Wle95dmwgf3plddckn2c

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

コーヒーは一日に何杯位飲むのが良いの?メリット・デメリットは?

2020.08.07

普段コーヒーは毎日のように飲みますか?習慣だったり、一日に何杯飲んでいるのかあまり気にしていない方もいるかもしれません。ですが、一日の限度があるんです。コーヒーの限度や適量、一杯に含まれるカフェイン量、効果やメリット・デメリットをご紹介します!

  1. コーヒーには一日の限度がある!?効果やメリット・デメリットとは?
  2. コーヒーには一日の限度がある!?その原因とは?
  3. コーヒーには一日の限度がある!?その原因「カフェイン」
  4. カフェインのメリット・デメリット
  5. コーヒーには一日の限度がある!?その原因「カフェインの限度とは」
  6. コーヒーには一日の限度がある!?その原因「一杯でどのくらいのカフェインが入っているの?」
  7. コーヒーには一日の限度がある!?その原因「カフェインはコーヒー以外にも!」
  8. コーヒーには一日の限度がある!?「カフェイン中毒」
  9. コーヒーには一日の限度がある!?「ひどい場合には病院へ」
  10. まとめ
Dkw4ean4trpwt1peh0wo
コーヒーを毎日の習慣にしていて、何杯も飲んでいると言う方は少し注意した方が良いかもしれません。コーヒーには嬉しいメリットとなる効果もたくさんありますが、デメリットもありますし、適量を超えてしまうのは非常に危険なものでもあります。そんなコーヒーの一日の適量やメリット・デメリットについて、一杯に含まれるカフェイン量などについてご紹介して行きたいと思います!多く飲んでいるかも...と心当たりのある方は、しっかりチェックしておきましょう!
Etqjxudq6rahkdpa38oq
Lnyceq5p5bkfkfh98arl
では、さっそくコーヒーには一日の限度があるのかどうかを見て行きたいと思います!コーヒー自体は、コンビニやスーパーなどどこにでも販売されていますし、商品自体に飲みすぎに注意などと書かれているのも見た事無いかと思います。そんなコーヒーはどうして一日の限度や適量があると言われているのでしょうか?詳しく見て行きたいと思います!
Vuiksgg1lkdyhomkdmoy
Odkehwnmpiuyrzzoul3a
限度や適量があると言われているその原因と言うのは、なんとカフェインなんです。カフェインって、とっても有名ですし、コーヒーと言えばカフェインとも言えるくらいかと思います。ですが、カフェインってどんなものなのでしょうか?たくさんの嬉しい効果があると言われているカフェインについてより詳しく見て行きましょう!
Thnfwsizyexocgepl545
Nesnhr3koi7cyxdpgu3j
一日の限度や適量の原因ともなるカフェインですが、悪者と言う訳では無いのです。良い効果やメリットがあるのですが、デメリットもあるのです。このデメリットがあるからこそ、何杯でも飲んで良いと言うわけには行かないようです。ではメリット・デメリットについて見て行きましょう!

カフェインのメリット

Dmlyw1wqe45irxmcrgnf
カフェインのメリットとしては、覚醒効果によって集中しやすくなりますし、作業効率をアップさせる事ができます。また、頭痛を今だけどうにかしたい時にもおすすめです。筋肉疲労にもおすすめです。どうしての眠気が抑えられない時にも、カフェインを飲んで眠気を吹き飛ばす事ができます。たくさんの良い点について挙げましたがデメリットもあるんです 。

カフェインのデメリット

Ayriymijj2689ymvy4an
カフェインのデメリットとしては、覚醒状態になってしまうので寝る前にカフェインを摂取してしまうと眠れなくなってしまいます。だいたい5時間ほどは間隔を空けるようにしましょう。適量を超えて何杯も飲んでしまうと、カフェイン中毒を引き起こしてしまう可能性もあります。よほど飲みすぎた場合にもよりますが、カフェインの摂取しすぎは非常に危険で命に関わることもあります。
Gmzmexbq0et1yoo1f4z2
一杯だけにしていても、何杯も飲んでしまっていては限度を超えてしまうこともあるかもしれません。上でも少し触れたように、カフェインを飲みすぎてしまうとカフェイン中毒などを引き起こしてしまう可能性があるので、限度はしっかりと守る必要があります。厚生労働省のカフェインの過剰摂取についてのページではカナダ保険省の発表について書かれています。
・少量のカフェイン摂取はほとんどのカナダ人にとって懸念はないが、過剰摂取は不眠症、頭痛、イライラ感、脱水症、緊張感を引き起こすため、特に子供や妊婦、授乳中の女性は注意すること。   ・健康な成人は最大400 mg/日(コーヒーをマグカップ(237 ml入り)で約3杯)までとする。(一部抜粋)

Yc8yjjdddrhgtjpjvhq9
このように健康な成人で最大400mgまでとされています。一杯だけと思っていても何杯も飲んでしまうと、400mgを超えてしまうこともあるかもしれません。カフェインの摂取には気をつける必要があります。コーヒー好きの方だと、つい多く摂りすぎてしまうこともあります。気をつけないといけませんね。
Zmjvn6v0axxwtcssh4sj
Wa7dnmk6h4bfxjb3mini
では一杯のコーヒーにはどのくらいのカフェインが含まれているのかについても見て行きたいと思います!ですが、コーヒーの場合には、抽出する時の湯温やコーヒー豆の量にもよってカフェイン量が変わってきます。ですので、あくまで目安となりますが、コーヒーカップの場合はおよそ一杯が140mlほどが多いです。100mlで60mgほどが目安ですので、一杯あたり84mgとなります。
L9jvydoxwxqtlzuo3yph
ですが、マグカップなどの場合にはそもそも容量がこの倍くらいあるタイプのものもありますので、一杯とは数えにくくなりますね。普段大きめのマグカップを使用してコーヒーを飲んでいる場合などは、量でカフェインの量について考えた方が良いですね。また、インスタントの場合にはまた違ってきます。粉の状態のインスタントコーヒー2gのの中に、80mgが含まれています。こちらも商品にもよって違いますし目安になりますが、以外に多いですので気をつけましょう。
Emcgzuwjapokhvsqxvhg
コーヒーの中のカフェイン量についてをご紹介してきましたが、コーヒー以外にもカフェインが含まれている事があるんです!特に多いのはエナジードリンクや栄養ドリンク、眠気覚ましのドリンクなどにも含まれている事があります。これらは多くの量が含まれている事がありますし、一気に飲みやすいものでもあるので気をつけましょう。
Ixjyykvoduof8utuoych
また、緑茶にも含まれているのですが特に玉露には気をつけましょう。玉露はコーヒーよりもカフェイン量が多くなります。日常的に飲む習慣がある方は少ないかもしれませんが、玉露を飲む時にはカフェイン量に気をつける必要があります。また、緑茶以外にも紅茶や烏龍茶、ココア、チョコレートなどにも含まれていますので、これらをたくさん飲んだり食べたりする時には注意してください!
Z6impya1oznjzyazg56n
日常的に多くのカフェインを撮り続けているとカフェイン中毒になってしまう可能性があります。また、一度に多く撮りすぎてしまっても急性カフェイン中毒となってしまうこともあります。頭痛や胸焼け、関節痛など身体的なものもありますし、焦燥感を強く感じたり、不安感が強くなったりしてしまうこともあります。また、一時的な不眠症になってしまうなど症状も様々です。もし思い当たる場合には水分を多くとって、排出しやすくしましょう。
Qanzeyk8sl1boa1spoqo
症状がひどい場合には、ためらわず病院へ行くようにしましょう。自己判断は危険ですし、もしかしたらカフェインが原因の症状ではないかもしれません。自分で違和感を感じたり、症状が重いなと感じる時には早めに病院へ行き、医師に適切な処置をしてもらうようにしてください。めまいなどがあることもありますので、二次的な事故も考えられます。早めに対処しましょう。
Xofvoiep8y57ri2ow8mv
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでコーヒーの一日の限度や一杯のカフェイン量、適量や限度、効果とメリット・デメリットなどについてご紹介させて頂きました!とっても良い効果もたくさんあるコーヒーですが、何杯も飲みすぎてしまったり限度を超えてしまうのは危険なんですね。適量を守って、気分が悪くなったりしたらすぐに飲むのをやめておきましょう。
Ojzdfqt9fhflqkueh39s