Basbcpcnpmfklinjglgy

美容

CATEGORY | 美容

ほくろが多いのはどうしてなの?その原因とできやすい特徴とは

2018.08.30

ほくろが腕や体に多い色白女性にとって、見た目や病気が気になる人も多いのではないでしょうか?そんな、ほくろの悩みを持っている人は多いはず!そこで、ほくろが多くできやすい人の特徴と原因、また病気の可能性があるほくろについて詳しく解説したいと思います。

目次

  1. 「ほくろ」とは?
  2. 【ほくろが多い人のために】ほくろができる原因
  3. 【ほくろが多い人のために】ほくろには良性と悪性がある?
  4. 【ほくろが多い人のために】悪性のほくろの特徴
  5. 【ほくろが多い人のために】病気の可能性がある場合
  6. ほくろが多い人の特徴と原因は?
  7. ほくろは、「先天性」と「後天性」がある
  8. 後天性でほくろが多い原因は?
  9. 多い人のために…ほくろの予防策
  10. ほくろが多い人は、除去治療も視野に入れてみて!
  11. ほくろだって、あなたのチャームポイント
Ddd26577 77ad 43ce b732 ec35f655a9d8
引用: https://cdn.kaumo.jp/element/ddd26577-77ad-43ce-b732-ec35f655a9d8.jpg?w=360&h=500&t=resize&q=90

そもそも、女性のみなさんは、「ほくろ」とは一体何なのか、知っている方はいますか?

ほくろを医療用語で言うと、「色素性母斑(しきそせいぼはん)」または「母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)」と言います。

ほくろは、「メラノサイト」と呼ばれる色素細胞が変化した「母斑細胞(ぼはんさいぼう)」という細胞のかたまりで出来ています。母斑細胞が作りだ図メラニン色素の影響で、ほくろや黒色や褐色に見えるのです。

Shutterstock 419822230
引用: https://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2013/04/shutterstock_419822230.jpg

皮膚は、紫外線を浴びると、メラノサイトがメラニンを作り出します。

新陳代謝がしっかり機能して、ターンオーバーが正常化していれば、周期に合わせてメラニンは排出されますが、メラノサイトが活性化しすぎたり、ストレスや生活習慣の乱れでターンオーバーが乱れると、母斑細胞が生成されほくろが出来てしまうのです。

ほくろが出来る主な原因は、皮膚が紫外線を浴びることですが、ほかにもストレスが溜まっていたり生活習慣の乱れや運動不足で代謝が落ちると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、ほくろが出来やすくなってしまいます。

良性のほくろ

1103
引用: http://hostclub.biz/data/1/0781274693301285206/1103.jpeg

一般的なほくろは、5mm以内の小さいものを指します。

紫外線や外部刺激の影響でメラノサイトが刺激されてほくろは大きくなりますが、それでも大きくなるスピードはゆっくりで数年〜数十年かけて大きくなるのが特徴です。

悪性のほくろ

Woman img03
引用: https://bus.konkatsu-cafe.info/wp-content/uploads/2014/10/woman_img03.jpg

メラノサイトが悪性化して、腫瘍になってしまったものを「メラノーマ」と言います。

メラノーマは、皮膚腫瘍の中でも最も危険なもので、発生すると進行が早いので注意が必要です。

どこの服でも発生しますが、皮膚以外の口腔内や目の粘膜にも発症する場合があります。

若年層よりも中年層の発症率が高いのも特徴です。

Ds hatena 782x554
引用: https://blog.imazeki-ryoga.com/wp-content/uploads/ds-hatena-782x554.png

体に出来た良性と悪性のほくろを見分けるのは難しいですが、メラノーマの特徴を理解していれば、病気を未然に防げる可能性もあります。

そこで、悪性のメラノーマの特徴を挙げてみますので、気になるほくろがあれば比べてみてください。

ほくろの形が左右非対称

ほくろの形が左右対称ではなく、形がバラバラで均等性がない左右非対称の場合です。

端がギザギザしていたり、肌とほくろの境界線が不鮮明

ほくろの輪郭がはっきりとしていなくて、不鮮明のもの。

ほくろの色にムラがある

ほくろ全体が同一の色ではなく、所々の色が濃かったり薄かったりと色ムラが見えるもの。

1 / 4