Zhygppfhad0btreotrdh

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ワイシャツの収納法を知りたい!ハンガーラックやケースって必要?

2020.08.07

仕事上必要になるワイシャツは意外と収納方法に色々と苦労する衣類の一つです。しわを残すと仕事に影響もあり、襟などにも気を遣うこともあります。ハンガーやクローゼット、ラックやケースなど、無印などの100均製品を使ってワイシャツを綺麗に収納する方法を紹介します。

  1. ワイシャツを綺麗に収納したい!しわが無いように収納するポイントは?
  2. ワイシャツを綺麗に収納するポイント 1.ハンガーは肩幅にあったものを選ぶ
  3. ワイシャツを綺麗に収納するポイント 2.ワイシャツ同士は隙間を開けて
  4. ワイシャツを綺麗に収納するために ワイシャツを綺麗に畳もう
  5. ワイシャツを収納するのにおすすめのアイテム 1.縦長のボックス
  6. ワイシャツを収納するのにおすすめのアイテム 2.ワイシャツケース
  7. ワイシャツを収納するのにおすすめのアイテム 3.出張する時にはファイルケース
  8. ワイシャツを収納するためにはいろんなお店のアイテムを使ってみよう
  9. ワイシャツはしわ無しの状態で仕事に臨もう
  10. まとめ
U1abrzws1adoe1ipz178
社会人になると就職活動からその後の就職後の仕事などにおいても絶対的に必要になるのがワイシャツです。ワイシャツの上にスーツを着て、あるいはオフィスカジュアルが許されている場合はスーツ以外のアイテムを組み合わせてコーデするなど、色んな方法で着て仕事の際に活躍してくれます。
Tsgiiqebfkhp1qjykv6j
しかしそんなワイシャツは仕事上で必ず使うものであり、どうしても人目につくものでもありますから収納方法にかなり気を遣ってしまうものにもあたります。収納方法を間違えると襟や肩のあたりが型崩れしてしまうこともありますし、普通に収納したはずなのにしわがついてアイロンがけをし直さなければならないこともあります。ハンガーやクローゼットを始め、収納するためにラックやケースを使う必要はあるのか、あるのであれば綺麗に収納するためにどうすればいいのか、今回は調べてまとめてみました。
Y7vtb2fnjbcjy1t1utvz
シャツの収納において最も簡単なのがハンガーに掛けてクローゼットなどに収納するという方法です。ハンガーは今では無印や100均などの安価で購入することができるところでも簡単に購入できるようになり、そのハンガー自体もかなり性能が良いものが揃っています。衣類をかけたときに滑らないものなどが特に有名で、滑りやすい素材で作られている衣類を掛ける時にはとても便利です。
Gx9yrbvmie6cr1suhkqd
そんなハンガーを使ってクローゼットなどに収納する場合には、ハンガーがワイシャツの肩幅ときちんと合っているものを選ぶことが重要です。肩幅に合わないハンガーの場合、型崩れを引き起こす原因にもなります。肩幅に合うハンガーを見つけることが難しい場合には肩幅を調整できるハンガーを購入して肩幅を調整してワイシャツに合うようにしてあげましょう。
Ypmk3lyto86ck3uxlr32
ワイシャツを仕舞う時、アイロンがけをした後ハンガーに掛けてクローゼットやラックなどに収納する人が多くいます。ハンガーに掛けたまま収納すると取り出す時も畳んだものを崩すことも無くそのまま取り出して着ることができますから、どちらかというとこの方法で収納している人の方が多いのではないでしょうか?
Leikukx0rexyxafznaaf
そんなハンガーに掛けた状態でラックやクローゼットに入れてもどうしてもしわなどがついてしまうこともあります。そうしたラックやクローゼットなどにハンガーに掛けた状態で収納した際にしわを付けたくないのであれば、ワイシャツ同士の隙間を空けてから仕舞う事がポイントになります。ワイシャツを仕舞うとしわが付いてしまう原因は、一緒に収納されている他の衣類による圧迫です。ぎゅうぎゅう詰めにしている場合、他の衣類がワイシャツを圧迫してワイシャツをデコボコの形状でハンガーにかけて収納しまうことになります。こうした状態を避けるためにもワイシャツをハンガーに掛けてクローゼットやラックに仕舞う時には少し隙間を空けて、圧迫されないようにしておきましょう。
Awnafvd0d9pmwiv45vvy
ワイシャツを綺麗に収納するためには、箪笥などに仕舞う事も考えて綺麗に畳めるようにもしておく必要があります。仕事の都合で出張などに行く場合はハンガーに掛けた状態でトロッターなどに入れられることもあるでしょうが、荷物などの関係で畳んで入れた方がコンパクトな場合もあります。そうした時に綺麗に畳められるようになっておくと、ワイシャツに余計なしわを付けることなく仕舞うことができるのです。
Pa5euhbzeqt2ti2p53wl
ワイシャツの畳み方:①シャツを広げたら、ボタンの第一と第三ボタンを留めてからシャツを裏面に裏返しにする。②裏面にしたら肩幅の中ほどあたりでシャツの半分を折って、袖の付け根からシャツの中心軸と平行になるように袖を折り曲げる。③反対側も②と同じ手順で折りたたむ。この時軽く両手で生地を抑えてしわを伸ばして余計なしわが付かないようにする。④袖部分を両袖口と共に折り返して、さらに全体を二つ折にする。全体を二つ折りにするときには表から見て第四ボタンあたりで曲げる。余った袖は畳んだ両肩に巻き込むと崩れにくくできる。⑤裾が肩からはみ出さないようにしてシャツを表に返して形が整っていたら完成。
Jihkblrfsx6hmocoxavj
ワイシャツなどを畳んで仕舞うとなると、しわがつくのはもちろんですがそれ以外にも襟がつぶれてしまったり、型崩れをしたりと色々と大変です。せっかくアイロンがけをしてピチッと襟も立てていたのに出してみると残念に思う事もあります。畳んで仕舞うのであれば実はおすすめのアイテムが縦長のボックスです。
Gmogsuxwc02fgrpclepd
無印良品などで簡単に購入することができる縦長ボックスは畳んだワイシャツをそのまま入れて収納することができますし、重ねて入れられる枚数もかなり限定できますので圧迫して襟などを潰したり、しわを寄せてしまったりすることもありません。A4サイズの書類が余裕で入る程度の大きさであれば十分です。クローゼットやラックに入りきらないと言う人は別途でこうしたボックスがあると圧迫する可能性も低くなり、収納しやすくなります。
Dyiuwnvdhfodkmuovxqw
ワイシャツをしわを付けず、襟などを綺麗に保ったまま仕舞いたいものですがボックスなどを置くと部屋が手狭になってしまうため、ボックス以外のもので収納したいと言う人も中にはいます。一人暮らしであれば部屋の大きさも制限されますし、結婚している場合はワイシャツの為だけにボックスを買うのは憚られるというのもあるでしょう。
Zn7g6cdsf75fwogbb6k2
そんな人におすすめなのが壁掛けやラックに掛けられるワイシャツケースです。畳んだワイシャツを1枚入れられるポケットが5つ程度ついているため、畳んだ状態で綺麗に仕舞うことができるうえ、ラックに掛ければハンガーで仕舞うよりもずっとコンパクトにまとめられます。またボックスなどよりもずっと場所を取らないのでなるべくコンパクトにまとめたい人やボックスなどで場所を取りたくない人におすすめです。このケースは100均でも無印でも購入できます。
Mr83hdiymsolldfgtmlc
職業によっては会社などから出張を任されることもあります。そんな時にはスーツなどと一緒にワイシャツもいくつか持っていくことになりますが、スーツケースやトロッターなどに荷物と一緒に入れると襟がぐちゃりと曲がってしまったり、しわになったりすることも良くあります。そんな時にスーツケースにワイシャツを綺麗な状態で持っていくために便利なのがファイルケースです。
Aeiupv7xi0jbujsm1dfe
100均などでも簡単に購入できる、透明なあのファイルケースの中に入れることで他の荷物に揉まれて襟がぐちゃぐちゃになることも、しわになることもなく綺麗な状態で持ち運ぶことができます。スペースもそう取るものでもないのでむしろこのファイルケースを使う方がコンパクトになることもあります。100均でいくつか購入しておくと便利です。
Ir9gih5dfwpo6xv5q1om
今では100均でも無印でも、手軽に収納に便利なアイテムがたくさん販売されています。ワイシャツを対象としたものもありますが、普通の文房具を対象としたものも実は応用してしまえば簡単に使うことができるものもあります。そうした収納に便利なアイテムの使い方や応用に関しては色んな人が紹介していますので、そちらを参考にしても良いでしょう。
Au5rwcp03uhok7j01ibj
100均はもちろん、無印でもかなりの安価でそうしたアイテムを購入することができます。自分がワイシャツを収納しやすいアイテムなどを選んだら、購入できる無印や100均に足を運んでも良いでしょう。ぜひ無印などで自分好みのアイテムを使って綺麗にワイシャツを収納しましょう。
S4iizegiq3k6biwjocou
ワイシャツがしわくちゃのまま仕事に行くのは身だしなみのことも考えてもNGです。しわなく綺麗な状態のワイシャツで仕事に行き、仕事をしていきましょう。
Sjimprc3oblii5o4p0qq
Ciduepkf00asmifgnlar
ワイシャツの収納の仕方は今回紹介したもの以外にもあります。しかし、しわにしないためにはシャツ自体をきちんと畳むことから始めるのが基本です。まずは畳み方から基本的なところを押さえてみるのもおすすめです。
Uxzxavjve2fshzppqk3y