D6v0vmleejbarndjiitu

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

すっぴんでもキレイな眉毛に!正しい整え方でナチュラルに仕上げて

2018.10.13

すっぴん肌がきれいに見えるためには、日頃から眉毛を整えておくことが大切です。 これからすっぴんの時でも自信が持てる眉毛の整え方をご紹介していきます。 眉毛の整え方や書き方をマスターして、顔に合った美眉を目指していきましょう!

  1. すっぴんでもきれいな眉毛にしたい
  2. 眉毛の整え方を見直そう
  3. 美しい眉毛になるための正しい整え方
  4. 知っておきたい眉毛トラブル
  5. すっぴん美人になれる薄い眉毛のナチュラルな整え方
  6. すっぴん美人になれる濃い眉毛のナチュラルな整え方
  7. 元気な眉毛が生えてくる食事
  8. しっかりした眉毛が生える運動
  9. 良質な睡眠をとって眉毛を生やそう
  10. ナチュラルできれいな眉毛になってすっぴんを楽しもう!
すっぴん美人になりたくて、美肌になるように頑張ってきたけれど、眉毛を上手く整えることが出来なくて、すっぴん顔に自信が持てないという悩みを抱いたことはあるでしょうか。あるいは、すっぴんの肌は綺麗だけど、眉毛がぼさぼさだったり、まばらに生えている人を見て残念に思ったことはありませんか。せっかく努力して手に入れたすっぴん美肌なのに、眉毛に自信を持てないとしたら、とてももったいないことでしょう。本当のすっぴん美人になるためには、眉毛を綺麗に整えることが必要です。眉毛は顔の全体の印象を決定づける重要なパーツと言われています。これから、今日この記事を読んだ後からすぐ実践できる、きれいでナチュラルな眉毛にするための方法についてお伝えしていきましょう。
最初に、美眉毛になるために見直すことは、自分はこれまでどんなやり方で眉毛を整えてきたかということです。眉毛は顔の中で、自由自在に、好きな形に変えることが出来るパーツですから、ついつい自分が好きなように、流行に合わせて、眉毛を切ったり、剃ったりしてしまいがちです。整え方を好きにするのは自由ですが、そうしていくといずれ、眉毛の形をいじり過ぎて、自分の本当の眉毛の形が分からなくなってしまうことになりかねません。メイクをしているときは眉毛がありますが、メイクを落とすと、眉毛が目尻にない「まろ眉」も、眉毛が不自然な形をしていて、メリハリがない顔立ちになるでしょう。結局、すっぴん肌が綺麗でも、眉毛に自信が持てなくなってしまうのでとても残念なことです。でもご安心ください、これからご紹介する正しい眉毛の整え方を知れば、自分の眉毛の形を大切にしながら、自分の骨格に合わせて本当に似合う眉毛に整えていくことができます。綺麗な眉毛になれるので、すっぴんに自信が持てて気持ちも明るくなりますよ。
美しい眉毛にするためには、眉毛の正しい整え方を知ることが必要です。なぜなら、眉毛を整えるときは、自分の骨格に合った眉毛に整えることが大切だからです。眉毛にも流行がありますが、最も自分の顔に似合う眉毛は、骨格に合わせて整えた眉毛といえます。では、どうやって整えたらよいでしょうか。実は、眉毛には黄金比率があることをご存知でしょうか。眉毛の黄金比率とは、最もバランスが良くきれいな眉毛に整えることが出来る大変便利な法則のことです。では早速ですが、これからその方法をご紹介します。まず最初に、眉頭から眉尻が平行で同じ高さになっているか見てみましょう。眉尻が下がり過ぎていたり上がっていたりすると眉が不自然に見えてしまいます。次に、眉頭は目頭より少し内側に整えると、自然な眉毛に仕上がります。眉頭が鼻の方に寄り過ぎたりしていると印象がきつく見えたりしてバランスが悪くなってしまうので余分な毛はムダ毛処理しましょう。さらに、眉山は黒目の外側の延長上から目尻の間に作ると眉毛の綺麗なアーチを作り立体的に見えるのでお勧めです。最後に、眉尻は小鼻と目尻を結んだ線の延長上にあると良いでしょう。眉尻が延長上より長くなってしまうと、横に広がった印象を受けてしまい、顔のバランスが良く見えなくなるので気を付けましょう。是非、眉頭の位置、眉山の位置、眉毛の長さなどのポイントをしっかりと確認しながら顔の骨格に合わせて整えていきましょう。
実際に眉毛を整えるときはすっぴんの時にすることは避けましょう。黄金比率に当てはめて、理想の眉毛をメイクしてから、はみ出ている余分な毛をカットしたほうが失敗せずに整えることが出来るのでおすすめです。尚、眉毛を整え易くするためには、眉にやさしい専用の道具が揃えましょう。眉ブラシ、スクリューブラシ、眉コーム、眉カットはさみがあると、手早く細かいところまで上手に整えることが出来ますから大変便利ですよ。
眉毛を整えるときに、起こりがちな眉毛トラブルがあることを存知でしょうか。眉毛の手入れの時は、毛抜きや、かみそりなどを使って行う人が多いかと思いますが、場合によっては、肌が炎症を起こしたり、だんだんと毛が生えてこなくなる危険性があることを覚えておきましょう。毛抜きで処理する時は、予想以上に肌や毛根に刺激を与えてしまっていることを知っておきましょう。実際、眉毛を毛抜きで抜いていたら、毛根から毛が生えてこなくなった、毛抜きで抜いた後肌が炎症を起こしてしまった、更には、デリケートな目元にしわやたるみができやすくなってしまったということをよく聞きます。毛抜きで眉毛を処理する時は、肌トラブルにならないように注意をして使っていきましょう。又、かみそりを使うときはよく切れる物を選び、使うときは必ず肌に保護クリームを付けて保護していくと、肌荒れを防ぐことが出来るでしょう。
薄い眉毛さんは、女性らしい柔らかさと優しい印象があります。薄い眉毛さんの整え方は、最初に自分の眉毛の形を把握してから、黄金比率に当てはめて整えていくと良いでしょう。整える前に事前に黄金比率にあてはめて眉メイクをしておきましょう。薄い眉毛さんは、もともと眉毛が少ないので、残したい眉毛は切ったり剃ったりすることは極力避けて、整えていきましょう。眉毛は薄くてもムダ毛は生えてきますから、余分なムダ毛は剃るなどして整えていくことが必要です。眉を整える眉ブラシ、スクリューブラシ等を使って、眉毛を優整えた後、はみ出た毛を丁寧にカットしていきましょう。
もともと薄い眉毛をナチュラルに整えるには、整え方に注意が必要です。作りたい眉毛の形からはみ出た余分な眉毛をまず処理します。次に全体的に長さを整えたら完成です。通常だと長さのある眉毛をある程度カットしていくのですが、眉毛の薄い方は残しておくのがおすすめ。

濃い眉毛さんの整え方は、最初に自分の眉毛の形を把握することから始めましょう。もともと自分の眉毛が濃いので、すぐに眉毛の形を把握することが出来るでしょう。次に、眉毛の黄金比率を確認して、眉毛のお手入れをしていきましょう。整える前に事前に黄金比率にあてはめて眉メイクをしておきましょう。整え方は、剃る、切るなどをしてお手入れをすると良いでしょう。眉ブラシ、スクリューブラシを使って眉毛を整えた後、眉毛の周りにあるムダ毛を処理していきましょう。眉毛の量が多くても、くれぐれも眉毛を切るときは少しずつ切りましょう。整えた後、さらになりたいイメージの眉毛に整えていきましょう。濃い眉毛さんは、少しずつ眉毛をすいていくことによって、女性らしくエレガントなイメージにすることが可能です。もちろん、毛数を減らさずに誠実な印象がもてる眉毛でいることも良いでしょう。
眉毛は髪の毛と同じように、良い栄養を摂ることで、元気な毛が生えてくるので、日頃から、たんぱく質、ビタミン、亜鉛、鉄などバランスの取れた食事をして眉毛の発毛を促すことが大切です。みかんや、ナッツ、海藻、豆腐なども毛の発育に良い影響を与える食品なので、普段の食生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。逆に、添加物や、体に良くない食べ物を取ると、栄養が足りず、毛がだんだん細くなってしまうこともあるので、気を付けていきましょう。
体にとり入れた栄養は、血液によって眉毛まで運ばれてきますから、新陳代謝が悪くて、体の血の巡りが悪いと、せっかく良い栄養を摂取しても肝心の眉毛まで栄養が届かなくなってしまいます。そこで、眉毛まで栄養が行き渡るように、是非適度な運動をされることをお勧めします。出来れば有酸素運動をして、ストレス発散も出来る体に良い運動を毎日取り入れていきましょう。
良質な睡眠は、毛を太く強くしてくれます。最も成長ホルモンが分泌される午後10時から午前2時の間に、眉毛の成長が促進されます。なるべく8時間は寝たほうが良いですが、短い睡眠時間しか取れない時は、自律神経が乱れないように、寝る前にテレビ、携帯を見ない、部屋を暗くする、寝具を青にするなどして副交感神経を活発にすることが、良質な睡眠をとることのできる方法でしょう。さらに、良い睡眠をとれたことで、体の疲れもストレスも軽減されて、肌もますます美肌になります。寝る前に、眉毛を軽くマッサージすることによって、血流が促されて自律神経を整えることもできるので薄毛予防にもおすすめです。
すっぴんでも綺麗な眉毛でいられる方法について、一挙にご紹介してきました。眉毛がきれいだと、すっぴんも綺麗に見えますし、顔も引き締まって見えます。濃い眉毛さん、薄い眉毛さんそれぞれの特徴をよく踏まえたうえで、自分の顔に合った最適な眉毛に整えていきましょう。さらに、生活習慣も整えることで、強い眉毛が生えてきますから、お試しになるのはいかがでしょうか。正しい方法でナチュラルに整えた眉毛で、すっぴん肌を楽しんでくださいね。