// FourM
Qfjbui8vg7g7dwf52jtu

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

ブリーチとヘアカラーは同時にしても良い?おすすめの髪色も紹介!

2020.08.07

ブリーチとヘアカラー、同時にしてもいいでしょうか?両者を同時にするときのメリット・デメリット、そして違いを知っていきましょう。ブリーチ&ヘアカラーのおすすめ髪色もご紹介します。セルフブリーチをして、髪を染めるときの参考にしてみてくださいね。

  1. ブリーチとヘアカラーを同時にしてもいいのか?
  2. 【メリット】ブリーチとヘアカラーを同時にする①色が長持ちする
  3. 【メリット】ブリーチとヘアカラーを同時にする②アッシュカラーを入れやすい
  4. 【デメリット】ブリーチとヘアカラーを同時にする①髪へのダメージが大きい
  5. 【デメリット】ブリーチとヘアカラーを同時にする②普通にカラーリングするよりも費用がかかる
  6. セルフでもできる?ブリーチ&ヘアカラー
  7. デメリットも知っておこう!セルフでのブリーチとヘアカラー
  8. ブリーチ&ダブルヒヘアカラーのおしゃれなヘアをご紹介♪
  9. おすすめブリーチ&ダブルカラー髪色カタログ①
  10. おすすめブリーチ&ダブルカラー髪色カタログ②
  11. おすすめブリーチ&ダブルカラー髪色カタログ③
  12. おすすめブリーチ&ダブルカラー髪色カタログ④
髪の毛をブリーチすると色素が抜けるので、かなり明るい色味になります。一回の脱色では明るめの茶色にしかなりませんが、2回3回とブリーチを重ねていくと金髪に髪色が変化。思いっきり髪の毛を明るくしたいのであれば、地毛にカラーをするのではなく脱色するのがおすすめです。
Xgez8lxquenfosmuh3xe
またブリーチした後に、ダブルカラーをして色味を入れることもできます。普通にカラーリングするよりもブリーチしてから色を入れた方が、発色がよくなるそうです。ブリーチとカラーを同時にしてもOK、脱色後のカラーリングの方が色がきれいに見えるでしょう。しかしブリーチとカラーを同時にすることは、デメリットもあるので注意が必要です。同時にブリーチとカラーをすることの利点と不利な点をしっかり頭に入れてから、美容院に向かいましょう!
Jwyvipbljkekzd8npm1g
ブリーチとカラーを同時にするということは、一度髪の毛の色素を抜いてその中に新しいカラーを入れるということと同義です。色素が抜かれた髪の毛はスカスカになっているので、カラーリングの液剤が入り込みやすいと言われています。普通にカラーリングするよりも、ブリーチしてカラーダブルカラーする方が発色が良くなるだけでなく、色も長持ちするようです。
Kkxlezoqtziz3bj9gkqk
ここが普通のカラーリングと、ブリーチ&ダブルカラーの違いと言えるでしょう。少し手間はかかりますが、ブリーチ後にカラーリングすることにはこう言ったメリットはあるのです。
最近男女問わず人気があるのがアッシュカラー、くすんだ色味になるのがアッシュカラーの特徴です。ブラウンでもベージュでも、くすみがかったヘアカラーにすることができます。このアッシュカラーもブリーチをしてからの方が入りやすいと言われています。より綺麗なアッシュカラーにしたいという人は、一度ブリーチしてみるのもいいかもしれません。
一般的なカラーリングでもアッシュカラーにすることは可能ですが、今の自分の髪の毛の色が出てしまうので、100%望んだ色味にはならないかもしれません。ここも違いと言えるでしょう。アッシュカラーにする時に特にブリーチ&ダブルカラーのメリットを感じることができるはずです。
Fkiwap56hie6capso3oe
ブリーチしてからカラーリングすることの最大のメリットは、髪の毛大きなダメージを与えてしまうということ。普通にカラーリングするだけでも髪の毛は痛みますが、ブリーチはその日ではないほど髪の毛がボロボロになります。髪の毛の色素を抜くということは、髪の毛のタンパク質に変化を与えるということです。
Ebgsnkxaxs8j6yfewzhh
キューティクルがなくなって、うるおいも飛んでしまう…それがブリーチという施術の宿命だといいます。普通のカラーとの違いです。現場で髪の毛が既に傷んでいるという人は、さらにダメージは加速してしまうのでブリーチ&ダブルカラーはおすすめできません。これがブリーチをすることの大きなデメリット、普通のヘアカラーとの違いと言えるでしょう。
Pz8s7tgiwsoz6kkorf5t
もうひとつのデメリットはコスト面です。ブリーチをしてからダブルカラーをするというのは、施術料金が2倍以上になるということ…。普通のカラーリングを5000円前後でしている美容院では、ブリーチ&ダブルカラーの料金が1万円以上になることも珍しくありません。
Dyzclyqmjrfmzcqunjnb
ここの違いのうちの一つ。ブリーチをする時にはこう言った費用の面でデメリットを感じることもあるでしょう。カラーリングにそこまでお金はかけられない…という人は、ブリーチではなく普通のカラーリングをしたほうがいいと思います。 このあたりも大きな違いですね。
市販のブリーチ剤とヘアカラーを購入して、セルフで同時にブリーチ&ヘアカラーをすることもできます。まずはブリーチ剤後髪の毛に塗って数分放置、今の自分の髪色をしっかり脱色してください。終わったらブリーチ剤を洗い流ししっかり乾燥させ、その次にカラーリング剤を塗りこみます。
I6hrdkxwvwzs2hqxqxmg
普通にカラーリング剤を塗るよりもブリーチを経た方が、色がしっかり入るはずです。セルフカラーリングであれば予算2000円程度でできるというのもメリット、かなりコストを抑えることができるでしょう。
Fjlrmdzf9th3dphpdask
セルフで同時にブリーチとヘアカラーをやる場合、髪色がムラになりやすいので注意が必要です。髪の毛の根元の部分や奥の部分は、自分でやるとどうしても液剤が届きにくいといいます。色々なタイプのブリーチ剤やヘアカラーが市販されていますが、泡タイプのものを使うと不器用な人でも無駄なく上手にセルフ塗りすることができるようなのでおすすめ!
Jmd96o8cecgqnfxdiesv
クリームタイプのものと出来上がりにかなり違いがあるといいます。無駄になりやすいというデメリットを克服するためにも、セルフのときはまずは商品選びから徹底していきましょう。
Cxvywgwpusz4udd6g9su
最後にブリーチとカラーリングを同時にした、おしゃれでキュートな髪色をご紹介しましょう。セルフだと難しいかもしれませんが、美容院ならきれいなカラーが可能…。これからブリーチしようかなと悩んでいる人は、以下のヘアカタログを参考にしてみてくださいね。
ミルクティーのように綺麗なアッシュベージュ、ブリーチしてからアッシュのカラーを入れるとこんなに綺麗になります。アッシュベージュのいいところはとにかく透明感に満ち溢れているところ、ガーリーなアッシュにしたいという人に特におすすめです!
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/27/02/B014622702/B014622702_271-361.jpg
光に当たると空にキラキラしてとても綺麗ですよ。アラサーアラフォー女性にも人気のあるカラーリングだと言います。
こちらはブルージュと呼ばれているヘアカラーです。アッシュカラーの中でも落ち着いた色味で、大人っぽく仕上げたい人に人気があります。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/52/83/B023055283/B023055283_271-361.jpg
髪の毛の表面が明るい色味になっているので、立体感が出るという名のポイント。ショートカットの人におすすめができますね!ブリーチをしてからカラーを入れると、こういった立体感が出る動きのあるヘアスタイルに仕上げることも可能です。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/12/38/B011811238/B011811238_271-361.jpg
ハイライトを入れたロングヘアもご紹介しましょう。ブリーチによってランダムに毛束を明るくしてあげると、こういったハイライト効果を得ることもできます。ハイライト効果があるとアッシュカラーがさらに引き立ちますし、アイロンで巻くことによって立体感も出てくるのがメリット。
Feizhugap9b91dhpqwog
異国風のミステリアスなヘアスタイルにしたいという人にオススメです。ロングヘアのツヤ感を出すために、ブリーチとカラーリングをした後はすっかりトリートメントをつけるようにしてください。
可愛いピンクのヘアカラー、部分的に脱色することによってこのような隠れピンクのヘアスタイルにすることもできます。ブリーチのいいところは、普段できないような色味に挑戦できるというところです!
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/33/07/B018213307/B018213307_271-361.jpg
ピンクだけでなく、ブルーやグリーンというのもブリーチしたあとのカラーとして人気だといいます。 ピンクとブラックの色の違い・差も魅力的!