X89r4gy0hxr3cv0g0ltf

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

コーヒーでアメリカンとブレンドの違いとは?味が薄いか濃いかだけ?

2020.08.07

コーヒーには色々な種類や味がありますね。どこにでも多くあるのはブレンドですが、アメリカンとの違いはどんなものがあるのでしょうか?また、カフェイン量や作り方、種類や由来などはどんなものなのか見て行きましょう!コーヒーのアメリカンとブレンドの違いに迫ります!

  1. コーヒーのアメリカンとブレンドにはどんな違いがあるの?
  2. コーヒーのアメリカンとブレンドの名前の由来と特徴
  3. アメリカンコーヒーの名前の由来と特徴
  4. ブレンドコーヒーの名前の由来と特徴
  5. コーヒーのアメリカンとブレンドの違い
  6. コーヒーのアメリカンとブレンドの違い「豆」
  7. コーヒーのアメリカンとブレンドの違い「味」
  8. コーヒーのアメリカンとブレンドの違い「カフェイン量」
  9. コーヒーのアメリカンとブレンドの作り方とは?
  10. アメリカンコーヒーの作り方
  11. ブレンドコーヒーの作り方
  12. まとめ
Duezok85pnwmhovvqcdj
コーヒーはお好きですか?コンビニでも自販機でも販売されている事の多い、とっても身近な飲み物でもあるコーヒーですが、種類はたくさんあります。また、種類によって味の違いやカフェイン量も違って来ます。そんなコーヒーの中でも多くあるのがアメリカンとブレンドです。それぞれにはどんな違いがあるのでしょうか?このページでは、アメリカンとブレンドのそれぞれの特徴や名前の由来、味やカフェイン量の違いなどについてご紹介して行きたいと思います!ぜひチェックして行きましょう!
V0epwkpjzq7kjsftbbyt
Swpefhsfzcebkuq2nqvy
ではまずコーヒーのアメリカンとブレンドの名前の由来と特徴から見て行きたいと思います!それぞれがどんなものなのかを名前の由来や特徴から見て行きたいと思います!それぞれ似ている名前もあったりするので、混同しないように気をつけてくださいね!ではチェックして行きましょう!
J4wzi2auv50dhpz643sw
では最初はアメリカンから見て行きましょう。アメリカンと言う名前自体は、日本でのみ使用されている名前なんです。濃度が薄いと言う意味合いを持って使われている名前だそう。そして、実際に薄いのかと言われると、あまりそうではありません。浅煎りの豆の種類を使用していて、酸味が特徴的なコーヒーで浅煎りの豆を使用しているので、苦味があまり多くありません。またお湯を多めにして抽出するので濃度が薄いと言う印象になっているようです。ですがアメリカンとアメリカーノを厳密に分けていないお店も存在するようです。
Hde2sqyie3owpdzdpd98
とても良く似た名前でアメリカーノがありますが、アメリカーノともまた全く違うものになります。アメリカーノの場合には、エスプレッソにお湯を加えているので、作り方も味わいも変わってくるんですね。そして、お湯を加えていると言っても、お湯の割合などはお店にもよって違いますしエスプレッソ自体がかなり濃いので、こちらも薄いと言うのとは少し違います。ですが、お店の味にもよって違ってきます。
Qgadipwqrv3kuehugicd
ではブレンドコーヒーについても見て行きましょう!ブレンドコーヒーは、その名の通り複数の豆をブレンドして作るコーヒーの事を指します。どんな味わいを作るかは、お店の腕の見せ所でもあると言う事ですね。ですが、一部のお店では、余り物などのコーヒーを適当にブレンドしている事などがあったりして、あまり印象が良くないと言う面もあります。
R5jyvhmgtwq6umpabup2
ですが、コーヒーショップによくあるのもブレンドコーヒーです。ブレンドコーヒーは、安定してお店の味として作りやすいと言う良い点もありますし、上で触れたようにお店の腕の見せ所でもあるのです。例えば、一つの豆の味を楽しむタイプだと、その豆自体の出来などにもよってコーヒーの味が左右されてしまいますが、ブレンドであれば、お店の味に近づけるために他の味わいをプラスする事などで対策をする事ができます。安定して、良い味を提供しやすいと言うのもあるようです。
Qywy5kkxlbweljzbtpmx
ではそれぞれの特徴については分かりましたね!ここからは、もう少し一歩深い部分の違いについて見て行きたいと思います!味とカフェイン量、豆についてご紹介して行きたいと思います。少しの差が重要とされるコーヒーは、なかなか細かいものもあります。基本的なアメリカンとブレンドの違いは分かりましたが、一歩深い部分にはどのような違いがあるのでしょうか?見て行きましょう!
Lflkkklhzv8bumkchcaj
Amqv6vz8qwldaorffnsx
ではまず豆について見て行きましょう!アメリカンに使用されるのは、浅煎りの豆です。コーヒー豆はローストの方法によっても味わいが変わってくると言う、とっても奥深いものでもあるんですね。ローストの程度で言うと、ライトロースト、シナモンロースト、ミディアムローストが一般的なアメリカンに使用されるものです。
Rpvsbmqvdps83rp0f28y
ブレンドコーヒーの場合には複数の豆をブレンドすると言う事ですが、使われている豆は3〜4種類ほどが多いようです。もちろん、お店によっても全く違ってきますし、味の追及や考え方によって違ってきます。よく言われているセオリーでは全く味の違う豆同士をブレンドするのが良いとも言われています。このセオリー自体は、安定してコーヒーを提供するにはと言うような意味も含まれているので、個人でブレンドしたい時には、もっと冒険したブレンドを目指すのも良いですね。
J2zh4qzakhqzonw6lsjy
アメリカンとブレンドの違いは、アメリカンの場合には深みよりも酸味が強く前面に出ていて、場合によっては薄いと言うのが印象としてあるかもしれません。ブレンドの場合には、一つの豆ではなく複数の豆がブレンドされているので、味自体に深みがあり苦味もしっかり感じられるのですが、ブレンドの方法によって味の好みが分かれたりもするので、お店の味が自分に合うかどうかと言うのはまた違ってくるかもしれません。
Jcexauqyr0gkjjzlbfej
カフェイン量に関しては、アメリカンもブレンドもそこまで大差はありません。ですが、浅煎りの方がカフェイン量が多くなりやすいです。ですので、アメリカンの方が少しカフェイン量が多くなりますが、そこまで劇的な数字の変化ではないと言われています。カフェインを気にされている場合には、デカフェなどを利用する方が良いかもしれません。
Qwkt52mefxvzm4n1jt92
Lnptpl2mpwfw7qgonwwn
ではここからはそれぞれのコーヒーの作り方について見て行きたいと思います!作り方はその人の考え方や味覚がより現れやすくなります。ですので、一概にこの作り方が良い、美味しいと言うのは難しいのです。ぜひ、こちらは参考までにしてみてください。ではさっそく見て行きましょう!
Vn5fnhowtinwsp7dohoa
K7rzorldibni9dv3vbg3
アメリカンコーヒーの作り方としては、浅煎りの豆を用意して、たっぷりめのお湯で抽出する方法です。出来上がったものは薄味に感じられるかもしれませんが、浅煎りの豆の楽しみ方として、人気の高い抽出方法です。お好みではない場合には、浅煎りの豆を深入りとブレンドコーヒーにしても良いですね!ちなみに、アメリカの方はブラックで飲むと言う情報が広まり、アメリカンもブラックでと言うのが主流になりつつありますが、アメリカの方はミルクと砂糖を入れる方が多いようです。
Dbaal6wolwmypw9te2dn
ではブレンドコーヒーの作り方についても見て行きましょう!市販のブレンドでも良いですし、複数のコーヒー豆を準備できる場合には自分でブレンドを楽しむのも良いですね。より深くブレンドの楽しみたい場合には、自家焙煎して焙煎した日にちや焙煎の度合いにもこだわるのがおすすめです。焙煎されている状態をブレンドするのはアフターミックスと呼ばれていて、よりブレンドが難しくもなります。
Pvytsw2vz8sozpxi3tiu
Vojggogpdis1ddmtpzkn
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでコーヒーのアメリカンとブレンドのカフェイン量や作り方、種類や由来などについてご紹介させて頂きました!とっても身近な飲み物でもあるコーヒーですが、とっても種類が多いですし、それぞれの作り方や違いまでにはあまり馴染みが無い事が多いかと思います。ぜひ詳しく知ってさりげなく話の中で披露しちゃいましょう!