A2gvy56bnwhb196sv367

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

ブリーチが痛い理由は?頭皮へのダメージを減らす方法とは!?

2018.08.24

ブリーチが痛い理由って気になりますよね。いつも我慢しているものの、熱いし頭皮へのダメージが気になる場合は、ブリーチを控えたほうが良いのか気になるもの。今回はそんなブリーチが痛い人に向けて、痛みの改善やダメージを減らす方法について見ていきます。

  1. ブリーチが痛い人、実は多い
  2. ブリーチが痛い理由とは?
  3. ブリーチが髪や頭皮に与えるダメージ
  4. ブリーチをしたら痛い、そんな時に試すべき方法
  5. 痛い時にブリーチをするのはNG?それとも我慢してするべき?
  6. 痛いけどブリーチしたい、そんな時におすすめの方法
  7. 痛いけどおしゃれ…それでもブリーチをやりすぎるとこんなことが起きる
  8. 市販のブリーチ剤はより痛いので注意が必要
  9. 痛いけどブリーチをしたいならば、必ず美容院へ
  10. まとめ
引用: http://shinichihonda.net/wp-content/uploads/2015/09/wpid-20150916074829.jpg
ブリーチはおしゃれな髪色にするには必須のものですが、痛いと感じることが多いのも事実。実際髪や頭皮へのダメージも大きいとされていますし、ブリーチをしている最中、頭皮が熱いと感じたり、痛いと感じて我慢をしたりした経験がある人も多いのではないでしょう。
引用: https://obs.line-scdn.net/0hlig6_aHEM0ZaTx4zQVlMERISNSkjLClOMDckfC8ZOWgvIyRGMjUrcCwhMSY1Ly5IeigudQY0GwgTLzZnMl06fSwKCgANLyFFNVYuIScSGjUwY3QUZS90IHxObHZ3dyZCbyx4JjpOZHMjfSESZg/small
誰もが当たり前にやっているブリーチで、まるで痛みなんて感じさせないように思えますが、それでもみんな我慢してブリーチをしておしゃれな髪色を手に入れているのです。実際痛いと感じると悪い予感がしてきますし、不安にもなりますよね。しかし痛いと我慢しながらブリーチをし続けていけば、どんなことが起きるのかも気になるもの。何故ブリーチが痛いのか、その理由を知っていれば安心してブリーチを出来る理由にもなるため、ブリーチ好きは痛いと我慢だけせず、その理由についても見ていきましょう。
引用: http://www.corezzobeauty.com/wp-content/uploads/2017/10/haircolor-hairmanicure.jpg
ブリーチは普通のカラー剤とは違い、圧倒的に髪や頭皮に与えるダメージは大きいものです。刺激がかなり強く、髪の色を抜くだけでなく、髪の栄養素まで吸収してしまうため、髪がボロボロ、カサカサに傷んでしまうというわけなのです。
引用: http://jooji99.com/colortheory/images/p44.png
頭皮についた場合もそのダメージや刺激は平等に与えられますし、頭皮が荒れてしまうことによって、痛みを感じることがほとんどです。ブリーチは基本的に痛みを伴うものだと考えておいたほうが良いと言っても過言ではありません。もちろんやり方やブリーチ剤によっては痛いと感じないものもありますが、それでも基本的に痛いのがブリーチなのです。
引用: http://img01.citylife-new.com/usr/g/a/t/gather/sp-095690000s1493284703.jpg
具体的にどの程度ブリーチが髪や頭皮にダメージを与えるのかを見ていきましょう。まず髪についてですが、色素を抜くということ時点で髪にはかなり大きなダメージが入ります。栄養も取り除かれるため、いくら髪をケアしていたとしても、その分の努力はブリーチをした瞬間剥がれ落ちてしまう、程度に思っておいたほうが良いでしょう。
引用: http://me-gami.com/wp-content/uploads/2016/10/kamibleach.jpg
髪にダメージが入れば、切れ毛や枝毛が増えていき、カサついた髪質へとなっていきます。トリートメントである程度はケア出来るものの、ブリーチによって傷ついた髪を改善するのはほとんど不可能です。かなり大きなダメージを与えていると言えますね。
引用: https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2017/08/af8ff1f32aefe7953d1561a2d69feca6.png
また、頭皮に関してもブリーチ剤の影響はかなり大きいと言えます。出来るだけ頭皮に刺激がないようにと気をつけていても、多少なりともダメージは入るもので、ブリーチをして頭皮に刺激を与え続けていけば、発毛の妨げになることも。それだけ頭皮へのダメージも大きいと言えるのです。
引用: https://scontent-sea1-1.cdninstagram.com/vp/2d2eb45d13ba1ceec24496e82d702b07/5BC047CE/t51.2885-15/s480x480/e35/12716601_1042209362502992_240281257_n.jpg
ブリーチをしたら痛い、そんな時我慢をしたほうがいいのか、それとも我慢をせずに何らかの方法で痛みを改善したほうがいいのか、気になりますよね。
Rfvl56vmctacnrfvga2r
ブリーチをしたら痛いと感じるのは、頭皮に対してダメージが入っているからだと言えます。熱い状態や痛い状態が続いている場合は頭皮へのダメージがかなり大きいため、我慢をせずに【皮膚科】へと足を運ぶのがおすすめ。我慢をして熱い状態や痛い状態が続いてしまえば頭皮の状態はさらに悪くなり、常に痛みを伴う状態になってしまう恐れもあります。皮膚科ならば適切な改善方法や、改善に役立つ薬などを処方してくれることもあるため、痛みとしっかりと向き合うためにも、そして健康的な状態で再びブリーチをしたい場合にも、必要なことだと言えますね。
引用: https://i1.wp.com/atussy.com/wp-content/uploads/2017/03/IMG_5472.jpg?resize=350%2C467&ssl=1
痛い時でもブリーチをしたい、と思う時ってありますよね。その場合、痛い時や熱い時はブリーチをするのはやめたほうがいいのか、それとも痛みや熱い状態を我慢してブリーチをするべきか悩むものです。特に髪色はその人の印象にも繋がるものなので、我慢をしてでもブリーチをしたほうがいいのかな、と思えてしまうことってありますよね。
引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggu9_VXD83EpcEudlM3DyWiA---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-1149327646
この場合、痛い場合や頭皮が熱い場合は出来るだけブリーチをするのは控えた方が良いと言えます。我慢してブリーチをしてしまえば、より鋭い痛みや熱さを感じるだけでなく、頭皮の状態がかなり悪いものになる可能性もあります。悪い状態の頭皮を治すのはかなり大変でもあり、その間髪を染めること自体NGになる恐れもあるため、痛みを感じる際は皮膚科に行くか、それとも頭皮の様子を見て、ブリーチの間隔をあけていきましょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CnAtLRjUEAAbHyQ.jpg
時には痛いけどブリーチしたい、と思う時もあるでしょう。そんな時にはどうすれば良いのか悩みますよね。どうしてもブリーチをしなくてはいけない場合、【痛みを感じない、ダメージが押さえられているブリーチ剤】を使う美容院を探してみましょう。美容院によっては、ブリーチのダメージを最小限に押さえたものを使っているところがあるため、それならば我慢もしやすく、髪や頭皮へのダメージもある程度押さえられます。
引用: https://beauty-architect.com/lily/wp-content/uploads/2015/10/wpid-20151009063259.jpg
また、毛先だけブリーチをしてグラデーションカラーにしてしまうというのもいいでしょう。毛先だけならば頭皮に直接ダメージはいきませんし、グラデーションカラーはおしゃれな髪色でもあるので、おしゃれをキープしていきたい人にとってはぴったりの方法です。毛先ならば髪の傷みがひどい時に切ってしまえばいいので、頭皮の状態を改善したい場合や、どうしてもブリーチをしたい場合にはこの方法で対処をしていきましょう。
引用: http://blog-imgs-57.fc2.com/a/n/g/angelhearts1999/20130717104412447.jpg
痛いと感じていてもやめられないブリーチは、それだけおしゃれだからですよね。髪色の選択肢も広がりますし、一気に垢抜けた印象にもなれるため、痛いけど我慢してでもやりたいのがブリーチの魅力とも言えます。
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/b/e/bed6b_1545_93aa7c37b0d13726bd7ffc0c5e2f0c66.jpg
しかし、先程も痛い理由などで解説した通り、繰り返し使っていけば確実に髪も頭皮も大きなダメージを負うことになります。ブリーチをやりすぎれば【薄毛の原因】や【髪がちぎれる】など、あきらかにブリーチが原因だとわかるほどの弊害が起きることも。髪を触っているだけでも髪がパラパラとちぎれたり、抜け毛が増えて髪も丈夫に生えてこなかったりして、薄毛に悩まされてしまう恐れがあるのです。将来的にそうなってもいい、というのであればブリーチをしてもいいかもしれませんが、それは困ると少しでも思うのであれば、ブリーチ以外のおしゃれを見つけることをおすすめします。
引用: https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2015/10/99c8be920ab47a1384a1766e7c3bd994.jpg
セルフカラーをする際、市販のブリーチ剤を使うこともあるでしょう。しかし市販のブリーチ剤は美容院などで使用されているものとは違い、【誰もが簡単に色を抜けるように】作られているものであり、かなりダメージが大きいと言えます。当然痛いと感じることもありますし、髪や頭皮へのダメージはより大きくなります。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/D/DunkelheitHandwerker/20131106/20131106200539.jpg
どうしても市販のブリーチ剤を使わなくてはいけない場合には、そういったことを踏まえた上で使うのがおすすめ。ただし頭皮や髪の状態によっては一気に悪い状態へと変わってしまうこともあるため、市販のブリーチ剤を使う場合には必ず頭皮や髪の状態をよくチェックした上で、正しい方法で使うようにしましょう。
引用: https://feely.jp/wp-content/uploads/macaron/upload/1e5e998d029f4682b22fe815255590d9.jpg
痛いけどブリーチをしたい、そんな時は市販で色を抜くよりも必ず美容院へいきましょう。市販でなくても良い状態ならば、美容院でプロの手によってブリーチをしてもらったほうがダメージも最小限に抑えられます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQSDjEtBl8NJOX-y9K8xf7BSiASyGG61U78B4ivuWhZ4TVa75o2
また髪や頭皮への傷みについて相談をしてみるのもおすすめ。痛みや髪質、頭皮の状態を改善する方法などを紹介してくれることがありますし、使うブリーチ剤をよりダメージが少ないものにしてくれる場合もあります。使わないということがベストですが、どうしても染めなくてはいけない場合には、美容院でダメージを押さえた上で色を抜くようにしていきましょう。
引用: https://i2.wp.com/hotanihiroki.com/wp-content/uploads/2018/02/9C00603A-C7E9-4A08-B1C5-9C1E1AF58E47.jpeg?resize=750%2C563&ssl=1
いかがでしたか?ブリーチが痛いと、我慢をしたほうが良いのか気になりますし、頭皮が実際に熱い場合はダメージが気になりますよね。今回はそんなブリーチが痛い理由について見てきましたが、もし痛いと感じ絵t悩んでいるようであれば、頭皮へのダメージも考えて、改善や痛みを和らげる方法を試してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://feely.jp/wp-content/uploads/macaron/upload/5217/large.jpg?20170712121647