O1ihstwjqtvhcudx7dae

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

コラーゲンの摂取や摂取量は?髪や爪に効果的な取り方などをご紹介!

2018.08.30

コラーゲンを摂取する時には気をつけていることはありますか?摂取量や取り方なども効目安とされている方法があるんです!爪や髪、お肌にも効果があると言われていますが、本当に効果があるのでしょうか?コラーゲンの摂取量や取り方、NG摂取方法についてご紹介します。

  1. コラーゲンには効果的な摂取量や方法があるの?
  2. コラーゲンとは?
  3. コラーゲンとは?「本当に爪や髪、お肌に効果があるの?」
  4. コラーゲンとは?「化粧品と摂取した場合は違うの?」
  5. コラーゲンの摂取量はどのくらい?
  6. コラーゲンの摂取量はどのくらい?「1日の目安」
  7. コラーゲンの摂取量はどのくらい?「量で違いはあるの?」
  8. コラーゲンの摂取量はどのくらい?「取り方」
  9. コラーゲンの摂取量はどのくらい?「期間」
  10. コラーゲンの摂取量はどのくらい?「本当の意味で効果的な方法とは?」
  11. コラーゲンの摂取量はどのくらい?「NG摂取方法」
  12. まとめ
Vkxwqszamzma8kgtfjin
美容に興味がある方であれば、コラーゲンという言葉を聞いたことがないという方は少ないでしょう。とっても人気の成分ですし、手軽に取り入れることができます。ですが、コラーゲンは摂取することで本当に爪や髪お肌に効果があるのでしょうか?また、効果的に取り入れる取り方や方法があるのでしょうか?そんなコラーゲン自体に関することや、NGな取り方などについてご紹介して行きたいと思います!ぜひチェックして行きましょう。
G2oa76wrmdeurczmrtwa
Cpdb88xgurgbgyjusrdq
ではさっそく見て行きたいのは、コラーゲン自体についてを知って行きましょう。コラーゲンって、よく言われていますが実は繊維状のタンパク質なんです。厚生労働省のコラーゲンのページでは以下のように説明されています。
人の皮膚・血管・じん帯・腱・軟骨などの組織を構成する繊維状のたんぱく質です。人間の場合、体内に存在するすべてのたんぱく質の約30%を占めており、そのうちの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、血管や内臓など全身の組織にも広く分布しています。(一部抜粋)

Hk1jc7ex0pqde4t7bibl
このように、実は爪や髪お肌などが取り上げられることが多くありますが、骨や内臓にまで使われているのがコラーゲンなんです。目などは特に連想しやすいかもしれません。お肌などの美容的なイメージが強いコラーゲンですが、他にも使われているんですね。

経口摂取した場合

Yvje9wjq00sx4hexe90v
コラーゲンを経口摂取した場合、そのままコラーゲンとして吸収されるのではなく、一度消化されてから合成されることになります。コラーゲンを摂取すると、一度アミノ酸にして、その時に必要な場所へと使われるということになります。ですのでコラーゲンを摂取すると、どこに使われるかは分かりませんがアミノ酸として必要な場所へと使われるのです。どこに使われるのかがわからないというのがネックでもあります。
Kil7wkqiwbbeiy7hauqe
本当に効果があるのかというのは、コラーゲンはかなり多くの意見があります。全く意味がないという意見もありますし、コラーゲンを取ってから1日で変わったというサプリなどの口コミなどもあります。まだ全てが解明されていないからという事もあるかと思いますが、厚生労働省では以下のようにも発表されています。
コラーゲンは健康食品として、皮膚の弾力を保ち関節の痛みを和らげるなどとされていますが、その有効性については十分証明されているとはいえません。皮膚に塗布する場合は、おもに保湿剤として機能することになります。(一部抜粋)

Bc2ewtgoqsjiyw37od0l
このように、爪や髪までは言及していませんがお肌についてや、関節痛などについて有効性は十分に証明されていないとされています。それもあり、余計に効果があるとは一概には言い切れません。ですが、爪や髪お肌に関しては、特に効果があったという口コミもあります。この一文をどのように解釈するかは、自分次第なのかもしれません。
Hdyv8tayepbri9ribdcc
では上で厚生労働省の文にもあった皮膚に塗布する場合、化粧品などの場合にはどうなのでしょうか?この場合にはお肌にコラーゲンが浸透していって、お肌に弾力を与える...という事ではなく、お肌をしっとりと保湿させるために配合されています。お肌から何かが浸透していくというのは、改めて考えてみると随分怖い事でもあります。お肌や体に良いものだけに触れている訳ではありませんしね。ですので、摂取した場合とは違ってきます。
Yd8zrkf0ksoyvdhiqvyi
Zvqm37zayi5tzljokhdy
ではコラーゲン自体については分かりましたね!ここからは取り方や摂取方法などについて見て行きたいと思います!まだまだ解明されていない事も多いですし、一概には言い切れないのが取り方だったりしますが、目安として参考にしてみてください!
Kftpqugc0eolnpf2kw7k
1日の目安の量について見て行きましょう!サプリメントなどで、コラーゲンを摂取する場合には大体5〜10gほどを目安にすると良いと言われています。1度に多く取れば良いという訳でもありませんので、あまりたくさん取りすぎるのには気をつけましょう。食品などの場合にも、多めに食べるということはせずに、目安量を守るようにしましょう。またタンパク質を取るのも忘れないようにしましょう。厚生労働省では以下のようにも発表しています。
コラーゲンを多く含む食品としては、ゼラチンのほか鶏の手羽・フカヒレ・牛すじ・鶏皮などがありますが、食物から必要なたんぱく質が摂れていれば、コラーゲンが特に不足することは通常ありません。(一部抜粋)

Tdh91ftsswcis9r5oqqn
また、コラーゲンやタンパク質だけを摂取するのではなく、バランスよく食べるというのも大切なポイントです。栄養が偏り、他の部分がうまく機能しなくなってしまっては意味がありません。
R9ufbh7xmjur0e7hyvbl
上で触れた通り量で違いはありません。必要な分だけ使われて、他は使われません。また年齢によってコラーゲン量が減るとされていますが、作る量自体が減ってしまうので作る量自体を増やすことは非常に難しいです。もちろん、摂取量が不足してしまっていては作りたくても作れないので、不足しないようには気をつけましょう。また年齢と共に必要がなくなるから適切な量にするために減っているという説もあります。
V5zsfudamwxtycrxval0
取り方にも注意しておきましょう!また、後ほどご紹介するNG方法にも目を通しておいてくださいね!コラーゲンは繊維状のタンパク質とお伝えしましたが、消化吸収までに時間がかかりやすいです。ですが、コラーゲンを細かくしている状態であるコラーゲンペプチドは吸収を高めることができます。こちらも意識しておきたい部分です。
Bjod9pffhmde7sjwnb7j
Dqkmouanbmdriyan4hge
期間としては、無理なく長く続けるのが良いとされています。あまり無理して摂取するよりも手軽な方法で、長く続けられる方法を選ぶ方が良いでしょう。また効果を感じるというのには、かなり個人差があり期間を定めるのが難しいという点もあります。
B2suxbsbf5zch29oeb8k
本当の意味で効果的な方法というのは、自分に合っているかどうかを判断するのが良いでしょう。ですので、サプリなどを考えている場合には、期間を自分で決めたりしてどのくらい効果を感じることができたかなどを振り返ったりすると、自分にとって効果的かどうかを判断しやすいです。
Jjrsfgnjt6mlg9g1idbq
W9oysmota0djtc2zgzkl
NG摂取方法としては、上でも触れた偏った取り方をしてしまったり、1度に多くの量を取りすぎてしまうのはNGです。つい美容のためと思ってしまったりすると、やってしまいやすいですし気をつけましょう!また、安価なサプリなどは添加物などが配合されている可能性もあります。成分表もチェックしておきましょう。NG摂取方法には気をつけましょう!
B4ntajweljdpjppldweg
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでコラーゲンの摂取方法や摂取量、爪や髪お肌に本当に効果があるのかや、NG摂取方法などについてご紹介させて頂きました!ドラッグストアなどでもコラーゲンのサプリなどは多くありますし、食材としても手軽に摂取することができるコラーゲン。ですが、コラーゲン自体を知ってどのように摂取するのかなどは、しっかり検討したい部分でもあります。ぜひ参考にしてみてください。