりしているので、深い味わいを楽しむことができます。どんぶりにしても手軽で楽チンです。
Zaqzzfbmdcjjqudnkzgm
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでコラーゲンの含まれている食材ランキングやコラーゲンはお肌に効能や効果は本当にあるのか、吸収に関してなどについてご紹介させて頂きました!添加物などが気になる場合にも、自分で食材を調理して作るのであれば余計な心配を減らすこともできます。また効果や効能についてはなんとも言い難い部分もありますね。月並みですがなんでもバランスよく食べるのが良いですね。ぜひ、参考にしてみてください!