B4fkkjd03cuypt5ti7af

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

ブリーチではげるって本当!?頭皮に良いヘアケア方法などを紹介!

2020.08.07

ブリーチをするとはげる…これはネットなどでささやかれている噂です。髪の毛をブリーチは本当にはげることにつうながるのか、またはげるとしたらどんなヘアケア・頭皮ケアをすればいいのか…方法などをご紹介しましょう。注意点なども詳しく見ていきます。

  1. ブリーチをするとはげるって本当!?ブリーチの注意点を知ろう
  2. どうしてはげるのか…ブリーチと普通のカラーの違いに注意
  3. ブリーチで髪の毛がはげるときの「サイン」は!?
  4. 毛根や頭皮にもブリーチではげる兆候が出てくる
  5. ブリーチをしたらはげるしかないのか…対策・方法は!?
  6. 本当にはげるのは嫌!ブリーチ後にできるヘアケア①トリートメントを使う
  7. はげるのは嫌!ブリーチ後にできるヘアケア②美容師さんにブリーチしてもらう
  8. はげるのは嫌!ブリーチ後にできるヘアケア③ブリーチの間隔をできるだけ開ける
  9. マッサージャーを使うというのもおすすめ
  10. 料金が安いブリーチは開ける危険性大!?
Sv0ktz7rc8tb8lbhce1i
髪の毛を脱色すると、普通にカラーリングするよりも明るい色味になります。髪の毛を明るい茶髪にしたい人や金髪にしたい人は、ブリーチした方が自分の希望の色になることが多いです。またアッシュや特殊なカラーを入れるときにも、ブリーチはとても便利。一度色素を抜いた髪の毛にカラーリングをすることで、液剤がより浸透しやすくなり、綺麗な発色を見せてくれます。
Hxb7fsj5dvejhanlrhne
ここまででれば、ブリーチはメリットばかりのカラーリング方法に思いますよね。少しブリーチをすることには、もちろん注意点もあります。「ブリーチをするとハゲやすい」という噂を聞いたことがある人も少なくないでしょう。今回はブリーチをすると本当にはげるのか、という点にスポットライトを当てていきましょう。
まずは普通のカラーリングとブリーチの違いを明確にしていきましょう。普通のカラーリングはキューティクルを開くアルカリ性の液剤で、黒いメラニンを分解しながら染料を浸透させていきます。メラニンを分解する成分は入っているものの、そこまで強くないので髪の毛や頭皮に起きるダメージは少ないです。一方ブリーチは髪の毛の色素をがっつり抜いてしまう方法、色素だけでなく髪の毛の栄養素まで根こそぎ取ってしまいます。
Pgqvcxfboqc72kkiv9wn
脱色をすると髪の毛がボロボロになってしまうのはこれが原因、 髪の毛だけでなく頭皮にも大きなダメージを与えるのです。一度だけのブリーチであれば大丈夫ですが、ブリーチを繰り返していると髪の毛や頭皮の綺麗なたんぱく質がどんどん傷つけられるため、発毛・育毛に影響を与えてしまいます。
Iwp4bevre5mdu4b8nvjo
ブリーチした後の髪の毛、禿げていく過程でどんなサインが見られるのでしょうか?ブリーチの液剤によって髪の毛や頭皮がダメージを受けると、まずは毛先に影響が出てきます。髪の毛の先端は一番栄養がいきにくい部分なので、枝毛になったり嫌いになったりというサインが出るはず…。ブリーチ後にこれが起こったら、禿げるファーストステップを踏んでいるという認識をしてください。
X94uphxhisqazyi5e8cy
このサインを無視してブリーチを続けたりケアを怠ったりすると、さらに髪の毛や毛根の状態はひどくなります。髪の毛の傷み具合が進行し、ブリーチした髪の毛がスカスカで乾燥し始めるのもハゲるサイン。本当にハゲてしまって取り返しがつかなくなる前に、こういったサインを見逃さないよう注意しましょう。
本当にはげるメカニズムに乗ってしまった場合、毛根や頭皮にも悪影響が出てきます。今まで比較的オイリーな肌質だったのに、ブリーチし始めてから頭皮が乾燥しだしたという人はいませんか?これはブリーチの成分のアルカリ剤が、 頭皮のうるおいを奪ってしまった証拠です。さらにはげが進行すると、頭皮にフケが溜まったりかゆみが出たりすることもあります。
Xwvmndypcwymseqox7h3
毛根は髪の毛の根っこが細胞分裂を行う場所なので、清潔に健康に保たなければなりません。乾燥がひどくなった頭皮では、毛根の状態もどんどん悪くなって、髪の毛の成長がストップしてしまう可能性が高いのです。新しい髪の毛も生まれなくなるため、はげは一層ひどくなります。 注意しましょう。
Lnpjezchfiypql4izivp
ブリーチをするとはげる可能性が高くなるのは事実ですが、対策を行えばはげを回避することができるかもしれません。どのような方法を実施すればはげなくて済むのか、ご紹介しましょう。
Acdmwrdxeq6tonfts0dg
若いうちは髪の毛もふさふさで、「ブリーチしても大丈夫だろう!」と思う人が大半です。しかしこのおごりが命取り、若い時にもしっかりヘアケアを行わないと…ブリーチが原因で本当にはげてしまうでしょう。
引用: https://askul.c.yimg.jp/img/product/3L1/6118984_3L1.jpg
とにかくボロボロの髪だけの状態のままではまずいです、ヘアトリートメントを使って髪の毛の状態をできるだけ良くするように努力してください。お風呂で使うタイプのヘアパックや、乾いた髪にそのまま使える洗い流さないタイプのオイルなど、色々な種類のトリートメントが売られています。
Zvcgjgiotnihy1nvrcbg
どのようなものでも構わないので、毎日トリートメントを使い続けるようにしてください。この方法を実施すれば、最低限のヘアケアにはなるはずです。また頭皮が乾燥している人は、マッサージを行うなどして血行促進に注意を払いましょう。頭皮の血行が促進されれば、頭皮や毛根の状態も良くなってはげを回避できるはずです。
Gqw65vs084bahszmualu
一つ対策としておすすめなのが、頭皮に薬剤が浸透しないように注意して次のブリーチをするという方法。頭皮にブリーチの液剤をつけないことが、一番のはげ回避になります。セルフブリーチでは頭皮に行きたいをつけずに行うのが難しいので、はげたくないと思っているのであれば美容師さんにブリーチしてもらうのが一番です。
セルフブリーチするよりもコストがかかってしまいますが、将来禿げる心配を考えたらそんなの安いもの!美容師さんに「できるだけ頭皮に薬剤がつかないよう注意して行ってください」とお願いすればOK。慎重にブリーチ剤を塗ってくれるはずです。
Hdtvw62iv4vln4l8jppj
色落ちが気になってまたすぐにブリーチしてしまうと、髪の毛や頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。ブリーチの間隔をあけるというのも、自分でできるヘアケア方法の一環。 市販のブリーチ剤に箱にも書いてありますが、「一度ブリーチしたら2週間はあける」というのが鉄則。
Z8hatzfu56jccsq2mene
2週間でも間隔が短すぎると思います、本当にあげたくないと言うのであれば1ヶ月以上はおくべきでしょう。根元がプリンになってくるとまたブリーチをしたくなってしまいますが、そこは頭皮のことを考えて少し我慢してみてください。次のブリーチは一か月以上あける、これも大事なヘアケアです!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ylrQ8tqEL._SY355_.jpg
頭皮の血行が促進されれば、はげを回避できます。市販の頭皮マッサージャーを使って、毎日ケアをするというのもおすすめです。頭皮マッサージャーは数千円で購入できるのがメリット、髪の毛の健康を考えて家に一つ置いておきましょう。
Oi9is9opnouuku8mkjho
ブリーチした後は髪の毛自体のヘアケアの重要ですが、頭皮のお手入れというのも欠かさずに行うべきです。頭皮が健康であればブリーチしても、すぐにはげるということはないでしょう。お風呂で使えるような頭皮マッサージャーを購入して、はげない方法を模索してみてください!
Hwupsbv3xalqyjrxkksd
ブリーチをする美容院を選ぶ時に気をつけたいのが、施術費用です。できるだけいやすいところでブリーチをしたいと思っている人が多いと思いますが、あまりにも施術料金が安い所はお勧めできません。安い薬剤は頭皮にとってダメージになることが多く、本当にはげを進行させてしまう可能性があるからです。
Ke92jlnfbgirkaqpr0ie
大体ブリーチの料金の相場は4000円程度、これよりも安い所はチープな薬剤を使っているかもしれません。 ブリーチではげないためにも、美容院選びは慎重に行ってください!
Qjze30cmcp7omopfdo2w