Pgsirmqp9pwxtwxnxyyg

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

ヘアブラシの掃除・洗い方は?100均商品でできる簡単な方法を紹介

2020.08.07

ヘアブラシの掃除の仕方や洗い方をご存知ですか?ヘアブラシクリーナーや重曹、100均商品を使ってできる簡単な掃除の仕方や洗い方をご紹介します。特に豚毛はデリケートなので、お手入れ方法には要注意!ヘアブラシに髪やほこりが溜まっている人は、一読してみてくださいね!

  1. はじめに
  2. ヘアブラシの種類まとめ
  3. ヘアブラシの掃除(洗い方)は?│プラスチック(ナイロン)ヘアブラシのお手入れ方法
  4. ヘアブラシの掃除(洗い方)は?│木製ヘアブラシの簡単お手入れ方法
  5. ヘアブラシの掃除(洗い方)は?│獣毛(猪毛・豚毛)ヘアブラシの簡単お手入れ方法
  6. ヘアブラシの掃除(洗い方)は?│ヘアブラシ用クリーナーを使った簡単お手入れ方法
  7. ヘアブラシの掃除(洗い方)は?│歯ブラシを使った簡単お手入れ方法
  8. ヘアブラシの掃除(洗い方)は?│重曹を使った簡単お手入れ方法
  9. ヘアブラシの掃除(洗い方)は?│100均の便利アイテムをご紹介!
  10. ヘアブラシの掃除(洗い方)は?│おわりに
Uea0jayakxtx5ypt9h2m
毎日のヘアケアに欠かせないヘアブラシ。毎日使うものだから、ふと見るとヘアブラシに抜け毛やほこりが…なんて経験ありませんか?ヘアブラシはどうしても髪やほこりなどの汚れが溜まってしまいがち。そのまま使い続けると、髪や頭皮のトラブルへと繋がってしまう可能性もあります。なにより、髪やほこりで汚れているヘアブラシを使うのはあまり気持ちのいいものではありませんよね。
Hnue1titk2oju4tz2dva
今回は、簡単にできるヘアブラシのお手入れ方法を中心にご紹介します。今回ご紹介する方法は、ヘアブラシクリーナーを使った方法や、重曹を使った方法、また、100均にはヘアブラシの汚れを予防する便利グッズも売られているようです!ヘアブラシの汚れが気になっている人は、要チェックですよ!
まずは、ヘアブラシの種類について確認しておきましょう。
何気なく使っているヘアブラシですが、形状と材質には様々なものがあるんです。まずは、形状の違いをチェックしていきましょう!

デンマンブラシ

デンマンブラシは、カーブしたハーフランドの形状をしています。髪全体を整えたい時や、髪にツヤを出したい時におすすめです。ロングヘアや髪が細くて絡まりにくい人に◎。

クッションブラシ

クッションブラシは、ラバー部分にクッション性のある素材を使っています。頭皮に優しく、マッサージ効果も期待できます。髪表面にツヤを出したい人や、頭皮マッサージをしたい人におすすめです。

スケルトンブラシ

スケルトンブラシは、ヘアブラシの1本1本の毛の間隔が広いのが特徴です。手ぐしに近い感覚で髪を梳かすことができるので、髪が絡みやすい人やパーマヘア、ダメージヘアの人にもおすすめです。

ロールブラシ

ロールブラシは360度全てに毛がついています。ドライヤーとセットで使われ、ブローやスタイリングをするのに適しています。

スカルプブラシ

スカルプブラシは、頭皮の角質や皮脂を取りながらマッサージ効果も期待できるヘアブラシ。髪が絡まりやすい人や、パーマやカットの自然な毛流れを演出したい人にもおすすめです。
いかがですか?ヘアブラシといっても、様々な形状をしたものがあるんですね!次に、ヘアブラシの材質をチェックしていきましょう。

プラスチック

プラスチック(ナイロン、ビニール、合成樹脂)のヘアブラシは、耐水性に優れ、水洗いなどのお手入れがしやすいという特徴があります。静電気が起きやすい面もありますが、最近では静電気防止加工が施されているものも販売されています。

メープルや楓、オークなどの木で作られたヘアブラシは、天然素材のため静電気が起きにくいという特徴があります。また、使い込むことで油分が馴染み、ツヤが出てきいます。お手入れの仕方には注意が必要なヘアブラシです。

獣毛

猪毛や豚毛で作られた天然素材のヘアブラシは静電気が起きにくく、毛に含まれている水分と油分で髪にツヤを与えてくれます。猪毛や豚毛の獣毛ブラシは、価格は高めで、お手入れの仕方には注意が必要です。
いかがでしたか?ヘアブラシには形状と素材に違いがあるんですね!続いて、ヘアブラシのお手入れ(掃除)の仕方をチェックしていきましょう。今回は、ヘアブラシの素材別の洗い方をご紹介します。
プラスチック(ナイロン)のヘアブラシのおすすめの洗い方は、水洗い。ブラシ部分だけではなく、柄の部分もプラスチックであれば、長時間の浸け置き洗いも可能です。
最初に、手で取れる髪やほこりを取ります。洗面器に水とシャンプーを入れ、ヘアブラシを振りながらシャンプーを泡立てます。その中にヘアブラシを浸け、一晩放置します。ほこりや汚れが浮いてきます。シャワーで洗い流して、タオルで水分を拭き取りましょう。根元部分に水分が残らないように、毛先を下にして自然乾燥させればOK!
木製のヘアブラシは傷んでしまう可能性があるので、頻繁に水洗いするのは避けましょう。中には、水に強くなかったり、水洗いをすることでカビが生えてしまうものもあるので、水洗いOKなものか確認してから洗うようにします。
最初にヘアブラシについている髪やほこりを取っておきます。次に泡立てたシャンプーをつけながら洗います。シャワーを当てながら、浮いた汚れとシャンプーをよく洗い流しましょう。タオルでしっかりと水気を切り、自然乾燥させればOK!
豚毛や猪毛で作られた獣毛ヘアブラシは、基本的に水洗いは避けたほうがいいと言われています。豚毛や猪毛の獣毛ヘアブラシは、水洗いすることで毛が抜けてしまったり、獣臭が強くなることがあるためです。豚毛や猪毛の獣毛ヘアブラシのお手入れは自己判断せず、メーカーのお手入れ方法に従うようにしましょう!どうしても洗いたい…!という場合は、サッと水洗いにとどめておきましょう。
Pjr2zoqlwyktehtlqv4s
いかがでしたか?ここまでヘアブラシの素材別の洗い方をご紹介しました。次に、毎日のケアにおすすめのヘアブラシ用クリーナーや歯ブラシを使ったお手入れ方法をご紹介します。
ヘアブラシ用クリーナーは、ヘアブラシについた髪やほこりを取り除くアイテム。ヘアブラシ用クリーナーでこまめにお手入れをしていれば、水洗いのケアの頻度を少なくすることができますよ!
ヘアブラシ用クリーナーの使い方は、ヘアブラシの根本部分に差し込み、毛先に向かって引き上げればOK!とても簡単なのでおすすめです♪
レデッカー(REDECKER) ブラシクリーナー 7.5cm 687000
価格 ¥ 719
ドイツREDECKER社のヘアーリムーバーです。 ブラッシング後にブラシに付いた毛を取り除く道具で、人間用のヘアーブラシはもちろん、くるくるドライヤー、各種お掃除ブラシ、ペットブラシ等のお手入れにも重宝する優れものです。 サイズ: 全長: 約75mm(柄の部分約35mm/ステンレスフォーク部分約40mm) 材 質: ブナ/ステンレススチール
Euoxe9htazlhqdt6t2tc
また、歯ブラシを使った簡単お手入れ方法も!ヘアブラシ用クリーナー同様、根本に溜まっている細かな汚れを取ることができますよ!歯ブラシは100均などの安いものでOKです。
Xzvaxlyuemp1nmcga5fe
シャンプーの代わりに、重曹を使ったお手入れ方法もあります。重曹なら一晩浸け置きしなくてもOK!2~3時間でしっかりと汚れが落とせますよ!時短でしっかりと汚れを落としたい人は、重曹がおすすめです。重曹は100均でも購入できます。
そもそもヘアブラシに髪やほこりなどの汚れをつけたくない…!という人は、ヘアブラシにネットやガーゼをつける方法がおすすめです。ヘアブラシに髪やほこりが溜まってきたなと感じた時に、ネットやガーゼを交換するだけでOKなので、お手入れが簡単になります。
特に、猪毛や豚毛などの獣毛ヘアブラシは、水洗いがしにくく、汚れが溜まりやすいのでおすすめですよ♪
そんな便利グッズが100均で販売されています。ダイソーでは、ブラシケアネットとして販売されているそうですので、気になる人はチェックしてみてくださいね!
Uew7hfln1q4tndmzz0l1
いかがでしたか?シャンプーや重曹を使った洗い方、ヘアブラシ用クリーナー、100均で購入できるネットなど…。ヘアブラシのお手入れ方法をご紹介しました。髪や頭皮のためには、清潔はヘアブラシを使うことが大切です。ぜひ今回ご紹介したお手入れ方法を試してみてくださいね!