R39ihtrpcfhi76yfnz2w

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

ヘアカラーハイライト!人気髪色や失敗しないオーダー方法など紹介!

2018.08.30

ヘアカラーでハイライトを取り入れたい、そんな時のオーダー方法が気になりますよね♡そこで今回はヘアカラーでハイライトを入れる入れ方に注目!失敗しないオーダー方法や、おすすめで人気の髪色まで、ハイライトを入れたい人必見のことをチェックしていきます♡

  1. ヘアカラーでハイライトを入れて人気の髪色を堪能しよう♡
  2. ヘアカラーにハイライトを取り入れると立体感が生まれる
  3. ヘアカラーにハイライトを入れる入れ方とは?
  4. ヘアカラーにハイライトを入れたい、失敗しないオーダー方法
  5. ハイライトと相性がいいヘアカラー【黒髪】
  6. ハイライトと相性がいいヘアカラー【ラベージュ】
  7. ハイライトと相性がいいヘアカラー【グレージュ】
  8. ハイライトと相性がいいヘアカラー【グリーン系】
  9. ハイライトと相性がいいヘアカラー【ミルクティ系】
  10. まとめ
ヘアカラーを決めるにあたってよく耳にするのが、ハイライトカラーですよね。ハイライトがあるのとないのとでは、同じ髪色でもかなり印象が変わってくるため、よりおしゃれな髪色にしたい場合にはハイライトを入れるのがおすすめ♡
ハイライトカラーの特徴に関してはこの後詳しく紹介をしていくものの、ハイライトを入れれば垢抜けた印象になるため、おしゃれな雰囲気になりたい人は入れて損はなし。ただし、ハイライトの入れ方やオーダー方法などを知っていないと失敗してしまうということもあるため、ハイライトで人気の髪色を堪能していくためにも、ハイライトの基本についてチェックしていきましょう♪
ハイライトとは何なのか、入れたことがない人にとってはどんなものか気になりますよね。ハイライトというものは、ベースの髪色に対して少し明るめの髪色をところどころ入れることで、立体感を生むカラーリング方法になっています。
ハイライトをいれた髪色を見ていくとわかりますが、こうしてみると立体感が生まれ、髪に動きが出来ているのがわかりますよね。特にハイライトを入れたほうが良い髪型と言うのは、ふんわりとしたウェーブなどの巻き髪なので、髪型をより魅力的に見せたいという場合にはハイライトをいれたほうが絶対に良いと言えるのです。
続いてハイライトの入れ方についてチェックしていきましょう!ハイライトの入れ方などの仕組みを知らないと、ハイライトを入れるのを失敗してしまう恐れも出てきてしまいます。
ハイライトは髪全体の一部だけを染める入れ方が基本なので、ベースとなる髪色にもよりますが、だいたいはブリーチして色を抜き、ワントーン明るめの髪色を入れるのが主流になっています。入れ方はかなり細かい作業にもなるため、セルフで入れるのはおすすめ出来ません。髪色の相性やバランスを考えないとハイライトが微妙に仕上がり、失敗に終わる恐れがあるため、入れ方を熟知した美容師の手で入れてもらうようにしましょう。
続いて、失敗しないハイライトカラーのオーダー方法について見ていきましょう。いくら入れ方を熟知したプロの美容師の手だったとしても、オーダー方法を間違えてしまえば「思っていたのと違った…」という思わぬ失敗を経験してしまう恐れがあります。
Yvtdpj6senkc9m5nyvct
引用: https://www.instagram.com/p/BnEb2AGF4G-/?hl=ja&tagged=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC
ハイライトの入れ方に関しては様々な方法があり、なんでも美容師任せにしてしまうと失敗してしまいます。たとえばオフィスなど、職業柄髪色が限られている場合には、【オフィスでも大丈夫なハイライトカラーで】というオーダー方法がおすすめ。オフィスでも大丈夫なように、というだけでそれに合わせたハイライトカラーを入れてくれるため、髪色に関して自由があまりきかない場合には失敗しないためにも絶対に伝えていきましょう。
次に見ていくのが、ハイライトの細かい入れ方について。たとえばハイライトを目立たせたい場合にはその旨を伝えることが大切です。【ハイライトが入っているとわかりやすい感じで】と伝えれば理想のハイライトカラーにしてくれるはずです。
また、ハイライト自体をグラデーションにしたい場合や、部分的にハイライトを入れたい場合には予め細かくオーダーしておくと失敗せずに済みます。上手く伝えられない場合には理想のハイライトが入った髪色の写真や画像などを見せておけば、美容師としてもイメージがわかやすく助かります。
もしハイライトの入れ方があまりわからず、それでいて絶対に失敗したくないと思うのであれば、施術に入る前に「こんな感じにしてください」と写真や画像を見せてみると、失敗せずにオーダー出来るのでおすすめです。ただしオフィスなどの髪色に制限がある場合には、プラスで伝えておく方法が安心なので、コミュニケーションを大切にして、理想のハイライトを目指していきましょう。
Olhkuxpdyrrfuuaxtfxf
引用: https://www.instagram.com/p/BnET0UNBY6S/?hl=ja&tagged=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC
ハイライトと相性がいいヘアカラーなのが黒髪。真っ黒な黒髪よりもアッシュ系の黒髪などは重たさを感じない、透明感ある髪色なのでおすすめ。こういった黒髪とベージュ系のハイライトの相性はかなり抜群で、黒髪のツヤ感とハイライトを入れたことによって生まれる立体感が合わさり、最高のツヤ髪を演出出来るというわけなのです♡
また、ベージュ系のハイライトは定番中の定番になっていますが、アッシュ系のハイライトを入れるのもおすすめ。より透明感を出したい場合には、アッシュで合わせてみると良いでしょう。また、個性を出したい場合には、差し色としてピンク系やグリーン系、ブルー系などを入れてみるのもおすすめです。
透明感ある髪色として人気のラベージュも、ハイライトをプラスすればより透明感が得られるのでおすすめ。ラベージュ自体とにかく透明感が強調された髪色になっているため、ハイライトとして合わせるならばアッシュ系のハイライトを入れるのが鉄板となっています。
アッシュ系も透明感が出る髪色なので、ラベージュの透明感とアッシュ系の透明感が合わされば、ナチュラルな透明感を演出出来ます。ふんわりと柔らかな印象にもなるため、大人可愛いをプラスしたい人は是非試してみましょう♪
人気の髪色でもあるグレージュ。そんなグレージュは様々なハイライトカラーと相性が抜群ですが、特におすすめしたいのがピンク系のハイライト。グレージュは落ち着いたおしゃれな髪色ということで人気になっていますが、ピンク系のハイライトをプラスすることで女性の可愛らしさがプラスされるのです♡
特にピンク系はハイライトカラーの中でも目立つ髪色になるため、より立体感や髪の動きを感じさせたい場合にぴったり。ひと目でおしゃれな髪色という印象も受けるため、グレージュのハイライトとして、是非ピンク系ハイライトを入れてみてくださいね。
グリーン系の髪色にもハイライトをプラスすれば、おしゃれな髪色になるのでおすすめ。特にグリーン系の中でも人気のトレンドヘアカラーでもある、グリーンアッシュやミントアッシュに同系色アッシュ系ハイライトを入れれば、グリーン系特有のナチュラルな雰囲気がより強調されていきます。
特にグリーン系の髪色は、ほのかに感じる緑色がナチュラルさを演出してくれるため、そういった効果をより出したい場合にはハイライトを入れたほうが断然良いと言えます。またグリーンのアッシュ系ハイライトではなく、他のアッシュ系カラーのハイライトでも相性は良いので、好きな色の組み合わせで立体感ある髪色を楽しんでいきましょう♡
人気のミルクティ系も、ハイライトを入れた髪色がおしゃれだと評判ですよね。ミルクティ系はとにかく甘めの可愛らしさを持っているため、ハイライトを入れることで、よりゆるふわ感が出て、大人可愛い雰囲気が演出出来ます。
この場合アッシュ系のハイライトを入れるのもおすすめですが、同じミルクティ系のトーンを上げた髪色を入れてみると、自然な立体感が生まれるのでおすすめ。ミルクティ系やブラウン系は同系色と合わせることで、お互いの良さを引き立ててくれるため、悩んだ場合には同じミルクティ系ハイライトで攻めていきましょう♪
いかがでしたか?ヘアカラーでハイライトを入れたい、そう思った時に役立つことに注目をしてきました。ハイライトの入れ方がわからないという人や、そもそもオーダー方法がわからないという人は、失敗しないためにも大切なので是非参考にしてみてください♪また、人気でおすすめの髪色はハイライトとの相性がばっちりなので、ヘアカラー選びの参考にもしていきましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnDJ6liHgwj/?hl=ja&tagged=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC