V3zhe6fj4lo7kxvglq8c

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

ブリーチとパーマは同時にする方法とは?髪へのダメージも紹介!

2020.08.07

ブリーチとパーマ、どちらもしたい場合…方法として同時に行ってもいいのでしょうか?だめだとしたらその理由は?髪へのダメージは?同時にするのではなく期間をおく必要があるとも言われています。ブリーチしたあとにパーマをしたらとれるのかどうかについても見ていきましょう。

  1. ブリーチとパーマを同時にすることはできるの?
  2. そもそもブリーチとは?カラーリングとは違う?
  3. パーマに関する基礎知識もつけておこう!
  4. ブリーチとパーマを同時にすることはできない?その理由は
  5. パーマをした後にブリーチをすると…とれる可能性がある
  6. パーマとブリーチが同時にできる方法①期間をあける
  7. パーマとブリーチが同時にできる方法②髪に優しい液剤を使う
  8. ブリーチとパーマを一緒に行った時にするヘアケア
  9. おすすめのブリーチ&パーマヘアカタログ①
  10. おすすめのブリーチ&パーマヘアカタログ②
  11. パーマとブリーチを同時にしてはいけない理由まとめ
Biwmfv9qj9er5jujrllg
ブリーチで髪の毛を明るくしてから、その後にパーマをかけたいと思っている人も多いでしょう。パーマをかけて髪の毛に動きをつけることができれば、ブリーチした髪の毛も太陽の光を利用してより綺麗に見せることができます。わざわざコテやアイロンでスタイリングする必要もないので、パーマをあてるのはとても便利ですよね!
しかしブリーチとパーマを同時にすると、色々なデメリットがあるとも言われています。一部では「パーマがとれる」との噂も…。ブリーチとパーマは一緒にやろうと思っている人は、このデメリットについてしっかり考えなければいけません。まずはブリーチとパーマの仕組みを知っていきましょう!
Ktswkljwwpu5rs1sefyp
ブリーチは髪の毛の色を明るくする施術ですが、普通のカラーリングとは仕組みが異なります。ブリーチは脱色という意味、つまりブリーチ剤を塗って髪の毛のメラニン色素を抜いてしまうのです。メラニン色素が抜けた髪の毛は明るい茶髪になり、さらにブリーチが進むと金髪になります。
Zseyfx0luirqyxw1yxlb
ブリーチをするとキューティクルがめくれ、その中にブリーチ剤が入り込むというメカニズム。キューティクルが剥がれると髪の毛の中のタンパク質や水分が外に出てしまうので、ダメージを受けて傷みやすくなると言われています。ブリーチした後に髪の毛がボロボロになったりスカスカになったりするのは、こういったところが理由なのです。
M7cwkxn7bhalhs5na7py
パーマは髪の毛のタンパク質を構成しているアミノ酸の結合を切り離し、新しくウェーブの癖をつけるという施術です。アミノ酸の結合がなくなると髪の毛は非常に柔らかくなるので、そこにロッドなどで巻くような処理を加えると、ウェーブしたままヘアスタイルが固定されます。
Ngpjq5tl87u8nsnx7gkq
パーマするときの液剤にもキューティクルがめくれる成分が含まれているので、髪の毛はダメージを受けてしまうのです。美容院によっては強い薬剤を使っているところもあるので、そういったところでパーマの施術を受けるとかなり乾燥してしまいます。
Eq1gwaxqiwpnxf1witsb
ブリーチとパーマを同時にしたいと思っているともいるでしょう、しかし実際のところ同時の施術は難しいと言います。どうしてブリーチとパーマを一緒にすることができないのか、その理由は髪の毛の受けるダメージの大きさにあるようです。
Xnldiidgkvobkb7dy2sw
ブリーチもパーマも、どちらも髪の毛のキューティクルを剥がし髪の毛をボロボロにしてしまいます。どちらかだけの手術でもかなりのダメージを受けてしまうのに、両方一緒にやれば髪の毛が回復できないくらい傷んでしまう可能性も…。これがブリーチとパーマを同時にすることができない大きな理由です。
パーマをした後の髪の毛というのはとてもナイーブで、翌日になってもまだ形状が定まっていないことが多いです。その状態でブリーチをしてしまうと、パーマがとれるかもしれません。髪の毛に大きなダメージを与えるだけでなく、パーマが取れるという悲惨な状態になるのは悲しいですよね…。
Rsz2jrfphpadytkubrie
やはりパーマとブリーチの施術は同時に受けるべきではありません。パーマがとれるようなことがあればもう一度施術し直さなければなりませんし、コストもかさんでしまいます。懐事情を考えてもかなり痛い出費、パーマがとれるし髪の毛のダメージは進行するし、いいとこなしです。どうしてもパーマとブリーチを同時にしたいと言うのであれば、まず先にブリーチをして、パーマをするのは毛先だけに留めておくべき。この順番とやり方であれば、パーマがとれる可能性も低くなるでしょう。
X708zvqbfflopf37tiiv
ブリーチとパーマを同時にしてはいけない理由を述べてきましたが、どうしても同時にしたいのであれば期間を空けるというのも一つの方法。 ブリーチをしたあと3ヶ月以上期間をあけて、パーマをするようにすれば様々なリスクを回避することができます。
Sfizaiu79kltmxt41hfg
期間を空けることによって髪の毛のダメージも回復しますし、ブリーチ髪の毛がある程度生え変わって綺麗な状態になるでしょう。十分な期間をあけてからパーマをする方法、これをすればパーマがすぐに取れる心配もなくなります。がっつりパーマを楽しみたいのであれば、毛先だけのブリーチに留めておくという名もおすすめの方法です。
Qszueybldkvkftfaiabg
極力髪の毛に優しい液剤を使えば、髪の毛のダメージを最小限に食い止めることができるので、パーマとブリーチを同時にしても問題が生じない可能性があります。美容院によっては髪の毛のことを考えて、髪に優しいブリーチ剤を使っているところも珍しくないようです。
Zrkusqqcnwknf1tfd0dw
美容院公式サイトや口コミなどを参考にしながら、髪の毛に優しいブリーチ剤を使っている美容院を探してみてください。またパーマも、コスメパーマや水パーマと言った髪の毛のダメージを抑えることができる種類のものがあります。こういった方法もおすすめです。費用がかさんでしまうかもしれませんが、こういったパーマを上手にチョイスしてブリーチと同時に行えるように図ってください。いろいろな方法を駆使していきましょう。
Lgflexvz7mk7vlu6vffu
ブリーチとパーマを同時に施術した場合、髪の毛は大きなダメージを受けています。まず施術をした日はサンプルを控えるようにしてください。美容院ですでにシャンプーしているのに家でもう一度してしまうと、髪の毛の痛みが激しくなってしまうのです。極力髪の毛にダメージを与えないようにするためにも、サンプルを使わないで髪の毛を洗ってください。
Yva7jkm42fzti9nc5ksw
またしばらくの間は帽子などをかぶり、紫外線対策するというのもヘアケアのうちの一環。髪の毛はタンパク質で紫外線に弱いという性質を持っているので、 UV カットが必要なのです。他にも髪の毛をきちんと乾かして寝る、髪の毛に摩擦を与えないようにするなど、自分でできるヘアケアがたくさんあります。 ダメージを回復させるために、トリートメントを使うというのも有効な手段です。何を使っていいかわからないという人は、ブリーチパーマをしてもらった美容師さんに相談するのが一番。プロからいろいろ話を聞いて、適切なヘアケアができるように努めて下さい。
ブリーチをしたあとだと、こういった外国人風のアッシュカラーもしっかり髪の毛に入るようになります。さらにそこにパーマをかけることによって動きが増し、魅力的なヘアスタイルを作り上げることができるのです。アッシュカラーにすると透明感が出て、透き通ったような全体像になるというのもおすすめの理由になります♪
ブリーチをすることによって、レッドやピンクなどの少し奇抜な色も髪の毛に入れ込むことができるのです。地下の上からカラーリングしただけではなかなかこういった発色は出ません。ウェーブ全体にかけることによって、ガーリー感もさらにアップしますよね!
Fhhssadd3iswnmubnx3i
髪の毛のダメージのことを考えると、期間を空けずにパーマとブリーチをするのはあまりおすすめできません。理由は髪の傷みが深刻になるから…。3ヶ月以上期間を空けて髪の毛のキューティクルを回復させてから、施術を重ねるようにしてくださできるだけパーマとブリーチは同時にしない方がいいですが、方法を工夫すれば髪の毛のダメージを最小限に抑えることができます。
S7akrt4fpsewndnqfrdl
またパーマがとれるリスクを回避することもできるでしょう。できるだけ髪が痛まないように配慮し、パーマがとれるようなことがないように、パーマとブリーチをする期間というのは考えなければなりません。