Tfa759rgl9y7vykt3edl

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧水の使い方おさらい|間違ってるかも?基本のスキンケア法まとめ

2019.01.16

化粧水の正しい使い方って、知っていますか?つい基本のスキンケアは自己流のケアになりがちですよね。そんなスキンケアの基本の化粧水の使い方について今更かも知れませんが確認して見ませんか?正しい化粧水の使い方で、美肌へ近づいちゃいましょう!

  1. 化粧水の使い方?
  2. まず化粧水の成分とは?
  3. 基本的な化粧水の使い方!
  4. 化粧水の使い方「手で行う場合」
  5. ハンドプレスとは!?
  6. 化粧水の使い方「コットンで行う場合」
  7. コットンの持ち方とは
  8. 基本的なスキンケアの注意点
  9. 洗顔時の湯温
  10. お風呂でのシートパック
  11. まとめ
Fyjcdwybe66s2py4np0j
化粧水の使い方について正しく知っていますか?「お顔につけちゃえば問題ないでしょ?」と言う声も聞こえて来そうですが、正しいつけ方をする事で、化粧水のパワーをより引き出せるのです!とっても基本的な事なんですが、何と無く毎日やっていると忘れてしまいがちな事でもあります!ぜひ一度見直してみませんか?このページでは化粧水のつけ方を含めた基本のスキンケアについてご紹介して行きます!
Sd77ljiftmk5rdmaqbzt
基本的に化粧水は水分80%ほどでできています。その他に基本成分、機能性成分、安定化成分などが加わっています。水分が80%ですが、水道水で代用できるかというとそうではなく、お肌に浸透しやすいように精製水でできているものがほとんどです。
「ほとんど水なんだ。がっかり」と思うかも知れませんが、水分補給が化粧水のもともとの役目ですし、基本成分、機能性成分、安定化成分などがしっかりと他の機能を補ってくれるんです!ですのでがっかりしないで下さい!基本成分はグリセリンなどをベースにしているものが多く保湿の部分を補う事が多いです。
Rkars0a4yj7sssq8i0cy
では化粧水の成分に関してはわかりましたね!ここからは基本的な化粧水の使い方からご紹介して行きましょう!基本的な流れを「手で行う」のと「コットンで行う」のとに分けてご紹介して行きたいと思います!どちらが良いのかは一長一短です。慣れている方が良いかと思います!では行って見ましょう!
Kbkaskddlqjz0gdamujc
まずは手で行う場合からご紹介して行きますね!手の温度が伝わりやすく、ムラなく行き渡らせやすいので誰でも行いやすいのが手で行う方法です。では見て行きましょう!

化粧水の使い方-手編-「洗顔」

Fqxcalqsnfxpp27pnksv
これはコットンにも共通しますね。まずは洗顔から始めて行きましょう!ちなみに正しい洗顔の方法も以前の記事でご紹介していますので、そっちもちらっと見てみて下さいね!とっても簡単ですし用意するのはあわ立てネットだけです!100円ショップにもあるので試してみると良いかも知れません!↓

化粧水の使い方-手編-「適量を手に出します」

化粧水を適量手に出します。そして手のひらで少し人肌に温度を温めてからお顔へ馴染ませて行きます。この時に冷たいままの化粧水をお顔へ馴染ませてしまうと、お肌がびっくりしてしまうので気をつけて下さいね!ゴシゴシとこすらないように、優しくお顔全体へハンドプレスしながら馴染ませます!
ちなみにこの適量と言うのは人によって違うので一概にこのくらいの量とは言い切れない物なのです。基本的なよくあるのは500円玉ほどの大きさをと言う基準がありますが、自分のお肌と相談しながら量を調節して下さいね!足りないと思えば足して行き、多いと思ったら次回から減らして行きましょう。

化粧水の使い方-手編-「保湿をして行く」

しっかり馴染ませて行けたら、乳液などで保湿をして行きます。しっかり水分補給をしたらお肌に蓋をして行きましょう!人によっては乳液などの保湿を使わない方もいますので、その場合は終了して大丈夫です。化粧水のみでしっかり潤う方は無理に行わない方が良いでしょう。これで正しい化粧水は完了です!
Ktdd51dn42olqc8tlvvu
ハンドプレスとはこのイラストのお姉さんのように、お肌に手を優しく密着させて温めつつきゅっとお肌をプレスしていく事です!しっかり浸透させる事ができると人気の馴染ませ方法なんです。きゅっとプレスする事でお肌にムラなく馴染ませやすくもなります!でもあまり力は入れすぎないで行なって下さいね。ぜひ試してみて下さい!
Rjoqlbstpg28kqjlcylc
では次にコットンで行う場合も見て行きましょう!手で行うよりも少しテクニックが必要なコットンですが、コットンがあれば化粧水パックもできるので、その方法も一緒にやって行きたいと思います!では行ってみましょう!洗顔は手編と一緒ですので省きます!

化粧水の使い方-コットン編-「化粧水を軽く馴染ませます」

化粧水をお顔全体に軽く馴染ませます。この時には手でもコットンでもどちらでも大丈夫です!化粧水パック時の乾燥を防ぐためなので、軽くで問題ありません!馴染ませ終わったら、コットン(パック時は薄手の物の方が使いやすいです)を手に取り、軽くひたひたになる位に化粧水を染み込ませて行きます。

化粧水の使い方-コットン編-「化粧水パックをして行きます」

化粧水でひたひたになったコットンを、お顔に乗せて行きます。なるべく全体を覆えるように両頬・おでこ・鼻・顎などに置いて行きます。全体を覆えるパックシートなどは使いやすいですね。置いてから約3分ほど置いて剥がして行きます。化粧水パックは乾燥しやすいので長くても5分以内に終了しましょう!

化粧水の使い方-コットン編-「コットンで全体に馴染ませます」

化粧水パックが終了したら、新しいコットンに化粧水を適量取り出して、お顔の内側から外側へと軽くパッティングして行きます。あまり強くこすってしまうとお肌の角質が取れてしまったり、コットンが毛羽立ってしまって刺激になってしまうので、気をつけてくださいね!

化粧水の使い方-コットン編-「保湿します」

あとは乳液やクリームで保湿をして行きます!これは手編でもご紹介した通り必要な方だけ行なって下さいね!これでコットンでの化粧水は完了です!
Ikiag1n4z7izbqadhdgf
コットンは全体に使う時には、人差し指と小指の間に挟んで持ち面積を広げます。細かい箇所に使う時には、人差し指と薬指の間で持ち、細かい面積に使いやすいようにして行きます。使い方を変える事によって、毛羽立ちを減らす事ができますしよりムラなくつける事ができるんです!
Ax9zacoxxoeibqyszdc9
意外に多くやってしまいがちな注意点についてまとめてみました!なんとなくやってしまっている点もあるかも知れません!スキンケアの方法ってたくさんの種類があるからよく分からなくなってしまいますよね!どんな注意点があるのか見て行きましょう!
Gp6do3aeuyj2opkign9l
洗顔時の湯温は30〜34度前後が望ましいと言われています。これって結構冷たいなって感じると思うのですが、大切なのは、この洗顔時にお肌の大事な油分が流れて行ってしまわないようにする事です。そして洗顔の時もそうなのですが、体を洗う時などでシャワーをお顔に当てないようにする事も重要です。シャワーの水圧はお顔にとっては強すぎるのです。湯温、シャワーの水圧ともに気をつけて下さいね!
Yfd4dj9uk5ntgvwll58l
お風呂ではもともと汗をかいてデトックスできる絶好の場所なのですが、シートパックをしてしまっていると汗をかきにくくなってしまいますし、最終的には美容液と汗が混ざった物をお顔に乗せ続けなくてはならなくなってしまいます。ちょっと良い気持ちはしませんよね。お風呂でパックっておしゃれな感じがしますが、あまりおすすめできない方法の一つです!
Vm6efi3fntwkotmzb9v9
最後まで見ていただいてありがとうございます!化粧水の正しい使い方と基本のスキンケア方法をまとめてみました!なかなか基本的な事って、何と無くにしてしまっていたり時短の方法の方に流れて行ってしまったりしますが、それだと効果を引き出せていない場合もあってもったいなかったりします。たまに正しい方法を思い出してみるのも良いですね!関連記事も発見しましたので、併せて読んでみて下さいね!↓

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪