F0jwnvcuzjqzitsesjih

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

ヘアアイロンのやり方は?ショートやボブなど髪型別の巻き方まとめ!

2020.08.07

ヘアアイロンを使った巻き方・セットのやり方がわからない人はいませんか?ショートやミディアムなどのボブの人は、意外に、ヘアアイロンを使ったストレートやカールのやり方・前髪のセットの仕方を知らなかったりしますので、ヘアアイロンの基本的な使い方をご紹介します。

  1. ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方がわからないという人、いますか?
  2. 髪が短くてもできる、ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方ってあるの?
  3. ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方・基本①皮膚に近づけすぎないようにしましょう
  4. ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方・基本②髪の毛は乾かしましょう
  5. ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方・基本③首にタオルを巻きましょう
  6. ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方・基本④細めのストレートヘアアイロンがおすすめ
  7. ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方①ショートの巻き方
  8. ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方②ミディアムボブの巻き方
  9. ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方③前髪の巻き方
  10. まとめ
引用: https://tse1.mm.bing.net/th?id=OIP.U2xepAPiBRN2SxwoWV5UmAAAAA&pid=Api
ヘアアイロンを使って、毎朝きれいにカールを作ったり、ストレートにしたり…と、セルフヘアスタイリングを楽しんでいる人も多い反面、ヘアアイロンを使ったことがないという人も意外にいるようですね。ショートヘアが好きで、年中ショートヘアなので、ヘアアイロンを使ったことがないという人や、ショートほど短くはないけれど、ミディアム程度の長さなので、ヘアアイロンを使ったことがないという人など、人それぞれだと思いますが、大きな理由として挙げられるのが「髪が短いこと」でしょう。ヘアアイロンの広告などを見ると、髪の長いモデルさんを使っているので、「髪が長くなければヘアアイロンは使えない」と思い込んでしまっている人もいるかもしれませんね。そういう人は、ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方を知らないのではないでしょうか?
引用: http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/netsbee/cabinet/sunnyplace/img58662871.jpg?_ex=300x300&s=2&r=1
引用: http://ecx.images-amazon.com/images/I/31DooIZYFLL._SY300_.jpg
ショートが好きだといっても、たまに飽きて、ちょっと変化をつけたいと思うこともあるでしょう。また、ミディアムボブが好きだといっても、流行のゆるふわスタイルにしてみたいと思うこともあるのではないでしょうか?ヘアアイロンなど縁遠い存在だと思っている、ショートやミディアムボブなどの人、ヘアアイロンは決して、ショートやミディアムボブの人には使えないものではないのですよ。ショートヘアならショートヘアなりの、ミディアムボブならミディアムボブなりの、ヘアアイロンの使い方をすれば良いのです。髪が短いからヘアアイロンは使えない…と思っていた、ショートヘアやミディアムボブのあなた、これを機に、ヘアアイロンデビューしましょう。
引用: https://news.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/00/25/B011150025/B011150025_271-361.jpg
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/akarie/cabinet/tasya13/9924450-e.jpg?_ex=300x300
ヘアアイロンを使った、カールやストレートなどのスタイリングのやり方をご紹介する前に、大切な基本をご紹介しておきましょう。まず、ショートやミディアムボブなどの髪の短い人には特に注意して頂きたいのが、ヘアアイロンを皮膚に近づけすぎないようにすることです。髪の長い人でも、後ろの髪をスタイリングする時に、うっかり首にやけどをしてしまうことがあります。髪の短い人がヘアアイロンを使った場合、後ろの髪でなくても、皮膚にとても近づいてしまうことがあります。頬やおでこなど、ヘアアイロンによるやけどは本当に多いのですが、それらはすべて、ヘアアイロンを皮膚に近づけすぎてしまうことによって起きています。ヘアアイロンは、100度から200度ぐらいの高温になりますので、皮膚に近づければやけどをするのは当然です。なので、まずは「なるべく皮膚に近づけないように使うこと」を覚えておいてくださいね。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/hotch-potch/cabinet/kago_img/00005779_2.jpg?_ex=300x300&s=2&r=1
引用: http://www.astyle.jp/images/goods/088625/08862500_2.jpg
毎朝、お出かけ前にシャンプーをする女性が多いのですが、ヘアアイロンを使う場合、必ず、きっちりと髪を乾かしておきましょう。先にも述べた通り、ヘアアイロンは大変高温になります。180度というと、てんぷらなどの揚げ物を作る時の油の温度や、オーブンでケーキを焼く時と同じぐらいの高温です。高温の油に水を入れるとどうなりますか?そう、じゅっという音を立てて、高温の水蒸気が出ますよね?髪を乾かさずにヘアアイロンを使うと、それと同じことが顔の周辺で起きるのです。高温の水蒸気が顔や頭の皮膚に当たると…そう、やけどをしてしまいます。なので、ヘアアイロンを使う前に髪を洗うなら、必ずしっかりと乾かしてくださいね。
引用: http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/agetuya/cabinet/itempages/bakery/img59672157.jpg
引用: http://www.casasbahia-imagens.com.br/BelezaSaude/cuidadosfemininos/PranchasChapinhas/5406443/245771824/Prancha-Smart-Titanium-230%C2%B0--5406443.jpg
また、こちらもやけど予防ということでおすすめしたいのが、首にタオルを巻いておくということです。特にショートの人やミディアムボブなどの、髪の短めの人の場合、襟足部分にヘアアイロンを使うことが多くなるかと思いますが、これが大変危険なのです。でも、タオルを一枚巻いておくだけで、ヘアアイロンによる首のやけどを防ぐことができますので、ぜひ、首にタオルを巻いてください。
引用: https://tse2.mm.bing.net/th?id=OIP.U1nXB5guCx_e9hHpjisVeQAAAA&pid=Api
引用: http://img.donkimall.com/shop/user_data/shop/packages/combined/hairiron_img/MHS-2545.jpg
やけどに関するご注意ばかりになってしまいましたが、次は、どのようなヘアアイロンを使えば良いのかをご紹介します。ショートヘアやミディアムボブなどの場合、髪が短いため、通常のパイプタイプのカールアイロンでは、髪の長さが足りず、無理に使うと頭などにやけどをしてしまう可能性も高いのです。もしもカールしたいのなら、細めのカールアイロンを使いましょう。パイプの太さが2センチもない細めのカールアイロンもありますので、これなら髪の短い人にも安心して使えます。また、ストレートヘアアイロンは、ストレートにするだけではなく、カールを作ることもできますよ。ストレートヘアアイロンはパイプタイプのカールアイロンとは違い、熱くなる部分がむき出しになっていないので、やけどをしにくいという点でもおすすめです。昔のストレートヘアアイロンは、かなり太め…幅の広いものが多かったのですが、最近の主流になっている、細めのストレートヘアアイロンなら、扱いやすく、カールも簡単に作れますので、カールアイロンより、細めのストレートヘアアイロンが使い勝手が良いですよ。
引用: https://www.kissbel.es/1474-large_default/plancha-con-infrarrojos-uki-diamante-m24-profesional.jpg
引用: https://www.rippleartsalon.com/wp-content/uploads/2017/02/straight-iron-1.jpg
それでは、実際にヘアアイロンを使ってみましょう。まずはショートの巻き方をご紹介します。画像ではショートボブですが、レイヤーを入れてカットしている人の場合も、基本的には同じ巻き方です。ストレートヘアアイロンで髪を挟み、手首をかえすようにして、内側に巻いてみましょう。画像でもおわかりになると思いますが、あまり髪の根元から挟んでいません。根元から少し離れたところを挟み、下におろしていきながら手首をひねりましょう。頭の後ろの髪も同じように、根元から少し離れたところを挟み、下におろしながら手首をひねります。これが基本的な巻き方になります。
引用: https://www.rippleartsalon.com/wp-content/uploads/2017/02/straight-iron-2.jpg
引用: https://www.rippleartsalon.com/wp-content/uploads/2017/02/straight-iron-1-2-1.jpg
ミディアムボブはショートより長いので、髪をブロッキングしましょう。まず、襟足にカールをつける時、上の髪をゴムでまとめて、邪魔にならないようにしておきます。襟足の巻き方は、ショートと同じでOKです。また、後ろ、サイド…と巻いていきますが、こちらもショートの巻き方と同じです。根元から少し離れたところを挟み、おろしながら手首をひねって内巻きにするだけです。外ハネにしたい場合は逆に手首をひねり、外巻きにしてください。ゆるふわにしたいなら、ブロッキングして、内巻きと外巻きを交互に繰り返し、ほぐしてあげるだけで簡単にできますよ。
引用: https://www.rippleartsalon.com/wp-content/uploads/2017/02/straight-iron-1-2-2.jpg
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2016/06/10955.jpg
最後に前髪の巻き方をご紹介しましょう。前髪なしの人は、サイドや後ろの髪をカールする巻き方で巻き、サイドに流すようにしてからほぐしましょう。前髪ありの人は、まず、前髪の真ん中部分をカールします。ストレートヘアアイロンで、根元から少し離れたところを挟み、手首をひねって内巻きにします。次に右もしくは左の前髪、左もしくは右の前髪を同じように巻き、サイドに少し流すようにしましょう。前髪は短いので、あまり根元近く…皮膚近くを挟まないように気を付けて下さいね。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2016/06/10960.jpg
引用: http://item.shopping.c.yimg.jp/i/j/takuhaibin_m9841215
ヘアアイロンを使ったスタイリングのやり方などをご紹介しましたが、いかがでしたか?まずは基本に忠実に、やけどしないように気を付けて、内巻きからチャレンジしてみてくださいね。
引用: https://tse3.mm.bing.net/th?id=OIP.6QXWgEkhzt3nEmNHUZfB0gAAAA&pid=Api
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://stat.ameba.jp/user_images/20110130/22/melange77777/78/d9/j/o0800044411016240692.jpg