R6baufg7miaegczqi7f4

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

カフェインの持続時間と効果は?モンスター・レッドブルで比較!

2020.08.07

睡眠にも影響すると言われるカフェイン効果の持続時間と言うのはどのくらいなのでしょうか?カフェインと聞くとコーヒーを思い浮かびやすいですが、緑茶や紅茶にも含まれているんです。またモンスター・レッドブルにも含まれています。そんなカフェインの持続時間を比較します!

  1. カフェインの効果の持続時間はどのくらい?モンスター・レッドブルで比較!
  2. カフェインの持続時間はどのくらい?「カフェインとは?」
  3. カフェインの持続時間はどのくらい?「カフェインの効果」
  4. カフェインの持続時間はどのくらい?「カフェインが含まれている物は意外に多い!」
  5. カフェインの持続時間はどのくらい?「モンスター・レッドブルのカフェイン量は?」
  6. カフェインの持続時間はどのくらい?「カフェインの効果が始まるまでの時間」
  7. カフェインの持続時間とは?
  8. カフェインの持続時間と睡眠
  9. カフェインの摂りすぎは危険
  10. まとめ
M7otglnbm4ysuneki4kx
カフェインには様々な効果があるのを知っていますか?また、カフェインと言うとコーヒーがとっても有名ですが、実は緑茶や紅茶にも含まれているんです。人気のエナジードリンク、モンスターやレッドブルにも多く含まれています。そんなカフェイン自体の効果やモンスター・レッドブルのカフェイン量、持続時間や、睡眠との関係などについてご紹介して行きたいと思います!ぜひチェックしておきましょう!
L9f9vtny25cxy37vt2lo
ではそもそも、カフェインとはどんな物なのかから知って行きましょう!カフェインとは、コーヒーの中にあるからカフェ+インでカフェインと言う名前になったそうで、アルカロイドの1種で様々な効果などを持っています。またカフェイン自体は頭痛薬などにも含まれている事があり、薬としても有名な成分です。そんなカフェインの効果について詳しく見て行きましょう!
M82m0wvwrcvoybnhaoc5
Corvagzl5ppknimf7ftf
ではカフェインの効果について見て行きたいと思います!カフェインはたくさんの効果がありますが、主に覚醒効果や集中力をアップさせてくれるという点が一般的に知られています。眠気覚ましのコーヒーと言うのも、この覚醒効果を狙ったものですね。ここぞと言う時や、眠気や疲労を感じても今だけ頑張りたいと言う時は、仕事などをしている時にあるかと思いますが、そんな時にもカフェインは強い味方になってくれるんですね。
Lzjx0bsuffykg6g7lyu8
Qlvbcick4qyjjbl0yfau
カフェインが含まれているものについても見て行きたいと思います。意外に多くの食べ物にカフェインが含まれていて、緑茶や紅茶などにもありますし、特に緑茶の中でも玉露はコーヒーよりも多く含まれていたりします。また、ココアや烏龍茶にも含まれています。他にもチョコなどにも含まれているので、意外に多く摂りすぎてしまう事もあるので注意が必要です。
Ppc2scrvnjvo9ywvjne7
また、妊娠中の方や授乳中の方、お子様などは量を制限した方が良いですので、特に気をつけた方が良いでしょう。コーヒーを飲んでいないとしても、緑茶や紅茶などの食品などを多く摂ってしまうとカフェイン量が多くなってしまいます。どうしても食べたい場合には、医師に相談してからの方が良いでしょう。
Aisedbywdttram3vbbn9
Bncgptbxj1ow3xr2u3hd
ではここからは、モンスターやレッドブル、コーヒー、緑茶や紅茶のカフェイン量について比較してみたいと思います!どのくらいの差があるのでしょうか?さっそくそれぞれのカフェイン量について見て行きたいと思います。健康な成人の方で1日の摂取目安は400mgまでとなっているので、それも念頭に入れてチェックして行きましょう!

モンスターのカフェイン量

モンスターエナジーのカフェイン量は100gあたり36mg。1本飲むとすると355mlですので142mgとなります。400mgまではまだありますが、他にも飲み物を飲んだ場合にはすぐに超えてしまいそうです。かなり多い数字ですね。

レッドブルのカフェイン量

レッドブルのカフェイン量は100gあたり32mgです。1本飲むとすると250mlですので80mgとなります。1本あたりの量がモンスターよりも少ないので、カフェイン量も少なくなっていると言ったところでしょうか。100gあたりはそこまで大きくは変わりませんね。

コーヒーのカフェイン量

こちらの場合には、インスタントではないコーヒーですね。抽出するときのお湯の温度や豆の量にもよって違いますが、100mlで60mgが目安となります。コーヒーカップだと約3〜4杯ほどが限度となりそうですね。うっかりすると超えてしまいますので注意ですね。

緑茶のカフェイン量

こちらの場合にもコーヒーと同様にお湯の温度や茶葉の量にもよって変わりますが、100mlで20mgとかなり控えめですね。緑茶はこの量ですが、玉露となるとコーヒーより多くなりますので気をつけてくださいね。緑茶の方が多く飲みやすかったりしますので気をつけましょう。

紅茶のカフェイン量

では最後に紅茶です。紅茶の場合も、緑茶と同様にお湯の温度や茶葉の量にもよって変わります。また紅茶は茶葉の種類でもカフェイン量が変わります。目安としては100mlで30mgとなっています。緑茶よりも少し多いですね。紅茶も飲み過ぎはいけません。
Dahh0conzhv0mrgnngqo
Vyip8hfbryvl0134rdsk
カフェインの効果が始まるまでには、大体1時間ほどと言われています。ですので、頑張りたい時には直前に飲むのではなくて、前もって1時間ほど前に飲んでおくと良いですね。特に眠気をなんとかしたい時には、カフェインを摂取してから仮眠をとっておくとよりシャッキリと目覚めることができます。眠いけど頑張りたい時などにはぜひ試してみてください!
Ghbkiz1ziomj8mbwhf4y

カフェインへの耐性は個人差がある

Eqnev5gckxefkvpxxrh3
そして、こちらも気になるポイントですがカフェインへの耐性は個人差があります。ですので、効果がどのくらいあるのかと言うのもかなり個人差が出てくるのです。また、毎日のように常飲している場合には慣れてしまって効果を感じられないと言うこともあります。日本人はカフェインへの耐性が強いとも言われていますが、体調にもよって合わないこともあるかと思います。効かないからと多く飲んでしまうのは良くありません。
Hi8xvv65utjkhlkpcbpw
Dmyst2zcct9uos2pd1nc
では気になるカフェインの持続時間についても見て行きたいと思います。こちらも、カフェインへの耐性などにもよってかなり変わってきますが大体3〜4時間前後と思っておくと良いかと思います。またその時間が過ぎても、はっきりと違いを自覚するかと言うと、そうでもないのでわかりづらいかもしれませんね。持続時間は目安として考えるのが良さそうです。
Xmuyrenpxs3lbmgizgyn
Zyerkpkwdhad8kewy02v
では睡眠についても見て行きましょう。上の項目で覚醒効果があるとお伝えしましたが、睡眠にもとっても関係しています。夜寝る前にカフェインを摂ってしまうと、覚醒効果によって眠れなくなってしまう事にも繋がります。どうしても起きていたいと言う時以外には飲まないようにしましょう。また、寝る直前だけではなく、寝る4時間以内にも飲むのは控えておきましょう。しっかり睡眠するためにも守っておきましょう!
Vzq8fvybprixdmbnhdmd
Dokuyyxxqyhddwrd5msf
カフェインの摂り過ぎは非常に危険です。効果が出ないからとたくさん飲んでしまったりすると、体調不良だけでは済まないこともあります。カフェインを多く飲んだ後に、気分が悪くなったり、動機や頭痛などの症状が現れて、ひどい場合には病院へ行くようにしましょう。多く摂取してしまって気になる程度の場合には、水を多めに飲むようにすると早めに排出する事ができます。
I2p8jaqar7af7tlq9cc1
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでカフェインの効果やモンスター・レッドブルなどに含まれるカフェイン量、持続時間と睡眠の関係などについてご紹介させて頂きました!コーヒー以外にも緑茶や紅茶にもカフェインが含まれているんですね。つい寝る前に飲みたくなってしまうお茶類ですが、より良い睡眠のためには控えた方が良いようです。気をつけた方が良いですね!